星のカービィシリーズの登場キャラクター一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星のカービィシリーズ > 星のカービィシリーズの登場キャラクター一覧

星のカービィシリーズの登場キャラクター一覧では、任天堂コンピュータゲーム星のカービィシリーズ』に登場するキャラクターについて説明する。

キャラクターは多くの種類が存在し、味方であるカービィの仲間や、敵キャラクターなどがいる。敵キャラクターにはカービィが吸い込んで能力をコピーできるものとできないものがおり、できないものは「スカキャラ」という。また、ステージの途中で出てくる大きめの敵は「中ボス」、レベル(ステージ)の最後に出てくるのが「大ボス」、ゲームの最後に出てくるものが「ラストボス」となっている。

中ボスは通常のままでは吸い込む事ができず、大ボス以降は吸い込みは不可能。敵キャラクターのコピー能力は作品によって異なる。また、ザコ敵でもがんばり吸い込みを駆使しないと吸い込めないもの、吸い込むことができずコピー能力や空気弾等でないと倒せないもの、無敵なものなどがいる。

地上・空中にいる多くの敵キャラクターは、水に入ると消滅してしまう。水中にのみ現れる敵キャラクターや、水陸両方で活動できる敵キャラクターも存在する。

主要キャラクター[編集]

カービィ
星のカービィシリーズの主人公。ピンクの丸い身体を持つプププランドの若者。
デデデ大王
プププランドの「自称」大王。わがままな性格をしており、国中の食べ物を盗むなどの悪事を行うが悪事を行ってばかりではなく、時にはカービィの仲間になることもある。
初代『星のカービィ』のラストボス。『星のカービィ 鏡の大迷宮』を除き、星のカービィシリーズの全てに何らかの形で登場している。多くの作品では大ボスとして、『64』ではカービィの仲間として登場する。星のカービィWiiではプレイヤーキャラクターとして登場。

メタナイト

仮面をつけた騎士。デデデ大王と同じくカービィの宿敵である。「メタナイツ」という軍団を率いている。味方として登場することが多く、時にはプププランドの平和を守ることもあるが、基本的にはカービィの敵である。『夢の泉の物語』および『夢の泉デラックス』では本来デデデ大王の部下に渡されるはずのスターロッドを預かっていたが、厳密にはメタナイトはデデデ大王の仲間ではない。
『星のカービィ 夢の泉の物語』の大ボス。その後の作品でも大ボスとして登場している。騎士道精神を持ちあわせており、カービィに剣を渡してから戦いを挑む。負けたあとに仮面が割れて、一瞬だけ素顔を見せる。その後の作品には全てに何らかの形で登場している。
カービィの仲間たち
星のカービィ2』『3』『64』において、カービィをサポートするキャラクター。作品によってキャラクターが異なる。
主な仲間は、リッククーカイン。他には、グーイチャオナゴチュチュピッチリボンアドレーヌワドルディデデデ大王がいる。
カービィの仲間の仲間
『3』に登場する、カービィの仲間の関係者。リックの彼女のピック、カインの奥さんのマイン、ナゴの彼女のシロ、チュチュの友達のニュプン、ピッチの母親のピッチママがいる。クーのみ、仲間キャラがいない。
星くん
スーパーファミコン版の『きらきらきっず』に登場。
ドロッチェ団
 『参上!ドロッチェ団』、『あつめて!カービィ』に登場する、お宝を求めて宇宙を渡り歩くネズミの盗賊団。
構成員は団長のドロッチェ、スピード自慢のスピン、パワー自慢のストロン、発明家のドク、下っ端のチューリンとなっている。
『ドロッチェ団』ではお宝を巡ってカービィと戦うが、最終的に和解する。『あつめて』では飛行船に乗り、ゲームのヒントなどを教えてカービィのサポートをしてくれる。
カービィの友達
毛糸のカービィ』に登場。マンションの空き部屋に、特定のインテリアを置くと引っ越してくる。話しかけると、ミッションに挑戦でき、クリアするとごほうびが貰える。かくれんぼ好きなクルリン、ビーズ集めが好きなビータン、お出かけ好きのコロン、修行好きのガッチン、競走好きのフミフミがいる。また、フラッフはカービィに危機を救われ一緒に旅をすることになる。ほかに、ステージでミスしたときに助けてくれるエンジィがいるが、カービィとの関係性は不明。
店の店主
『毛糸のカービィ』に登場。マンションの一室を貸してくれるルーム・ウール、インテリアを売ってくれるカーグ・ウール、布を売ってくれるヌーノ・ウールがいる。3人は兄弟だが、ルームが長兄であること以外は不明。それぞれ特殊な語尾があり、ルームが「ですぞ」、カーグが「であーる」、ヌーノが「でーすよ」。
天空の民
『トリプルデラックス』に登場。
エリーヌ
『スーパーレインボー』に登場した妖精。クレイシアの元パートナー。

通常の敵キャラクター[編集]

そのキャラクターが初登場した作品ごとに説明する。

星のカービィ[編集]

作品の詳細は『星のカービィ』を参照。

ワドルディ
スカキャラで最もポピュラーな敵キャラクター。体型はカービィと同じで丸く、体色が赤で顔部分が肌色と足が橙色。基本的に歩いているだけで、たまにジャンプする。普通はスカだが、このキャラクターがパラソルを持っているときに吸い込めば「パラソル」の能力をコピーできる。2015年現在、シリーズ皆勤賞である。なお、作品によっては体の色が緑やオレンジ色のものも登場する。
本人に敵意はないが『SDX』『USDX』などでは、触れたり、踏みつけるなどすると他の敵から攻撃を受けるよりも大きなダメージを受けることもある他、『コロコロ』のように「ハネアゲ」の動作以外では倒せず、触れるとダメージを受けて弾かれ、そのままやられてしまう者も居る。『64』と『Wii』では仲間になる。
『3』ではヌラフに乗って突進してきたり、ゴムボートに乗って水面を漂っているものもいる。
アニメ『星のカービィ』ではデデデ城の衛兵として登場。ただ、槍を持ってはいるが戦闘で活躍するシーンは少なく、むしろ掃除など使用人としての仕事が目立つ。
ワドルドゥ
ビームの能力を持つ一つ目の敵キャラクター。体格や体色はワドルディとほぼ同じだが、頭に毛が3本(『SDX』以降は2本)生えている。基本的に「ビーム」をコピーできるが、ワドルディ同様パラソルを持っている場合は「パラソル」をコピーできる。
アニメ『星のカービィ』では城の衛兵であるワドルディ達の隊長として登場する。ワドルディの言葉を理解できる唯一の人物で、槍ではなく短剣を装備している。
キャピィ(『星のカービィ3』ではキャピー)
埴輪のような体型で、足は無いが体をくねくね動かしながら歩く。たまにキノコの傘を上に飛ばしたりする。ゲームではワドルディに並ぶくらい弱く、カービィが吸い込んでも何の能力も得ない「スカキャラ」である。中には外見がキノコのようなものもあり、これを吸い込みで倒すには、2回吸わなければならない(1回目はキノコの傘部分を吸い込み、2回目で本体部分を吸い込む)が、初代『星のカービィ』では一部キノコの状態でも1回で吸い込めるものもいる。ワドルディと違って武器を使うものはいない。
アニメ『星のカービィ』では、ププビレッジの住人のほとんどが「キャピィ族」で、様々な姿のキャピィが住んでいる。ゲームよりも身長が高く設定されており、服を着ているものが多い(着ていないものも一部いる)。アニメでのキャピィに関しては、アニメ版星のカービィの登場キャラクターを参照。
スカーフィ
体型は丸く、小さな耳が付いていて、体色は橙色である。宙に浮いている。普段は穏やかな笑顔であるが、吸い込もうとすると一つ目になり、のような形相で怒り襲いかかってくるが、最終的には自爆する。一部のものは一発で倒せなかったり、背を見せるだけで襲ってくる。『SDX』『USDX』には高速で突進してくるもの、『3』には近づくと追いかけてくるものがいる。亜種としてハンタースカーフィが存在する。
基本的に吸い込めないが、『SDX』『USDX』では「コピー」という能力を使って「クラッシュ」のコピー能力が得られる。また、特殊な方法で吸い込むことによって、「クラッシュ」をコピーすることもできる。『3』ではチュチュとの合体時やグーイであれば食べる事ができる。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、19巻に登場。0
ブロントバート
ほぼ全ての作品に登場している敵キャラクター。スカキャラ。体型は丸く、体色はピンクで、羽が四枚付いており、特徴的な太い眉毛を持つ。手は無いが、足はある。その場に浮遊しているものや、規則的に動いているもの、カービィを追いかけてくるもの、近づかなければ飛ばないものなど、動きのパターンは様々。速度はバラバラで、遅いものも速いものもいる。登場作品やイラストごとに、体の色や眉毛の具合が多少異なる。「ブロントバー」と誤記されやすい。
『64』では、画面の奥から突進してくるものもいる。リフトアップすると放物線を描くように空を飛ぶ。一度吸い込みリフトアップするとまた飛べるようになる。
ブルームハッター
魔法使い見習い。魔法使いの帽子を目深に被り、を持っている魔法使いのような雑魚キャラクター。地面を箒で掃きながら移動している。
ほとんどの登場作品ではコピーが出来ない「スカ」だが、『3』では「クリーン」をコピーすることができる。また、『カービィのエアライド』では、箒に跨ってコース上を飛んでいる。
ブリッパー
ゴーグルをした太った魚。水中にいると近寄ってくる。決まった範囲を動いているものもいる。海上では下から跳ね上がり、進路を邪魔してくる。スカキャラ。電気を放つビリッパーという亜種がいる。
グランク
イソギンチャク。頭から弾を発射してカービィの行く手を阻む。地上でも普通に出てくる。
シリーズによって発射する弾の種類や飛距離、速度が異なる。基本的には真上に発射するが、初代では横に出す。弾を出さない個体もいる。
ツイジー
ステージ上を飛ぶひよこのような姿の敵キャラクター。スカキャラだが触れるとダメージを受ける。
シャッツォ
作品によっては「シャッツオ」とも書かれる。ラテン文字表記は「Shotzo」。外見が大砲で、砲弾を発射して攻撃する。敵キャラクターというよりは障害物の一種といえる。攻撃パターンは、遅めの弾を撃ってくるが砲塔を回転させることでカービィを狙ってきたり、砲塔は動かないが高速の弾を3連続で撃ったりするのが主。
基本的に無敵だが、ブロックを壊したり仕掛けを作動することで下へ落としたり、穴へはまらせたりすることで攻撃を回避することができる。コピー「マイク」で倒すことが可能。また『星のカービィ』のみだが、無敵状態であたり続けることで倒すことも可能。他に『参上! ドロッチェ団』では「マジック」のコピー能力でアイテムに変化させることが可能。
亜種として強化版のブラッチー、移動可能のモトシャッツォ、壁に付いているカベシャッツォ、パラソルにぶら下がったパラソルシャッツォ、火炎放射を浴びせるフレイムシャッツォなどが存在する。ほとんどのシャッツォの亜種は無敵だが、モトシャッツォは例外的に無敵ではないため倒す事ができる。
ゴルドー
ウニのような外見の敵キャラクターで、倒せない。こちらも敵キャラクターというより障害物の一種といえる。その場に停止していたり一定空間を移動したりするがゴルドー自身は攻撃しない。他にブレドーという亜種がおり、そちらも無敵。シリーズ皆勤賞であり、それだけでなく他の任天堂ゲームにゲスト出演したこともある。
なお、初代『星のカービィ』では攻撃力が3だった。
ポピーブロスJr.
場所によってさまざまな種類がいる。武器を何も持っていない場合はスカキャラ、爆弾で攻撃する場合は「ボム」、ブーメランを飛ばして攻撃する場合は「カッター」をコピーできる。『スーパーデラックス』では「ボム」のヘルパーとしても登場。
リンゴに乗ったタイプも登場するが、乗っていたリンゴを食べても回復はできない。マキシムトマトに乗っている者もおり、ポピーブロスJr.だけを始末すればトマトを入手できる。マキシムトマトは彼の乗っている間のみ触れるとダメージを受けるが、リンゴはどのような場合でも触れるとダメージを受けてしまう。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、4巻に登場。
トゥーフェイス
お面の姿をした敵キャラクター。最初は背景と同化しているがカービィが接近すると本性を表し襲いかかって来る。
カブー
モアイのような顔の敵キャラクター。スカキャラ。行動方法は、すべって体当たりする、飛び跳ねる、ワープ(テレポーテーション)して攻撃するなど。自爆することもある。
カブーの亜種として、『カービィのピンボール』ではカブーよりサイズが一回り大きいビッグカブーが、『3』『コロコロカービィ』『トリプルデラックス』ではカブーの巨大版であるデカブーが登場する。
コナー
ヤドカリ。殻にこもっている間は吸い込みが効かない。他のザコキャラクターと違い、水中でも活動できる。スカキャラ。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、19巻に登場。
サーキブル
金色の兜のような姿で、頭に付いたカッターを投げて攻撃してくる。後ろにカービィがいると投げたカッターをジャンプしてかわし、後ろに飛ばしてくることもある。「カッター」をコピーできる。
亜種としてロードキブルやザンキブルという敵が存在する。
スクイッシー
イカのような敵キャラクター。主に水中で現れるが、ブリッパー同様、水面から飛び出してきたりもする。スカキャラ。ツイッシー、ポインシーという亜種がいる。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、17巻に登場。
マンビーズ
球に包帯を巻いたような敵キャラクター。吸い込むことができないが、チュチュとの合体時やグーイであれば食べられる。『64』と『Wii』では背を向けると追いかけてくる。
ブーラー
お化けのような敵キャラクター。カービィに向かって猛突進してくる。『コロコロ』では笑顔でゆっくりと進み、端にくると恐ろしい形相で逆方向を向いて早く進んでくる他、カービィがパネルに入るとこちらへ後者の形相で向かって進んでくる者、ステージ上を群れで回っている者などが居る。
ディジー
カービィに角がはえたようなキャラクター。上空から回転しながら落下してくる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では1巻、2巻のみチービィとして登場。
ハーリー
?マークのついたブロックから突然顔を出す敵キャラクター。
クークラー
鬼の面のような姿をした敵キャラクターで、同じ場所をグルグルと回っている。
フラッパー
コウモリのような敵キャラクター。カービィが近づくと体当たりしてくる。
ウィザー
二枚貝のような敵キャラクター。ビームを放ってくる。動くことはないが、殻にこもっている間は吸い込むことができない。
パフィ
サングラスをかけた、雲のような敵キャラクター。弾を撃ってくるものも現れることがある。
グリゾー
鉢巻を付けた、の中間のような敵キャラクター。大型なキャラクターであるが、吸い込むことができる。『スーパーデラックス』『ウルトラスーパーデラックス』にも登場するが雑魚の中ではタフな部類に入る。スカキャラ。『初期』では触れると体力が2減り、『スーパーデラックス』『ウルトラスーパーデラックス』では眠っている者も登場するが、いずれにしても触れたり、上に飛び乗ったりするとダメージを受け、『スーパーデラックス』では突進攻撃を受けるか、直後の硬直状態の時に触れたりすると、頬張っている場合は吐き出しながらぶっ飛ばされて、かなりの大ダメージを受けてしまう。こちらでは接触でのダメージや攻撃したり、突進で壁やプレイヤーにぶつかると涙目になる。
パラソルワドルディ
パラソルを装備したワドルディで吸い込むと、パラソルをコピーできる。
パラソルワドルドゥ
上と同様に、吸い込むとパラソルをコピーできる。地面についてパラソルが飛んでいったものからはビームをコピーできる。
パラソルシャッツォ
上下に移動しながら真下に弾を撃ち出す。装備している傘はコピーすることができるが、本体は吸い込むことはできない。

エキストラモード[編集]

フロッツォ
スクイッシーの亜種。タコのような姿をしている。若干移動スピードが速めである。『USDX』のゲームの一つ「大王の逆襲」にもスクイッシーの代役として登場。『コロコロ』では泡を噴いてカービィを桟橋から落とそうとしてくるので障害物的な役割だが、本体に触れるとダメージを受ける。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、18巻でカメラマンとして登場。
グランプルス
カブーの亜種。突然現れたかと思うと、ものすごいスピードでカービィに突進してくる。壁穴にいる者は壁をすり抜けて襲ってくる。『USDX』のゲームの一つ「大王の逆襲」にもカブーの代役として登場する。
クーザー
ブロントバートの亜種。ハチドリのような姿のキャラクター。ブロントバートを強化させたもので、非常に俊敏。動きが不規則でカービィに素早くぶつかってくる上、ぶつかるとバイタリティ2個分の大ダメージを受ける。『USDX』の「大王の逆襲」にもブロントバートの代役として登場。

『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では17巻で占い師として登場。

ブーマー
ブーメランを連続で投げつける敵キャラクター。サーキブルの上位で、ポピーブロスJr.の亜種。
ブロッパー
キャピィの亜種。ケーキの中に隠れており、生クリームをまき散らして攻撃してくる。ケーキを吸い込むとグミのような本体が残る。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、21巻に登場。
ブラッチー
シャッツォの亜種であり強化版。弾を高速で撃ち出してくるうえ、それを休む暇もなく連続で放ってくる。『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」にもシャッツォの代替として登場。
Mr.ピー・アンプキン
トゥーフェイスの亜種。顔がハロウィンのカボチャ風になっている。
スカラー
マンビーズの亜種。頭蓋骨の姿をしている。吸い込めない。
トゥーキー
ツイジーの亜種。ステージ上を飛ぶニワトリのような姿の敵キャラクター。スカキャラ。
ギャスパー
ブーラーの亜種。猛突進をしてくるまでの時間がブーラーより短い。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、16巻でブームの仕掛け人として登場。
ベニー
ディジーの亜種。パペット人形のような姿をしている。
チャッキー
ハーリーの亜種。ハーリーと違い左右に顔を飛ばしてくる。こちらは当たってもダメージ1である。
ウィスカース
クークラーの亜種。猫の顔のような姿をしている。移動スピードが速くなっている。
カウカン
パフィの亜種。ペリカンのような姿をしている。『USDX』のゲームの一つ「大王の逆襲」にも登場するが、こちらはトゥーキーの代役として登場する。
ピーザー
ウィザーの亜種。一つ目のカニのような姿をしている。高速のビームを連発してくる。

星のカービィ 夢の泉の物語[編集]

