カービィの仲間たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カービィの仲間たち(カービィのなかまたち)は、任天堂(開発・HAL研究所)のゲーム「星のカービィ」シリーズに登場する架空のキャラクターたちである。ここではゲームに登場する仲間キャラクターについて紹介する。

ひかわ博一版の漫画の登場キャラクターについては「星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター」、テレビアニメについては「アニメ版星のカービィの登場キャラクター」を参照。

概要[編集]

リック、カイン、クー、ナゴ、チュチュ、ピッチはカービィを運びながら攻撃をして、カービィをサポートする。カービィ同様、コピー技も使うことができるのが特徴。一方、リボン、アドレーヌは元々、カービィとは何の関わりもない上に、攻撃したりコピー能力を使うこともない。デデデ大王は本来はカービィのライバルだが協力する機会が増えた。メタナイトは『星のカービィ 鏡の大迷宮』ではライバル兼仲間となった。ワドルディは『星のカービィ64』を除けば敵キャラクターとして登場している。

アニメ版ではリック、カイン、クーが登場するものの、カービィとは単なる遊び仲間という存在で、3匹の間にも特に関係は見られない。

仲間一覧[編集]

星のカービィ2[編集]

中ボスを倒すと、袋の中から出てくる。出てくるキャラクターが決まったものもあれば、不規則なものもある。敵キャラクター「プロペラー」に触れるか、ライフが無くなると仲間は消えてしまう。各種コピー技については『星のカービィ2』を参照。

リック (Rick)
走るのが得意なハムスターのキャラクター。カービィを背中に乗せて走る。氷の上でも滑らないのが特徴。飛行ができなくなるという欠点がある。『星のカービィ3』では敵を吸い込まず、かじって食べるようになった。砂地の上も歩きやすくなり、垂直の壁を蹴って登ることができる。「ピック」というメスのハムスターの彼女がおり、『星のカービィ3』でレベル4のステージ5に登場する。
『星のカービィ3』の仲間を含めても敵を食べるのをカービィにやらせるのではなく自分自身で行うのは彼だけであり、コピー能力まで使いこなす。
カイン (Kine)
泳ぐのが得意なマンボウのキャラクター。口にカービィをくわえながら進む。水流に影響されることなく泳ぐことができ、水中でも敵をほおばることができる。地上でも動作は遅いものの問題なく移動できるが、リックと同じく飛行ができなくなる。「マイン」というマンボウの奥さんがおり、『星のカービィ3』でレベル1のステージ5に登場する。
クー (Coo)
飛ぶのが得意なフクロウのキャラクター。足でカービィをつかみながら進む。強風に影響されることなく飛ぶことができる。『星のカービィ3』ではクーだけ仲間キャラクターが存在しない。
グーイ (Gooey)
仲間キャラクターが重複した場合に登場し、触ると体力が1回復する。
ブロッブ (Blob)
グーイの妹。ピンク色の球体で、頭のリボンが特徴。海外版のみ登場する。
チャオ / ちゃお (Chao)
人間の女の子。元は『遊遊記』に登場するキャラクターであり、海外版ではブロッブに差し替えられている。
『星のカービィ3』ではレベル1のステージ4に登場し、『游游記』の主人公の悟空も登場している。クリアすると重要アイテム「ハートスター」を1つもらうことができる。

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』、『星のカービィ Wii』ではリック、カイン、クーの像がカービィのコピー能力「ストーン」のパターンとして登場している。また、『あつめて!カービィ』ではミニゲームの「カービィマスター」のコンティニュー画面に登場している(カインのみ、ピンボールにも登場)。

星のカービィ3[編集]

今作では中ボスを倒さなくても、ステージ上のどこかで待機している。各レベルのステージ5では指定のキャラクターをゴールに連れていくことで100%クリアに必要なハートスターがもらえる。

