YouTuber

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

YouTuber(ユーチューバー)・YouTubeクリエイターは、主にYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開する人物や集団を指す名称である。狭義では「YouTubeの動画再生によって得られる広告収入主な収入源として生活する」人物を指す[1]。 英語圏では「YouTuber[2][3]」以外に「YouTube personality」「YouTube Star[4]」「YouTube Celebrity[5]」などの表記も使われる。

子供の将来就きたい職業として人気が高く、2018年現在、日本では小学4年生の3位にランクされ、イギリスでは3人に1人の子供の憧れの職業になっている[6]

スウェーデンのYouTuberピューディパイ

概要[編集]

2007年5月頃に、YouTubeが特に閲覧数の多いユーザーに「パートナー」(YouTubeパートナープログラム)となるよう勧誘したことが始まりとされる(プログラムは当初、商業コンテンツ供給者だけに勧められたものだった)[要出典]。後にビデオ画面の隣側に広告掲載するのを条件にユーザーが利益を得ることが可能になり、2011年4月にはパートナープログラムが一般ユーザーにも開放。より多くのユーザが広告収入を得られるようになった。その後は、YouTubeで収益を得て生活する人物も現れた[7]。なお、2017年4月以降は総再生回数が10,000回以上ではないとパートナープログラムへの参加が認められなくなたが、2018年2月からはさらに過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上、かつチャンネル登録者数が1,000人以上とより厳しい条件に引き上げられた。加えてコミュニティのストライキ、スパムなどの監視が強化され、ポリシーに準拠していることの評価が厳格化されるようになった[8][9]

マスメディアの露出がほとんどないにもかかわらず、年収が数億〜十数億円にも達する者・独自に握手会等のイベントを開く者もいるが、ごく少数である[10]

ユーチューバーの収入[編集]

ドイツオッフェンブルク大学のマティアス・バルトル教授の調査では、ユーチューバーのうち、再生回数の多い上位3%以上では、ひと月の再生回数の上位3%以上になると、再生回数が月に140万回を超えるが、成功できるのは一握りであり多くの人は願いがかなわずに散ってゆく。また、広告収入で生計を立てることを企てるユーチューバーの96.5%が平均的なアメリカの貧困ラインを下回る収入しか得られない。上位3パーセントの人気ユーチューバーの平均年収は16,800ドルであり、アメリカの貧困ライン収入1万2140ドルをかろうじて上回る程度だとする。バルトル教授によれは、2016年のユーチューバーの視聴数の上位1%にあたる最高レベルのユーチューバーの場合、ひと月の再生回数は220万回から4210万回以上であるが、彼らはYouTubeからの広告収入以外にスポンサー契約などの副収入があり、所得は単にYouTubeからの収入だけではないとしている。このため上位3%のユーチューバーと1%のユーチューバーでは収入に雲泥の差がある。また、2006年には全再生回数のうち、63%が上位3%の人気ユーチューバーのムービー再生回数で占められていたものが、2016年には90%に増加しており、2016年以降に活動を始めた新人ユーチューバーの85%はひと月の最大再生回数が485回でしかなく、市場は上位人気ユーチューバーの寡占化がさらに進行しているという[6]

YouTubeの広告収入のアルゴリズムは常に変化しており、詳細は公表されていないが、バルトル教授の調べでは再生回数1,000回につき1ドル程度と算出しているが、インフルエンサーマーケティングの調査会社ヒューゴ・オブ・エージェンシーのハリー・ヒューゴは広告収入はユーザーにより異なっており、再生回数が1,000回につき35セントや 5ドルの場合もあるという。YouTubeの広報担当者は「スーパーチャット」機能[1]を利用すれば収入アップになるとし、2018年には2017年に比較しチャンネル登録者数10万人を超えたクリエイターの比率は40パーセント増えているとしている[6]

従来のネット上の有名人と異なる活躍[編集]

YouTubeの流行は従来以上に多くの有名人を生み出し、中には世界的な注目を集めたり影響を与えたりする人物も登場した。

インターネット上での名声は、既存のメディアや娯楽産業と関わりを持つことになった。

一例
  • ブルック・ブローダック
    • コネチカット出身でレストランの受付係をしていた。2006年6月にNBCのカーソン・デイリーに求められて18か月の育成契約を結び、YouTubeから主流メディアに躍り出た最初期の例となった。
  • テラ・ナオミ
    • 四大レコード・レーベルのひとつであるユニバーサル ミュージック グループの一部門、アイランド・レコードと契約。
  • ザベラ・ブレイヴ
    • 2007年6月3日付の2つのビデオで、同日ロスアンジェルス・タイムスが載せた彼女の特集記事について語り自身がメジャー・レコード・レーベルのひとつ、ワーナー・ミュージック・グループ傘下のコードレス・レコードと契約したことを公表した。

マルチチャンネルネットワーク (MCN)[編集]

企業が人気のあるYouTuberに対し、商品の宣伝動画の制作を依頼するといったタイアップの例も増加傾向している。 そのような動画制作の仲介サービスを手がけるマルチチャンネルネットワークも存在する[11]

複数のYouTubeチャンネルと提携し、サービス・プログラムの作成・資金・相互プロモーション・パートナー管理・デジタル著作権管理・収益受け取り/販売・視聴者の獲得などの面で支援をする。

金の再生ボタン[編集]

