星のカービィ ウキウキ大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
星のカービィ ウキウキ大冒険
ジャンル ギャグ漫画4コマ漫画冒険漫画
漫画
作者 タイジャンホクト
出版社 エニックス(現・スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊少年ギャグ王
発表期間 1997年2月号 - 1999年1月号
巻数 全1巻(未完)
話数 28話
テンプレート - ノート

星のカービィ ウキウキ大冒険』(ほしのカービィ ウキウキアドベンチャー)は、タイジャンホクトによる日本ギャグ漫画作品。星のカービィシリーズを題材としている。

概要[編集]

エニックス(現:スクウェア・エニックス)発行の『月刊少年ギャグ王』にて、1997年2月号から1999年1月号まで連載されたギャグ4コマ漫画

基本的には『星のカービィ 夢の泉の物語』と『星のカービィ2』『星のカービィ スーパーデラックス』『星のカービィ3』の世界観を使ったストーリーとなっており、2話から13話(1話は1話完結)まではカービィがプププランドの食べ物を奪ったデデデ大王のいるデデデ城に向かう話で、14話から26話(27話・28話は後日談)まではスターロッドを取り返すために旅をする話となっているが、単行本には最終話まで掲載されずにいる(後者のストーリーはナイトメアと決着をつけている)。また、途中の展開や登場キャラクターのチョイスなど、本作オリジナルの要素もふんだんに詰め込まれている。

雑誌掲載時には「星のカービィ 1コマくらぶ」という読者投稿コーナーが設けられており、空白のフキダシが2つある1コマがお題で、フキダシに入るセリフを読者が考える、というもの。お題の1コマは作中の転用ではなく、本コーナー用として描いたタイジャンによる描き下ろし。毎月、最優秀賞1つと優秀賞2つ(1998年12月号と1999年1月号は4つ)が選ばれ、最優秀賞にはタイジャン直筆の色紙が贈られた。

あらすじ[編集]

第1部
『星のカービィ スーパーデラックス』の「はるかぜとともに」がモチーフ。
呆れ返るほど平和な国「プププランド」から、デデデ大王により食べ物が盗まれてしまった。それを聞いたカービィはとりあえず旅に出ることとなり、旅の道中で様々なヘルパーやリック・クー・カインなどを仲間に加え、デデデのいるデデデ城へと目指す。
第2部
『星のカービィ 夢の泉の物語』がモチーフ。
デデデ大王から食べ物を取り返してから束の間の平和が訪れ、カービィは夢の中でノディと出会う。するとデデデ大王が夢の泉からスターロッドを盗み出し、その拍子に封印されていたナイトメアが現れた。カービィはノディと共に、道中で盗人のタックとデデデの下から抜け出したチュチュを仲間に加えながらスターロッドを取り戻し、ナイトメアを倒すために再び旅に出る。

登場キャラクター[編集]

メインキャラクター[編集]

カービィ
本作の主人公。食いしん坊で特技はコピー技。気ままな性格で、正義の為ではなく、食べ物の為やピクニックついでという理由で成り行きで旅に出ることになった。また、仲間を平気で裏切ったりと薄情な一面も多いが、カインの水恐怖症を克服させようとするなど優しい一面もある。
デデデ大王
プププランドの自称大王。第1部では食べ物を奪い、それを取り返しにくるカービィたちに対し部下を差し向けて妨害するが、ことごとく失敗に終わる。13話にてカービィと対峙するが、メタナイトを見限ろうとしたため逆に彼の離反に遭いカービィによって無人島まで吹き飛ばされ、食べ物を取り返される。第2部ではプププランドに帰還したようで、夢の泉にナイトメアが封印されていることを知ってかしらずかスターロッドを盗み、ナイトメアを復活させた。
本作ではゲーム作品におけるわがままだが根は優しい努力家といった設定はなく、完全な悪人にして黒幕として描かれている。

サブキャラクター[編集]