各種コピー技については『星のカービィ3』を参照。リック、カイン、クーも登場するがここでは省略する(『星のカービィ2』を参照)。

グーイ (Gooey)
見た目は紺色のスライムだが、実は『星のカービィ2』、『星のカービィ3』のラストボス・ダークマターと同じ種族であり、ダークマター戦ではリアルダークマターの羽が付いている。しかし、悪意は持っていない。その点ではアニメ版のカービィの設定に近い。
カービィと同じくコピー技が使える。吸い込みの代わりに敵を長い舌でつかんで飲み込む。そのため、敵を一度に一匹しか頬張れないが、その代わり水中でも敵を頬張ることができ、スカーフィなどの吸い込みが効かない敵も食べられる。また、手足はないようにも見えるが、カッターの使用時などには手と思われるような部位が確認できる。
スマブラ拳!!」の「スマブラ2があるとしたら出てほしいキャラ」というランキングでは後の参戦キャラクターであるメタナイトを上回っていた。
ナゴ (Nago)
大きな三毛猫のキャラクター。カービィを転がして進む。飛行ができないが、3段ジャンプができる。シロという彼女がいる。
チュチュ (Chuchu)
赤い大きなリボンが特徴のピンク色のタコのキャラクター(『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』付属のブックレットにも「海にいる8本足のアレ」がモデルであると記載されている)。体全体を使ってホバリングができるほか、天井に張り付き、ぶら下がりながら移動することができる。また、敵は彼女が捕まえてカービィに食べさせてあげるようになるため、スカーフィなどの吸い込みが効かない敵を食べられたり、カインとの合体時同様に水中でも敵をほおばることができるようになる(ただし、敵キャラクターを1体しか頬張れないため、性能的にはグーイの通常時と変わらない)。ニュプンという黄色いタコの友達がいる。
また、彼女が頭の上に乗るとカービィはとても幸せそうな顔になるため、4コマなどでは「寄生」などとネタにされることも多いほか、彼女と配色の似たキャラクターが多い(カービィ、バウンシー、ピックなど)。
ピッチ (Pitch)
小鳥のキャラクター。クーと比較すると地上を走ることができるが、飛行能力は劣る。コピー技と組み合わせることで珍しい攻撃が可能であり、全てのコピー能力内で体質変化するのは彼だけである。ピッチママという母親がいる。

『星のカービィ3』で登場したグーイを除く6匹は、『星のカービィ64』のカービィのコピー能力ミックス「ストーン+カッター」で(カービィが変身したコピーとして)登場するほか、『星のカービィ スターアライズ』では上記の3匹がコピー能力「クリーン」の技として登場する。また、リック カイン クーは、 ドリームフレンズとして登場する。

星のカービィ64[編集]

レベル1の各ステージの最後で、リボン以外はリムラ、リムル、リムロに操られた状態で登場。倒すとクリスタルを出し、仲間となる。デデデ大王を除けば敵キャラクターを(直接)攻撃することはない(ワドルディとリボンはカービィと共闘する場面はある)。

リボン (Ribbon)
リップルスターからやってきた妖精。ある日いつものように楽しく遊んでいると、突然空全体が黒い雲(ダークマター族)に覆われ始める。黒い雲の狙うものはリップルスターのクリスタルで、それを守るためにリボンはクリスタルと共にリップルスターを脱出する。しかし追手に追われてクリスタルを砕かれ、クリスタルの破片と一緒にプププランドに落ち、そこでカービィと出会う。故郷の宝であるクリスタルを集めて元に戻すためカービィと一緒に冒険に出る。ラストボス戦ではカービィをサポートする。星のカービィシリーズでは数少ないヒロインでもある。冒険の最後には、カービィの頬にキスをした。
ワドルディ (Waddle Dee)
これまでのシリーズでは雑魚キャラクターだが、今作ではリフトトロッコなどあらゆる乗り物を用意したり、壁や天井を破壊するなどしてカービィの手助けをする。
アドレーヌ (Adeleine)
アイテムを絵に描いて実体化させたり、冒険のヒントを絵で与えてくれる。仲間の中で唯一、カービィと共にステージ中を移動する局面が無い。
デデデ大王 (King Dedede)
プププランドの大王。カービィのライバルだが、今作では特定のステージでカービィに変わって操作することとなる。ハンマーで岩や壁を砕いて進むことができる。しかし、操作する上では敵の攻撃の当たり判定がカービィ単体の時と比較して約2倍になる上、他の作品に登場するようなフグ飛行はできないために穴に落ちたら助からないなど、デメリットも多い。
また、偽のエンディングではリボンとの別れを悲しんで涙目になるなどの一面を見せる。
また、今作では厚い唇が鳥のくちばしのようになり、よりペンギンに近いデザインになっている。

