星のカービィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星のカービィシリーズ > 星のカービィ
星のカービィ
Kirby's Dream Land
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ゲームボーイ
開発元 HAL研究所
発売元 任天堂
プロデューサー 金井誠
岩田聡
宮本茂
ディレクター 桜井政博
プログラマー KYOHEI MIYABI
音楽 石川淳
美術 桜井政博
MOGAMI KURANO
シリーズ 星のカービィシリーズ
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット
発売日 日本の旗1992年4月27日
アメリカ合衆国の旗1992年8月3日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
売上本数 日本の旗 約172万本
世界 約500万本以上
テンプレートを表示

星のカービィ』(ほしのカービィ)は、1992年4月27日任天堂より発売されたすべてのゲームボーイ共通の横スクロールアクションゲームである。開発元はHAL研究所。生みの親は当時22歳の桜井政博である。星のカービィシリーズの第1作目。



概要[編集]

評価
ゲームレビュー
評価者 点数
All Game
4 out of 5 stars[1]

本作の内容は、後にスーパーファミコン用ソフトの『星のカービィ スーパーデラックス』、ニンテンドーDS用ソフトの『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』において、「はるかぜとともに」としてリメイクされている。ただしステージ2「CASTLE LOLOLO」がステージ3「FLOAT ISLANDS」に取り込まれていたり、一部のアイテムがなくなった代わりにコピー能力やヘルパーが使えるなど、ゲームボーイ版といくつかの違いがある。

また、ファミリーコンピュータ用ソフトの『星のカービィ 夢の泉の物語』、およびそのリメイクのゲームボーイアドバンス用ソフト『星のカービィ 夢の泉デラックス』のボスを除く最終ステージは、このゲームのステージを繋ぎ合わせたステージ構成となっている。

2012年7月19日に発売されたWii用ゲームソフト『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』に収録された。

続編は『星のカービィ 夢の泉の物語』を参照。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

基本的には操作キャラクターであるカービィが画面左に登場し、そこから右方向に進んで行ってゴールを目指す横スクロール型のゲームである。難易度の高いゲームが主流となっていた当時、初心者にもさくさくと進められる、ゲームへの導入口として発売された。しかし、クリア後に表示されるコマンドをタイトル画面で入力することで出現するエクストラモードは、まだコピー能力がなく、矢印連打によるダッシュもないシステムのために、本編の易しさとは一変し、上級者でも手強いモードとなっている。本作では、上述するシステムのため、カービィの攻撃方法は空気弾、さつまいも、カレー、吸い込み、吐き出しという単純な攻撃方法のみであるが、その分ゲームシステムとしては非常に単純で、誰でも操作し、進んでいくことができる間口の広いゲームとなっている。

全5ステージの構成で、各ステージの最後にはボスキャラクターがいる。それらを倒さなければ先へ進めない。隠しモードとして、敵の行動パターンが強化されたエクストラモードも用意されている。クリアーしてもタイトル画面でコマンドを入力すれば再度プレイが可能である。

カービィは6目盛のライフを持つ。敵に触れたり、敵から攻撃を受けると減っていき、ライフがなくなると1ミスとなる。敵からのダメージは種類によって1~6目盛分であり、エクストラモードではこちらにのみ登場するほとんどの敵は、接触ダメージが2。後の作品では、ほとんどの敵からのダメージが1目盛で固定されているが、『星のカービィスーパーデラックス』のように一部の作品ではメーターによってライフが管理される作品もある。

エクストラモードをクリアしてコマンドをタイトル画面で入力するとコンフィグモードという隠しモードがあり、ここでは、最大ライフ(1~6まで)や初期残り人数(1~9体まで)を変更することができる。設定はゲームを終了しない限り有効で、設定したままでゲームを続行できる(ただしゲームを一回切りもう一度プレイする場合は、再度コマンドを入力するかエクストラモードをクリアする必要がある)。

操作方法[編集]

