カービィのきらきらきっず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カービィのきらきらきっず
Kirby's Star Stacker
ジャンル アクションパズル
対応機種 ゲームボーイ[GB]
スーパーファミコン[SFC]
Wiiバーチャルコンソール・SFC)
ニンテンドー3DS(バーチャルコンソール・GB)
Newニンテンドー3DS(バーチャルコンソール・SFC)
Wii U(バーチャルコンソール・SFC)
開発元 HAL研究所任天堂
発売元 任天堂
人数 1 - 2人
メディア [GB]カセット
[SFC]カセット
[Wii][3DS][New3DS][Wii U]ダウンロード販売
発売日 [GB]
アメリカ合衆国の旗 1997年1月24日
日本の旗 1997年1月25日
欧州連合の旗 1997年10月25日
[SFC]
日本の旗 1998年2月1日(NP)
日本の旗 1999年6月25日(ROM)
[Wii (SFC)]
日本の旗 2010年1月5日
[3DS (GB)]
日本の旗 2012年5月23日
欧州連合の旗 2012年8月30日
アメリカ合衆国の旗 2013年1月17日
[Wii U (SFC)]
日本の旗 2013年5月8日
[New3DS(SFC)]
日本の旗 2016年11月28日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
売上本数 [GB]日本の旗 約7万本
その他 [GB]スーパーゲームボーイ対応
[SFC]ニンテンドウパワーによる販売もあり
テンプレートを表示

カービィのきらきらきっず』は、1997年1月25日任天堂よりゲームボーイ用ソフトとして発売された落ち物パズルスーパーファミコン用ソフトは1998年2月1日にニンテンドウパワーで書き換えがスタートし、1999年6月25日にROMカセット版が発売された。HAL研究所任天堂の共同開発である。

欧米ではゲームボーイ版が『Kirby's Star Stacker』として発売されたが、スーパーファミコン版は未発売となっている。

概要[編集]

「リック」、「カイン」、「クー」のブロックは、同じ種類のブロックを隣り合わせにすると消すことが出来る。この隣り合わせの間に、星の描かれた「星ブロック」を間に挟み込むことで、星ブロックも一緒に消す(星を取る)ことが出来る。 星ブロックと同様に挟めるブロックとして、消すと横一列のブロックを消去する爆弾ブロック、消すと星ブロックに変わる岩ブロックがある。

2回以上連鎖が成立した上で連鎖が終了すると、画面上から「きらきらぼし」が落ちる。このきらきらぼしは「接地した瞬間だけ」星ブロックと同じ扱いになり、上記のようにブロックで挟み込めれば再度連鎖が可能。なお、連鎖に使われなかったきらきらぼしは消えてしまう。このきらきらぼしは、連鎖数が多ければ多いほど、多く落下する(2連鎖で2、3連鎖で4、4連鎖で5、5連鎖で6、6連鎖以上で12)。一定時間が経過すると、画面下からブロックがせり上がる。画面中央2列のブロック投下ポイントまでブロックが埋まるとゲームオーバー。

GB版では「ラウンドクリアゲーム」「たいせんゲーム」「チャレンジゲーム」「タイムアタックゲーム」の4種類のゲームモードがあり、SFC版では新たに「おはなしゲーム」が追加された。

本作のSFC版は日本国外では未発売となっている。SFC版のグラフィックについては、『星のカービィ3』のような水彩で描かれている。また、連鎖によってカービィが相手を攻撃するとき、『3』の最終決戦で登場したラブラブステッキを使用する。ゲーム時間を計るキャラの名前は「チクタクJr.」である、「Mr.チクタク」との関係は明かされていない。

バーチャルコンソールWiiWii UNewニンテンドー3DS向けにスーパーファミコン版が、ニンテンドー3DS向けにゲームボーイ版が配信されている。

評価
ゲームレビュー
評価者 点数
All Game
星3.5 / 5 [1]

ゲームモード[編集]

ラウンドクリアゲーム
いわゆるステージクリアモード。各ステージごとにブロックの初期配置と獲得すべき星の数が定められており、定められた数の星を獲得するとステージクリアとなる。
おはなしゲーム
SFC版のみのゲームモード。ストーリーにそって、コンピュータ相手に対戦を行う。
たいせんゲーム
通信ケーブルを使用して、同じソフトを持っている人どうしで2人対戦を行うモード。SFC版ではプレイヤー同士の対戦記録がセーブされる。
チャレンジゲーム
ゲームオーバーになるまでひたすらプレイを続け、獲得した星の数を競うモード。時間が経つとブロックの落下速度が速くなっていく(GB版は9999個でカンストとなる)。
タイムアタックゲーム
制限時間3分以内で獲得した星の数を競うモード。タイムアップになっても現在落下しているブロックの操作は有効であり、連鎖が終了するまで星の獲得数は継続してカウントされる。

ストーリー(おはなしゲーム)[編集]

宇宙を旅している星くんを見つけたデデデ大王は、大砲を撃って星くんをバラバラにしてしまう。カービィの寝床に不時着した星くんは、そのままでは空を飛べずに帰れないという事情を説明。カービィとリック、カイン、クーの4人は、星くんのかけらを集める事を決意。かけらを保持している人々とデデデ大王に戦いを挑む。

対戦相手(おはなしゲーム)[編集]

対戦相手は以下の通り。

ワドルディ
詳細は当該項目を参照。
ポピーブロスJr.
詳細は当該項目を参照。
ラブリー
星のカービィ スーパーデラックスで登場した花のキャラクター。
ナックルジョー
詳細は当該項目を参照。
コックカワサキ
詳細は当該項目を参照。
メタナイト
詳細は当該項目を参照。
デデデ大王
表向きのラストボス。詳細は当該項目を参照。
グリル
真のラストボス。条件を満たしていれば戦える。星ブロックが付いている黄色紫の縞模様の帽子を被り、赤い靴を履いている。シュガー、ソルト、ペッパーを連れている。隠しボスであるが、パッケージに描かれている。そのイラストでは黒目だが、ゲーム中は水色か黄緑になっている。

難易度[編集]

おはなしモードを除いた各モードの難易度は以下の通り。

  • やさしい(GB版のみ)
  • ふつう
  • たいへん
  • すごい
  • めちゃすご(条件を満たすと現れる)

サウンドトラック[編集]

GB版のBGMを収録したサウンドトラック『カービィのきらきらきっず Original CD Masters』が徳間ジャパンコミュニケーションズより発売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kirby's Star Stacker”. All Game (1997年4月). 2012年8月21日23:53閲覧。

外部リンク[編集]