作品の詳細は『星のカービィ 夢の泉の物語』を参照。

バウンダー
人型のスカキャラで、星を投げて攻撃してくる。壁を登る能力がある。
後のリメイク版『夢の泉デラックス』や『ウルトラスーパーデラックス』では、ギップというキャラクターに差し替えられたが、『ウルトラスーパーデラックス』では、過去のドット絵を流用している「かちわりメガトンパンチ」において、観客の中に彼の姿がある。
スリッピー
オレンジ色のカエルのような容姿。陸上では跳ね、水面では左右に泳いでいる。水面より上にいると飛び跳ねてくる。「スターフォックス」のスリッピーとは一切関係ない。
他にサースリッピーという亜種がいる。
チリー
雪だるまの姿をしている敵キャラクター。太い眉毛が特徴的。自分の周りに冷気を出す。『スーパーデラックス』では氷柱で攻撃する事もある。
登場当初は「フリーズ」をコピーできる敵だったが、後に「アイス」をコピーできる場合が多くなる。
ペンギー
ペンギンのような姿をした敵キャラクター。地面の上を滑って移動し、口から氷の息を吐いてカービィを凍らせる。
マスターペンギーという名の亜種がいる。どちらも「アイス」をコピーできる。
ロッキー
の姿をした敵キャラクター。ジャンプして上からのしかかってくる。「ストーン」をコピーできる。作品によって、鉢巻をつけている時とそうでない時がある。耐久力が他の敵より高め。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では20巻で嘘が嫌いという設定で登場。また、14巻の3話でサスケのがまん道場に道場破りとしても登場。
スパイニー
トゲの生えた甲羅を被った敵キャラクターだが、亀ではない。カービィが近づくと体を丸めて体当たりしてきたり、トゲを伸ばして身を守る。「ニードル」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では18巻でマナーを守ることで登場。
後のリメイク版ではニードラスに差し替えられた。
スパーキー
「スパーク」をコピーできる敵キャラクター。初期はピンク色だったが、後に緑色の体に変更されている。体から放電させて攻撃する。
また、公式イラストが変更されており、初期では二つの触手のような部位が目で体に二つの皺があるデザインだったが、後に皺の部分が目になる。
ソードナイト
青の鎧を着た剣で攻撃してくる敵キャラクター。「ソード」をコピーできる。
ウルトラスーパーデラックス』の「メタナイトでゴーDX」では、メタナイトのヘルパーをつとめる。「ヘルパーマスターへの道」では、通常のソードの技に加えて上突きも使うことができる。実力は同類のキャラクターであるブレイドナイトと同等[1]だが、「大王の逆襲」ではブレイドナイトの上位キャラクターとして登場。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、22巻に登場。
ブレイドナイト
緑の鎧を着た剣で攻撃してくる敵キャラクター。「ソード」をコピーできる。初期の公式絵では頭に二本の触角があった。
『スーパーデラックス』ではヘルパーをつとめる。更に、『ウルトラスーパーデラックス』の「メタナイトでゴーDX」でも、ソードナイトと同様にメタナイトのヘルパーをつとめる。
登場当初は「ブレドナイト」という名前だったが、アニメ版以降、現在の「ブレイドナイト」という名前になった。
レーザーボール
空中を浮遊しカービィにレーザーを放つ、オレンジ色の半透明の球体型敵キャラクター。壁をすりぬけて移動できる。レーザーは連続で放ったり、カービィを狙って直角に曲げてくる事もある。「レーザー」または「ビーム」をコピーできる。
バブルス
青いボールに顔がついたような可愛い敵キャラクター。「ボール」をコピーできる。
リメイク版ではサブゲーム「爆裂ボンバーラリー」にて、脱落した対戦相手の代理CPUとしても登場。打ち負かすことは不可能。
クールスプーク
サングラスをかけたてるてる坊主のような敵キャラクター。リメイクされた公式絵では頭に天使の輪っかが付いている。「クールスクープ」と誤記されやすい。「ライト」をコピーできる。
『星のカービィ! も〜れつプププアワー!』では、クールとしてカービィのツッコミ役として登場。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、名前はそのままクールスプークっていうなまえのまま、15巻に登場。
ユーフォー(『コロコロカービィ』ではUFO
その名通り、UFO(アダムスキー型)の姿の敵キャラクター。カービィの周りを高速で移動し、レーザーを放つ。レアな能力の「UFO」をコピーできる。
スターマン
マントを着たような敵キャラクター。空をフワフワと浮かんでいる。「ハイジャンプ」をコピーできる。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、16巻に登場
ノディ
ナイトキャップのようなものを被っている敵キャラクター。寝ていることが多い。吸い込むと「スリープ」をコピーしてしまう。漫画などでは「ノディー」と呼ばれることもある。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、18巻に登場。また、16巻にちょっとだけ登場。
ボンバー
ドクロのマークがついた爆弾のような形をした敵キャラクター。ゆっくり前進するが段差から落ちた衝撃で爆発し、近くにいるとダメージを受ける。バルーンボンバー、サーチスという亜種がいる。
「クラッシュ」をコピーできる。
ツイスター
体を回転させて攻撃してくるベーゴマのような敵キャラクター。回転中は吸い込み以外の攻撃が効かない。「トルネイド」をコピーできる。
ウィリー
タイヤの形をした敵キャラクター。「ホイール」をコピーできる。『エアライド』ではレックスウィリー、ウィリースクーターという亜種が存在する。
フレイマー
普段は壁をつたって移動するがカービィが接近すると炎をまとって突進する。「バーニング」または「ファイア」をコピーできる。
ホットヘッド
近づくと口から炎を吐いて攻撃してくる。カービィが遠くにいても炎の玉を飛ばしてくる。「ファイア」をコピーできる。『参上!ドロッチェ団』ではバブルヘッドという亜種が登場。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、18巻に登場。

カービィのピンボール[編集]

作品の詳細は『カービィのピンボール』を参照。

シャワー
3回ぶつけると機嫌が悪くなり雨を降らす。
クラウディ
ぶつかるとアイテムを出す。

カービィボウル[編集]

作品の詳細は『カービィボウル』を参照。

アンプキン
コース上におり、空中に浮いているザコキャラクター。当てると倒すことができる。Mr.ピー・アンプキンとの関連性は不明だが、同一扱いする攻略本もある。
チェンジャー
たくさんの能力を所持したスロット。当たると回転し、止めたときに表示されたものがもらえる。2人対戦ステージのみに登場する。

星のカービィ2[編集]

作品の詳細は『星のカービィ2』を参照。

スパイキー
ハリネズミのような敵キャラクター。カービィが近づくと背中の針を突き立てて身を守る。「ニードル」をコピーできる。

『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では15巻でポップスター学園に通っていることで登場。

イライール
ウナギ型の敵キャラクター。特定の土管に棲み、カービィが近づくと顔を出す。大ジャンプして体当たりしてくることもある。スカキャラ。『3』ではミニゲームの出題者として登場。
ドリフター
一つ目の傘のような敵キャラクター。ワドルディが持っていることもある。「パラソル」をコピーできる。
クラックツイート
ヒヨコのような敵キャラクター。最初は卵の状態だが、こちらが近づくと孵化する。特に邪魔になるような事はしてこない。スカキャラ。
「クラックツィート」とも書かれる。ツイジーとは別のキャラクター。
バウンシー
体の色はピンク色で輪っかの部分が赤色という、まるでカービィのコピー能力「UFO」を使用した姿に、ねずみ色のバネの足がついた姿をしており、後頭部にはチュチュと同じくらいの大きな赤いリボンをしているキャラクター。特徴的な容姿や後述する亜種の「シスターバウンド」の存在や漫画・コミックス等での性別設定、『トリデラ』でのキーホルダーの配置等から、プレイヤー界隈では「女性」としての認識が強いものの、公式において正式な性別は発表されていない為、現在でも性別不明となっている。
漫画やコミックスでは主にカービィたちと同じくらいの女の子として登場し、多方面で様々な活躍をしている。
基本的に同じ位置で延々と跳ねている場合が多く、コピー能力はないのでスカキャラである為、人畜無害な存在であるが、後述の『2』や『64』のルームガーダー、『TDX』のミニゲーム、一部の漫画にて敵対する事もある他、ワドルディ等と同様、本体に触れることはもちろん、リボンの部分にも当たり判定がある為、リボンに触れてもダメージを受けてしまう。
「バウンー」という表記は誤りであり、稀に名前の似ている「バウンダー」と誤認される事がある。
初登場となる『2』のみ、同じ容姿でリボンが小さく前頭部に2本の毛が生えたバウンシータイという名前で登場している(ただし攻略ガイドなどでは「バウンシー」表記)。こちらは主に3回連続で跳ねた後に続けてこちらへと跳ねてくるか、その場で一旦3度踏み込んでから向かってくる。ステージによっては後方から高速で突撃してくるものいる。
『ブロック』では倒すとチェンジャーが手に入る。こちらでは『2』と同じ容姿だが以降のバウンシーという名前で登場している。
『3』では現在のような大きな赤いリボン姿をし、跳ねる時にリボンの舞う様子が加わった。こちらでは常に一定の速度と距離で跳ね続けるだけで、登場ステージはレベル1や5を除けば中盤か終盤に纏まって登場するのみと少ない。公式ガイドブックでのキャラクター説明では「カービィと間違えられるのがイヤで、最近はリボンをつけている」といった記述がある。
『64』では「デカバウンシー」として3倍位の大きさの者がルームガーダーとして登場する。こちらでは同じ場所で跳ねている他、跳ねる度に方向転換をしたり、3度一定の間隔で跳ねた後に往復する者がいる。ブルブルスターのステージ4は、後述の『TDX』のミニゲームと合わせて、生身のデデデ大王と直接対面する数少ない場面がある。(ボールとしてでは『タッチ』でも対面はする)
『タッチ』ではダメージを与えた時の姿が加わる他、リボンの折れ目などが描き加えられ、見た目大きなリボンを揺らしながら跳ねているような姿になった。こちらでは『64』と同じく同様の位置を跳ね続ける者や同じ感覚で跳ね続ける者がいて、ステージによっては跳躍力や飛距離の高い者がいる。また、ミニゲームである「ブロックアタック」ではブロックを消してもその場で跳ね続け、カービィのいる方へ向きを変える。ちなみに『スーパーレインボー』でも引き続き登場し、こちらでは亜種の「シスターバウンド」がWii以来2作目の登場を果たしている。
『あつめて』ではミニゲームの「ピンボール」にのみ登場し、画面左端に3体並んでいるのみである。
『Wii』ではこれまで無かった頬のような部分(カービィやワドルディなどと同じ両頬)や、『2』や『3』の公式絵のようにカービィと同じ瞳が書き加えられている他、これまでのよりも大きなリボンへと変わり、リボンの折れ目やふんわり感まで細かくデザインされており、跳ねている時はその大きなリボンを揺らしているような姿へと変わった。上半身だけに着目すると頭のリボンを除けば一見、ボール姿のカービィとそっくりになっているのが特徴。その他後述する容姿の異なる「シスターバウンド」や「ハルカンバウンシー」としても登場しているが、『64』のように本人の巨大版という位置付けではなく、こちらはそれぞれ別のキャラクターである。
『TDX』では『Wii』のデザインを引き継ぎ、サブゲームである「大王のデデデでデン」に登場する。こちらでは他作品と違い、跳躍力が極端に高く、かつ機械的な動きをしていて、プレイヤーであるデデデ大王のステージの進行を妨げている。
『スーパーレインボー』でのフィギュアでの説明では「いつも飛び跳ねているのは、ジャンプした時に見える景色が好きだから」という一文がある。この作品では、亜種である「シスターバウンド」と共に登場しており、動きは『タッチ!』と同じようなものとなっている。デザインはシスターバウンドこそ瞳はカービィと同じようだが、彼女だけは瞳が黒く塗りつぶされている。
また、かつては『2』や『3』といったナンバリング作品にしか登場せず、『64』を最後にしばらく登場しなかったが、『タッチ!』にて久しぶりに登場した後、『Wii』では最新作『スーパーレインボー』まで毎回登場するようになる。
余談だが雑魚キャラクターの中では、『あつめて』でウトウト系とタッピィ系が登場するまでは明確に頭にリボンを結んでいるものと断定できる唯一の存在であった。
『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、2巻で観客(この時の容姿は『2』のバウンシータイ)、16巻でプププ遊園地の責任者を強め、3代も続いたらしい…というような設定で登場。
『カービィとデデデのプププ日記』ではチュチュやカービィと「ピンク三人むすめ」としてダンスチームを組んでいる。
『ぽよぽよな毎日』では「リボンがカワイイ、ぴょんぴょん はねるキャラだよ。」との紹介をされており、水たまりにてカービィと遊んでいたり、チュチュから赤いリボンやぴょんぴょんと跳ねる様子から「アイドル路線だ」と目標にされる存在になっている。
ロードキブル
サーキブルとほぼ同様の敵キャラクター。サーキブルとの違いは、覗き穴の形状と肩アーマーの有無という点。サーキブルと同様、「カッター」をコピーできる。
マスターペンギー
ペンギーの亜種。ペンギーとの違いは、小さいくちばし、つぶらな目、目の周りの模様があるという点。「アイス」をコピーできる。
サースリッピー
スリッピーの亜種。スリッピーと比べるとつぶらな目をしている。「シースリッピー」とも表記される事がある。スカキャラ。
バッツ
甲冑を纏い、髑髏の仮面を付けている敵キャラクター。斧をブーメランのように投げて攻撃してくる。カービィが自分より低い位置にいる場合、山なりに擲って爆発させることもある。
ブレイド
甲冑をまとった敵キャラクター。剣を振って攻撃するほか、飛び道具を相殺する能力を持つ。
マッシャー
甲冑をまとった敵キャラクター。鉄球を振り回して攻撃してくる。後にアニメで大幅に強化され登場した。なお、バッツ、ブレイド、マッシャーの3体は吸い込む事ができない(コピー能力で倒す事は可能)。
プロペラー
その名通り頭にプロペラをつけた敵キャラクター。普段は無表情で、カービィのみの場合は近付くと笑顔になる。しかし、リックたちに乗ったカービィを見つけると様子が豹変し、接近してくる。この時に接触してダメージを受けてしまうと、一発で合体が解除されてしまう。合体時に倒すには、リックの場合はバーニングで、クーかカインの場合はスパークで一定時間ダメージを与えると可能。
『3』では卵から表情の異なる黄・青・黒・茶・赤のいずれかが出てくる。基本的に動きはゆっくりだが、ピッチ以外の仲間と合体している時は、一緒に連れている仲間と同じ色のものが高速で追いかけてくる(リック:黄、カイン:青、クー:黒、ナゴ:茶、チュチュ:赤)。こちらは接触しても合体が解除されることは無い。倒さずしばらくすると上昇して画面の外へ消える。
『64』では「アイス」をコピーできる。コピー能力を持っていると追いかけてくる。

星のカービィ スーパーデラックス[編集]

作品の詳細は『星のカービィ スーパーデラックス』を参照。

マジカルスイーパー
ウィリーに似た虹色の円形のボディを持つ謎の物体。真ん中のフタを開けてカラフルな弾を撃ち出して攻撃してくる。カービィの頭上に付き纏う個体もいる。スカキャラ。
バーニンレオ
頭から炎を出している敵キャラクター。攻撃方法は『夢の泉の物語』のホットヘッドと同じ。「ファイア」をコピーできる。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、18巻で応援団として登場。
バイオスパーク
忍者のような格好の敵キャラクター。他の敵キャラクターに比べ隙がなく、近づくと攻撃力の高い連続斬りやいづなおとしを放ってくる。「ニンジャ」をコピーできる。『参上! ドロッチェ団』にも登場。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、5巻に登場魔。
カプセルJ
ジェットエンジンを背中に背負った敵キャラクター。画面外からの不意打ちが得意。「ジェット」をコピーできる。
ウルトラスーパーデラックス』では、カプセルJ2に差し替えられた。
ギム
野球帽を被った機械のような敵キャラクター。ヨーヨーを使った攻撃を仕掛けてくる。「ヨーヨー」をコピーできる。
ナックルジョー
少年の格闘家で、バルカンジャブといったあらゆる格闘技を駆使する。「ファイター」をコピーできる。
バードン
ゴーグルを被った鳥の姿をした敵キャラクター。「ウィング」をコピーできる。
プラズマウィスプ
青白く光る炎のような敵キャラクターで、プラズマ能力による攻撃を得意とする。空中を浮遊して移動する。「プラズマ」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、7巻で初登場し、16巻ではおりがみ名人として登場。
タック
ラテン文字表記は「T.A.C.」。ほおかぶりに唐草模様の袋を背負った、日本の典型的な泥棒像のような姿をしている。
タックの攻撃を受けてもダメージは無いが、その代わりにカービィの能力を奪ったり、ヘルパーをさらい逃亡してしまう。能力を取り戻したりヘルパーを救出するには、画面外に逃げ切られる前に倒すしかない。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、5巻に登場。
「コピー」の能力をコピーできる。
『カービィのエアライド』でも登場。
ラブリー
途中に生えている花で、常に笑顔の敵キャラクター。吸い込めない。
近付くと突然つぼみで襲いかかり、カービィを飲み込んで締め付け攻撃をしてくる。
顔の周りの花びらには当たり判定があるため触れるとダメージを受けるが、足元の部分ではダメージを受けない。アニメ版カービィの27話でも登場。
モトシャッツォ
自走式の大砲。シャッツォと違い動けるが、無敵ではない。『突撃!ポンコツタンク』の戦車がモデル。スカキャラ。
ゲイター
ワニをそのままデフォルメしたようなキャラクター。近づくと噛み付かれる。スカキャラ。『毛糸』では身体が大きい。
シミラ
三角帽子を被った魔法使いのような姿をしている。の魔法を用いて攻撃を跳ね返したり分身したりとトリッキーな動きをする。「ミラー」をコピーできる。

『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では6巻から登場して、16巻ではちょっとだけ登場し、18巻ではもめ事をなんでも解決できる長老として登場。

ペイントスライム
へピーロブスターがハサミから出す敵で、単体では攻撃してこない。見た目は顔もないただのスライム。吸い込むと「ペイント」をコピーすることができる。
ウォーキー
歩くマイク。カービィに向かって音で攻撃する。「マイク」をコピーできる。
ジャングルボム
軍用ヘルメットを被った パイナップルのような敵キャラクター。体を開けて爆弾を投げてくる他、カービィの近くにボムを置いた後、高速で走り去るものがいる。爆弾を投げるものは、3発同時に投げてくる事がある。「ボム」をコピーできる。
ダクーガ
ギャラクティック・ノヴァを飛び回るメカのような敵キャラクター。カービィに向かって突っ込んでくる。
パタ
ギャラクティック・ノヴァを飛び回る円盤。ダクーガに比べて変則的な移動をしてくる。
ボルム
ギャラクティック・ノヴァの外壁を移動する砲台。カービィめがけて弾を乱射してくる。

星のカービィ3[編集]

作品の詳細は『星のカービィ3』を参照。

アポロ
柱の周りをクルクル回っている敵キャラクターで、ピンクと青が存在。ピンクのアポロを飲み込むと体力が回復する。
オロ
砂の生き物で、カービィが近づくと体を伸ばして行く手を遮る。『64』には亜種にオロサが登場するが、習性は同じ。
カニィ
その名通りカニ。近くに来るとハサミを伸ばして攻撃してくる。スカキャラで、『3』と『64』では姿が違う。『64』ではリフトアップするとハサミで敵を攻撃する事ができる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では12巻でカニスマ美容師として登場。
カパー
カービィと同じ体形のカッパ。頭の皿を投げて攻撃する。カービィがどんな高さにいても同じ高さまでジャンプして皿を投げつけてくるという、高い身体能力を持つ。水中では皿を飛ばすスピードが遅くなる。「カッター」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では10巻に登場。
ガボン
ドクロを被ったスカキャラ。遠くから骨を投げて攻撃してくるが、吸い込もうとするとドクロだけ取れて本体は逃げ出す。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、10巻に登場。
キンコ
編み笠を被った不気味な敵キャラクター。吸い込むと「パラソル」をコピーできる。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、19巻に登場。
コモ
クモの姿をしたスカキャラ。お尻から伸ばす糸で天井からぶら下がり、カービィが近づくと急降下してきたり、口から蜘蛛の糸を放って攻撃する。見た目はハエトリグモに近い。『タッチ!カービィ』以降の作品では蜘蛛の糸で攻撃してこない。
サスケ
頭に陣笠のようなパラソルをつけた敵キャラクター。大抵空からゆっくり降りてくる事が多い。「パラソル」をコピーできる。亜種にを被ったキンコ、同じくパラソルをつけたラッカ(『64』)がいる。前者は同じく「パラソル」をコピーできるが後者はスカキャラ([『64』には「パラソル」が存在しない為)。サスケとラッカはデザイン全体が違う。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、がまん道場を開いている。14巻にて登場。