ゲームボーイのコントローラで行なう操作は以下の通りである。これらの操作を使い分けていくことにより、ステージ内にいるカービィを進めていく。

  • 十字キー:左右でカービィの移動。
    • 上ボタンでホバリング。ホバリング中は左右移動に加えて高度調整ができ、何も入力していない場合は自動的に落下していく。空気弾を発射することでホバリング状態を解除出来る。
    • 下ボタンで床のすり抜け。初代のみ、ほおばり中でもすり抜けられる。ほおばり中に床の上で入力するとほおばったものを飲み込む。特に吐き出す必要がない場合や、吐き出しではほかの敵からの攻撃の回避が間に合わない時に使う。また、空中の一定以上の高さで入力すると落下状態(高い高度から落下した場合は自動的になる)になり、敵を倒す攻撃判定を持つ(空気弾同様の攻撃力)ほか、落下速度が上昇する。これを利用すると下通路への移動が早くなったり、吸い込みも飛行もなしで敵を倒せたり、足元のブロックを破壊することなどができる(後のシリーズにも受け継がれ、特に『スーパーデラックス』のグルメレースなどでは重宝する小ワザである)。
  • Aボタン:ジャンプして飛び上がる。
  • Bボタン
    • Bボタンを押す-押しっぱなしにすることで、カービィが口を大きく開け、吸い込みを行なう。カービィ前方におり、ある程度の近さまで近づいている敵キャラクターやブロック、アイテムはカービィの口の中に吸い込まれる。敵やブロックを吸い込んだ状態をほおばりといい、カービィの当たり判定が大きくなる。既にほおばっている状態では吸い込むことは出来ないが、同時に吸い込むことで複数の敵をほおばれる(最大で6体)。なお、敵キャラクターの中には吸い込めないものもいる。
    • ほおばり後、さらにBボタンを押すことで吐き出す。その際、敵やブロックは星となって飛び出す。星は画面の端まで壁に当たるまでまっすぐに進んで行き、星にぶつかった敵キャラクターを倒し、ブロックを壊すことが出来る。ボスキャラクターにぶつけるとダメージを与える。複数の敵をほおばっていた場合も星は一つである。この吸い込み→吐き出しという攻撃方法が、ゲームを進める上で主体となる攻撃方法である。
    • ホバリング中はカービィが勢いよく空気の塊を放出する空気弾となる。空気弾を敵キャラクターにぶつけると、その敵を倒すことができる。中ボス以上の敵には通用しない。空気弾の射程距離は4マス。

ステージ構成[編集]

GREEN GREENS(グリーングリーンズ・ステージ1)
草原や森を進んでいく基本操作を覚える基本的なステージ。このステージのBGMは後に何回かリメイクされ、現在までに多くのゲームで使われている。中ボスは「ポピーブロスSr.」、ボスは「ウィスピーウッズ」。
CASTLE LOLOLO(キャッスルロロロ・ステージ2)初代のみ。
お化けなどの個性的な敵キャラが多く登場するお城のステージ。中ボスは「ロロロ」だが、その後ボスとして「ラララ」とともに再登場する。
FLOAT ISLANDS(フロートアイランズ・ステージ3)初代本番ステージ。
海に浮いている島を進んでいくステージ。上から落ちてくるヤシの実や砲台などの仕掛けが多く、難易度も上がっている。中ボスは不在。ボスは「カブーラー」。
BUBBLY CLOUDS(バブリークラウズ・ステージ4)
雲の上や宇宙を進んでいく神秘的なステージ。全体的に難易度が高く、ステージの地理上ステージ下へ落ちやすい場面がいくつもある。中ボスは「クラッコJr.」、ボスは「クラッコ」。
Mt.DeDeDe(マウントデデデ・ステージ5)
最終面。ステージはこれまでの各場所が簡略化されたコースとなっている。初代のみ。今まで戦ってきたボスたちともう一度戦って勝利すると、ラストボス「デデデ大王」とのバトルが始まる。

アイテム[編集]

※元気ドリンクや、マキシムトマト、無敵キャンディ、1UP、マイク以外のアイテムはこの作品のみ登場するため、実質後の作品に搭載されるコピー能力の代わりとなるものとなる。

元気ドリンク
体力2マス分を回復。
マキシムトマト
体力を完全回復。
無敵キャンディー
一定時間あらゆるダメージを受けず、体当たりで敵を倒せる。
1UP
残機を1つ増やせる。
さつまいも
一定時間、常時飛行状態となり空気弾を連続して放出できるようになる。この攻撃は特定のボスキャラクターにも通用し、その場合は空気弾が画面端まで届き、吐き出しと同じ感覚で使うことができる。
後の作品のこれを取った際のBGMの名称は「やきいもシューティング」となっているが、原作でのアイテム名はあくまで「さつまいも」である。なお、カレーを取った際のBGMも同様のものである。
カレー
一定時間、炎を連続して放出できるようになり、炎に当たった敵キャラクターを倒すことができる。射程は4マス。この状態で水中に入ると、効果は消える。現在での「ファイア」のコピー能力の元祖。
マイク
吸い込むか触れることでほおばる。吐き出すと画面内の敵を全て倒すことができる。ちなみに吸い込んだ際、間違って飲み込んでしまうと攻撃はできない。現在での「マイク」のコピー能力の元祖。
爆弾
吸い込んで吐き出すと、爆風が前方に飛んで当たった敵を連続で倒せる。吸い込まずに一定時間放置すると爆発し、その爆風にあたるとダメージになる。ボスキャラクターの使う爆弾は、吸い込んで吐き出しても通常の星型弾になる。攻撃方法は異なるが、現在でのコピー能力「ボム」の元祖。