星のカービィ Wii[編集]

デデデ大王 (King Dedede)
カービィをライバル視するプププランドの大王[注釈 1]。ハンマーで敵を攻撃する。
カービィの「ハンマー」と同性能であるが、ジャンプ攻撃がない(『64』同様、空中でハンマーを振り下ろすのみ)のと『爆裂ハンマー投げ』を使用してもハンマーを失わないために同技を無限に使用可能であるという違いがある。
技一覧
ハンマーたたき
3れんデデデハンマー(『Wii』のみ)
ハンマーはどう(『トリプルデラックス』のみ)
ハンマーショット(『トリプルデラックス』のみ)
ねらいうち(『トリプルデラックス』のみ)
ぐりぐりハンマー
ジャイアントデデデスイング
空中ハンマースイング/だいしゃりん
ごく・だいしゃりん
おにごろしデデデハンマー
ためながらいどう
ばくれつデデデハンマーなげ
ヘッドスライディング(『スターアライズ』)
スーパーデデデジャンプ(『スターアライズ』)
水中ハンマースイング/水中だいしゃりん
ワドルディ (Waddle Dee)
SDXの「かちわりメガトンパンチ」やUSDXのように、頭にバンダナを巻いている。槍を用いて攻撃したり、槍を回転させて滑空することができる。
カービィの「スピア」と同性能で、これといった性能の違いはないが、プレイヤーの使い方次第では活躍をする。
技一覧
ヤリつき
うらつき
ワド百れつスピア~きゅうしょつき
天空つき
月おとし
ワドスピアスロー
れんぞくワドスピアスロー
ワドトリプルスロー
ワドコプター
大地づき(『スターアライズ』)
水中ヤリつき
水めんつき
水中したつき
メタナイト (Meta Knight)
カービィのライバルの騎士。宝剣ギャラクシアで敵を斬りつけたり、ロープを切断することができる他、空中飛行時の羽に攻撃能力がある。
カービィの「ソード」と「ウィング」(空中飛行時の攻撃判定のみ)の能力を足したような存在である。
技一覧
たてぎり
ナイトビーム
メタ3れんぎり
メタ百れつぎり~きめぎり
ドリルスラッシュ
スピニングナイト
メタチョッピング
したづき
うえつき
メタ回てんぎり
マッハトルネイド(『ロボボプラネット』以降)
メタコンドルダイブ
スカイエナジーソード(『ロボボプラネット』のみ)
シャトルループ
ギャラクティックカウンター(『スターアライズ』)
水中スピニング
ランディア (Landia)
ハルカンドラの奥地の火山に住む4匹のドラゴン。最初はカービィ達と敵対するが、マホロアが本性を現した際はカービィ達を乗せてくれる。

星のカービィ トリプルデラックス[編集]