ワドルディ
ワドルドゥ
ブロントバート
サーキブル
ブルームハッター
ホットヘッド
チリー
ソードナイト
ブレイドナイト
リック
「キッ」や「キーッ」程度しか話さない(タイジャンが以前手がけた4コマ時代と設定が変わっていない)。7話ではスカフィンクスの最後の課題(「リックのみでのしりとり」〈カービィ曰く「ヒキョーな課題」〉)を巧みに答え、カービィたちを入城に漕ぎ着けたが、8話では襲ってきたクラッコをカービィとクーとともに立ち向かうが、最後はカービィに利用される形で重傷を負う。
クー
紳士口調で喋る。襲ってきたクラッコをカービィとともに立ち向かうが、カービィに半ば利用される形で重傷を負う。
カイン
魚だが水恐怖症で、丸いものを口に咥えないと泳ぐことができない上、外した瞬間気絶してしまう。一方で、地上ではゲームのようにはねて移動したりはせず滑るように移動するという特技を持つ。11話ではポピーブロスSr.の追撃からカービィを守るため、道ずれにする形でポピーSr.を倒した。
アックスナイト&メイスナイト&トライデントナイト
デデデ大王の部下だが、3人揃ってどこか抜けており、失敗することが多い。ゲームと違い、同じメタナイツのメンバーであるジャベリンナイトは登場していない。
バーニンレオ
熱血的な性格だが、記憶力が低い長男と2人の弟妹からなる3人兄妹。毎日食糧難に悩まされるほどの貧乏な生活を送っており、プププランド中に食べ物がなくなってしまったことを知らなかった。長男はカービィを捕まえれば食べ物を与えるという手配書を見て弟たちのためにお尋ね者となったカービィを捕らえようとするが、逆にヘルパーにされるがカービィが弟妹にキャンディーをあげたことで和解。その後、キャンディーを奪ったアックスナイトとメイスナイトをカービィと協力して撃退した。
なお、家が貧しく兄妹がいるという設定はタイジャンが手がけたアンソロジー作品に受け継がれている。
ウィリー
カービィーの仲間で、海上を難なく走ることができる(ゲームでも水上を走ることができる)。
ファッティホエール
居眠りしていたカービィとウィリーを飲み込むが、シミラの助力により脱出される。
シミラ
どこからどもなくカービィの前に現れ、変な薬を作ってカービィに助力する(逆にカービィを危機に追い込む場合もある)。
スカーフィ
プリンランドに多数生息しており、カービィたちがファッティホエールに飲み込まれたときに出会ったのはその国の王女。
なお、作中では「スカーフィ」と表記されている。
スカフィンクス
スカーフィを模した自我を持った石像で、プリンランドの城の城門に防衛システムとして設置されている。たとえ城主でも自身が認めなければ城内に入れようとしなかったり、容赦なく攻撃するなどセキュリティが非常に厳重。また、怒ったり笑ったりすると気まぐれでビーム(カービィ曰く「怪光線」)を出したり(「駄洒落で自身を笑わせろ」という課題に対してカービィが言った「プリンランドでしらんプリン(知らんふり)」という答えに対して「ちょっとウケたモン」と評価しておきながらビームを発射し、カービィから「ならなんで怪光線出す?」とツッコまれた)、3問目を「得点が倍になるサービス問題」と伝えカービィにその得点の意味を聞かれたことに無視する、人語を解さないリックに対してしりとりを出すなど性格は偏屈かつ意地悪極まりない。一人称は「我」で、門だからか語尾に「モン」を付けて話す。基本的に人を小馬鹿にしたような気の抜けたジト目のポーカーフェイスだが、顔を崩すこともある。リックのことを「ネズミもどき」と呼んでいる。
城内に入ろうとするカービィに対し自身が出す課題にクリアするよう指示する(最初の課題は「暗号を唱える」だったが肝心のスカーフィが暗証番号をど忘れしていたため失敗に終わる)。最後はリックが「キッ」しか喋れないことを逆手にとってしりとりをクリアしたことで仕方なく入城を許可した。
クラッコ
2人の仲間を探しているカービィを襲撃するが、クーの力を借りたカービィによって(半ばリックとクーを犠牲にする形で)倒された。
スイートスタッフ
海のクラッシャー」と呼ばれており、デデデ城に近づくカービィたちを迎え撃つため、デデデ大王によって呼び覚まされた。
ポピーブロスJr.&ポピーブロスSr.
ダイナマイト兄弟」と称される。デデデ城へと向かうカービィたちの前に立ち塞がるが、返り討ちに会う。
メタナイト
デデデ大王の部下だが、裏切られると刃向かう。また、仮面好きでもあり、その執着ぶりは迎撃対象である肝心のカービィに気づかないほど。
ナイトメア
夢の中に現れる悪夢。ゲームと違い、夢の泉に封印されていたところをデデデ大王がスターロッドを盗んだことにより現実世界から姿を現す。Mr.シャインを操るなど強大な力を有する。
26話にてカービィと最後の激闘を繰り広げるが、スターロッドの力を借りたカービィによって倒された。
ノディ
ゲームと違い、極めて粗暴な性格で柄の悪い関西弁で喋る。スターロッドを取り戻すべく、カービィと行動を共にする。10分枚に1分間眠らないといけない体質で、くだらないギャグを聞くと蕁麻疹が出る。
タック
ノディを攫おうとするが、彼の気性の荒さに振り回されてからは彼を親分と慕い、カービィたちについてくる(しかし、その後もカービィたちからスターロッドを奪おうと企んだりしている)。寒いところが苦手で、そのため20話ではカービィたちに置いてけぼりにされた。
ウィスピーウッズ
カービィたちの前に立ちはだかり、ダジャレ勝負を仕掛ける。
スターマン
自称「正義の味方」。タックに唆され、カービィたちからスターロッドを盗もうとする。
ヌラフ&ネリー
デデデの部下からスターロッドを預かっていた。子供のネリーは親であるヌラフすら手を焼くやんちゃな暴れん坊で、スターロッドを渡す条件として彼の遊び相手になってほしいと求める。
ラブリー
花畑をバードンに荒らされることに困っており、カービィたちにスターロッドの在り処を教える条件としてバードンを追い払うことを頼む。
バードン
ラブリーの花畑を荒らしていた。
アイスドラゴン
北の国に暮らしており、デデデの部下からスターロッドを預かっていた。自身が寝小便をした布団を見てカービィに大笑いされたことに激怒し、ノディを氷詰めにした。
チュチュ
元々はデデデの部下だったが、彼の元から逃げ出し、カービィたちと冒険を共にする。
ワイユー
デデデの部下からスターロッドを預かっていた塔の中ボスで、変装の名人。スターロッドを取り返そうとするカービィたちに、追いかけっこをしないかと提案を持ちかける。
Mr.ブライト
ナイトメアに操られたMr.シャインを元に戻すためカービィたちに助けを求める。
Mr.シャイン
Mr.ブライトの相棒。ナイトメアに操られ、自身を元に戻そうと説得を試みるブライトとカービィに襲い掛かるが、カービィたちの活躍により正気に戻る。
ケケ
怪しげな術を使う魔女が住むという噂がある森に住む。森の中で大怪我をしたカービィを手当てした。