18巻では釣りをしていた。

ジョー
尾びれがスクリューのサメ。カービィを見つけると噛み付いてくる。
ゼボン
緑色の丸いゼリー状の体を持つ敵キャラクター。しかし厳密には敵ではなく、中に入ると特定の方向、あるいは任意の方向に合わせてカービィを飛ばす仕掛けの一種のようなもの。倒せない。
アニメでは高級食材。
ニドー
扉に化けている謎の黒い軟体生物で、カービィが近づくと正体を現す。グーイに似ている。『TDX』でも登場するが、こちらはカービィが入ろうとすると奇声を上げて正体を現し、カービィに倒れ掛かり消滅する(一部の攻略本では仕掛けの一部として扱われている)。
バブット
吸血コウモリ。カービィが近づくと動き出し、取り付いて体力を吸おうとする。スカキャラ。
プテラン
紫色のプテラノドンに似た姿の敵キャラクター。スカキャラ。一定方向を飛んでいる。カービィが下にいれば下に、上にいれば上に向かって飛んでくる。壁にぶつかると方向転換する。大抵、登場する時は群れをなす。64ではリフトアップすると滑空移動ができる。

『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、出番はないが、17巻の3話でチクタクjrの上に登場した。

ポポン
緑色のスライムのような敵だが、カービィが近づくと何段にも体を伸ばしてカービィの行く手を妨害する。スカキャラ。アニメではフライにされてしまった。
ドカ
スコップを持った敵で、土を投げて攻撃する。スカキャラ。
チック
普段はにこやかで動かないが、カービィが高い所にいると目付きが変わって動き出し、カービィが上に来ると頭の針を伸ばして攻撃してくる敵キャラクター。「ニードル」をコピーできる。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、19巻に登場。
ヌラフ
イノシシ。『2』ではボスキャラクターだったがここではザコキャラクターとしてのヌラフを扱う。『3』と『Wii』では背中にワドルディを乗せていることもある。
パサラ
いわゆるケサランパサランに似た、白い綿のような敵キャラクター。触ったり攻撃を加えると3体に分裂し、気まぐれにその辺を漂った後消滅する。吸い込めない。
ペラン
壁の上から壁紙を貼って身を潜めているスカキャラ。カービィが近づくと少しの間だけ姿を現し、弾を吐き出して攻撃してくる。
ペルー
壁の一部分そのものが体(顔)となっている敵。カービィが近づくと姿を現し、真下に来ると長い舌でカービィを食べようとする。倒せない。
ボボ
火の玉に足がついたような敵キャラクター。『3』ではやせ型・丸型・太り型の3種類がおり、歩く速さが違う。『64』では走りながら同じ場所を往復している。どちらも「バーニング」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、14巻でミックンと共にカービィに吸い込まれた。18巻ではお好み焼き屋の店主として登場。
ボテン
サボテンの頭の部分が動き出したもの。習性はスパイキーなどと同じ。「ニードル」をコピーできる。
ポロフ
ぴょんぴょん跳ねるウサギに似た敵キャラクター。隠し通路に逃げ込む習性が有る。ある1ステージにしか登場しないレアな存在。ただし「スカ」扱いで触れるとダメージ。
マグー
溶岩の中から飛び出してくる敵キャラクター。『64』にも登場している。『64』ではリフトアップして投げると少し山なりに飛んで消滅する。『あつめて!カービィ』では『64』のボスキャラクター・ヨガンのような姿をしており、溶岩から出現し、カービィの進路をふさぐ。水をかぶせると冷えて固まり、倒すことができるようになる。
マドゥー
宙を飛ぶ魔導士のようなピンク色の敵キャラクター。手から出す光弾でブロックを壊せる。
漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、闇の行商人として登場する。他のサブキャラクターと比べ、出番が多い。
マリエル
普段は黒い球体だが、カービィが近づくと4本の足を出してがさごそと動き出すタランチュラザトウムシとも)。スカキャラだが、飲み込むと体力が減ってしまう。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、21巻に登場。
モニィ
水中を泳ぐアンモナイトの敵キャラクター。美しい殻を持つと言われている。スカキャラ。
モプー
雪原や雲の中から次々と飛び出す雹のような敵キャラクター。連続で出てくる奴もいる。『Wii』では瞳にハイライトが付いた。
ラウド
雨雲。雫を垂らしながらカービィに迫る。スカキャラ。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、泣き虫で登場したが、最後は泣き虫を克服し、そしてすっかり怒りっぽくなってしまった。
ドゴン
原始人のような敵キャラクター。手に持っている棍棒でカービィの攻撃を弾き飛ばす。スカキャラ。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、11巻に登場。
ガルボ
怪獣のような敵キャラクター。普段は寝ているが、カービィが近づくと目を覚まして炎を吹いてくる。「バーニング」または「ファイア」をコピーできる。『Wii』では亜種にウォーターガルボ、ウォーターガルボロス、『TDX』ではフレイムガルボロスが登場する。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、14巻に登場。
ガンサン
顔のついた小さな岩が三つ合体した敵キャラクター。常に転がって移動する。「ストーン」をコピーできる。
ケケ
箒に乗った魔女のような敵キャラクター。黒い服を着ており、白髪でネコ耳のキャラクター。上空を飛行しており、緩やかに接近してくる。攻撃すると箒だけが消えてケケは地面を転がり、もう一度攻撃すると完全に倒せる。箒かケケ本体のいずれかを吸い込むと「クリーン」をコピーできる。『64』では背景を飛んでいるだけのキャラクターとなっている。
コロリ
ニット帽を被った小さなペンギン。大きな雪玉を転がしてカービィを潰そうとする。転がした後はこれといった攻撃手段が無いため無防備。スカキャラ。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、14巻に登場。
トゲゾー
『夢の泉』のスパイニーに似た敵。トゲを伸ばしている時は敵を踏める仲間でも踏むとダメージを受ける。
ブキセット
モノアイのついた仮面を被ったような敵キャラクターで、持っている武器で攻撃方法やコピーできる能力が違う(炎の剣(バーニング)、氷の剣(アイス)、棍棒(ストーン)、魔法の杖(カッター)、ヤリ(スパーク)、ランス(ニードル)、傘(パラソル)、箒(クリーン))。
一見すると「目」に見えるのは仮面の穴であり、その下の口のような部分が目である。
ヤバン
ジャンプして弓矢でカービィを射ってくる弓士のような敵キャラクター。ただし、命中率は低い。スカキャラ。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、10巻に登場。
ボビン
丸い体をしたデンキナマズ。口から電気の弾を撃って攻撃してくる。「スパーク」をコピーできる。
パクト
大きな口を持つ。大抵床下や天井に潜むものが多く、ジャンプしながらカービィを食べようとしてくる。吸い込む事は出来ないが、空気弾やコピー能力による攻撃で倒せる。また、周囲の環境に合わせて体を変化させる適応能力を持っており、亜種にパックンチョ(『64』)、パクラウド(『Wii』)、パクフラーワ(『TDX』)がいる。
デカブー
普通のカブーよりひとまわり大きく、体内から小さなカブーを吐き出す。吸い込み攻撃だけ効かない。『TDX』でも登場するが、頭部が城の屋上のような形になっている。
ワンパ
モコモコの白い毛に覆われた雪男のような敵キャラクター。カービィが近づくと丸まって転がってくる。「アイス」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、10巻に登場。
ワポッド
壷から出てくるワドルディの幽霊。壷本体を破壊しない限り、何度でも出てくる。スカキャラ。
バタモン
カービィにそっくりな正体不明の敵キャラクター。カービィよりもやや大きく、微妙に目つきが違う。カービィが入れないところにいることが多い。特定のステージの一部では大量発生している。

星のカービィ64[編集]

この作品にしか登場しない固有の敵キャラクターが多い。作品の詳細は『星のカービィ64』を参照。

エヌゼット
『64』でワドルディがカービィの仲間キャラクターになったため、差し替えで登場した敵キャラクター。黒猫のような灰色の敵キャラクターでスカキャラ。
レベル1、レベル6、レベル7にしか登場しない。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、17巻で季節の移り替わりを大事にして登場。
バーニス
炎に包まれた鳥。ある程度の高さをまっすぐに飛んでおり一定間隔で球を落とす。一部のものはカービィに接近し急降下する。「バーニング」をコピーできる。
シャーベス
氷に包まれた鳥。バーニスの近縁種。習性はバーニスと全く同じ。「アイス」をコピーできる。
バーニスとシャーベスは、壁に突き当たると地面に落ちて自滅する。
オリクネ
水中に住むクリオネのような敵キャラクター。カービィが近づくと、バッカルコーン(クリオネの触手)に似た器官を延ばして攻撃してくるが、上方向にしか向かない。
オロサ
オロの亜種。普段は引っ込んでいるが、カービィが近づくと顔を伸ばす敵キャラクター。吸い込んでリフトアップすると砂になって消える。
カベシャッツォ
その名通り壁に取り付けられたシャッツォ。発射する弾が通常のシャッツォと違い、エネルギーの塊のような弾となっている。倒せない。
ミックン
ロケットのような敵キャラクター。同じ場所を往復しているが、カービィが近づくと飛んでくる。「ボム」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、14巻でボボと共にカービィに吸い込まれた。
ギョックン
魚雷型の敵キャラクター。特定のポイントから打ち出されて一直線に進むという動きをする。「ボム」をコピーできる。
魚雷であるため、水中ステージにしか登場しない。また、アクロが口から吐き出して攻撃する。
ロックン
ギョックンに似た形状を持つミサイル型の敵キャラクター。「ボム」をコピーできる。ギョックン、ロックン両者共に登場するステージが限られている。
プット
1本角の生えた敵キャラクター。頭突きで大岩を転がしてカービィを潰そうとする。攻撃方法がコロリに似ているがこちらはヘビである。スカキャラ。
カダン
火山のステージのみ登場する。敵というよりもむしろただの火山弾に近い。小、中、大の3種類のサイズがあり、大サイズは落下したあとに2個の中サイズに分裂する。スカキャラ。
海中ステージにも上から岩が落ちてくる地点があり、この岩もカダンとして扱う攻略本もある。サイズは大と同じだが、落下しても分裂しない。
ガブテン
普段は背景に擬態しているがカービィが近づくと襲い掛かる食虫植物のような敵キャラクター。襲い掛かった時のみ吸い込める。スカキャラ。
ギョッパー
主に水中にすむ赤い魚の敵キャラクター。たまに水中から水面からジャンプしてくる事がある。リフトアップすると水中を速く泳げる。習性はブリッパーに似ている。スカキャラ。
ギョドン
フグ。カービィが接近すると自爆するという、一風変わった敵キャラクター。リフトアップすると自爆してダメージを受ける。「ボム」をコピーできる。
ゴーストナイト
槍と楯で武装した一つ目の幽霊。ザコキャラクターにしては賢く、こちらの攻撃を楯で防御してくる事がある。吸い込むと「ニードル」をコピーできる。
ゴロピョン
3段重ねの岩の敵キャラクター。ジャンプ以外には行動しない。リフトアップして投げると分裂して山なりに飛んでいき、1つでも能力持ちの敵キャラクターに当たるとミックス能力星になる。飲み込むと「ストーン」をコピーできる。リフトアップすると3方向に攻撃できる。
コンセ
プラグ型の敵キャラクター。頭のプラグで地面に電流を走らせて攻撃する。「スパーク」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、14巻でチリーと共にカービィに吸い込まれた。
サボン
十字型のサボテンに似た敵キャラクター。ジャンプしているか転がっているかのどちらかの行動をとる。吸い込むと「ニードル」をコピーできる。『星のカービィデデデでプププなものがたり』では、13巻に登場。
ジバサミ
アリ地獄に身を潜めるウスバカゲロウの幼虫のような敵。アリ地獄の中心から巨大なハサミでカービィに噛み付こうとする。吸い込めず、また倒せない。後に『コロコロカービィ』にも登場しており、オリジナル要素の高い『64』のキャラクターの中で、唯一他作品に登場する。
ジャキン
紫色の球体にスクリューのような4枚の刃がついた敵。カービィが近づくと高速で体当たりを仕掛けてくる。大抵の場合は穴の中などに潜んでいる。スパークをコピーできる。
シャレバード
普段は骸骨に擬態しているが、カービィが近づくと翼を出して飛びかかってくる敵キャラクター。スカキャラ。
セッキ
足の生えた石オノ。カービィめがけて走り寄って転ぶ。「ストーン」をコピーできる。
ダンゴ
棘のついた殻を持つダンゴムシのような敵キャラクター。球状になって転がってくる。「ニードル」をコピーできる。
テイル
矢印のような身体を持つ魚に似た敵キャラクター。陸上にもいる。頭を飛ばして攻撃する。リフトアップすると頭を飛ばして敵を攻撃できる。飲み込むと「カッター」をコピーできる。
ドカン
頭に噴火口を持つ二枚貝のような敵キャラクター。たまにそこから小さな火山弾を出して攻撃してくる。飲み込むと「ストーン」をコピーできる。
トゲマル
見た目は棘のついた丸太。坂から転がってくるが、平地になると止まってしまう。無敵なので、むしろ敵というより、障害物の一種。
ドネン
粘土色の柔らかいブロックに、一つ目が付いたような敵キャラクター。カービィが真下近くに来ると落下してくる。潰されると即ミスだが、定位置に戻ってから再び落ちてくるまでは若干の間ができるので、真下をくぐり抜けるのはそれほどシビアではない。無敵。
ドロップ
青い体に赤い核を持つスライムに似た敵キャラクター。たまに身体を伸ばしてくる。吸い込んでリフトアップすると崩れる。スカキャラ。
ノー
穴から出てきては火の玉を投げつける小さな幽霊。火を消すと悔しがるような行動をとる。無敵キャラクター。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、17巻でテレビで有名な超能力者として登場。
ノコギ
地面の上を往復している丸鋸のような敵キャラクター。「カッター」をコピーできる。
パッパ
水の中にすむクラゲに似た敵キャラクター。スカキャラ。水中でリフトアップすると浮いたり沈んだりする。
パックンチョ
パクトの亜種。地面の裂け目から飛び出してカービィを飲み込もうとする。レベル5にしか登場しない。
パッチ
小さな雲の上にのって空中から雷撃や水滴を落として攻撃してくる雷小僧のような敵キャラクター。「スパーク」をコピーできる。
ハヤマ
臆病なペンギン。カービィが近づくと驚いて転んだ後、カービィのダッシュよりも早いスピードで逃げ出す。「アイス」をコピーできる。
ただ闇雲に逃げているわけではないようで、目の前に穴があるとジャンプで飛び越えていく。壁があるとこちらに向かってくる。
ヒョコ
地面から出てくるモグラのような敵キャラクター。しかし、またすぐ地中に潜ってしまう。スカキャラ。リフトアップして投げると、地面に落ちて潜り出す。
ビバコ
腰蓑を着てマラカスを振っている敵キャラクター。カービィが近づくとマラカスをこちらに向けて威嚇してくる。背景で踊っているだけの者もいる。スカキャラ。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、16巻で、マスカラ名人として登場。
ビボルト
ポールにカービィが掴まると現れてカービィを感電させようとしてくる敵キャラクター。吸い込めない。
ビラ
中空からひらひらと降りてくる花のつぼみのような敵キャラクター。リフトアップすると空中をゆっくり下降する。スカキャラ。
ペロッガー
穴の中に潜んでいてカービィが近づくと飛び出して飲み込もうとする両生類のような敵キャラクター。全体像は不明だが、真エンディングでは長い身体を持つ事が分かる。無敵。
穴から出てきてカービィを捕獲するという攻撃方法は、後のガブイーラ(『タッチ!カービィ』)やバルバル、アイアンバルバル(双方とも『Wii』)に引き継がれた。
ボウ
黒い玉のような敵キャラクター。常に宙を漂っているだけ。スカキャラ。リフトアップすると爆発して消滅するが、ダメージはない。
マホール
穴の中に住む蓋のついた頭を持つ敵キャラクター。穴から顔を出しては泡を吹いて攻撃する。蓋を閉じた時に倒すと爆発する。スカキャラ。
ミノ
天井から糸で垂れてくるミノムシのような敵キャラクター。『星のカービィ3』のコモと同じ習性だが、糸を切って地面に落下すると爆発する。吸い込みは効かない。
モンチョ
蝶。敵以前に全くもって無害な存在で、ステージ上をひらひら飛んでいるだけ。
ヤリコ
原始人のような敵キャラクター。カービィが近づくとジャンプして槍を投げてくる。スカキャラ。
ラッカ
『3』に登場したサスケの亜種。頭の上に傘を持ち、それをつかってふわふわと降りてくる敵キャラクター。リフトアップすると空中をゆっくり下降する。スカキャラ。
ラミ
謎の正八面体。カービィが近づくとボディが開き、本体と思われる部分から弾を撃ってくる。見た目からは分かりにくいが「スパーク」をコピーできる。リフトアップすると、3方向に攻撃できる。

コロコロカービィ[編集]

作品の詳細は『コロコロカービィ』を参照。

バットン
一つ目の水色の大きな蝙蝠のような敵キャラクター。カービィが網の上にいると斜めに移動して追いかけてくる。浮いているが触れるとダメージを受け、マイクと無敵状態以外では倒せない。
バルン
顔のついた風船の下にシャッツォが取り付けられたもので、空気弾で3回攻撃すると風船が割れて落下し、実質的に倒した事になる。弾を撃ってくるのはレッドスターを持った者(シャッツォの部分しか画面に現れないが、実質このキャラクターだと思われる)と、エクストラモードのみ。
ノボット
おもちゃのロボットのような敵。多くの場合、各レベルの4ステージ目にしか配置されていない。ゲーム中では種類、行動パターン共に最も多くのバリエーションを持ち、赤と青はそれぞれカービィが触れたときに跳ね返す弾力が大きく異なる。また、色のついていないノボットは2体1組で通路を塞ぐ門番のような役割を持っており、基本的には一部の例外を除き、周辺のスイッチを全て押して起動させ、どこか邪魔にならない場所へ移動させることになる。ステージによっては1体目のノボットが作り出す通路を進む場合もあり、この場合は後ろを歩く2体目のノボットが通路を破壊してしまうため、同じ場所に居続けることは不可能。基本的には倒せない。

星のカービィ 夢の泉デラックス[編集]