バンダナワドルディ (Bandana Waddle Dee)
バンダナを巻いたワドルディ。各ステージの中ボス戦前や各エリアのボス戦前でカービィやデデデ大王に回復アイテムの入ったアシストスターをくれる。
デデデ大王 (King Dedede)
プププランドの大王。ゲーム内のサブコンテンツ「デデデでゴー!」では彼を操作できる。能力は『Wii』と同じだが、遠距離攻撃の「ハンマーはどう」と「ハンマーショット」が追加されている。
天空の民 (The People of the Sky)
浮遊大陸フロラルドに暮らす花の種族と呼ばれる住人で、住人全員が花のような髪形をしている。ロイヤルロードにてクィン・セクトニアによって幽閉されている。

星のカービィ ロボボプラネット[編集]

ロボボアーマー (Robobot Armor)
宇宙企業・ハルトマンワークスカンパニーのロボット兵器「インベードアーマー」がカービィの不思議な力によって変化した姿。アームによるパンチ攻撃やカービィと同じようにコピー能力を用いる。
バンダナワドルディ (Bandana Wadlle Dee)
バンダナを巻いたワドルディ。『トリプルデラックス』同様、ボス戦前にカービィやメタナイトにアシストスターをくれる。
メタナイト (Meta Knight)
カービィのライバルである仮面をつけた騎士。ゲーム内のサブコンテンツ「メタナイトでゴー リターンズ」では彼を操作できる。能力は『Wii』と同じだが、剣にパワーをため、三日月状のビームを放つ「スカイエナジーソード」が追加されている。

星のカービィ スターアライズ[編集]

各ワールドにある「ドリームしんでん」という施設に設置されてある「ドリームロッド」を持つことで仲間を1回につき1人呼び出すことができる。この作品では「ドリームフレンズ」と呼ばれる。