用語[編集]

スターダスト高原
第1話でデデデ大王がカービィと決闘するために待っていた高原。
スタコラサッサ高原
第1話でカービィがデデデから送られた「スターダスト高原で決闘をする」という内容の矢文を持参しなかったため、記憶が曖昧だったことで誤って向かってしまった高原(そのため、デデデはそのことを知らずスターダスト高原で一人待呆けする羽目にあった)。
プリンマウンテン
第6話に登場する山。
その名の通り、山全体がプリンでできており、斜面が滑りやすく(リックならスイスイと登れる)一齧りするだけで肥満化し動けなくなる(カービィの場合は重くなっただけで移動に支障はなかった)。山の頂上にはプリンランドが存在する。
プリンランド
第7話に登場する、プリンランドの山頂にあるスカーフィたちが暮らす国。
夢の泉
第14話にて登場したプププランドの秘宝・スターロッドがある泉。ゲームと違い、本作ではナイトメアが封じられているという設定となっており、デデデ大王はスターロッドを奪うことでナイトメアを封印から開放した。
スターロッド
第14話に登場したプププランドの宝。夢の泉に祀られている。本作ではナイトメアを封じる鍵のような役目を持つと重要なキーパーソンという設定で、第2部ではデデデ大王がナイトメアを開封するためにスターロッドを奪ったことから物語が始まる。
物語終盤では、ナイトメアを倒す武器として使用された。

