土肥孝司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土肥 孝司
プロフィール
リングネーム 土肥 孝司
本名 同じ
ニックネーム 若手特攻隊長
元・川崎総長
身長 180cm
体重 100kg
誕生日 (1990-02-11) 1990年2月11日(27歳)
出身地 神奈川県川崎市
所属 WRESTLE-1
スポーツ歴 サッカー
トレーナー アニマル浜口
TAJIRI
デビュー 2011年11月24日
AKIRA
テンプレートを表示

土肥 孝司(どい こうじ、1990年2月11日 - )は、日本男性プロレスラー神奈川県川崎市出身。WRESTLE-1所属。

来歴[編集]

中学時代まではサッカーに熱中し、選抜に選ばれた実績を持つ[1][2]

高校卒業後、格闘家を目指してスポーツインストラクターとして勤務し、2010年12月にアニマル浜口レスリング道場で指導を受けた後、その門下生であったTAJIRIが主宰するSMASHトレーニングキャンプに参加する[1]

2011年11月24日、後楽園ホールでのSMASH.23にて対AKIRA戦でデビューを果たす。SMASHトレーニングキャンプ第1号となった。

2012年4月5日、TAJIRI以下元SMASH所属全選手、レフェリー、練習生とともに、新団体「Wrestling New Classic」に移籍[3]

WNCに加えてシアタープロレス花鳥風月などにも参戦している。

2014年6月15日、全日本プロレスに初参戦。

2014年7月1日よりTAJIRIAKIRA児玉裕輔黒潮"イケメン"二郎藤原ライオンとともにWRESTLE-1に移籍[4]。12月には黒潮を裏切り、リアル・デスペラードに加入した。

2016年8月11日、WRESTLE-1横浜文体大会にて武藤敬司熊ゴローのタッグで全日本プロレス秋山準&野村直矢&青柳優馬を相手に奮闘するも秋山の前に敗れる。のちに秋山準とシングルをやりたい旨を明かす。

8月19日、リアル・デスペラードを脱退しニュー・ワイルド・オーダーを脱退した熊ゴローと共闘。

9月18日、後楽園ホール大会にてWRESTLE-1チャンピオンシップの元王者でリアル・デスペラードの仲間であった火野裕士と対戦するも敗北。

10月9日、熊ゴローとのタッグで全日本プロレスへ参戦。再度野村青柳と対戦するも両者リングアウトに終わった。

試練の7番勝負の対戦相手[編集]

得意技[編集]

  • マザーファッカー
高角度式のペティグリーで、デスペラード加入後の土肥のフィニッシュムーブ。
黒潮二郎戦で初公開。獣神サンダー・ライガー式のパワーボム
新日本プロレス高橋裕二郎式のギロチンドロップ。
TAJIRI式のキック。デーブ・フィンレー杯トーナメント戦1回戦で初公開。

入場テーマ[編集]

「PARTY ROCK ANTHEM」

タイトル座[編集]

WRESTLE-1
Wrestling New Classic
  • 第1回デーブ・フィンレー杯トーナメント準優勝

脚注[編集]

  1. ^ a b 土肥孝司|レスラー紹介”. SMASH. 2011年12月25日閲覧。
  2. ^ SMASHトレーニングキャンプ出身第1号・土肥孝司、11・24『SMASH.23』デビュー!!”. SMASH. 2011年12月25日閲覧。
  3. ^ TAJIRI新団体発表「若手を海外に」 - 日刊スポーツ・2012年4月6日
  4. ^ TAJIRI、児玉らW-1所属に”. デイリースポーツ (2014年6月18日). 2014年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]