作品の詳細は『星のカービィ 夢の泉デラックス』を参照。

ギップ
バウンダーと差し替えで登場した、豚の頭に羽が生えたようなスカキャラ。バウンダーと違うのは鼻から星を出して攻撃すること。それ以外の能力はバウンダーと同じ。他にも「ウルトラスーパーデラックス」にも差し替えで登場している。
ニードラス
スパイニーと差し替えで登場した、黄色と黒のしま模様の体を持つ毛虫。カービィが近づくと丸まった後、高速で体当たりしてくる。習性はダンゴに似ている。スパイニー同様「ニードル」をコピーできる。

カービィのエアライド[編集]

作品の詳細は『カービィのエアライド』を参照。

カーラー
竜巻に包まれた妖精のような敵キャラクター。「トルネイド」をコピーできる。
デイル
電球のような敵キャラクター。主に洞窟やトンネルなど暗いところにいる事が多い。倒すと3つの粒子が飛び散る。スカキャラ。
バルーンボンバー
風船爆弾のようなボンバーの亜種。コース上を飛んでいる事が多いが、攻撃を与えると爆発する事がある。「ボム」をコピーできる。
ピチクリ
棘のついた帽子を被った鳥かフグのような敵キャラクター。「ニードル」をコピーできる。
ヒートファンファン
ファンファンの亜種。カービィが近づくと舞い飛び、鼻から炎を吹きだす。「ファイア」をコピーできる。
フラッピィ
始祖鳥のような敵キャラクター。コース上を飛んでいる事が多い。「ウィング」をコピーできる。
トロッコワドルディ
その名通りトロッコに乗ったワドルディ。コース上を走行しているが、エアライドマシンに乗るカービィ達と比べるとかなり遅い。スカキャラ。

星のカービィ 鏡の大迷宮[編集]

作品の詳細は『星のカービィ 鏡の大迷宮』を参照。

シューティ
青色の戦闘機のようなキャラクター。同じところを行ったり来たりしているほか、カービィを追いかけてくるものもいる。レーザーや爆弾で武装しており、カービィが近づくと攻撃してくる。水中でも活動が可能。
ソアラ
黄色い三角形の形をした空飛ぶ敵。プテランを素早くしたような動きをする。反転したところでレーザーを発射する。『タッチ!カービィ』や『あつめて!カービィ』、『TDX』にも登場。『あつめて』では主にフルーツを運ぶキャラクターとして登場し、モノソアラ、プチソアラ、ビッグソアラといった多数の亜種も登場した。
アニー
天使の姿をした敵キャラクターだが体形はカービィに近い。輪を画くように一定のルートを飛び、矢を放って攻撃してくる。「エンジェル」をコピーできる。
ビルゲ
大きな唇が特徴のスカキャラ。近くにあるアイテムをペロリと平らげてしまう(カービィも呑まれるが吐き出される)。一発で倒せないと怒って一定時間暴走する。後の作品の『ウルトラスーパーデラックス』ではデデデ大王戦の背景に観客として登場する。
チップ
のような姿をしたスカキャラ。ただし手足は無く、ジャンプして移動する。
コロロン
その名通り丸い体を生かして転がるスカキャラ。転がり後不意にジャンプするものもいる。
ハリー
青いハリネズミと彗星を組み合わせたような敵キャラクター。一直線に飛んでくる。見るに「ニードル」をコピーできそうなキャラクターだが、スカキャラである。
ドロッピー
スカキャラだが、コピー能力を持ったカービィにぶつかるとその能力を奪って能力の元の敵キャラクターに変身し襲い掛かってくる。変身できない能力だと、赤くなって暴走をする。
バッティー
バブットと同じ蝙蝠のスカキャラ。体の形はやや肉まんに似ている。こちらは習性こそバブットと似ているがジグザグに飛びながら体当たりしてくるだけで体力を吸ったりはしない。
ジャック
大砲の中に潜んでいて、カービィが近づくと星を吐いて攻撃してくる。ジャックを倒さない限り大砲には入れない。
プランク
紫の体を持つ敵キャラクターで、バナナの皮を置いたり、ペンキをカービィに塗りつけたり、物を投げてきたりする。バナナの皮を踏むとこけてコピーを落としてしまう。投げてきた物によってコピーできる能力が違う。
ブロックン
星ブロックに化けた敵キャラクターで吸い込めない。普段は星ブロックに化けているが、外部からの刺激を受けると動き出し襲いかかって来る。
コックン
フライパンを持ったコックのような敵キャラクター。フライパンを投げてカービィを掴まえ、料理してしまう。「コック」をコピーできる。
ミラン
ワープミラーに取り付いている敵キャラクター。カービィがダッシュで近づいたり、近くで物音を立てると、ワープミラーごと地中に潜りワープミラーに入れなくなってしまう。遠距離攻撃などで倒すとワープミラーを解放する。
リープ
白い羽が生えたスカキャラで、ビルゲとは対照的に口紅を塗った唇が特徴的。カービィに触れると熱いキスをしてくる。この時カービィは顔一面についた口紅を拭こうとハンカチを取り出して拭き始めるのだが、その間は一切操作が出来なくなるため、下に地面の無い空中で接触すると取り返しのつかない事になる。
ミニー
ワドルディを小さくしたような敵キャラクター。小さな穴の中にいる事が多い。「ミニマム」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、カービィに22巻で吸い込まれた。
フォーリー
プロペラーに似た姿をした三尺玉型の敵キャラクター。常に頭の葉っぱをプロペラのように回して飛んでおり、カービィが真下に近づくと葉っぱと胴体を切り離して落下し、地面に着弾して爆発する。「ボム」をコピーできる。
デッシー
格闘家を目指す子犬で、中ボスを務めるバウファイターの弟子である[2]。ナックルジョーより技のレパートリーや体長、技のリーチに劣るが、空中を飛んでいるカービィにジャンプから繰り出すアッパー攻撃を仕掛けてくる上級タイプもいる。「ファイター」をコピーできる。
ドッコーン
ミサイルに足がついたような敵キャラクター。同じ画面に入ると、ある程度時間を置いてから発射しカービィをしばらく追尾した後自爆する。「ミサイル」をコピーできる。
ヘビーナイト
見るからに重そうな甲冑をまとった騎士。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。動きは極端に遅いが、剣の振りと踏み込みの強さによる間合いの詰めが速く、正面からのがんばり吸い込みは困難。「ソード」をコピーできる。
ガレブ
石の巨人。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。色によってローリング、ジャンププレス、アッパーと攻撃方法が違う。普通は「ストーン」をコピーできるが、攻撃アクション中に吸い込む事でそれぞれ「ホイール」「ストーン」「ファイター」とコピーできる能力が違う。例外として、エリア8のとある場所に登場する2体のガレブは全ての技を繰り出すことができる。
ビッグワドルディ
その名のとおり巨大なワドルディであり、吸い込むにはがんばり吸い込みを必要とする。それ以外は普通のワドルディと同じ。
メタルガーディアン
球体のロボットで中心に目玉がついている。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とするが、空中にいるため非常に吸い込みにくい。カービィが近づくと起動し、3方向にレーザーを飛ばす「3WAYレーザー」、着弾すると爆風が巻き起こる「ビッグレーザー」で攻撃する。「レーザー」をコピーできる。
ジャイアントロッキー
ロッキーの巨大版で、頭にヘルメットを被っている。見た目通り防御力が高くやられにくい。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。「ストーン」をコピーできる。
シャドーカービィ
カービィのほんの少しの悪い心が鏡の世界で実体化したもの、とはいってもイタズラ好きな程度。登場する場所によってコピーできる能力が違う。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。コピー能力などで倒すと、何らかの回復アイテムや無敵キャンディーを出す。ダークマインド戦ではマスターを投げてくれたり(このシャドーカービィには吸い込みや攻撃はできない)、またステージの属性にあった(カービィのコピーと同じ)攻撃をしてくることがある。

タッチ!カービィ[編集]

『星のカービィ3』のキャラクターも何体か登場している。作品の詳細は『タッチ!カービィ』を参照。

プクラ
風船のように膨らんでいる敵キャラクター。「バルーン」をコピーできる。後の作品の「ウルトラスーパーデラックス」ではデデデ大王戦の観客として登場。
スノッピー
肉まんのような体をした敵キャラクター。カービィが近づくと丸まって体当たりしてくる。「フリーズ」をコピーできる。
ガブイーラ
アホロートルのような敵キャラクターで、壁から出てきてカービィを食べようとする。タッチするとしびれて壁の穴にひっこむ。
トッパー
床と天井に足のようなものから電流を流し、通行の邪魔をしてくる。顔に連続でタッチすれば倒せる。
触れると感電してしまう。
デンドン
鋼鉄のキューブにカブーの顔がついたようなキャラクター。大中小の三種類がいて、カービィが近づくとドッスンよろしく落ちてくる。無敵で、何をしても倒せない。
ブレドー
ゴルドーの亜種で、周りに刃が付いている。鎖のようなものに繋がれており、回転したり振り子のように動く。無敵。
フレイムシャッツォ
シャッツォの亜種。口から炎を吐いてくるが、ラインで防げる。倒せない。
ヤリワドルディ
ヤリを武器に持ったワドルディ。カービィが近づくとヤリを投げて攻撃する。スカキャラ。『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」にも登場しており、こちらは槍を突いてくる。
タンポポワドルディ
パラソルワドルディの置き換え版というべきキャラクター。タンポポの茎につかまって降下しており、地上に降りると綿毛が散り、普通のワドルディになる。(タンポポまたはワドルディ本体をタッチしても普通のワドルディに戻る。)

星のカービィ 参上! ドロッチェ団[編集]

作品の詳細は『星のカービィ 参上! ドロッチェ団』を参照。

クリンプ
壷型の敵で、壁を歩いて移動している。グランクと同じく頭から弾を発射するが水平には飛ばない。壁から外れると高速回転しながら跳ね回る。スカキャラ。
グッサ
角が生えた魚で、カービィに向かって突進してくる。角が壁に刺さるとしばらく動けなくなる。足はスクリューになっている。スカキャラ。
クレット
黄色いボールが雲に乗ったようなスカキャラ。攻撃的ではないがカービィが真下にいると時折ココナッツ爆弾を落とす。また、吸い込もうとすると回復アイテムかゴルドーに変身する。
ペララ
青色の平べったい謎の生物。登場時のポジションによってカービィが近づいた時の行動が変化し、空中にいればひらりひらりと紙のように落下し、地上にいれば少しふんばった動作の後、思い切り高くジャンプする。スカキャラ。
マイガ
緑色のスライム状の体を持つスカキャラ。普段は跳ねているだけだが、吸い込もうとするとカービィの顔に引っ付いてダメージを与えてくる。
ゴールデンワドルディ
金色のワドルディ。カービィを見つけると一目散に逃げてしまい画面端にある穴などに落ちていってしまう。倒すには部屋のギミックを利用する必要がある。体力が少し多く、倒すと宝箱が手に入る。
ガウガウ
犬のような敵キャラクター。爪で引っかいて攻撃してくる。吸い込むと「アニマル」をコピーできる。
バブルヘッド
ホットヘッドの亜種で、泡を吐いて攻撃してくる。「バブル」をコピーできる。
メタルン
鋼鉄の体を持った敵キャラクター。カービィを見つけると坂の上から転がり落ちてくる。「メタル」をコピーできる。外見は『64』におけるロッキーのデザインに酷似している。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。
エイブン
ピンク色でウサギのような顔に、赤い大きな耳と、黄色い足という姿だが、実は耳にあたる部分が腕という敵キャラクター。前方から近付くと、早足で距離を詰め、その腕でカービィを捕まえてぶん投げる。背後から接近しようとすると逃げる。「スロウ」をコピーできる唯一の雑魚キャラクターである。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。雑魚キャラクターでは数少ない、鼻のあるキャラ。
アッチー
ガルボを大きくしたような敵。カービィが近づくと攻撃する点はガルボと同じだが、吐き出す炎の玉の軌道が位置によって異なる。吐き出した炎はしばらく燃えている。炎のようなトサカが生えている。「ファイア」をコピーできる。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。
ウジャ
小さな黒い虫が集団で集まったもの。巨大な手型とサーベル型の2種類がいる。スカキャラ。吸い込むには、がんばり吸い込みを必要とする。

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス[編集]

作品の詳細は『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』を参照。

カプセルJ2
カプセルJと差し替えで登場した、ジェット機の先端のような敵キャラクター。性質はカプセルJとあまり変わらないが不意打ちは苦手。カプセルJ同様、「ジェット」をコピーできる。
ガルベル
グリゾーの亜種。のようなキャラクター。グリゾーより耐久力がかなり高く、星型弾をぶつけても怯まないほどタフな体をしている。コピー能力「ハンマー」の「おにごろし火炎ハンマー」ならギリギリ倒せる。雑魚キャラの中で一番強い。グリゾーと同じく眠っている者もいる。
クロウカース
ツイジーの亜種。カラスのようなキャラクター。ツイジー同様、ステージ中を飛び跳ねていたり、上空を飛んでいたりしている。
ペロット
ポピーブロスJr.の亜種。道化師のようなキャラクター。ポピーブロスJr.同様、爆弾やブーメランを投げてくるが、ポピーブロスJr.よりも動作は素早い。
ポイズンマッシュ
キャピィの亜種。毒キノコの一種であるテングダケのような帽子を被っている。表情がキャピィと比べてゲンナリとしている。見た目は毒々しいが飲み込んでもダメージは受けない。
Mr.アングリップ
スカーフィの亜種。青リンゴのようなキャラクター。吸い込もうとしたり背を向けたりすると顔が髑髏のような顔になり、真っ赤に熟したような姿で襲ってくる。
ローズラブリー
ラブリーの亜種。薔薇のようなキャラクター。ラブリーより耐久力が高く、カービィを吸い込める範囲が広い。
パラソルヤリワドルディ
パラソルを持ったヤリワドルディ。ヤリワドルディ同様、槍で突いてくる。

毛糸のカービィ[編集]

作品の詳細は『毛糸のカービィ』を参照。

ユミワドルディ
弓で攻撃するワドルディ。持っている弓は巻き取ると貫通毛糸玉になる。放った矢も同様。
フーセンワドルディ
風船で浮遊しているワドルディ。空中のステージに多く登場。風船は足場になるが、乗ってから時間が経つほど小さくなり、特定の高度で自動的に割れる。
ユキダマワドルディ
スノーランドに登場。雪玉を投げる。雪玉に巻き込まれると転がって行ってしまう。
サスゾー
頭にトゲが付いた一つ目のモンスター。カービィが来ると突進してくる。巻き取ると貫通毛糸だまになる。
マルゾー
サスゾーのトゲがなくなったタイプ。攻撃パターンはサスゾーと同じだが、ダメージはない。
ウキワサスゾー
浮き輪を付けているサスゾー。水面に浮きながら突進してくる。巻き取ると貫通毛糸玉になる。
ブンブン
ボタンの胴体を持つハチ。体色は黄色。カービィに針を向けて攻撃する。巻き取るとホーミング毛糸玉x3になる。
ミドブンブン
緑色のブンブン。針を持たない。巻き取るとホーミング毛糸玉になる。
アカブンブン
赤いブンブン。執拗に追いかけ回す。巻き取るとホーミング毛糸玉x3になる。
スペースブンブン
宇宙に生息するブンブン。体色は水色。
キクラゲン
森を漂うクラゲ。麻痺効果のある胞子をまく。
クララゲ
海を漂うクラゲ。放電する。
カラゲン
宇宙を漂うクラゲ。トゲを飛ばす。
モクラゲン
宇宙を漂うクラゲ。電撃弾を撃つ。
ケンヘー
毛糸の国のファンタジーランドの兵隊。体色は赤。カービィが来ると剣を振り回してくる。剣をほどくとアタフタしだす。
ヤリヘー
槍をもっている兵隊。カービィを見つけると突き攻撃をしてくる。
ホーヘー
頭部が砲台となっている兵隊。砲弾は巻きとることができない。
フエヘー
カービィを見つけるなり笛で仲間を大勢呼ぶ兵隊。呼んだ後は旗で応援する。
ケンカイヘー
毛糸の国のウォーターランドの兵隊。体色は青。特徴はケンヘーと同様。
ヤリカイヘー
特徴はヤリヘーと同様。
ホーカイヘー
特徴はホーヘーと同様だが、巻き取り可能なミサイルを撃つところが異なる。
フエカイヘー
特徴はフエヘーと同様。
グミーン
水滴。背景から滴り落ちてくるのみ。乗っても弾かれる。
ウッキー
一つ目のサルで、ワドルドゥに似ている。ビーズを投げてくれるが、リンゴを投げて攻撃してくるウッキーもいる。
ダンダン
鉢巻を締めている。気合球を吐き出してくるが、息切れる。
イモセン
巨大なイモムシ。糸くずを出したり、上半身でプレスを仕掛ける。
キャンドラー
火のトカゲ。縄張り意識が強く、炎に変身する。
ラミー
ミイラ男のようなモンスター。ヒラヒラしている包帯に触れると、地面に叩きつけられてしまう。毛糸をほどくとマルゾーが出てくる。一部の個体はドロンブクロが入っている。
ドロンブクロ
一つ目のコイン袋で、倒すと大量のビーズを出す。しかし毛糸玉にするとビーズは出てこなくなる。
限られたステージにしか登場せず、カービィを見つけると逃走しすぐ消えてしまう。
ゴロリン
トゲだらけの敵で一つ目。掴めないが、毛糸玉を当てれば倒せる。ダメージは受けるが、接触するだけでも壊れる。一定エリアを転がっていたり、竜巻に巻き上げられていたりする。
ライバルカー
メタモル能力のバギーになったカービィに勝負を挑む。選手はワドルディ、マルゾー、ダンダン。踏みつけるとビーズを奪える。
ヨーガンス
溶岩に潜っており、ヒノコを2体吐き出す。
マグモグ
溶岩に浸かっているモンスター。一旦乗っかると沈みだす。
ヒノコ
溶岩から飛び出してくる。マグーに近い。
バサバサ
コウモリ。カービィが来ると急降下してくる。巻き取るとホーミング毛糸玉x3になる。
ヒッキー
舌なめずりしているモンスター。舌は長く伸ばせるが、歩くことは出来ない。
ガジガジ
狭い所に住む生物。噛まれると元の潜る所に戻されてしまう。出口付近にコンセントがあると、そこに電気プラグのように刺さる性質を持つ。刺さると波形ができる。ボタン部分に引っかければ抜きとれる。
デンデン
カタツムリ。寂しがり屋らしく、遊び相手を見つけると殻にこもって転がってくる。捕まえると重力を受けて転がる貫通弾になる。
ヒノコンダ
炎をまとったヘビ。胴体にビーズを隠し持っており、放水で奪い取れる。
バケオ
発光するオバケ。巻き取ると発光毛糸玉になり、しばらく周囲を照らす。
ギリノコ
ノコギリザメ。カービィが来ると突進してくる。正面から攻撃できず、巻き取りは背後や下から狙う必要がある。『スーパーレインボー』にも登場。
イソキンチャク
イソギンチャク。触手を長く伸ばして捕まえようとする。
アンドーラ
アンコウ。カービィを吸いこもうとしたり、巨大なものは後ろから追いかけてくる。
ナンギー
巨大な電気ウナギ。尾部にビーズをつけて泳いでいる。倒せない。
ミドワー
緑色の微生物のような敵。身体中に棘が付いている。
コーラス
氷弾を撃つシャッツォのような敵だが、普通に倒せる。
ツイッギーウッズ
ウィスピーウッズに似た敵。ゴルドーを落とす。頭のボタンを引っ張るとたゆんで足場に乗れる。
ボヨン
モクモクのきゅうでんに多数発生している雲。乗るとカービィがジャンプする。