金の再生ボタンとは、チャンネル登録者数が100万人を超えている個人またはグループで活動するYouTuberに与えられる賞状である。

YouTube Space[編集]

YouTube Spaceは、クリエイターがスタジオや機材を利用できる。2012年7月にロンドン、11月にロサンゼルス2013年2月15日に東京2015年12月2日にムンバイにオープンした[12]

YouTube発の著名人[編集]

バーチャルYouTuber[編集]

2017年頃より、CGなどを用いて製作した自作のキャラクターに声や動きを当てて、あたかもそのキャラクターがYouTuberとして振る舞っているように表現する動画が投稿されるようになった[13]。こういった動画におけるキャラクターはバーチャルYouTuberと称される。

過激動画[編集]

再生回数を稼ぐために過激な動画を投稿する者もおり、問題となっている。

  • 2017年
    • 8月30日 - 男が覚醒剤と見せかけた白い粉末を警察官の前でわざと落とし、逃走するという内容の動画が投稿された。翌月、男と、撮影した妻が偽計業務妨害容疑で逮捕された[14]
    • 月日不明 - 女子高生とみられる女性が東京都渋谷区のハチ公前広場で「フリーおっぱい」と書かれたスケッチブックを掲げ、約60人の通行人や外国人旅行者らに胸を触らせ、その様子を撮影・投稿し炎上した[15]
    • 年末 - アメリカ人YouTuberが山梨県青木ヶ原樹海で、自殺したとみられる遺体を笑いながら撮影・投稿し世界中から猛批判を浴びる[15]
  • 2018年
    • 1月28日 - 前年とは別の女子高生がハチ公前広場で「フリーおっぱい」と書かれたスケッチブックを掲げ、約20人の男女に胸を触らせ、その様子を女子高生の知人の男子高校生とその知人の男性会社員が撮影。防犯カメラでこの騒ぎに気付いて警視庁渋谷警察署署員が駆け付け、3人は3月12日に東京都迷惑防止条例違反(卑猥な言動)容疑で書類送検された。3人は「閲覧数を稼いで広告収入を得ようと思った」などと供述。
    • 2月23日 - UUUM所属の男性YouTuberが、自身を指名手配犯とする顔写真付きのビラ自宅周辺に貼られている様子を撮った動画を投稿。動画に映っていたビラのうち4枚は、石川県知事選挙の選挙掲示板の空きスペースに貼られていた。動画のコメント欄やUUUMには違法行為の疑いを指摘する声が相次ぎ、男性は26日に動画を削除した他、UUUMの聞き取りに対して自作自演を認めた。UUUMは石川県警察に報告した[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 動画職人になってYouTubeで稼ぐ「動画バブル」が到来か - NEWSポストセブン・2014年3月6日
  2. ^ http://www.avclub.com/article/meet-youtuber-who-makes-hilariously-bizarre-versio-219728
  3. ^ http://www.quora.com/How-much-does-a-YouTuber-with-1-million-subscribers-earn-a-year
  4. ^ We Ranked YouTube's Biggest Stars By How Much Money They Make - Business Insider、2014年3月10日
  5. ^ The rise and fall of YouTube's celebrity pioneers - wired.co.uk、2013年11月27日
  6. ^ a b c http://news.livedoor.com/article/detail/14383608/ ライブドアニュース - 子どもの3人に1人が憧れる職業「ユーチューバー」が生活できるようになるまでの壁とは?2018年3月4日 8時23分]
  7. ^ YouTubeの収益化プログラム、日本のユーザー収入が3年で4倍に「それで生活している人もいる」 - ITmediaニュース・2012年7月30日
  8. ^ [ http://network.bbtv.com/jp/youtube_no_monetization_under_10000/YouTubeの収益化、10,000再生以上が条件に!悲報ではなく、朗報!bbtvニュース・2017年
  9. ^ http://unyoo.jp/2018/01/youtube-newapproach/ Unyoo.jp - YouTube が「 YouTube パートナープログラム」をアップデート|広告表示に不適切な動画への対応を強化 2018年1月19日]
  10. ^ 年収数千万とも言われており、YouTuber - Livedoor NEWS、2014年4月23日
  11. ^ 女性YouTuberネットワーク『womedia ch.ウーメディアチャンネル 』、企業タイアップ動画制作サービス提供開始 第1弾はセゾンカードのTVCM - トレンダーズ・2014年3月26日
  12. ^ “YouTubeクリエイターが無料で使える本格撮影スタジオ、グーグルが都内に開設”. (2013年2月14日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130214_587787.html 2013年2月19日閲覧。 
  13. ^ “「動く抗うつ剤」「ストロングゼロの擬人化」―― バーチャルYouTuber輝夜月(かぐや・るな)を見て今年も元気にやっていこう”. ITmedia ねとらぼ. (2018年1月6日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/05/news085.html 2018年3月21日閲覧。 
  14. ^ “ユーチューバー 玉石混交、過激動画も相次ぐ”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年9月14日). https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00m/040/078000c 2018年4月18日閲覧。 
  15. ^ a b “JKユーチューバー、「フリーおっぱい」で書類送検…迷惑防止条例違反の疑い”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2018年3月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180313/tro18031305040004-n1.html 2018年4月18日閲覧。 
  16. ^ “ユーチューバー 選挙掲示板に自分の顔写真 動画削除”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年2月27日). https://mainichi.jp/articles/20180227/k00/00m/040/164000c 2018年4月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]