石川淳 (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 淳(いしかわ じゅん、1964年 - )は、日本作曲家。主にゲームミュージックを手掛け、BGM効果音などゲームにおけるサウンドに関わる全ての要素を担当するサウンドコンポーザー1990年HAL研究所に入社。同社サウンドチーム所属。千葉県出身。

人物[編集]

星のカービィシリーズのBGMをシリーズ第1作目の『星のカービィ』から担当。「カービィ・サウンドの生みの親・育ての親」的な存在であると言える。HAL研究所サウンドチーム内においては同社への勤続年数は最長である。しかし、同チームの安藤浩和池上正酒井省吾らとは対照的に、これまで外部のインタビューなどに登場したことがほとんど無かったため、その素顔は一般の人々には知られていなかったが、『毛糸のカービィ』の「社長が訊く」で初めて顔を出してインタビューに登場している[1]

楽曲[編集]

複雑な拍子や音運びを多用した音楽を作り上げる。これは、シーケンサーで様々な実験をしていたことが理由だという。変拍子が入り乱れる「VS.マルク」は、奇をてらうというより自分の中にあるものを出していった感じと語っている[2]テクノブルースオーケストラミニマルプログレジャズなど、ゲームの場面に合わせた多種多様なジャンルの楽曲制作を得意とする。

「グリーングリーンズ」や、『星のカービィ64』の「ポップスター」のような軽快なリズムと小刻みの伴奏や、全体的には可愛らしくポップでありながらも、その中に哀愁や奥ゆかしさを醸し出す転調などが特徴の楽曲があり、これは時に「カービィポップ」と呼ばれ、多くのファンに親しまれている。

星のカービィ スーパーデラックス』で初登場した「激突! グルメレース」は、シリーズ作品で様々にアレンジされて使用されている。また、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』でもステージ曲でたびたび登場しているほか、すぎやまこういち主催の「オーケストラによるゲーム音楽コンサート5」にて、宮川彬良オーケストレーション宮川泰の指揮のもとで演奏された。

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 社長が訊く『毛糸のカービィ』
  2. ^ 『Keyboard Magazine 2017年 SUMMER』リットーミュージック、2017年、p59。

関連項目[編集]