コミックス[編集]

第1巻(初版発行日1998年3月12日 ISBN 4-8702-5672-X)まで刊行されたが、本誌の休刊に伴い、本巻が発売してまもなく連載が終了したため、残りの12話分が未収録となった。

ストーリー[編集]

第1部
第1話『宿敵はデデデ大王』
ある朝、カービィが目覚めるとデデデ大王から「スターダスト高原で決闘をする」という旨の矢文が届く。
カービィはピクニックがてらスターダスト高原へと向かうが、その道中でリックとクー、カインと出会い、4人で旅を進めた。
第2話『プププランドの大ピンチ』
第1部の事実上の1話。
プププランド中の食べ物がデデデによって奪われてしまった。それを知ったカービィは、とりあえず旅に出るための準備として、道中を共にする仲間としてヘルパーを連れて行こうとする。
第3話『デデデのたくらみ』
デデデから食べ物を取り返しに向かうカービィ一向。それを知ったデデデは、カービィを倒すためにトライデントナイトを仕向けるが、ドジな彼はカービィを倒そうとするもどうも上手くいかない。
第4話『刺客は熱血漢』
兄弟で貧困生活を送るバーニンレオは、弟たちに飯を食べさせるため、指名手配されたカービィを捕らえて食べ物を手に入れようと目論むが、何とかカービィはその誤解を解く。そんな中、弟たちがカービィからもらった飴をデデデの部下であるアックスナイトとメイスナイトに奪われてしまう。
第5話『とらわれのプリンセス』
ヘルパーのウィリーに乗って海に出たカービィだったが、居眠りしている間にファッティホエールに飲み込まれてしまう。
飲み込まれたことに気づかないカービィは、そこでスカーフィと出会い、自分がファッティホエールに食べられていることにようやく気づき、脱出するために体内を冒険していたところ、奥でシミラと出会う。
第6話『リックとプリンのお山』
ファッティホエールから脱出し、カービィはプリンマウンテンへと差し掛かる。この山は一齧りすると、お腹が膨れて動けなくなってしまうという性質を持つ(ただし、カービィは重くなっただけで動けた)上、斜面はプリン製で滑って登れないという山だった。頂上まで登ろうと悪戦苦闘しているうちに、カービィはリックを(図らずも)助ける。
第7話『恐怖のスカフィンクス』
プリンマウンテンを超え、スカーフィが暮らす国・プリンランドへと到着したカービィたち。この国の王女であるスカーフィから「痩せなくてはデデデに勝てない」と忠告を受け、彼女の城へ赴く事になる。しかし城門の防犯システムである石像・スカフィンクスから自身が出す出題をクリアできたら城内に入らせることを条件付けられる。
第8話『クーか、くわれるか?』
(良くも悪くも)シミラのお陰で痩せたカービィは残り2人の仲間を探しつつデデデ城へと向かう。そんな中、クラッコの襲撃に遭い、洞窟の中へと逃げ込むが、そこにはクーがいた。カービィはクーの力を借りてクラッコを倒す事になる。
第9話『森のマンボウ』
リックとクーを犠牲にクラッコを倒したカービィは森で倒れているカインと出会う。しかしカインは魚でありながら極度の水恐怖症だった。そこでカービィはカインの水恐怖症を克服させるために、特訓を開始する。
第10話『うみのクラッシャー』
デデデ城にカービィが近づいている事を知ったデデデは、スイートスタッフを呼び覚ます事にした。カービィとカインはスイートスタッフと戦う事になる。
第11話『ダイナマイト兄弟』
デデデ城へ向かうカービィとカインの前に、ポピーブロスJr.が現れる。そして何とか倒したと思ったら、ポピーブロスSr.が現れる。
第12話『突入!デデデ城』
カインと別れを告げたカービィはデデデ城へと乗り込む。一方、城ではデデデの部下・メタナイトが動き出していた。城の裏口から乗り込んだカービィは、シミラとまたまた出会う。
第13話『ラストバトル』
シミラの解毒薬の副作用で笑い続けるカービィはメタナイトに見つかるが、メタナイトはカービィのつけていた仮面が気に入り、ばれなかった。そして、図らずもデデデと対峙することとなる。
第2部
第14話『あらたなる脅威』
夢を見ていたカービィは、夢の中でノディと出会う。一方、デデデは夢の泉からスターロッドを盗んだため、ナイトメアが現れる。
第15話『タックとその一味』
スターロッドを取り戻すべく、ノディと旅をすることになったカービィは、タックと出会う。タックはノディを攫うものの、ノディがあまりにも凶暴だったため、酷い目に遭う。
第16話『モーレツ!ダジャレ合戦』
そんなこんなでついてくる事になったタックたちと森でスターロッドの在り処を聞き回るカービィ。そうしているうちにカービィはウィスピーウッズとダジャレで勝負する事になった。