バンダナワドルディ (Bandana Waddle Dee)
バンダナを巻いたワドルディ。能力は「スピア」[注釈 2]で、技も『Wii』のそれと同じ。
ドリームフレンズでは最初から仲間にすることができる。
「星の○○○○」のサブタイトルは「レジェンド オブ ワドルディ」。
デデデ大王 (King Dedede)
プププランドの自称大王。能力は「ハンマー」だが、新たにボス戦において使用していたヘッドスライディングが加わっている他、あらゆるフレンズの中で最も体格と防御力が高い。
「星の○○○○」のサブタイトルは「王位の復権」。
メタナイト (Meta Knight)
カービィのライバルである仮面をつけた騎士。能力は「ソード」と「ウィング」。
「星の○○○○」のサブタイトルは「その闇、我が剣の糧に」。
リック&カイン&クー (Rick & Kine & Coo)
3匹のカービィの仲間。この作品では3匹で1匹といった形式で状況に応じて仲間を切り替える方式(地上ではリック、水中ではカイン、空中ではクー。カインは地上でも切り替えられるが『2』『3』と違い、その場ではねるだけで移動することができないが、そのときに生じる水しぶきには攻撃判定がある)となっている。
使用する能力は、リックは「ファイア」と「ストーン」(『2』『3』における「リックバーニング」と「リックストーン」)、カインは「フリーズ」(『2』における「カインアイス」)、クーは「ウィング」と「カッター」、「パラソル」、「トルネイド」(後者三つは『2』『3』における「クーカッター」と「クーパラソル」)を用いる。
「星の○○○○」のサブタイトルは「陸海空アニマルズ」。
技一覧
リックファイア
リックストーン
クーパラソル
はばたき
クーカッター
はねる
カインアイス
れいとうカイン
おまもりぶくろ
ふみつけ
マルク (Marx)
『星のカービィ スーパーデラックス』および『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』にてラストボスとして登場した道化師。ボールに乗って移動したり、それを蹴飛ばして敵を攻撃したりするほか、翼を出して空中を飛んだりラストボスの時の技を出すこともできる。
カービィの「ボム」と「ウィング」、「サーカス」[注釈 2]を足したような能力で、属性を付加することも可能。
「星の○○○○」のサブタイトルは「銀河に野望を」。
技一覧
ピエロたまのり
たまけり
ける角どをかえる
たまけりシュート
しかけピエロだま
いたずらキック
きらめきのはね
くちからピエロだま
ブラックホール
きりもみマルク
まっさかさマルク
シャドウ~シャドウアッパー
とっしん
コンボまっさかさま
コンボきりもみ
グーイ (Gooey)
善良な心を持ったダークマター族。長い舌を用いて攻撃するほか、羽を出して空を飛んだり『2』『3』のダークマターと同じようにビームを発射したりできる。
カービィの「ウィップ」と同性能だが、一部の技に「パラソル」が含まれており、「バーニング」「ストーン」も使える。
「星の○○○○」のサブタイトルは「ココはどこでボクだ~れ?」。
技一覧
べろーん
べろべろーん
べろほしょく
したうち
グーイパラソル
くるくるパラソル
グーイバーニング
グーイストーン
かくさんダークレーザー
マターもどき
ダークレーザー
おまもりぶくろ
アドレーヌ&リボン (Adeleine and Ribbon)
絵描きの女の子とリップルスターからやってきた妖精のペア。アドレーヌの技は「アーティスト」に関するものが多い。リボンは主に空中でのアクションで登場する。他のフレンズに比べて最も防御力が低い。
「星の○○○○」のサブタイトルは「あたしたちもまぜて」。
技一覧
絵ふでスラッシュ
がむしゃら絵ふで
ペインター
アドペインター
リボンのはね
リボンクリスタル
フェアリーダンス
キャンバスにかくれる
ダークメタナイト (Dark Meta Knight)
メタナイトの心の闇が具現化したした黒い剣士。能力はメタナイトと同じ「ソード」と「ウィング」に加え、「ミラー」[注釈 2]の技も含まれている。
他のフレンズとは違い、ミスになった際は『鏡の大迷宮』におけるボス戦での撃破時のように砕け散るモーションとなっている。
「星の○○○○」のサブタイトルは「シャドーサイドストーリー」。
技一覧
たてぎり
ダークビーム
ダーク3れんぎり
ダーク百れつぎり~エッジスマッシュ
ダークドリル~エッジアッパー
ダークスパイラル
エッジメテオ
ダーククロス
エッジスラスト
ミラーズ回てんぎり
ダークキャリバー
3れんムーンショット
ミラーズエッジ
ミラーズウォール
ダークぶんしん
ダークぶんしん・円
はばたき
リフミラー
ドロッチェ (Daroach)
宇宙を股にかける盗賊団「ドロッチェ団」を率いるネズミの盗賊。ツメによるひっかきやアイスレーザー・トリプルスターなどを使う。また部下のチューリン、スピン、ドク、ストロンを召喚することができる。