あつめて!カービィ[編集]

作品の詳細は『あつめて!カービィ』を参照。

プッポン
苗のような姿をした人見知りな敵。種を飛ばしてくる。
デラッポン
口紅を付けた大型のプッポン。種を三発飛ばしてくるほか、ジャンプして踏み潰そうとしてくることがある。
ミラポン
ミイラのプッポン。毒を飛ばしてくる。倒してもしばらくすると復活する。壁などに挟まれて倒された場合は復活しない。
デラミポン
大型のミラポン。毒を三発飛ばしてくるほか、ジャンプして踏み潰そうとしてくることがある。
ゾビッポン
ゾンビのプッポン。赤い液状の毒を飛ばしてくる。それに触れて何もせずにいると、カービィがゾビッポンに変化してしまう。ゾビッポンになったカービィは倒せば元に戻るが、倒すのが遅れると地面にもぐってしまう。倒しても、地面から新しいゾビッポンが何度でも現れる。
デラゾッポン
大型のゾビッボン。カービィをゾビッポンに変える毒を三発飛ばしてくる。大型プッポンの中では唯一踏み潰してくることがない。
ゴールデンプッポン
金色のプッポン。ゴールデンワドルディと同じ位置付けの敵で、現れるとすぐに逃げる。
フラッポン
機械仕掛けの葉っぱを回して宙に浮いているプッポン。プッポンを次々と出してくる。
場所によっては地面に埋まっていたりゾビッポンやデラゾッポンを出してくることも。
バクダンワドルディ
爆弾を投げてくるワドルディ。背景に潜んで爆弾を投げてくることもある。体、爆弾ともに巨大なビッグワドルディも登場する。
ビッグゴルドー
巨大なゴルドー。倒せない。
モグモラ
モーリィの手下のモグラ。爆弾を投げてくる。
モグメット
頭がトゲだらけのモグラ。倒すことはできず、間違って飛びつくとダメージを受ける。
イガモグ
麦わら帽子をかぶったモグラ。トゲの球体を投げてくる。
カクサン
サボテンのような敵。トゲを出したり引っ込めたりする。何体も積み重なっていることがあり、その場合は頂点にいるもののみトゲを出さない。また、下にいるものがトゲを出し入れではなく、常に出したままの場合もいる。一体だけのものは、水を浴びると成長して数が増える。
デラカクサン
大きなカクサン。カクサンと違って、何体も積み重なっていることはない。たまに木のトゲを上から降らせてくる。
サテボン
身体を左右に振っている大きなサボテン。たまに止まり、花を咲かせる。その花を大勢で掴むと、折れて倒せる。
ウッホ
ゴリラの頭部のような敵。カービィが近づくと腕を振り回して威嚇してくる。振り終えると疲れて、無防備になる。
スペースウッホ
宇宙のステージに登場する、宇宙服を着たウッホ。外見以外はウッホと変わらない。
ガブリン
牙の生えた花。カービィが横切ると茎を伸ばして襲ってくる。倒せない。
グオー
紫色のウツボで、ブロックを破壊しながら進んでいく。点滅する小魚の群れを見かけたらそれはグオーが出てくる前触れ。
ガニョッキ
一つ目のアームのような敵。地面から現れ、カービィを掴む。
モノソアラ
灰色のソアラ。今作では通常のソアラはフルーツを運ぶのみで直接襲ってこないが、モノソアラは降下して攻撃してくる。
プチソアラ
小さなソアラ。卵を割ると出てくる。ソアラ同様、襲ってはこない。
ビッグソアラ
巨大なソアラ。ただ空を飛ぶのみで、フルーツを運ぶでも直接襲ってくるでもない。
ウトウト
常にスヤスヤと寝ている植物。カービィが来ると目を覚まし、口から毒を吐いてくる。
ウトプク
プロペラ付きの毒を三つ飛ばしてくる紫色のウトウト。
ウトサンド
砂地に生息するウトウト。カービィが来ると目を覚まし、画面を砂で覆う。
ウトファイア
火山地帯に生息するウトウト。カービィが来ると目を覚まし、口から火の玉を吐いてくる。体全体が火に覆われているものもおり、その場合水をかけて消火してからでなければ倒せない。
モソモソ
毛むくじゃらな敵。時折毛を伸ばして体を針だらけにする。上からフワフワと降ってくることもある。
スペースモソモソ
宇宙に住むモソモソ。モソモソより若干毛を伸ばす時間が長い。無重力の時は毛を伸ばしながら迫ってくる。
ポスラ
天井などを這っているウミウシのような敵。毒を出してくる。
スペースポスラ
宇宙に登場するポスラ。電気の弾を放ってくる。
ノリィ
鉄球やトゲの球の上に乗ったサングラスをかけた鳥。トゲの球をカービィに投げつけてくる。
ゴプレス
遺跡の番人的な存在。カービィが来ると降って来てつぶそうとする。『64』のドネンや『タッチ!カービィ』のデンドンと一緒。灰色のものと黄土色のものがおり、黄土色のものは砕いて倒すことが可能。『スーパーレインボー』ではゴプレスの下にある物をどかさないと動かないようになっている。
ミサイローラー
名前の通りミサイルにローラーが付いた敵で、地面をまっすぐ移動している。
ボムペラー
名前の通りプロペラが付いた爆弾の敵。三回攻撃すれば倒せる。
パルト
岩を投げてくるごつい顔の敵。
フレイル
マグマから出現する顔の敵。周囲に火の玉を舞わせており、火を吹いてくる。
ブロストン
星ブロックそっくりの敵。ジャンプしてカービィを潰そうとしてくる。星ブロックと同じ要領で、一発で破壊できる。
デラブロストン
巨大なブロックの敵。転がってカービィを潰そうとしてくる。二面しか攻撃が効くところがなく、ブロストンと違って一発では破壊できない。
アイストン
四角い氷のような敵。見た目以外はブロストンと同じ。
デラアイストン
アイストンの巨大版。通路を封鎖して転がってくるので早く壊さないとカービィが全員潰されてしまう。
ウィッキーウッズ
ウィスピーウッズの亜種でダンディーなまゆ毛と髭が特徴。たまに息を吹いてカービィを吹き飛ばしてくる。背景と同化しているので倒せない。
タワーウッズ
ウィスピーウッズの亜種。縦にいくつも顔が積み重なっており、だるま落としのように攻撃すると一段ずつ吹っ飛んでいく。グルグルと回転しており、触れるとダメージを受ける鋭い鼻をしたものと、触れると吹っ飛ばされるキノコを鼻につけたものがいる。
リトルウッズ
ウィスピーウッズの亜種。名前の通り小さな木で、鋭く鼻を伸ばしてきたり、息を吹いてカービィを吹き飛ばしてきたりする。幹を攻撃していくと砕けていき倒せるが、倒す前なら葉っぱをはがすこともできる。はがした葉っぱのところには、扉が隠れていることも。
ゴロスタン
一部分だけが空いた切り株のような敵。一方向に転がっていき、壁があると逆回転する。倒せない。
トリィ
空を飛ぶ鳥の敵。トゲだらけの球体を落として攻撃してくる。コトリィを助けて以降は、デラトリィを呼ぶための鐘を持って現れる味方として登場する。
ドスタン
イノシシのような敵。カービィが来ると無理矢理力比べで勝負してくる。
ドドスタン
大きなドスタン。ドスタンよりも物を押す力が強い。
ドスドスタン
ドドスタンよりもさらに大きなドスタン。しっぽが掴めるリングになっており、それを引っ張れば倒せるが、リングにはトゲが出たり引っ込んだりする。
フワフワ
顔がついた雲の敵。フルーツなどを頭に乗せていることがある。
ピカフワ
雨を降らせたり雷を落としたりする雷雲。倒してもすぐに次のピカフワがやってくる。
デコフワ
パーティーハットを被った雲。食べると太るケーキを出してくる。
デラフワ
大きなフワフワ。フルーツなどを頭に乗せていることがある。
ビリッパー
紫色のブリッパー。電気を帯びていることがあり、その間は倒せない。
ブロッシュ
水中から顔を出し、鋭いトゲのような水を口から発射する魚。
ツイッシー
スクイッシーの亜種。水色。ドリルのように回転しながら移動する。
ポインシー
スクイッシーの亜種。紫色。カービィめがけて突っ込んでくる。
スクービィ
通路を塞いでいるイカ。数本の足を出し、うち一つが引っ張れるリングになっている。リングを引っ張ると倒せて通行可能になる。
タコッツォ
黒い玉を三連続で放つタコ。体の後ろにあるリングを引き抜くと、空気が抜けて倒せる。
タッピィ
頭にリボンがついた敵。空中を浮遊し、たまに回転する。その間は攻撃できない。
スタッピィ
大きなタッピィ。体の下半分がトゲになっており、回転して砂を舞い上げ視界を悪くしたりする。体の上下を回転して入れ替えることもある。
スティックル
全身にトゲが生えた魚。水が無いときは、トゲが引っ込み何もできなくなる。
デラスタックル
巨大なスティックル。水中から飛び出してきたり、扉を持っていったりしてしまう。
スパイディオ
捕まえた獲物は離さない三つ目のクモ。カービィが近づくと捕まえてきて、上に連れ去って食べようとする。
ヒョッコリ
砂を進む機械のカメ。扉を中に飲み込んでいる。敵や物を掴んで落とすと甲羅(?)を砕くことができる。
エレクラ
たまに電気を帯びる電気クラゲ。
スペースミニクラ
宇宙に登場するエレクラ。見た目以外はエレクラと一緒。
モチクラ
大きなエレクラ。四方に電気の弾を飛ばす。倒すと、数体のエレクラに分裂する。
スペースモチクラ
宇宙に登場するモチクラ。見た目以外はモチクラと一緒。
モギィ
イモムシのような敵。いくつもの節に分かれた透明な身体の一つ一つに、フルーツや爆弾が入っている。顔の部分を倒すと中のものが全て手に入るが、出現後しばらくすると土の中に戻ってしまう。
モリッツォ
何段にも重なった砲台。片側に砲身が、もう片側にレバーがあり、弾を撃つたびに向ける側が変わる。レバーを押すと、一段ずつ倒せる。
オエッグ
羽の生えた卵のような敵。直接襲ってはこないが、画面を砂に覆って視界を悪くしてきたりする。
パカオエッグ
口からプッポンを出してくるオエッグ。
メカオエッグ
体の上半分が金属になっているオエッグ。体を反転させて、金属部分でカービィを押し潰そうとしてくる。
バリオエッグ
全身トゲだらけの大きなオエッグ。横方向に移動していく。無敵状態以外では倒せない。
アワドロン
顔のついた二枚貝。水中を移動していき、攻撃すると泡を出す。何度も攻撃すると倒れる。
アワスキィ
泡をまとった小さな魚。水中での空気確保に利用できるが、倒すことはできない。
フーセンカ
水に入ると風船のように膨らみ、四方に電気を飛ばす花。
ストネイク
大きな目玉の魚。周囲を移動すると目を回し、引っ張れる舌を出す。
キューイン
水中に登場。名前の通りカービィを吸引してくるが、逆に押し出してくることもある。
シェルミック
貝の中から顔を出す頭にトゲがついた敵。カービィを吸い込んで引き寄せてくる。
ガバット
大型のコウモリ。勢いよくかぶりついてくるが避けられるとスキだらけ。
グルーガー
真っ黒なコウモリ。暗闇に潜んでいることが多い。
グルーネ
煙のようなオバケ。こいつに食べられたカービィは救出不可能。暗闇では無敵だが光に照らされるとドクロの姿になり倒せるようになる。
グルーモ
実体を持たないグルーネの一種。こいつに食べられたカービィは救出不可能。倒せない。
フーフー
冷気を吹いてカービィを攻撃してくる敵。
ボーボー
火を吹いてカービィを攻撃してくる敵。外見はフーフーの色違いとなっている。水を浴びると弱る。
フラーマ
西洋騎士の兜のような敵。宙を浮いており、上からランスでカービィを刺そうとしてくる。倒してもしばらくすると復活する。
フレーマ
ランプを持ったフラーマ。イベントで出るのみで、倒したりはできない。
パフ
幽霊のような敵。息を吹きかけて、たいまつの火を消そうとしてくる。
グレイビー
墓石に擬態した敵。カービィが近づくと正体を現し、羽で飛行してカービィを潰そうとしてくる。砕いて倒せる。
イルゲート
扉のニセモノ。中に入ってしまうと敵を全滅させるまで出られない。
ブリンバ
紫色のガスのような敵。一定区間を巡回しており、近づくと吸い込まれて、特定の場所まで戻されてしまう。無敵状態以外では倒せない。
シュバルツ
宇宙空間にいる謎の生物。ブラックホールを発生させる危険な敵で、吸い込まれると一発で天使状態にさせられる。
ブリザルドン
カービィを後ろから追いかけてくる巨大な氷の敵。冷気を吹きかけてくることがある。倒すことはできない。
アイスダス
口から氷ブロックを吐き出す恐竜。
アイスダイノス
身体も吐き出す氷も大きくなっているアイスダス。
デラーム
地中から顔を出してくる縦長の敵。体がいくつものパーツに分かれており、その中にフルーツや爆弾が入っている。攻撃して中にあるものを全て口から吐き出させると、倒すことができる。
ウルル
目玉の上にトゲと羽が生えた敵。攻撃すると、名前の通り大粒の涙を流す。頭のトゲを向けて攻撃してくる。
ツリィ
フルーツを餌に、カービィを釣ろうとしてくる敵。雲に乗り、釣竿を垂らしている。地面に落とすと、泣きわめいて何もできなくなる。
サプライズフラワー
トゲが生え、顔がついた花びら。回転する花びらの中に混じっており、他の花びらを全て落とすと倒れる。
ドクロン
ドクロ団の下っ端。名前の通りドクロの姿をしている。カービィをさらおうと襲ってくる。
ブーフー
豚のような姿をしたドクロ団の敵。息を吹きかけてカービィを押してくる。
ロックハンド
ドクロタワーの影が集まって生まれた岩石の手。壁にめり込んできて、カービィをドクロタワーごと潰そうとしてくる。
名前の由来はドクロの逆さ読み。
ドクロス
角が生えたドクロンのパワーアップ版。ネクロネビュラのみに存在。
ボムボット
サブゲーム『カービィマスター』のみ登場。自爆する。正式名称不明。

星のカービィ Wii[編集]

作品の詳細は『星のカービィ Wii』を参照。

パペットワドルディ
3体のワドルディが入った、ワドルディのハリボテ。倒すとワドルディが3体登場する。がんばり吸い込みや「アイス」などなら、中のワドルディ達ごと一気に倒せる。
アーマーワドルディ
3体のワドルディが入った、ワドルディのロボット。パターンはパペットワドルディと同じ。
シスターバウンド
バウンシーを一回り大きくした敵で『64』とは異なり、違うキャラクターの扱いである。目の上あたりに2つの小さな赤いリボンをつけ、頭にしているリボンの柄がドット柄(水玉模様)へと変わり、赤い輪の辺りが赤とオレンジのフリルのような装いになっている。
大きいため、跳ねる高さはそれほど高くはないが、がんばり吸い込みでなければ吸い込めない。
こちらもリボンの部分にまで当たり判定があるため、触れるとダメージを受けてしまう。
ハンタースカーフィ
ピンクの体色のスカーフィ。吸い込もうとしても襲ってこない反面、キャリーキーを持っていると襲ってくる。
リーファン
草のような敵。空中からゆっくりと下降し、着地した後一定の間隔で種を飛ばしてくる。習性がビラやプッポンに似ている。「リーフ」をコピーできる。
バルビィ
花の球根のような敵。カービィたちが近づくと地中から出てきて花粉を飛ばしてくる。「リーフ」をコピーできる。
ツキカゲ
忍者の敵。習性はバイオスパークに似ているが、壁に張り付きながら手裏剣を投げたり、突然現れたりする。「ニンジャ」をコピーできる。
ランゼル
ヤリを持った兵士。ヤリで突いてくるが、同じ槍使いであるトライデントナイトと異なり、突進攻撃はしてこない。「スピア」をコピーできる。
トーテンガ
トーテムポールのような敵。吸い込みが効かないが、体(イバラ)を攻撃する事で縮んでいき、頭の部分を吸い込めるようになる。「ニードル」をコピーできる。
ピアス
ヤリを持ったハチのような敵。「スピア」をコピーできる。
ウォーターガルボ
『星のカービィ3』に登場したガルボの亜種で、ガルボと対照的に水を噴射してくる。なお、水を噴射する敵の割りに、水中に入ると他の地上の敵同様消滅してしまう。「ウォーター」をコピーできる。
スノウル
シロフクロウのようなオウグルフの亜種。雪玉を降らせてくる。習性はシャーベスに似ている。「アイス」をコピーできる。
シェルト
サイのように突進してくる敵。実はヘルメットをかぶっており、外れると丸い水色の本体だけが残る。ヘルメットをかぶった状態での耐久力はかなり高く段差を飛び越えるが、外れた状態では極端に弱る。
セルリアン
2つの羽根(?)を動かして遊泳するように空を飛ぶ象形文字のような敵。習性はプテランと同じ。
ウォルフ
ウミガメとアメンボを組み合わせたような敵。水面に浮かんでいる。
クラビィ
キノコのようなハサミをしたカニ。習性がカニィに似ている。
バラクー
緑色のバラクーダのような敵。習性がジョーに似ている。
バルバル
ウツボのような敵。攻撃方法はペロッガーやガブイーラと同じ。倒せない。『TDX』では画面奥から襲ってくる個体も登場する。
アイアンバルバル
デンジャラスディナーにしか登場しない、バルバルの火山版。バルバルは顔だけを穴から出しているのに対し、こちらは顔も溶岩に隠している。倒せない。
サーチス
浮遊している爆弾で、カービィが来ると点滅して大爆発する。「クラッシュ」をコピーできる。
ジェムラ
道化師の帽子の姿をした敵。ビームで攻撃してくる。「ビーム」をコピーできる。
ウィッピィ
炎のような模様の猫。長い尻尾を振り回して攻撃してくる。「ウィップ」をコピーできる。
オウグルフ
フクロウのような敵。攻撃方法はバードンに似ている。「ウィング」をコピーできる。
パクラウド
羊のような姿をした、パクトの亜種。
ハルカンドルディ
マホロアのような姿をした、ハルカンドラ版のワドルディ。
パラソルハルカンドルディ
パラソルを持った、ハルカンドラ版のパラソルワドルディ。「パラソル」をコピーできる。
アーマーハルカンドルディ
3体のハルカンドルディが入った、ハルカンドラ版のアーマーワドルディ。
ハルカントバート
ハルカンドラ版のブロントバート。その場で飛んでいる者やカービィを追いかける者がいる。
ハルカンバウンシー
ハルカンドラ版のバウンシー。通常とは異なり、体が黒く、足が赤・黄・緑の三色になり目の周りが白いハート型になっている他、頭にはリボンではなく白い羽のようなものを付けている。
デグト
硬い外装に覆われたロボット。攻撃を与えると襲ってくるタイプや背を向けると襲ってくるタイプがいる。習性はスカーフィに似ている。
ハンターデグト
デグトの近縁種。赤い体色をしており、ハンタースカーフィ同様、キャリーキーを持っていると襲ってくる。
エレック
怒っているような目つきのフレイマーの亜種。近付くと浮遊して放電してくる。「スパーク」をコピーできる。
ジャックル
カッターを飛ばす浮遊した生物。習性はテイルに似ているが、カービィに狙いを定める事がある。「カッター」をコピーできる。
プルイド
水でできたスライムのモンスター。天井に引っ付いており、カービィを待ち伏せする。習性はドロップに似ているが、こちらは着地した後跳ね回る。「ウォーター」をコピーできる。
クレイン
ナメクジのような敵。習性はオロやオロサに似ている。
ボビー
弓矢のような敵。口から矢を放って攻撃してくる。
ハルカンボビー
ハルカンドラ版のボビー。
ソドリィ
一つ目の剣の敵。「ソード」をコピーできる。
ウォンキィ
ワドルディの姿をしたサルのような敵。扉を開けるためのカギを持っている。
ギガッツォ
火炎弾を発射してくる大型のシャッツォ。
コルダッツォ
氷塊を発射してくるギガッツォの派生種。
ボルトッツォ
電撃弾を発射してくるギガッツォの派生種。
ラーパ
スフィアローパーを小さくしたような敵。群れを成して飛行している事が多い。習性はパタに似ている。
リーパ
ラーパを一回り大きくした敵。口からエナジー弾を吐き出してくる。攻撃方法はダクーガに似ている。
ルパ
地面や天井を動き回る敵。リーパ同様、口からエナジー弾を吐き出す。攻撃方法はボルムに似ている。
レーパー
リーパをさらに大きくした敵。エナジー弾を吐き出す他、倒すと4つの角を撒き散らしてくる。
スーパーブレイドナイト
パワーアップしたブレイドナイト。通常の個体との違いはシミターを装備しており肩鎧の端が反り上がっている点。「ウルトラソード」をコピーできる。
スーパーワドルドゥ
パワーアップしたワドルドゥ。通常との違いは髪が通常より長く目の周りに隈取がついている点。「ミラクルビーム」をコピーできる。
スーパーホットヘッド
パワーアップしたホットヘッド。通常との違いは通常よりも体がシャープで背中の炎がより激しく燃え盛っている点。「ドラゴストーム」をコピーできる。
スーパーチリー
パワーアップしたチリー。通常との違いは大きめの帽子をかぶっており首につけている鈴が3つになっている点。「スノーボウル」をコピーできる。
ヒアーベル
データ内に存在するキャラクター。没キャラクターで、本編には登場しない。
イチゴのような見た目をしており、プレイヤーを捕食して攻撃する予定だったようである。

