YouTuber

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

YouTuber(ユーチューバー)・YouTubeクリエイターは、主にYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開する人物や集団を指す名称。

狭義では「YouTubeの動画再生によって得られる広告収入主な収入源として生活する」人物を指す[1]

英語圏では「YouTuber[2][3]」以外に「YouTube personality」「YouTube Star[4]」「YouTube Celebrity[5]」などの表記も使われる。

概要[編集]

2007年5月、YouTubeが特に閲覧数の多い幾人かのユーザーに「パートナー」(YouTubeパートナープログラム)となるよう勧誘したことが始まり(プログラムは当初、商業コンテンツ供給者だけに勧められたものだった)[要出典]。のちにビデオ画面の隣側に広告掲載するのを条件にユーザーが利益を得ることが可能になり、2011年4月にはパートナープログラムが一般ユーザーにも開放。より多くのユーザが広告収入を得られるようになった。その後は、YouTubeで収益を得て生活する人物も現れた[6]

日本でもYouTubeの広告収入で生活する人物がいて[6]、人気の動画投稿者であってもマスメディアの露出がほとんどないにも関わらず、年収が数千万円にも達する者[7]・独自に握手会等のイベントを開く者もいる[7]

一方で、YouTubeの広告収入だけで生計を立てているのは、「日本では数十人レベル」にとどまるともされる[8]

最もチャンネル登録者数の多いユーザーはピューディパイ(2017年現在)。日本で単体のチャンネルで最も登録者数が多いのははじめしゃちょーだが、保有する全てのチャンネルを合わせるとHIKAKINが一番多い(2017年5月現在)。

従来の”インターネット上の有名人”と異なる活躍[編集]

YouTubeの流行は従来以上に多くの有名人を生み出し、中には世界の注目を集めたり影響を与える人物が登場した。

インターネット上の名声は想像以上の成り行きを生み出し、既存のメディアや娯楽産業と関わりを持つことになった。

一例[編集]

  • ブルック・ブローダック
    • コネチカット出身でレストランの受付係だった。2006年6月にNBCのカーソン・デイリーに求められて18か月の育成契約を結び、YouTubeから主流メディアに躍り出た最初期の例となった。
  • テラ・ナオミ
    • 四大レコード・レーベルのひとつであるユニバーサル ミュージック グループの一部門、アイランド・レコードと契約。
  • ザベラ・ブレイヴ
    • 2007年6月3日付の2つのビデオで、同日ロスアンジェルス・タイムスが載せた彼女の特集記事について語り自身がメジャー・レコード・レーベルのひとつ、ワーナー・ミュージック・グループ傘下のコードレス・レコードと契約したことを公表した。

マルチチャンネルネットワーク(MCN)[編集]

企業が人気YouTuberに対し商品の宣伝動画の制作を依頼するといったタイアップの例も増加傾向。 そのような動画制作の仲介サービスを手がけるマルチチャンネルネットワークも存在する[9]

複数のYouTubeチャンネルと提携し、サービス・プログラムの作成・資金・相互プロモーション・パートナー管理・デジタル著作権管理・収益受け取り/販売・視聴者の獲得などの面で支援をする。

日本のMCNの一例[編集]

  • UUUM
  • GENESIS ONE
  • 株式会社VAZ
  • Next Stage

金の再生ボタン[編集]

金の再生ボタンとは、 チャンネル登録者数が100万人を超えている個人orグループで活動するyoutuberに与えられる賞状である。

100万人の登録者数を達成したチャンネル一覧[編集]

100万人を達成した日本人のチャンネルは、(2017年8月9日現在)49チャンネルある[10]

  1. はじめしゃちょー(hajime)
  2. HikakinTV
  3. 木下ゆうか Yuka Kinoshita
  4. Fischer's-フィッシャーズ-
  5. HikakinGames
  6. ヒカル(Hikaru)
  7. SeikinTV
  8. 水溜りボンド
  9. 東海オンエア
  10. HIKAKIN
  11. 禁断ボーイズ
  12. はじめしゃちょー2(hajime)
  13. 桐崎栄二/きりざきえいじ
  14. MAHOTO
  15. ラファエル Raphael
  16. 赤髪のとものゲーム実況チャンネル
  17. ポッキー / PockySweets
  18. すしらーめん《りく》
  19. マックスむらい
  20. オッドアイ OddEye
  21. 瀬戸弘司 / Koji Seto
  22. Fischer's-セカンダリ-
  23. ワタナベマホト
  24. PDSKabushikiGaisha
  25. おるたなChannel
  26. カズチャンネル/Kazu Channel
  27. せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii
  28. カズゲームズ/Gaming Kazu
  29. Daichi Beatboxer
  30. スカイピース
  31. SeikinGames
  32. TOMIKKU NET

YouTube Space[編集]

YouTube Spaceは、クリエイターがスタジオや機材を利用できる。2012年7月にロンドン、11月にロサンゼルス東京に2013年2月15日にオープンした[11]

YouTube発の有名人[編集]

YouTube発の一部の有名人を示す(括弧内はYouTuberの主なチャンネル名、角括弧内はmcn)。 Category:YouTuberも参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]