中島洋平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中島洋平
中島洋平の画像
プロフィール
リングネーム 中島 洋平
めんそ〜れ親父
NAKASHIMA
本名 中島 洋平
ニックネーム 国際通りの変なおじさん
身長 172cm
体重 76kg
誕生日 1985年8月22日(30歳)
出身地 北海道函館市(出生は東京都練馬)[1]
所属 全日本プロレス
デビュー 2007年4月29日
テンプレートを表示

中島 洋平(なかじま ようへい、1985年8月22日 - )は、日本男性プロレスラー北海道函館市出身。

経歴[編集]

中学2年の時にプロレス中継を見てプロレスに興味を持ち、佐々木健介天龍源一郎の試合を見てプロレスに魅了された、高校1年生の時にウルティモ・ドラゴンの自伝『素顔のマスクマン』を読み闘龍門の存在を知り、闘龍門に入門したいと思うようになる。両親(母親)は高校を卒業すれば好きにしてよいと条件付きで了承してくれた[2]

高校入学まで格闘技の経験なし。プロレス入り前にはテコンドー柔道黒帯)を経験している[3]

2004年4月闘龍門に入門、しかしほどなく闘龍門メキシコとDRAGON GATEの2派に分裂。練習生を減らすためのテストが行われテストに落選した中島は一旦函館に帰ることとなる、この時はテストの合否に関わらずプロレスを辞めるつもりでいたとのこと。その後ドラゲーを辞めた悪冠一色菅原拓也より誘いを受けドラゴンドアの立ち上げの手伝いすることとなり、セコンド業務のために東京に通ううちにもう一度プロレスラーを目先そうと思うようになり再び上京。2006年デビュー前であるが、大鷲プロレスでエキシビションマッチを行い、練習生のまま、dragondoorを経由して2007年ElDoradoに所属となり、メキシコへ渡る。メキシコではKAI大和ヒロシ佐々木大輔江本敦子などと共に行動していた[4]2007年4月29日、メキシコでデビューを果たした。

めんそ〜れ親父[編集]

2008年3月、帰国。沖縄プロレスより「1年間修行にこないか?」との誘われ沖縄行きを決め2008年7月、沖縄プロレスに旗揚げ当初からマスクマン「めんそ〜れ親父」として参戦。

2010年9月16日、本名でNEVER.2に参戦。

2010年5月23日、怪人・ハブ男とのタッグでMWF世界タッグ王座を奪取。

2011年頃よりプロレスを辞めたいと思うようになるがスペル・デルフィンの説得で一旦留意。 2011年7月、チューバートーナメント2011で準優勝。2011年8月12日、MWF世界タッグ王座から陥落。 12月、全日本プロレス沖縄大会に参戦。メキシコ時代の同期的存在のKAIと組み、やはりメキシコ時代の仲間の大和、沖縄での先輩怪人・ハブ男と闘ったことによりプロレスを辞めたいという気持ちを吹き飛ばした[5]

2012年頃からはフリーで関東を中心に活動。みちのくプロレス全日本プロレスKAIENTAI-DOJOユニオンプロレスなどに参戦。

2014年SUSHIとのタッグ寿司親父でアジアタッグ王者に挑戦し敗北。

6月30日、鈴木鼓太郎の持つGAORA TV王座に地元函館で挑戦するも敗北。

中島洋平[編集]

7月27日、全日本プロレス後楽園ホール大会でマスクを自ら脱ぐ。その直後に、鈴木鼓太郎からの勧誘に答え、寿司親父を一方的に解散しXceedに加入する。なお全日本では素顔の中島洋平として、全日本以外の団体から受けているオファーに関してはしばらくの間めんそ~れ親父の姿で出場するとのこと[6]

9月12日、全日本プロレスへ正式入団[7]

得意技[編集]

めんそ~れ時代は、コミカルさに加え、テクニックと打撃を織り交ぜたファイトスタイル。素顔になってからはテコンドーをバックボーンとした蹴りを主体としている。

顔面蹴り
相手の顔面へ向けてのハイキック。この技でGAORA TV王者であったSUSHIの顎を負傷させ、翌日のGAORA TV王者決定戦ではビリーケン・キッドを下した。
キック
テコンドー経験者の中島が繰り出す各種キック。主にミドルキックを多用する。

めんそ~れ親父時代の技[編集]

親父ぬい
丸藤正道が使用している不知火と同じ技
ガンガラーの谷
ダイビングフットスタンプ。名前の由来は沖縄にある観光地。
あり乾杯
ウラカン・ラナ・インベルディダ
スクール親父
スクールボーイと同型の技。
親っち

獲得タイトル[編集]

入場曲[編集]

  • Ninja - 現行
  • めんそ〜れ親父の入場テーマ - めんそ~れ親父時代

その他[編集]

  • コミュニティFM局「オキラジ」(85.4Mhz)で毎週木曜14:30 - 15:00(30分)の放送となっている『コザ十字固め』(2010年9月9日 - )のメインパーソナリティを務めていたが、2011年6月9日の放送からTV番組への参加等により多忙となりレギュラーを外れた。
  • 沖縄プロレスの試合開始前に演奏を行う三線と唄の演奏ユニット「親父倶楽部」のリーダー兼ボーカルを務める。三線担当者が不在の場合は、ボーカルを他の選手に代わって貰い三線を演奏する。
  • 過去YMZのゲリラライブで自宅のマンションを使われている。さらにはマンションで興行をやることも勝手に計画されていた。

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊プロレス』2015-3-18 pp64
  2. ^ 『週刊プロレス』2015-3-18 pp64 「子どもの頃の3つの夢 プロレスラーになれば…」節より
  3. ^ 中部高生がプロレス団体入門へ 函館新聞
  4. ^ 『週刊プロレス』2015-3-18 pp64 - 65「メキシコでの1年間は仲間と過ごした青春の日々」節より
  5. ^ 『週刊プロレス』2015-3-18 pp65 - 66 「帰国するも試合はなく…沖縄でめんそ〜れ親父となる」節より
  6. ^ 【全日本プロレス】諏訪魔vsドーリングの三冠戦、青木vs光留の世界Jr戦”. バトル・ニュース (2014年7月28日). 2014年7月28日閲覧。
  7. ^ <王道トーナメント>秋山「必ず優勝します」”. 東京スポーツ (2014年9月12日). 2014年9月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『週刊プロレス』2015年3月18日号(通刊1782号)pp63 - 66,「レスラーヒューマンストーリー」第234回
2014年末までの経歴などの確認に使用。

外部リンク[編集]