星のカービィ トリプルデラックス[編集]

作品の詳細は『星のカービィ トリプルデラックス』を参照。

グランディ
ビッグワドルディのような敵。ゴリラのような体毛が特徴。
スキーワドルディ
スキーをしているワドルディ。
スキーグランディ
スキーをしているグランディ。
スキーウォンキィ
キャリーキーを持ちながら、スキーをして逃げる白いウォンキィ。
タフネスワドルディ
能力お試し部屋に登場する銀色のワドルディ。ダメージを与えることは可能だが、無敵なので倒せない。また吸い込みも効かない。『Wii』のサンドバッグさんに代わる敵。触れるとダメージを受けるが、ライフは減らない。
ビートリー
カブトムシのような姿をした敵。「ビートル」をコピーできる。
ディングル
翼の生えた鈴のような姿をした敵キャラクター。「ベル」をコピーできる。
ファニーロバッツ
ピエロのような姿をしたキャラクター。その場でフラフープやジャグリングをしている。「サーカス」をコピーできる。
スパイナム
狩人のような敵キャラクター。弓矢でカービィを狙って攻撃してくる。「スナイパー」をコピーできる。
ママンティ
ブリッパーを大きくしたエイのような敵。
パクフラーワ
パクトの亜種。『Wii』では没になったキャラクター「ヒアーベル」に類似している。
セクトルディ
昆虫のような姿をした、セクトラトア版ワドルディ。
パラソルセクトルディ
セクトラトア版のパラソルワドルディ。
セクトラバート
セクトラトア版のブロントバート。
セクトラナイト
セクトラトア版のランゼル。
セクトラシューター
セクトラトア版のスパイナム。
セクトラゴルドー
テントウムシのような姿をした、セクトラトア版のゴルドー。
アントラー
アリのような姿をした敵。下記の4体を総称して「バグズ」と呼ばれている。
レッドアントラー
ホワイトアントラー
グリーンアントラー
エースアントラー
ホラータランプ
ワドルドゥに似たオバケ。突然姿を現すタイプや、鏡にしか姿が見えないタイプがいる。
フワローバ
ピンクのドクロの仮面をつけたオバケ。動きはブロントバートに似ている。
エースフワローバ
エリートタイプのフワローバ。鎧の中に潜んでおり、ビッグバン吸い込みで倒すには攻撃を外した瞬間に吸い込まなければならない。
ゴーストゴルドー
一つ目のゴルドー。鏡にしか見えない個体もいる。倒せない。
ニロア
ニドーの亜種のような敵だが、ニロアの化けた床に乗ると正体を現し、そのまま姿を消す。こちらからの攻撃では倒せないが、化けている場所が棘の床であることが多い。
パイプワーム
木の土管の中に潜むイモムシのような敵。
ランドバルバル
土管の中に潜むバルバル。カービィが近づくと、体を伸ばしてカービィを食べようとするが、空振りした後に舌が出てくる。この時にビッグバン吸い込みをすると吸い込める。
アートニドー
額縁の姿をしたニドー。扉の描かれた額縁は4つのうち本物は一つだが、どれを選んでもニセモノである。しかしビッグバン能力である事をすれば、本物だけが残る。

タッチ!カービィ スーパーレインボー[編集]

これまでの作品に登場したキャラクターが何体か登場している。作品の詳細は『タッチ!カービィ スーパーレインボー』を参照。

コッタ
セブントピアの住人。クレイシアによって粘土で作られた。今作のワドルディはカービィの味方なので、こちらはワドルディの代わりのザコ敵として登場。
ヤリコッタ
ヤリを持ったコッタ。習性は前作のヤリワドルディに似ている。
キャノンコッタ
クレイシアによって砲台に姿を変えられたコッタ。カービィを狙って弾を撃ってくる。
ドリコッタ
地中を掘って移動するコッタ。
ナイトコッタ
騎士の格好をしたコッタ。普通のコッタとは違い、つっつきダッシュの攻撃は効かないが、スターダッシュか無敵で倒せる。
ジェネラルコッタ
体の大きいナイトコッタ。ナイトコッタ同様、スターダッシュか無敵でないと倒せない。
ヤリナイトコッタ
ヤリを持ったナイトコッタ。攻撃方法はヤリコッタと同じ。
ナイトブロント
騎士の格好をしたブロントバート。ナイトコッタ同様、スターダッシュか無敵でないと倒せない。
カルッパ
滝登りをしているキンギョのような敵。
ラッカス
爆弾やポイントスターを運ぶ敵。爆弾を運ぶものはカービィめがけて爆弾を落とす。一回ダメージを与えると体の色が変わる。カービィタンクで進むステージにしか登場しない。
トレッキー
アイテムのカギが敵キャラに変化したもの。こいつを倒さない限り、カギを入手できない。
デスドクロン
海賊船の中にいるドクロンのような敵。触れると即死なので、無敵でないと倒せない。名前にドクロンと付いているが、『あつめて!カービィ』のドクロンとは無関係。
デスドクロンキング
デスドクロンの王。カギを持っているため、倒さないとカギを入手できない。デスドクロン同様触れると即死。無敵で倒せる。『あつめて!カービィ』のドクロンとは無関係。
カニル
頭から爆弾入りの泡を出すカニ。
ミニラム
イソギンチャク。カービィめがけて魚雷を発射する。
ミング
ウェスタンハットを被ったホットヘッドのような敵。
ビリバルブ
体から電気を流すタコのような敵。
ゴンドラビリバルブ
ゴンドラに乗ったビリバルブ。ゴンドラに乗った状態で電気を流すと、ゴンドラのロープにも電気が流れる。
ファンガース
赤いカビのような敵。二回ダメージを与えると2体のミニファンガースに分裂する。
ミニファンガース
ファンガースが分裂した姿。
ボムファンガース
ダメージを与えると自爆するファンガース。自爆した時に敵やブロックが破壊されるが、カービィもダメージを受ける。
ダングルスロース
ツタにつかまったまま降りてくる敵。爆弾を投げてくる。一緒にアイテムがツタにつかまっており、倒すとツタが消え、アイテムを入手できる。
ビリグルン
壁や天井に沿って移動する、紫色のスライムのような敵。常に電気を帯びており、触れるとダメージ。
シールドン
トゲ付きの盾を装備した敵。正面を向いているときはカービィからの攻撃が効かないが、後ろを向いているときは攻撃が効く。3回ダメージを与えるとその場で崩れ落ち、しばらくすると復活するが、スターダッシュなどで攻撃すると倒せる。
トゲポー
トーテムポールのような敵。トゲを出していない方を攻撃すると、トゲを出している方も一緒に倒れる。
デカゴプレス
巨大なゴプレス。
イルタイル
カービィが目の前に来ると飲み込んでしまうが、砲台のような尻尾から出してしまう。緑、赤、青の3種類がいる。スターダッシュなどで目の前を通過すると怯む。
バストロン
画面の奥から攻撃をしてくる空中戦艦。元々はレジャー用だったらしい。
バランパ
ブルースカイパレスのウィスピーウッズが召喚する敵。

中ボス[編集]

中ボスはステージ途中でカービィの行く手をさえぎるキャラクターで、大抵の場合は一定の広いスペースの部屋に突然現れることが多く、倒さないと先へ進めない。これ以降の敵キャラクターは体力が設定されており、体力を0にしなければ倒せない。中ボスのみ倒してもしばらくは気絶したままなので吸い込むチャンスだが、ある程度ダメージを与えるかそのまま放置すると爆発して消える。この爆発はカービィへのダメージは無い。ほとんどの場合、行動パターンは「普通の攻撃」と「カービィが吸い込める星あるいは物を出す攻撃」を交互に行うといった一定のアルゴリズムに基づいているが、同じ中ボスでも色違いであったり、行動スピードが通常よりも早いなど、細かなバリエーションが存在する。例外として、『スーパーデラックス』『星のカービィWii』では通常の大ボスと同じように、体力の減少で攻撃が激しくなる。『あつめて!カービィ』では、多くはステージの最後に登場し敵の種類もほとんど新規、戦い方も相手の弱点や技をうまく利用しダメージを与える型式になっているなど、他のシリーズとは異なる中ボスとなっている。