登場キャラクター[編集]

操作キャラクター[編集]

カービィ
主人公デデデ大王プププランド食べ物を盗んでいったことで旅に出る。詳細は当該項目を参照。

敵キャラクター[編集]

基本的に吸い込むか、何か攻撃を当てれば、一撃で倒すことが出来る。/の後ろはエキストラステージでのキャラクター。

ワドルディ
全ステージに登場している上に、エキストラステージでも登場している。ただ歩いているだけだがたまにジャンプしたり高速で移動しているものもいる。カービィへの敵意はほとんどない。
ブロントバート/クーザー
全ステージに登場。ジグザグに飛行するものや突進してくるものがいる / 不規則で難解な動きをし、ぶつかると通常の倍のダメージ(つまり2ダメージ)を受ける。
ポピーブロスJr.
ステージ1と5に登場。リンゴやグリゾーにのっていることがある。
ツイジー/トゥーキー
ステージ1と5に登場。カービィが近づくと飛ぶヒヨコのようなキャラ / ニワトリのような姿になり、動きも活発になった。ぶつかると2ダメージを受ける。
キャピィ/ブロッパー
ステージ1のみに登場。被り物をしていて吸い込みの場合は1回では倒せない個体もいる。 / ケーキの中から登場するグミのようにやわらかい生き物。ケーキの姿のときは生クリームをばらまいてくる個体もいる。クリームをばらまく個体は吸い込み1回では倒せない。本体にぶつかるとダメージも倍。
グリゾー
ステージ1と5に登場。グリズリーのような大型なキャラだが吸い込める。通常モード、エクストラモードどちらも触れると3ダメージ。
ワドルドゥ
ステージ2から登場。基本的に歩いているだけだがビームを放つものもいる。
ゴルドー
ステージ2から登場。基本的に無敵なので倒せない。ぶつかると3ダメージを受ける。ステージ5の各面の最後にあるボスへの扉を塞いでいる者のみ、触れた地点でミス。
シャッツォ/ブラッチー
ステージ2から登場。基本的に無敵だがカービィが無敵時間中に何回もぶつかる、もしくはマイクで倒せる / 弾丸を高速で、しかも休む暇なく連続で放ってくる強敵。ただしカービィを狙撃することはできなくなった。
グランク
ステージ2のみに登場。水泡を飛ばして攻撃してくるイソギンチャクのようなキャラ。 後のシリーズとは異なり、横に水泡を飛ばす。
フラッパー
ステージ2のみに登場。カービィめがけて飛行してくるコウモリのようなキャラ。
ブーラー/ギャスパー
ステージ2のみに登場。カービィの方向に猛突進してくる幽霊のキャラ / 猛突進を開始するまでの時間が短くなり、ダメージも倍。
ブルームハッター
ステージ2のみに登場。を動かしながら左右に移動している / 動きが速くなり、カービィに向かって突進してくる。
チャッキー/ハーリー
ステージ2のみに登場。ビックリ箱のような敵。アニメにも登場した / 頭が連続で飛び出してくる。他のエクストラのみの敵キャラと異なり、1ダメージ。
トゥーフェイス/ミスター・ピー・アンプキン
ステージ2のみに登場。カービィが至近距離に近づくと形相を変えて襲い掛かってくる仮面。形相を変える前はこちらの攻撃が通用しない / カボチャのような姿になっている。攻撃はトゥーフェイスと同じだがダメージが倍。
マンビーズ/スカラー
ステージ2のみに登場。吸い込めないが、星型弾、空気弾で倒せる / 頭蓋骨のような姿になり、ダメージも倍。
スクイッシー/フロッツォ
ステージ3のみに登場。イカだがなぜか空を飛ぶ / タコのような姿になっている。移動スピードが速い上に、こちらをやや追ってくる上、ダメージも倍。
ブリッパー
ステージ3のみに登場。水中からジャンプをしてくるゴーグルをした
ウィザー/ピーザー
ステージ3のみに登場。ビーム攻撃をしてくる二枚貝。殻を閉じている間は吸い込みが効かない。 / 高速でビームを連発する一つ目のカニ。鋏で顔を覆っている間は吸い込みが効かない。ハーリー同様に当たってもダメージは1。
カブー/グランプルス
ステージ3のみに登場。姿を消したりトリッキーな技を仕掛けてくる / ダメージが倍になった。しばらくすると壁を貫通して襲い掛かってくる。この際は通常ダメージ。
コナー
ステージ3のみに登場。水中、陸どちらにも出現する。
ディジー/ベニー
ステージ4のみに登場。ステージ中を浮遊している / てるてる坊主のような姿になり、ダメージが倍。
スカーフィ
ステージ4のみに登場。吸い込めないが、星型弾や空気弾で倒せる。ただしその際の爆風に巻き込まれるとダメージを受ける。吸い込もうとすると形相が変わり、追いかけてきた後に爆発する。このときに攻撃して倒した場合は爆発しない。
クークラー/ウィスカース
ステージ4のみに登場。円を描くように移動する / のような姿になっている。スピードが速く、ダメージも倍。
サーキブル/ブーマー
ステージ4のみに登場。カッターをブーメランのように投げて攻撃する / ポピーブロスJr.にそっくりだがブーメランを投げてくる上、跳ね返ってきたブーメランを受け取らないため後方にいる場合も危険。本体にぶつかるとダメージが倍。
パフィー/カウカン
ステージ4のみに登場。サングラスをかけたのような敵。弾を撃ってくるものもいる / ペリカンのようなキャラ。ダメージが倍。
パラソル
ステージ4のみに登場。ワドルディなどについた状態で出現する / 敵キャラが手を離した直後に独立して襲い掛かってくる。

