コピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コピー英語Copy

複写[編集]

権利者が定めた世代以上の複製[編集]

  • 日本語で「コピー」といった場合、権利者が定めた世代以降の複製という含意がある[2]。日本語の「コピー」の語源となった英語の「 copy 」にはこうした含意はなく、すべての複製物を指す。正規の許諾を受けた出版物も、作家直筆原稿でない以上は「 copy 」である。

まねること、模造品、イミテーション、不正行為[編集]

宣伝手法[編集]

作品名[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Definition of copy in English”. 2018年7月14日閲覧。
  2. ^ 住民票市役所が複製(印字)することはコピーと言わずに「住民票の写し」というが、それ以降の世代を複製することはコピーと呼ぶ。(住民票のコピー無効という表現もある)。新聞切符CDDVDなど、権利者が販売のために複製する場合はコピーと呼ばないが、それを複製することはコピーと呼ばれる

関連項目[編集]