ポピーブロスSr.
星のカービィ』で初登場。独特のステップで動くピエロのような外見をしている。ポピーブロスJr.の長兄にあたる。Jr.とは異なり、こちらは爆弾を投げる種類しか存在しない。爆弾を投げるだけでなく、時折体当たりをしてくることがある。爆弾の投げ方や体当たりの軌道は作品によって異なり、『スーパーデラックス』のものが3つ同時に爆弾を投げたりするなど最も強い。『夢の泉の物語』『夢の泉デラックス』では「クラッシュ」、『スーパーデラックス』『ウルトラスーパーデラックス』では「ボム」をコピーできる。
漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では主役級のキャラクターで、デデデ大王の一番の部下として登場。作品の中ではクー、アドレーヌと同じく常識人で、破天荒な行動を取る大王やカービィを諌めることが多い。なお、初期は首のフリルを着けていなかったが、中期から着け始めた。
クラッコJr.
『星のカービィ』で初登場。クラッコと違い雲をまとっておらず、四つの球体が目玉を中心に回転している。体当たりや、爆弾を投下して攻撃してくる。『スーパーデラックス』では他の中ボスと違い、一回しか登場しない。『2』では大ボスの前半戦に登場。こちらは周囲の球体を飛ばす他、雲に潜り込む事でビームを放ってくる。
クラッコも参照のこと。アニメではクラッコのみ登場し、Jr.は登場しなかった。
ローリングタートル
『夢の泉の物語』に登場。カメの姿をした敵キャラクター。体当たりや子ガメを投げて攻撃してくる。接触するとカービィをぶん投げてくる。「スロウ」をコピーできる。
『夢の泉デラックス』ではゾウの姿をしたファンファンに差し替えられた。
バグジー
『夢の泉の物語』で初登場。巨大なクワガタの姿をした敵キャラクター。大きなハサミにつかまるとプロレス技で攻撃される。また、小さなテントウムシのような敵二匹をけしかけてくる。『夢の泉の物語』『夢の泉デラックス』では「バックドロップ」、『スーパーデラックス』と『ウルトラスーパーデラックス』では「スープレックス」がコピーできる。
グランドウィリー
『夢の泉の物語』で初登場。ウィリーの巨大バージョン。攻撃パターンも単純である。通常のウィリー(飲み込んでも「スカ」扱い)をけしかけてくる以外はウィリーと同じ。「ホイール」をコピーできる。
ボンカース
『夢の泉の物語』で初登場。ゴリラのような姿をした大男で、ハンマーを振り下ろして攻撃する他、爆発するココナッツを投げてくる事がある。「ハンマー」をコピーできる。
『夢の泉の物語』ではボンカーズという名前だったが、『スーパーデラックス』からこの名前に変更された。
『星のカービィ Wii』では新たにハンマー能力と同じジャイアントスイング、鬼殺し火炎ハンマーを習得した。行動ルーチンもカービィに近づいてからハンマー攻撃、直接カービィめがけて大ジャンプで踏み潰すなど、従来のデデデ大王を踏襲した内容になっている(本作はデデデ大王が完全な味方サイドのため)。エクストラモードには強化版の「ボンカース EX」が登場し、空中でジャイアントスイングしながらココナッツをばら撒く荒技を披露する。
Mr.フロスティ
『夢の泉の物語』で初登場。オーバーオールのようなつなぎを着ているアザラシの姿の敵キャラクター。尻を振った後に氷を投げたり突進攻撃をしてくる。作品によって「アイス」か「フリーズ」をコピーできる。中ボスの中ではシリーズを通して最も登場回数が多い。『2』では突進中にアイスブレスを吐き散らす個体も登場する。
漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では体育会系のキャラクターとして登場。健康に気を使ったり、マラソン大会を開いたりしている。
ファイアーライオン
『夢の泉の物語』に登場。炎を纏ったライオン。カービィを捕まえて噛み付いたり、ジャンプ攻撃に引っかき攻撃、突進攻撃と中ボスにしては攻撃が多彩。「バーニング」をコピーできる。『スーパーデラックス』には登場しなかったが、『ウルトラスーパーデラックス』では「大王の逆襲」で登場し、こちらは「ファイア」をコピーできる。「ファイヤーライオン」と表記される事がある。
ボツになったコピー能力「アニマル」の名残といわれている(「アニマル」は『ドロッチェ団』で登場している)。
Mr.チクタク
『夢の泉の物語』で初登場。目覚し時計の姿をした敵キャラクター。音符を飛ばす他に音波攻撃や体当たりをしてくる。「マイク」をコピーできる。『スーパーデラックス』には登場しなかったが、『ウルトラスーパーデラックス』では「大王の逆襲」で登場。
メタナイツ(メタ・ナイツ)
『夢の泉の物語』で初登場。アックスナイト、ジャベリンナイト、トライデントナイト、メイスナイトがいる。詳しくはメタナイト#メタナイツを参照。
イフリーティ
2』に登場。炎を思わせる姿だが体色は黒く、足はオレンジ色。炎を纏った体当たり攻撃をメインに攻めてくるが、ステージによってはトリッキーな動きでカービィを惑わす。「バーニング」をコピーできる。名の由来は炎の精霊イフリートから。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、16巻に登場し、無駄なことが嫌いでデデデ大王に改革の先頭に立ってもらった。
マスターグリーン
『2』に登場。クラゲのような敵キャラクターで、カービィに近づき放電する他、稲妻形ビーム、星型爆弾、地面を沿って撃ち出される電撃攻撃など攻撃技が豊富。「スパーク」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、14巻に登場し、21巻にも登場した。が、14巻ではひげを生やしていたが、21巻では、ひげは生やしていなかった。
ジャンパーシュート
『2』で初登場。唐傘お化けのような敵キャラクター。下駄を跳ばしたり、回転攻撃をしてくる。「パラソル」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、18巻で天気予報者として登場。
ブロッキー
『2』で初登場。大きなレンガの姿をした敵キャラクターで突進攻撃や押し潰し攻撃をしてくる。「ストーン」をコピーできる。『3』では他の中ボスと違い、登場は最終ステージの一箇所だけである。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、13巻に登場。
ワイユー
『2』に登場。忍者の格好をした敵キャラクター。手裏剣を投げたり、分身の術からの火遁の術を使ってくる。「カッター」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、16巻に登場し、じゃんけんのプロとして登場。
キャプテンステッチ
『2』で初登場。ゴルドーを大きくしたような敵キャラクター。独特の動きでカービィに近づき、トゲを跳ばしたり突進を仕掛けてくる。トゲを纏った状態ではカービィの攻撃を一切受け付けないという珍しい特性の持ち主であるため、中ボスの中では手強い部類に入る。攻撃できるのは体の棘を失った時のみである。棘を飛ばした後にも一応攻撃できるが、次の棘の復活が早いため攻撃の隙がない。「ニードル」をコピーできる。
コックカワサキ
『スーパーデラックス』に登場。その名通りコックの格好をした敵キャラクター。皿を投げたりおたまを伸ばしてカービィを料理しようとする。「コック」をコピーできる。『3』ではミニゲームの出題者として登場している。
漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり』ではデデデ城の料理人として登場。フライパンを持つと性格が豹変する。
アニメでも登場し、ププビレッジで街唯一のレストランを開いている。が、漫画と違い、作る料理はあまりおいしくない。
アイアンマム
『スーパーデラックス』に登場。両手が鉄球、体は鎧に包まれており、リボンをつけている敵キャラクター。鉄球を叩きつけたり、鉄球を振り回しながら歩く。「ファイター」をコピーできる。「かちわりメガトンパンチ」の最終戦(3回戦)ではリボンの代わりにちょんまげをつけた姿で登場。
ジュキッド
『スーパーデラックス』に登場。トサカに近い髪を持つ柔道家。気を発射したりつかみかかってくる。「スープレックス」をコピーできる。
ハボキ
3』に登場。の姿をした敵キャラクターで、砂埃を散らしてくる。「クリーン」をコピーできる。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、10巻に登場。
ユキ
『3』に登場。雪だるまの姿をした敵キャラクター。雪玉を投げつけたり突進してきたりする。頭が無い状態では一切攻撃を受け付けない。「アイス」をコピーできる。
ボブー
『3』に登場。ボボの親玉的存在。ゲーム中では最初に戦う中ボスで、体当たり攻撃しかできない。「バーニング」をコピーできる。
ルームガーダー
64』における中ボス的ポジションの敵全体を指しており、一キャラクターとしての固有名詞ではない。主にザコキャラクターを巨大化させたものがほとんどで、全て名前の前に「デカ」が付けられている。大抵のルームガーダーは元のザコキャラクターと同じ習性を持つが、敵によっては攻撃してこないことがある。
『タッチ!カービィ』でも同じ名称が用いられているが、こちらは単純にザコ敵やトラップ(大岩、タイマーボムなど)の寄せ集めといった意味合いが強い。
ファンファン
夢の泉デラックス』でローリングタートルの差し替えで登場した。リンゴを投げつけたり、鼻でカービィをつかんで投げ飛ばす。攻撃手段は少ないが、同作の6-1、7-2裏ルート、及び『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」の最終ステージに登場するファンファンは、通常の個体と比べて攻撃間隔の最短時間が短い。
『夢の泉デラックス』と『鏡の大迷宮』では「スロウ」を、『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」では「スープレックス」をコピーできる。
エアロスター
『鏡の大迷宮』で初登場。戦闘機の格好をした中ボス。ミサイルや突進攻撃をする。本体からは「ミサイル」をコピーできるが、時折落としてくる爆弾を吸い込むと「ボム」をコピーできる。
バウファイター
『鏡の大迷宮』で初登場。の格闘家で、前述したデッシー達の師匠。ファンファンと同様に、動物の格闘家。気功弾やストレートパンチにジャンプ攻撃、掴みからの両手(耳)叩きなど、師匠というだけあって攻撃パターンは豊富。「ファイター」をコピーできる。他の中ボスと違い行動がパターン化されておらず、中ボスとしてはかなり強い部類に入る。
バタファイア
『鏡の大迷宮』で初登場。火に包まれた丸い蝙蝠のような中ボス。軌道には若干の違いがあるものの、ほとんどの攻撃が突撃技である。時折、画面中央で火の玉を撒き散らす。倒すと「バーニング」をコピーできる。
ボクシィ
『鏡の大迷宮』で初登場。プレゼントの包装の形で葉のついた枝のような尻尾に、頭に大きな赤いリボンをしている中ボス。突進をするほか、プレゼントの箱を吐き出す。これはしばらくすると中身が開き、ミニーや爆弾、回復アイテムが入っている。「マジック」をコピーできる。容姿から女性にも見られるが性別不明。ジャンプや突進もし、動きが早い。頭のリボンにも当たり判定があるため、リボンの部分に触れてもダメージを受けてしまう。
マスターハンド
『鏡の大迷宮』に登場。大乱闘スマッシュブラザーズシリーズから中ボスとしてゲスト登場。白い手袋の姿をしており、拳を床に叩きつけたり指から炎の弾を撃って攻撃してくる。「スマブラ」をコピーできる。拳を床に叩きつけた時に出る星を吸い込むと「ストーン」、指先から発射する弾を飲み込むと「バーニング」をコピーできる。同作のエリア9では相方のクレイジーハンドと共にボスとして登場。
スピン、ストロン、ドク
参上! ドロッチェ団』に登場。盗賊団「ドロッチェ団」の幹部的存在。それぞれ得意とする攻撃が違い、スピンは手裏剣やカギ爪、ストロンはハンマーや踏み潰し、ドクはUFOに乗っての体当たりやレーザー攻撃などで戦う。ドクを除いて中ボス並の体力を誇るが、カービィの攻撃を受けるとひるむためザコ以上中ボス以下といった位置付けである。アジト内で戦うと気絶後に怒りモードに突入し、ひるむことが無くなる。
チューリン
『参上! ドロッチェ団』に登場するドロッチェ団の下っ端で、色ごとに得意な攻撃が違い、黄色はじわじわと接近、緑色は爆弾を投げて攻撃、青色は大きな爆弾を投げて攻撃してくる。カービィが宝箱を手に入れた際に通常のザコ敵と入れ替わりで登場する特殊な敵だが、アジトでは『タッチ!カービィ』のルームガーダーのように何体も出現する場合がある。また、アジトでは上記のスピン達の補佐役としても登場する。
ガオガオ
『参上! ドロッチェ団』に登場。青い毛で覆われたクマのような敵キャラクター。鋭い爪を使った引っかき攻撃をしてくる。スピン攻撃もするが、攻撃後は目が回り一定時間攻撃してこない。たまに2回連続で攻撃することがある。「アニマル」をコピーできる。
バブー
『参上! ドロッチェ団』に登場。体中泡に包まれたカニ。泡を飛ばしてくる。与えるダメージの量に関わらず、一定回数の攻撃を休み無く加え続けると、体中の泡が弾け地面に墜落する。この時、地面の上を高速で走りながらカービィめがけて泡を飛ばしてくるようになる。「バブル」をコピーできる。
ビッグメタルン
『参上! ドロッチェ団』に登場。メタルで出来た身体を持つ一つ目のゴーレムで、落石攻撃や体当たり攻撃をしてくる。防御力が高く、打たれ強い。「メタル」をコピーできる。
テッドホーン
『参上! ドロッチェ団』に登場。「ゴーストのメダル」を復元すると復活する幽霊。復活後は各レベルの中ボスの一部がテッドホーンに差し替えられるようになる。キャパーというザコ敵たちを侍らせており、攻撃命令を出すほか、自らカービィを捕まえてキャパーに体当たりさせてくる。「ゴースト」をコピーできる。
クラッコJr. リベンジ
ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」に登場。クラッコJr.の強化版で、瞳は『星のカービィ3』の最終ボス「ゼロ」を思わせるような赤く不気味なものに変化している。通常のジュニアよりも行動スピードが速く、空中での定位置が右へ左へと頻繁に入れ替わる。
バンダナワドルディ
『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」に登場。デデデ大王が戦いの準備をするための時間稼ぎとして投入された。通常のワドルディとの外見上の違いは額の青いバンダナの有無のみだが、体力が大幅に強化されている。が、攻撃方法が体当たりのみな上に吸い込みで一発KOと他の中ボスと比べてかなり弱い。また、同作の中ボスの中で唯一、倒した際に画面が点滅する大ボスと同じ演出がある。「格闘王への道」でも登場する。なお、マスクドデデデとの戦いの際は客席で見学している。
ヘーチョー
『毛糸のカービィ』に登場。ホーカイヘーを大きくした姿。通常のホーカイヘーよりも撃ち方のパターンが豊富で、時折巨大なミサイルも撃ち込む。
トーセンボク
『毛糸のカービィ』に登場。一つ目のウィスピーウッズのような大木の姿をした、ステージ「ペラペラのもり」を守る頑固な番人。ゆっくりと落下する木の実で攻撃してくる。
スペースクラッコ
『毛糸のカービィ』に登場するクラッコの親戚。隕石を撃って攻撃する。
デラトリィ
『あつめて!カービィ』に登場。巨大なトリィで、同じくトゲの球を落としてくる。中ボスとして戦うものの、後のステージで子供であるコトリィ達を届けると、以降は恩返しでカービィのサポートをしてくれるようになる。
デカクサン
『あつめて!カービィ』に登場。トゲの生えた身体の上に顔があるサボテン。砂から顔を出しては引っ込め、ダメージを与えるたびに体色が変化する。
デラデラーム
『あつめて!カービィ』に登場。デラームよりも耐久力が高く、攻撃的。さらに、攻撃が有効な範囲が少なくなっている。後にマグマウンテンで登場するものは、トゲがついた部分が加わり、若干手強くなる。
キンググオー
『あつめて!カービィ』に登場。岩のようなうろこを持った魚。全てのうろこを砕くと倒せる。後にマグマウンテンで戦うときは、息が続きにくい濁った水の中での戦いとなり、若干手強い。
グルギアント
『あつめて!カービィ』に登場。顔のついた歯車のような敵。口からトゲの球やミラポン、砂などを吐き出してくる。両端に吊るしたグルポーン、グルスパイクを倒して(もしくはカービィ自身がぶら下がって)左右の重さを均等にすると、弱点が露出する。
ギガニョッキ
『あつめて!カービィ』に登場。目玉が付いたクレーンアームのような敵。上部には牙だらけの口のようなものがある。カービィをつかもうとしてくる。落としてくる爆弾をつかませて爆発させると、引っ張れるリングが露出するので、それを引っ張ることでダメージを与えられる。
アイアンジャム
『あつめて!カービィ』に登場。ウミヘビのような姿のロボット。口から魚雷を発射して攻撃してきたり、水を吸引してカービィを吸い込もうとしてきたりする。体を構成するパーツを全て破壊すると倒せる。
ブロックワドルディ
『あつめて!カービィ』に登場。ブロックを被った大きなワドルディ。上からブロックやブロストンを落として攻撃してくる。
ブルハンマー
『あつめて!カービィ』に登場。鎖つきの鉄球と脆い盾を持った犬の敵。守りはわりと硬いが攻撃がトロくてイマイチ。
マンプク
『あつめて!カービィ』に登場。大きなお腹が特徴の敵。水流を起こし、エレクラを飛ばしてきたりする。
トゲマンプク
『あつめて!カービィ』に登場。マンプクが起こした水流の先に潜んでおり、カービィがぶつかってくるのを待っている。
クアドガン
『あつめて!カービィ』に登場。四つの目がついた戦車。ミサイルを発射して攻撃してくる。色のついたスイッチを攻撃するとダメージを与えられるが、間違えてドクロマークのスイッチを攻撃すると、大量のミサイルに襲われることになる。
ドクロしょうぐん
『あつめて!カービィ』に登場。ドクロン達をまとめるドクロ団の一員。ドクロンを大きくしただけで、耐久力が高いこと以外はほとんどドクロンと変わらない。
モノグレイブ
『あつめて!カービィ』に登場。バズバットに他のコウモリたちが合体した、墓石のような体にコウモリの羽が生えた一つ目の敵。カービィを押しつぶそうとしてくるが、地面に当たるたびに体にヒビがはいり、次第に砕けて元の姿に戻る。バズバットに二度ダメージを与えると色が変わり、動きが速くなる。
バズバット
モノグレイブの核となるコウモリで、バズバットを倒せばモノグレイブを倒したことになる。
リルバット
モノグレイブを構成するコウモリで、バズバットを守るように展開している。
バイバット
モノグレイブを構成するコウモリで、全身にトゲが生えている。
キングスドゥ
星のカービィ Wii』に登場。中ボスサイズのワドルドゥ。普通のワドルドゥと違うのはビーム能力の技「はどうビーム」が扱えること。「ビーム」をコピーできる。
マウンデス
『星のカービィ Wii』に登場。山のような中ボス。押しつぶし攻撃がメイン。「ストーン」をコピーできる。
ザンキブル
『星のカービィ Wii』に登場。中ボスサイズのサーキブル。カッターブーメランも普通のサーキブルとは比べ物にならないほど大きい。「カッター」をコピーできる。カッターブーメランもがんばり吸い込みで「カッター」をコピーできる。
ウォーターガルボロス
『星のカービィ Wii』に登場。中ボスサイズのウォーターガルボ。「ウォーター」をコピーできる。
ギガントエッジ
『星のカービィ Wii』『トリプルデラックス』に登場。大剣と盾を持った、重騎士の姿をした中ボス。正面からの攻撃を盾で防いでくることがある。「ソード」をコピーできる。
ドゥビア
『星のカービィ Wii』に登場。UFOのような姿をした中ボス。なお本作ではUFO能力が登場しないため、コピーできるのは「スパーク」能力。
スーパーボンカース
『星のカービィ Wii』に登場。パワーアップしたボンカースだが、攻撃パターンは通常と変わらない。「ギガトンハンマー」をコピーできる。
スフィアローパー
『星のカービィ Wii』に登場。異空間で戦う事になる。体色ごとに行動パターン、耐久力、大技などが異なる。倒すとエナジースフィアを入手できる。2体同時に現れた際は、「スフィアローパーズ」という名前になる。
フレイムガルボロス
『トリプルデラックス』に登場。濃い顔をした大型のガルボ。「ファイア」をコピーできる。
ヘルメホーン
『トリプルデラックス』に登場。大きな身体を持つカブトムシの中ボス。「ビートル」をコピーできる。
モーリスブラザーズ
『トリプルデラックス』に登場。ビッグバン専用の中ボス。モーリィと似た容姿のモグラの兄弟。
ギガントコックス
『トリプルデラックス』に登場。ビッグバン専用の中ボス。蝶ネクタイを付けた怪鳥。
キングフワローバ
『トリプルデラックス』に登場。ビッグバン専用の中ボス。フワローバやエースフワローバを従えるフワローバ一族の親玉。
エッガーウィングス
『トリプルデラックス』に登場。ビッグバン専用の中ボス。盾を装備した4体のドラゴン。
メカコッタ
『スーパーレインボー』に登場。コッタのロボット。
エニラム
『スーパーレインボー』に登場。中ボスサイズのミニラム。
グラバー
『スーパーレインボー』に登場。一つ目の手袋の姿をしている。メインモードにグラバーが登場するのは、ワドルディがいる時のみ。

大ボス[編集]

大ボスは主にレベルの最後でカービィの行く手を阻む。これを突破しないと次のレベルには進めない。倒してもすぐに消えてしまうので吸い込むことは不可。それぞれ異なった独自の攻撃でカービィを苦しめる。詳細はリンク先、もしくは各ゲームのボスキャラクターの項を参照。

ウィスピーウッズ
星のカービィ』で初登場した大木。カービィシリーズではお馴染みのボスキャラクター。殆どの作品に、序盤で登場。『スーパーデラックス』ではツインウッズという亜種も登場する。
ロロロ&ラララ
『星のカービィ』『スーパーデラックス』『ウルトラスーパーデラックス』に登場する仲良し2人組。体の色が青い方が男でロロロ、赤い体に黄色いリボンを付けている方が女でラララである。『エッガーランド』のロロとララが元である。『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」に登場するリベンジ版では、ロロロが濃い紫色になり、ラララはオレンジ色の体に赤いリボンへと変わる。