中ボスキャラクター[編集]

3回攻撃を当てれば倒す事が出来る。各ボスとも、吸い込める物体を定期的に放ってくるので、それを吸い込み、吐き出して攻撃する必要がある。

ポピーブロスSr. (ステージ1)
爆弾を投げてきたり、ジャンプ攻撃をしてくる。エクストラモードでは、ジャンプ攻撃の代わりにダッシュ攻撃をする。
ロロロ (ステージ2)
道が4段に分かれていて、ブロックを撃ち出してくる。エクストラモードでは、ブロックの後にゴルドーを撃ち出してくる。
クラッコJr. (ステージ4)
大砲の弾を発射したり、雑魚キャラクターを出して攻撃する。エクストラモードでは、雑魚キャラクターの代わりに爆弾を投下。挙動も異なるが、パターン化しており常に同じ動作しかしない。

ボスキャラクター[編集]

何度か攻撃を当てることで倒すことができる。各ボスは吸い込める物体を用いて攻撃してくるので、それを吸い込み、吐き出して攻撃する必要がある。原則として空気弾は通用しない。

ウィスピーウッズ(ステージ1)
シリーズ最初のりんごの木のボス。りんごを落としたり、空気弾を吐いて攻撃する。本人が動かない上、画面いっぱいにいるため倒しやすい。プレイヤーに立ちはだかる障害というよりは、カービィの基本動作をマスターしたり、ボス戦のシステムを理解するためのチュートリアル的存在といえる。ただし、顔に当たると2ダメージを受ける。エクストラモードでは、りんごの他にゴルドーを落とすようになり、全体的に攻撃のペースが速くなっている。
ロロロ&ラララ (ステージ2)
道が4段に分かれていて、両端から1人ずつブロックを持って移動する。それ以外の攻撃はしない。元ネタは「エッガーランド」に登場する「ロロ」と「ララ」。
エクストラモードでは、カービィの歩く速度と同じスピードに強化されている。
カブーラー (ステージ3)
飛行船に大砲をつけたボス。このボスのみさつまいもを取って、空気弾で戦う特殊なタイプでシューティングゲームに近い。弾を撃ったり、突進して攻撃してくる。エクストラモードでは、攻撃のスピードが速くなり、単発の弾には変化球のようなものや追尾機能(どの位置に居てもこちらへ向かってくる)がある他、弾を撃った直後にいきなり突進してくるので避けるのが困難。
クラッコ(ステージ4)
周りにとげが付いた雲の中心に目玉がある怪物のようなボス。まわりにビームを発生させたり、雑魚キャラクターを出したりして攻撃してくる。エクストラモードでは動きが3パターンのみになり、画面中央にてビームを発し他後に画面中央からこちらに向かって突進してきたり、画面左側から順に爆弾を投下してくるか、爆弾を投下した直後中央から突進してくる。ビームを発し、連続して爆弾を投下することもある。
デデデ大王(ステージ5)
今作のラストボスであり、国中の食べ物を奪った事件の犯人。他作品と違って体力がかなり有り、ハンマーを振ったり、吸い込みをしたり、大ジャンプをしたりして攻撃してくる。エクストラモードでは全体の動きが速くなっており、大ジャンプの着地後いきなり吸い込みをしかけてくる事も少なくない。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 星のカービィ
日本の旗2000年3月1日 ゲームボーイ
ニンテンドウパワー
HAL研究所 任天堂 フラッシュロムカセット - -
2 星のカービィ
日本の旗2011年6月7日 ニンテンドー3DS
バーチャルコンソール
HAL研究所 任天堂 ダウンロード CTR-RAFJ-JAN -
3 星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
日本の旗2012年7月19日
アメリカ合衆国の旗2012年9月16日
Wii HAL研究所 任天堂 Wii専用12センチ光ディスク RVL-P-S72J-JPN 26万5218本

