通信ケーブル (ゲームボーイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
通信ケーブル
メーカー 任天堂
種別 ゲーム機周辺機器
発売日 日本の旗
対応メディア ロムカセット
対応ストレージ バッテリーバックアップ
テンプレートを表示

通信ケーブル(つうしんケーブル)とは、任天堂携帯型ゲームで用いる通信ケーブルである。ゲームボーイ用とゲームボーイアドバンス用では規格が異なるため、分けて説明する。いずれも単独でゲームをプレイする上で必須ではないが、これを用いた多人数プレイを行うことが可能である。

同社のニンテンドーDSでは本体に無線通信機能が内蔵されているので通信ケーブルは使用しない。

ゲームボーイ用[編集]

ゲームボーイ専用通信ケーブル (DMG-04A) を用いて、2台のゲームボーイを接続することができる。主な対応ソフトに『テトリス』や『ポケットモンスター』シリーズがあり、いずれもゲームボーイを代表する大ヒットタイトルである。特に『ポケモン』では、通信によって進化したり、特定のバージョンでしか手に入らないポケモンがいたため、全種類をゲットするには通信ケーブルが必要不可欠であり、通信ケーブル並びに『ポケモン』ソフトの販売促進につながった。

ゲームボーイカラーには赤外線端子が付いているが、これは特定のゲームソフトにしか対応しておらず、通信ケーブルの代用にすることはできない。

機種による差違[編集]

初期型のゲームボーイと、後に発売されたゲームボーイポケットゲームボーイライト・ゲームボーイカラーではコネクタの形状が異なるので、新旧の機種で通信を行う場合は変換コネクタ (MGB-004) を用いて旧型のケーブルを新型の端子に合わせる必要がある。後に新型のゲームボーイシリーズのみに対応したポケット専用通信ケーブル(MGB-008)ゲームボーイシリーズ専用通信ケーブル (CGB-003) も発売された。海外では逆にこれらのケーブルを初代ゲームボーイに使えるようにした変換コネクタ (CGB-004) も発売されたが、日本では未発売。

特殊なケーブル[編集]

特定のゲームにのみ使える4人用アダプタ (DMG-07) も発売された。これは(公式には)初期型のゲームボーイにしか対応していない。

携帯電話と接続して遠隔通信を行うモバイルアダプタGBも通信ケーブルの一種と言える。

ゲームボーイアドバンス用[編集]

ゲームボーイアドバンス専用通信ケーブルの端子の形状は前述のゲームボーイシリーズ専用通信ケーブルのものと似ているが、突起があるためゲームボーイカラー以前には接続できない。ゲームボーイ用の通信ケーブルをゲームボーイアドバンスに接続することはできるが、ゲームボーイアドバンス用ソフトの通信を行う場合はゲームボーイアドバンス専用の通信ケーブルを用いる必要がある。プラグに1Pと2Pの区別が存在し、ケーブルの中央のコネクタに別のケーブルの1Pプラグを接続することで最大4台までの通信が可能となった。ゲームボーイプレーヤーにも接続することができる。

ゲームボーイアドバンスではゲームボーイカラー以前のゲームもプレイできるが、その場合はゲームボーイ用の通信ケーブルを使わなければならない。ハードが同じでもソフトに合わせてケーブルを使い分ける必要がある。

同じ通信機器であるゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタは特定のゲームの特定の通信にしか使用できず、ケーブルの代用品にはならない。

機種による差違[編集]

ゲームボーイミクロでは端子の形状が異なるのでゲームボーイミクロ専用通信ケーブル (OXY-008) やゲームボーイミクロ専用変換コネクタ (OXY-009) が必要である。この変換コネクタは旧ゲームボーイ用をポケット以降用に変換するものとは異なり、ミクロ専用ケーブルを旧アドバンスの端子に合わせるためのものである。

ニンテンドーDSでもゲームボーイアドバンス用のソフトはプレイできるが、通信ケーブルは接続できないため通信プレイは行えない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

任天堂サイト内