: 以下の話は単行本未収録作品

第17話
隙をうかがい、カービィたちからスターロッドを盗み出そうと企むタックは、夜に二人が寝たときを狙うが彼の許に正義の味方を名乗るスターマンが現れる。しかしタックは、スターマンを騙してスターロッドを盗もうと企てる。
第18話
旅を続ける最中、タックは猛スピードで走ってくる動物に追突される。その正体はヤンチャなイタズライノシシ、ネリーだった。ヤンチャどころではない暴れん坊のネリーに、親のヌラフはネリーに手を焼いていた。デデデ大王の部下からスターロッドを預かっていたヌラフは、ネリーの遊び相手になってくれたらスターロッドを渡すという提案を持ちかけた。
第19話
山越え谷超え、花畑にやってきたカービィたち。そこに咲くラブリーにスターロッドについて尋ねると何かを知っている様子で、花畑にやってきては荒らしてくる迷惑な鳥を追い払ってくれたら教えてくれるという。
第20話
ラブリーからの情報で、スターロッドを持っているアイスドラゴンを探しに北の国にやってきたカービィとノディ(タックは寒い所が苦手とのことで置いてきぼりにされた)。すると、寝小便の布団を発見し、それを見て大笑いするカービィだったが、その横でノディがアイスドラゴンに凍らされてしまっていた。
第21話
デデデ大王の部下から逃げ出してきたチュチュに出会ったカービィとノディ。彼女の話によると、林の奥に中ボスのアジトがあるらしい。アジトへ向かおうとするカービィたちにチュチュは強引についてくる。中ボスのアジトであるカラクリだらけの塔に辿り着いたカービィたちは中ボスに会うために上階へと目指す。
第22話
塔の本来の中ボスが修行しているという森に来たカービィたち。その森の中で、喋る奇妙な鳩に出くわす。鳩の正体は塔の中ボスにして変装の名人・ワイユーだった。スターロッドを取り返そうとするカービィたちに、ワイユーは追いかけっこをしないかと提案してきた。
第23話
野宿をしようとしている中、チュチュが星空を眺めているとMr.ブライトが落ちてきた。彼の相棒のMr.シャインがナイトメアに操られてしまったらしい。カービィたちはMr.シャインのいる雲の上に連れて行ってもらい、説得を試みようとする。
第24話
Mr.シャインとの戦いでスターロッドと一緒に行方不明になってしまったノディを探すカービィとチュチュ。ノディが落ちたとされる方向へと向かうが、その途中にはあやしい術を使う魔女のいるという噂の森があった。ひょんなことで森の中で大怪我をしてしまったカービィの前に不思議な少女ケケが現れ、傷の手当てをしてくれた。
第25話
第26話
第27話
ナイトメアがカービィによって倒されたことで平和が訪れたプププランド。一方、カービィの家では一緒に冒険した仲間、ノディ、チュチュ、タックが勝手に上がり込んでいた。
この話では平和になったプププランドの住人たちの様子を描く、オムニバス形式の4コマ漫画になっている。
第28話

関連項目[編集]