開発[編集]

元々は主人公の名前を「ポポポ」として『ティンクル・ポポ』という作品名で開発されていたが、完成間際の所で任天堂の宮本茂に「この作品はもうちょっといじるだけですごく面白くなる」と見初められる。結果、主人公には「カービィ」の名が与えられ、任天堂発売の『星のカービィ』として作り直すことになった[2]。この際にすでに受けていた2万6000本の受注をキャンセルするが、結果として新体制で作りなおされたカービィは、全世界で500万本を売り上げるヒット作品となる。

ボスキャラであるデデデ大王やカービィの住むプププランドの名前から、「ポポポ」の面影が残っているといえる。ほかに同じ3文字繰り返しのキャラは『星のカービィ スーパーデラックス』、『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』でも登場した「ロロロ」「ラララ」がいる。

ちなみに公式イラストでのカービィをはじめとしたキャラクターの姿は、まだ原型が定まっていなかった故か現在の姿と大きく異なっている。(敵キャラクターに関しては非常に簡素なものとなっており、後の作品の公式イラストとは全く姿の異なる者もいる)。

スタッフ[編集]

  • ディレクター、チーフ・デザイナー:桜井政博
  • チーフ・プログラマー:KYOHEI MIYABI
  • プログラマー:SUNDAY RAIN
  • GDVプログラマー:MAMMY PRECO、能登谷哲也
  • デザイナー:MOGAMI KURANO
  • サウンド・コンポーザー:石川淳
  • スペシャル・サンクス:BUBBY、CIPHER
  • スーパーバイザー:BOU NAKAJIMA(中島圭)
  • プロデューサー:金井誠、岩田聡宮本茂

評価[編集]

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計22点(満40点)[3]、「ファミリーコンピュータMagazine」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.3点(満30点)となっている[4]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.5 3.7 4.0 3.9 3.5 3.8 23.3

関連作品[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS(2014年)

この作品のステージを元にしたプププランドと言うステージが隠しステージとして登場した。初めはGREEN GREENSからスタートで一定時間経過すると別の舞台へと変化する。変化する場所は7つあるが、CASTLE LOLOLOとMt.DeDeDeのみ2つの場所があるがスクロールは固定、それ以外のステージは1つの場所しかないが一定時間経過後、右側にスクロールする。 また曲も表曲はGREEN GREENS、CASTLE LOLOLO、FLOAT ISLANDS、BUBBLY CLOUDS、Mt.DeDeDeの原曲BGMがその場所によって流れるため、より懐かしいレトロ感を味わえる。[5]裏曲は、今作アレンジのグリーングリーンズ Ver.2[6]が流れる。因みに、Lボタンを押しながら当ステージを選ぶと背景が白になる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kirby's Dream Land”. All Game (1992年8月). 2012年8月21日23:10閲覧。
  2. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 社長に学べ! 任天堂岩田聡さん 7.「修羅場を救ってくれたもの。” (日本語). 株式会社東京糸井重里事務所 (2008年3月5日). 2011年9月25日閲覧。
  3. ^ 星のカービィ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年3月29日閲覧。
  4. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 527頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  5. ^ ただしこれは非終点化のみ。終点化されるとGREEN GREENSのみで変化はされない
  6. ^ 3DS版にはないがWiiU版にはDXでアレンジされたグリーングリーンズがあるため、今作アレンジの方をグリーングリーンズ Ver.2とされている

外部リンク[編集]