能力は「レーザー」[注釈 2]と「アニマル」[注釈 2]、「ボム」。部下はそれぞれチューリンは「アニマル」、ドクは「U.F.O.」と「スパーク」[注釈 2]、ストロンは「ストーン」の能力をモチーフにしている。
「星の○○○○」のサブタイトルは「参上! 宇宙かける盗賊団」。
技一覧
アイスショット
チャージ
チャージキープ
アイスレーザー
ごく・アイスレーザー
トリプルスター
ドロッチェボム
ドロッチェフレアボム
スピンさんじょう
ドクさんじょう
ストロンさんじょう
ハンタークロー
ひっかき
ジャンピングクロー
サプライズボックス
しゅんかんいどう
マホロア (Magolor)
かつてカービィたちを欺き全宇宙の支配を目論んだ虚言の魔術師。魔法の玉を飛ばしたり、「ニードル」[注釈 2]「トルネイド」[注釈 2]「ボム」「エスパー」をモチーフにしたワザ、「ウルトラソード」やブラックホール、味方を母船ローアに乗せて敵にぶつける技などがある。
「星の○○○○」のサブタイトルは「心からのベストフレンズ」。
技一覧
まりょくきゅう
レボリューションボウル
レボリューションフレイム
キルニードル
ダブルキルニードル
クアッドキルニードル
マホロアストーム
ジェムリンゴボム
きばく
ブラックホール
はつどう
ウルトラソード
リフバリア
いくうかんバニシュ
タランザ (Taranza)
浮遊大陸フロラルドの女王クィン・セクトニアに仕えていた、クモの姿をした魔術師。「スパイダー」「エスパー」「リーフ」[注釈 2]などが元になったワザを持ち、クィン・セクトニアの幻影を召喚する技も持つ。
「星の○○○○」のサブタイトルは「あの花に会うために」。
技一覧
まじゅつの糸
タランザウェブホールド
はじきとばし
いとしのワールドツリー
タランザバースト
スーパータランザバースト
タランザボウル
スーパータランザボウル
ウェブとばし
かくさんウェブとばし
クィンズファントム
けりまゆ
まゆほかく
まゆボンボン
まゆまゆボンボン
まじゅつガード
秘書スージー (Susie)
プレジデント・ハルトマンの宇宙企業「ハルトマンワークスカンパニー」の社長秘書。光線銃による「レーザー」[注釈 2]や「ジェット」[注釈 2]の技を持ち、専用のインベードアーマー「リレインバー」に乗り込むこともできる。
「星の○○○○」のサブタイトルは「光線銃で、くじょされて♡」。
技一覧
H.W.C(ハルトマンワークスカンパニー)せいレーザーガン
チャージ
ポーターアタック
ポーターブースト
ロケットガール
ガールズバーン
ガールズクラッカー
ハートフルダイビング
チャージストック
ブーストハイジャンプ
トランスポーター
かた手うち
リレインバーとうじょう
ヘビーローテート
ヘビーローテートダンス
ドリーミサイル
ドライバーフォール
三魔官シスターズ (The Three Mage-Sisters)
魔神官ハイネスに仕える暗黒要塞「ジャマハルダ」の指揮を執る三人の女性幹部。氷の斧使いフラン・キッス、炎の剣使いフラン・ルージュ、雷の槍使いザン・パルルティザーヌの三人を任意に切り替えることができるが、いずれもリーチの長い強力な攻撃技を多数持つ。
ただし、「アナザーディメンション ヒーローズ」をある条件を満たしてクリアしないとドリームフレンズとして使用できない。
「星の○○○○」のサブタイトルは「祈りから希望の旅へ」。
技一覧
キスカ・ダウン(フラン・キッス)
キスカ・ストーク(フラン・キッス)
キスカ・アッパー(フラン・キッス)
キスカ・メテオ(フラン・キッス)
ひょうか(フラン・キッス)
フローズンジェラート(フラン・キッス)
シェイキングソーダ(フラン・キッス)
エレガントエスケープ(フラン・キッス)
ベルジュ・スラッシュ(フラン・ルージュ)
ベルジュ・ラッシュ(フラン・ルージュ)
ベルジュ・フィニッシュ(フラン・ルージュ)
フラン・フランベ(フラン・ルージュ)
バーベキューパーティ(フラン・ルージュ)
レッドホット・ベイクドソード(フラン・ルージュ)
オーブン・ウェルダン(フラン・ルージュ)
バーストジャンプ(フラン・ルージュ)
バーストステップ(フラン・ルージュ)
ザン・ザン(ザン・パルルティザーヌ)
ザン・サザン(ザン・パルルティザーヌ)
ザン・サウザンド(ザン・パルルティザーヌ)
ライトニングレモネイド(ザン・パルルティザーヌ)
カミナリオコシ(ザン・パルルティザーヌ)
エレクトロエクレア(ザン・パルルティザーヌ)
せん光のライトニング(ザン・パルルティザーヌ)
シスターズタッチ
シスターズころがり

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この作品では自称が使われていない。
  2. ^ a b c d e f g h i j k スターアライズには未登場

出典[編集]

関連項目[編集]