アニメ版では、カービィの味方。

カブーラー(飛行砲台カブーラー)
『星のカービィ』『カービィのブロックボール』『ウルトラスーパーデラックス』に登場する砲台を備えた飛行船。『ブロックボール』では砲台が2門となっている。SFC版『カービィのきらきらきっず』にもオープニングのみ登場しており、船体にはゲームのタイトルロゴが描かれている。
『ウルトラスーパーデラックス』では「大王の逆襲」にて「飛行砲台カブーラー」として登場した。ゴルドーを砲台から発射したり、飛行船からミサイルを発射するなど攻撃も増えている。こちらのイラストでは飛行船にシャークマウスが描かれている。
クラッコ
『星のカービィ』で初登場した一つ目の雷雲。ウィスピーウッズ同様、シリーズお馴染みのボスキャラクター。殆どの作品に登場する。『星のカービィ 参上! ドロッチェ団』ではドロッチェ団のドクが操るロボット「メカクラッコ」が登場する。
ペイントローラー
星のカービィ 夢の泉の物語』『星のカービィ 夢の泉デラックス』に登場。描いた絵を実体化させる。『タッチ!カービィ』のサブゲームにも登場する。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、16巻に登場し、ゲーム版とアニメ版とは違い、口があり、17巻の3話でちょっとだけ登場。アニメ版では魔獣として登場。
Mr.シャイン&Mr.ブライト
『夢の泉の物語』『星のカービィ2』『夢の泉デラックス』に登場する太陽。Mr.シャインが月で、Mr.ブライトが太陽である。『カービィボウル』にも、仕掛けの一部として登場している。『スーパーデラックス』でマルクの策略で喧嘩することになる太陽と月は彼らではない模様。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、12巻に登場して以来、他にも登場した。
ヘビーモール
『夢の泉の物語』『夢の泉デラックス』に登場する、地底を掘り進むロボット。シリーズ初の機械型ボス。動力源は石炭で、デデデ大王の「一年分の石炭を与える」という契約の下で部下となったという裏設定がある[3]
メタナイト
『夢の泉の物語』で初登場。詳しくはリンク先を参照。
ヌラフ&ネリー
『2』に登場する猪の家族。ヌラフは『星のカービィ3』でもザコキャラクターとして登場する。
スイートスタッフ
『2』に登場する提灯あんこう。提灯の先からビームを放ったり、カービィにむかって突進してきたりする。『あつめて!カービィ』のミニゲーム「カービィマスター」にも登場。
アイスドラゴン
『2』に登場する氷の竜。ぽっちゃりとした体型で短い尻尾がチャームポイント。氷塊を蹴り飛ばしてきたり、ツララを落としてくるほか、アイスブレスを放射してくる。尻尾を回転させての飛行が可能。攻撃すると一瞬だが涙目になる。『3』では、ボスのアドが描く敵の一つとして登場する。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、16巻に登場。
ダイナブレイド
『スーパーデラックス』などに登場する怪鳥。
初出は『スーパーデラックス』のゲームモードの一つ「白き翼ダイナブレイド」。突如としてプププランドの作物を荒らし回り、カービィが退治に向かうことになる。同ゲームモードのラストボス。「ダイナベイビー」というヒナ達がいる。
同ソフト内の別のゲームモード「メタナイトの逆襲」で再登場し、メタナイトの所有する戦艦ハルバードから落とされてしまったカービィを背に乗せ、ハルバードを追跡した。
カービィのエアライド』では「シティトライアル」のイベントで出現する。
ファッティホエール
『スーパーデラックス』に登場する巨大な。見た目通り巨体を活かしたダイナミックな攻撃が得意。
バトルウィンドウズ
『スーパーデラックス』に登場。RPGの戦闘を模しており、ターン制で戦うことになる。「洞窟大作戦」ではスライム・おどりにんぎょう・魔法使い、「銀河に願いを」と「格闘王への道」ではまほうつかい・あくまのきし・レッドドラゴン(リメイク作の『ウルトラスーパーデラックス』ではグランドドラゴン)との連戦になる。勝利するとRPGのレベルアップのパロディでお肌のつややプププの数値が上がったというメッセージが表示されるが、実際に何かが変化しているわけではない。登場時にヘルパーがいると、ボスのHPが少し増える。
ガメレオアーム
『スーパーデラックス』に登場するカメレオンのような生物。長い舌やカギ爪、口から放つボールのようなもので攻撃してくる。ボールは吸い込むことで「ペイント」をコピーできる。体色を壁と同化させる能力を持つが、ペイントで攻撃すると一時的に透明化が解除される。
魔人ワムバムロック
『スーパーデラックス』に登場する岩の魔人。岩でできた手で攻撃してくるため、後のマスターハンドを髣髴とさせる。
リメイク作品『ウルトラスーパーデラックス』ではデザインが変更され、さらに、新モード「ヘルパーマスターへの道」では「ワムバムジュエル」という王が登場する。
ヘビーロブスター
『スーパーデラックス』に登場するメタナイト軍団のロボット。テレビアニメ版ではメカ魔獣として登場する。詳細は戦艦ハルバード#星のカービィ スーパーデラックスを参照。
ツインウッズ
『スーパーデラックス』に登場する2体1組のウィスピーウッズ。通常のウィスピーとの違いは毛虫、ゴルドーを落とすかどうか。
2連主砲
『スーパーデラックス』に登場する戦艦ハルバードの主力兵器。文字通り2門の砲台から成る。
リアクター
『スーパーデラックス』に登場する戦艦ハルバードの心臓部。コアは殆どの攻撃を受け付けないが全く行動せず、攻撃は周囲の防衛システムが行う。
大彗星ギャラクティック・ノヴァ
『スーパーデラックス』に登場する機械仕掛けの大彗星。カービィはスターシップで内部を突き進み、その核と戦う事になる。リメイク作『ウルトラスーパーデラックス』では支柱部の攻撃する部分の移動範囲が狭くなっているが、その代わり部位の移動速度が遅くなり、狭い隙間でも目視で突破しやすくなった。
最終的には核を破壊され機能を停止した後、倒されたマルクが衝突し爆発、バラバラになる。だが、星の力を集めて再度呼び出せば何度でも復活するらしく、「銀河に願いを」の後日談とされている『ウルトラスーパーデラックス』の「メタナイトでゴーDX」でメタナイトがノヴァを呼び出す際、破壊されバラバラとなったノヴァのパーツが集結・再生して登場するという演出が入る。ただし、カービィが核を破壊した際に失われた部品は戻らず目が片方しか開いていない。
アクロ
『3』および『星のカービィ64』に登場するシャチ。名前の由来は、シャチの英語訳の「Orca(オルカ)」の逆読み。アクロバティックな攻撃が得意。
ポン&コン
『3』に登場する(ポン)と(コン)。子供達を連れてせわしなく動き回る。
アド
『3』に登場。アドレーヌも参照のこと。
ダーク・リムル、ダーク・リムラ、ダーク・リムロ
『64』に登場。リップルスターを侵略したゼロツーが、クリスタルを持って脱出した妖精のリボンに放った追っ手達。それぞれワドルディ、アドレーヌ、デデデ大王に乗り移り、カービィに襲いかかる。
ピクス
『64』に登場するピラミッドの防衛システム。敵の攻撃を一定時間やり過ごすまでダメージを与えられない特殊な戦いとなる。
ヨガン
『64』に登場する溶岩の怪物。第1段階では触手、第2段階では顔が弱点。
HR-H/HR-E
『64』に登場する変形可能な巨大ロボット。第1段階のHR-Hにある程度のダメージを与えると第2段階のHR-Eに移行する。どちらの形態においてもミサイル攻撃は共通である。
ミラクルマター
『64』に登場する正二十面体に赤い目のようなものをつけた物体。『64』におけるカービィのコピー能力を全て操る。クリスタルを全て集めていないとミラクルマターが実質上のラストボスになる。
メガイター
『コロコロカービィ』に登場する、ボールに目玉がついたようなボス。色ごとに行動パターンが異なる。
キングゴーレム
星のカービィ 鏡の大迷宮』に登場する、ウィスピーウッズに似た石のボス。
モーリィ
『鏡の大迷宮』に登場するサングラスをかけたモグラ。物を投げて攻撃する。『あつめて!カービィ』では中ボスとして再登場。また、ミニゲーム「参上!モグモグ団」においても登場する。
メガタイタン&タイタンヘッド
『鏡の大迷宮』に登場するロボット。一度倒されると本体から頭部が分離し「タイタンヘッド」として襲ってくる。
ガブリエル
『鏡の大迷宮』に登場するサメ。浮き輪を付けている。子分のパクリエルを召還する。
ウィズ
『鏡の大迷宮』に登場する、シルクハットを被ったマジシャンのようなキャラクター。行動パターンがペイントローラーに似ているが、召喚中は無敵になる。
マスターハンド&クレイジーハンド
『鏡の大迷宮』に登場する巨大な手。『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』からのゲストキャラクター。
ダークメタナイト
『鏡の大迷宮』に登場する。メタナイトの心にあった僅かな闇の心が、鏡の国で実体化したもの。なお、『鏡の大迷宮』では、メタナイトは善側のキャラクターである。
「トリプルデラックス」では「デデデでゴー!」の最終ボスとして、「ダークメタナイト リベンジ」の名で登場する。
ミセス・モーリィ
『参上! ドロッチェ団』に登場する花冠を被ったモグラ。モーリィ同様、物を投げて攻撃する。
メカクラッコ
『参上! ドロッチェ団』に登場するドロッチェ団のドクが開発した、機械のクラッコ。本家に劣らぬ機動力が特徴。
ヤドガイン
『参上! ドロッチェ団』に登場するドロッチェ団のドクが開発した、巨大なヤドカリ型ロボット。シリーズで1、2を争う巨体の持ち主。
ボーボー
『参上! ドロッチェ団』に登場する炎のフクロウ(しかしタヌキの尻尾のようなものも付いている)。主に突進を得意とする。
ドロッチェ
『参上! ドロッチェ団』に登場する盗賊ドロッチェ団の団長。後にダークゼロに操られた状態で「ダークドロッチェ」として再び登場する。
ウィスピーウッズ リベンジ
『ウルトラスーパーデラックス』の追加ボス。頭の葉が毒々しい紫色に染まったウィスピーウッズで、通常の1面ボスとしてのウィスピーに比べて格段に強化されている。
ロロロ&ラララ リベンジ
『ウルトラスーパーデラックス』の追加ボス。『スーパーデラックス』では戦う場所の通路が3本だったのに対し、こちらは初代と同じ4本となっている。2人の動きに加え、単独でもゴルドーが行動している。
クラッコ リベンジ
『ウルトラスーパーデラックス』の追加ボス。毒々しい紫色に染まり、雷雲らしさが増した。
マスクド デデデ
『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」のラストボスで、「真 格闘王への道」では四天王の一番手にあたる。仮面を被り、ニューデデデハンマーを装備したデデデ大王。詳細は、デデデ大王の登場作品の節を参照。
『トリプルデラックス』にも登場。この作品での表記は「マスクド・デデデ」になっている。一度倒すと「マスクド・デデデ リベンジ」という名前になり、武器を斧に換えてくる。
ワムバムジュエル
『ウルトラスーパーデラックス』の「ヘルパーマスターへの道」のラストボス。「ヘルパーマスターへの道」ではワムバムロックを倒すと出現する。四天王二番目の敵。ワムバム一族の王。詳細は、当作品の項目を参照。
ギャラクティックナイト
『ウルトラスーパーデラックス』の「メタナイトでゴーDX」のラストボス。四天王三番目の敵。銀河最強の戦士。詳細は、メタナイトのギャラクティックナイトの節を参照。
ドドワン
『毛糸のカービィ』に登場する毛糸のドラゴン。火の玉を吐いて攻撃するが、何度も吐くとへばって舌を垂らしてしまう。
フェニクロウ
『毛糸のカービィ』に登場する毛糸のフェニックス。
ランプキン
『毛糸のカービィ』に登場する毛糸のカボチャの顔をしたマジシャン。
イカスタコス
『毛糸のカービィ』に登場する毛糸のクラーケン。お気に入りの帽子を壊すと怒ってタコのような姿になる。
ウトパトラ
『あつめて!カービィ』に登場する、イバラのような体をした砂漠の女王。カクサンや刺の植物の種を吐いて上空から降らせたりする。
ドクロだいおう
『あつめて!カービィ』に登場。ネクロディアスに力を与えられたブタで、ドクロン達のリーダー。岩や火山弾を降らせて足場を壊そうとしてくる。
Mr.ダウター
『星のカービィ Wii』に登場。ランプの魔人のような姿をした敵。
ファッティバッファー
『星のカービィ Wii』に登場する巨大なフグ
ゴライアス
『星のカービィ Wii』に登場する雪男。機敏に動き回り、腕を伸ばして殴りかかってくる。
グランドローパー
『星のカービィ Wii』に登場。スフィアローパーの親玉。
メタルジェネラル
『星のカービィ Wii』に登場。戦闘機の姿をしたロボット。
HR-D3
『星のカービィ Wii』に登場するメタルジェネラルが操縦する巨大ロボット。EXモードのみ。
ランディア
『星のカービィ Wii』に登場。ハルカンドラの奥地にある火山に住む4つ首(4匹)のドラゴン。
ローア
『星のカービィ Wii』に登場。船。シューティング形式で戦う。
ウィスピーフラワーズ
『トリプルデラックス』に登場。ウィスピーウッズの亜種。
ペインシア
『トリプルデラックス』に登場。名もなき絵画に邪念が集まり、魔女の姿で実体化したもの。
トグ・ロ・ガラーガ
『トリプルデラックス』に登場。ヘビの像に命が宿ったもの。全身が固い金属で覆われている。頭が弱点。
ヴォルゲロム
『トリプルデラックス』に登場。火山地帯に生息する魔物。ファッティバッファーに似ているがこちらは足が生えている。
ブラックデデデ
『トリプルデラックス』に登場。デデデ大王の心の闇が鏡の中で実体化した、デデデ大王を黒くしたような敵。「デデデでゴー!」でクィン・セクトニアDX撃破後、鏡から現れて勝負を挑んでくる。
バウンドグーン
『スーパーレインボー』に登場。鎧をまとった球体状の生物。ステージを直線状に移動しつつレーザーで攻撃する。
スキッドランス
『スーパーレインボー』に登場。触手の先端にトゲが生えた巨大なイカ。

ラストボス[編集]

最終ボス、いわゆる「ラストボス」はゲームの最後に登場する「最後の関門」のようなもので、一部の例外を除いて今までのボスキャラクターよりも厄介な攻撃でカービィを苦しめる立場にある。いずれも通常のボスと違い、空中戦や特殊なコピー能力を強いられるという特殊なシチュエーションの下で戦う場合がほとんどである。

デデデ大王
星のカービィ』のラストボス。体当たりやハンマーを主体とした攻撃を仕掛けてくる。詳細は当該項目を参照。
ナイトメアウィザード / ナイトメアーズパワーオーブ(ナイトメアパワーオーブ)
星のカービィ 夢の泉の物語』『星のカービィ 夢の泉デラックス』のラストボス。夢の泉に現れた「悪夢」である。デデデ大王がスターロッドを夢の泉から持ち出したのは、彼に原因がある。
最初は球体状のナイトメアーズパワーオーブ(リメイク版である『夢の泉デラックス』ではナイトメアパワーオーブ)として登場する。この第1段階の姿を倒すと、第2段階である人型の姿ナイトメアウィザードに変化する。どちらもスターロッドの力で倒す。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』では、アシストフィギュアとして登場。ステージを暗闇にする効果を出す。
テレビアニメ版『星のカービィ』に於けるナイトメアについては、アニメ版星のカービィの登場キャラクター#悪役を参照。
メカデデデ
カービィボウル』におけるラストボスで、シリーズでは珍しい機械型のラストボスである。コクピット内にはデデデ大王が搭乗している。デデデ大王自身を模した巨大ロボットにドリルペンチアームを装着しているが、実際はオプションであるチビデデデ達がカービィへの攻撃役であるため、全く意味を為していない。弱点は頭であり、ボールになったカービィを頭にぶつけることで大きなダメージを与えることが出来る。
ダークマター/リアルダークマター
星のカービィ2』のラストボス。「虹の島々」から虹を奪い、人々を苦しめようとした悪者。一つ目。普段は剣士のような格好だが、倒されるとリアルダークマターという真っ黒な球体にヒレのような突起物と目玉をつけた形態になる。ダークマターと言えば普通はリアルダークマターのことを指す。『3』にも登場するが球体形態のみで剣士形態は登場せず、リアルダークマターとも呼ばれない。
ブロボ
2本のロケットパンチを携えたロボット。最初は頭部と両手のみで活動しているが、ボスステージでは胴体と合体して戦闘を開始する。条件を満たさないと真のラストボスであるデデデ大王と戦えないため、『カービィのブロックボール』における実質的な表向きのラストボスである。
マルク
星のカービィ スーパーデラックス』のゲームモード「銀河にねがいを」のラストボスであり、『スーパーデラックス』全体における実質的なラストボスである。ポップスターの魔法使い。
「銀河に願いを」にて、太陽と月の喧嘩を鎮められずにいるカービィに、どんな望みも叶えてくれるという「大彗星ギャラクティック・ノヴァ」にお願いする事を提案する。7つの星を繋ぎパワーを集め、ノヴァにお願いする役目をカービィに頼む。だが実は、太陽と月の喧嘩を起こした張本人がマルクであり、自らの野望をノヴァに叶えてもらうために起こした自作自演の策略であった。
普段の姿は玉乗りをしている魔法使いで、変身後の姿は翼を広げ体が大きくなる。一人称は「ボク」であり、語尾は「 - なのサ」。公式イラストには帽子に柄があるが、ゲーム中では省かれている。
グリル
SFC版『カービィのきらきらきっず』の真のラストボス。一人称は「僕ちん」。マルクに似た体形で少年のような姿の魔法使いだが、性別不明。ストーリーモードで最終ボス(表向き)のデデデ大王を倒したカービィの実力を確かめるため勝負を挑む。
ゼロ
星のカービィ3』のラストボス。ダークマターの親玉。一度カービィに撃退されたダークマターと共にポップスターを侵略しに来た。真っ白な球体に真っ赤な瞳というシンプルかつ不気味な姿を持つ。倒されると目玉だけの第二形態に変化する。体全体にダメージを与えられる代わりに体力が多く(攻撃を100発以上当てなければ倒せない)、それがグーイと一緒に戦っている場合なら更に多くなる。目玉が飛び出る際に大量の血のような赤い液体が噴き出す。
ミラクルマター
星のカービィ64』の表向きのラストボス。体は球ではなく正多面体になっており、各面に一つずつ赤い瞳をもつ。この瞳の形は同系統のボスに多い写実的なものではなく、完全な円形。7種類の形態に変形できる。形態の色によって弱点が変わり、対応した能力か、その能力を含むミックス能力、もしくはその能力のもとを吐き出した星でしかダメージを与えられない。
ゼロツー
名前は(読みは同じく「ゼロツー」)と表記されることもある。『星のカービィ64』の真のラストボス。ゼロに翼と尻尾、天使の輪を付けたような容姿をしていて輪の中にばんそうこうが張ってあるが、ゼロと同一人物か、ゼロと同じダークマター族かは公表されていない。妖精たちの星、リップルスターにある「クリスタル」を狙ってやって来た。上記のミラクルマターを含めダーク・リムラ、ダーク・リムル、ダーク・リムロの4体の部下がいる。
ダークマインド
星のカービィ 鏡の大迷宮』のラストボス。鏡の国から全てを支配しようとした悪者。戦うときは必ず部屋の中央に刺さっているマスターソードを取らなければならないが捨てる事も可能。人型の第1形態との4回の戦いを制すると、むき出しになった球形コアが巨大化した第2形態との決戦に突入。その第2形態をも打ち破ると、弱体化し逃走を始めた第3形態にとどめを刺す本当の最終戦(シューティングステージ)に突入する。
鏡の扱いに長けており、第1形態では二枚の鏡をシールド代わりに回転させ、第2形態ではそれらを攻撃技に転用してカービィに襲い掛かる。特に本人の能力を最も濃く表した大技として、ゲーム画面を上下に反転させる「リバースワールド」を体得している。
ドロシア(ドロシア ソーサレス / ドロシア ソウル)
タッチ!カービィ』のラストボス。カービィシリーズでは初となる、女性のラストボスである。
元は名も無き一枚の絵画が、長い年月を経て意志を持つようになり、魔女「ドロシア」となり暴走した者。カービィ達をボールに変えたが逃走する際に「魔法の絵筆」を落としてしまった。
白髪で紫がベースのマントを着た魔女の姿である第1形態・ドロシア ソーサレスを倒すと、球状で混ざり合った絵の具の塊の様な第2形態・ドロシア ソウルに変化する。ソーサレスは描いた物を実体化させるという自身の能力を活かしつつ戦うのに対し、その本性であるソウルは、体当たりやカッターで切り刻むといった暴力的な行動が目立つようになっている。
ドロシア ソウルの目や口から飛び出して来る敵の名前は「パラ マター」であるが、ダークマターとの繋がりは一つ目という特徴以外に特に無い。また、ドロシアには技の全てに名前が設定されており、特に第2形態は脚韻を踏んだ物が多い。例として、ボールのように体を弾ませながらカービィを押しつぶす「バウンド ポンド」、体を分散させて雨のように降り注がせる「スプラッシュ ラッシュ」などが挙げられる。
ダークドロッチェ
星のカービィ 参上! ドロッチェ団』のドロッチェが、ラストボスのダークゼロに取りつかれたもの。ゲーム上では形式的には第1形態にあたる。ダークゼロの力によって氷属性のアイスレーザーと炎属性の爆弾が格段に強化されている (トリプルスターは弾のスピードが上がっている) 。
ダークゼロ
『星のカービィ 参上! ドロッチェ団』のラストボス。暗黒の支配者。黒色の星の形をしており、中心には桃色の目がある。体の色を変化させ、炎・氷・電気の三属性を自在に操る事が出来る。
マルク ソウル
『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』の「真 格闘王への道」に登場する真のラストボス。四天王最後の敵。
「銀河にねがいを」でカービィに倒されたマルクが、ギャラクティック・ノヴァの残骸を吸収して復活した姿。マルクの悪霊ともいえる存在。細部のデザインが変化しているほか、表情や笑い声などがより狂気を帯びたものとなっている。
基本的な攻撃は、元からあったマルクの技を強化したものとなり、攻撃パターンのサイクルも変化しより複雑で難易度の高いものへとなっている。新たな攻撃方法も加わっており、自身の身体を分裂させ液状の弾となり降り注ぐ技など、『タッチ!カービィ』のドロシア ソウルの攻撃と似たものになっている。
アミーボ・アモーレ
『毛糸のカービィ』のラストボス。画面全体を覆った布に縫い針を規則的に縫わせたり、敵キャラクターを編んで召喚したりする。
アミーボ・ロボ
アミーボ・アモーレの最終兵器。前半は狙ってミサイルを撃つが、後半は杖で立ち上がってやけくそにミサイルを撃つ。
ネクロディアス
『あつめて!カービィ』のラストボス。拳で押し潰そうとしてきたり、電気弾を放って攻撃してくる。拳を破壊すると、顔が襲ってくる。弱点は口の中にある目玉。ドクロスをけしかけてくることもある。
マホロア
星のカービィ Wii』のラストボス。マスタークラウンを手に入れるため、カービィ達を騙して宇宙船「ローア」を修理させ、ランディアを倒させようと目論んだ悪者。物語当初はカービィと背丈が変わらないほどであったが、マスタークラウンの力を得た瞬間巨大で邪悪な姿に変身する。複数の発射パターンを持つ魔力球を放つ攻撃や、マルクを彷彿とさせる攻撃をしかけてくる。また体力が減るとスーパー能力を使って破壊しなくてはならないバリアを展開する。一度撃破すると異形と化した第2形態に変身して、更に弾数の増えた魔力球に加え、カービィのスーパー能力を模した強力な攻撃を繰り出すようになる。
マホロア ソウル
暴走し始めたマスタークラウンの力を制御できなくなり、力に呑み込まれたマホロアが変貌した怪物。EXのマホロア第2形態であるが、デザインがより禍々しくなっている。攻撃回数や範囲が増すなどして多くの攻撃が強化されただけでなく、氷のハンマーで地面をも凍らせる技や、画面の上下を反転させてから攻撃を加える技を行うようになる。また、撃破後の断末魔の叫びも変更されている。
クィン・セクトニア
『トリプルデラックス』のラストボス。フロラルドの女王。ハチの姿をしている。配下のタランザを下界に派遣しカービィを連れてこようとしたが、タランザはカービィを知らず、デデデ大王をカービィと間違えて連れてきたうえ、追ってきたカービィに敗れたため見限り、戦うことになる。ロイヤルロードでの戦いではワープしながら剣技や魔法で攻撃する。時たまザコ敵を召喚する。ここで敗れると操りの秘術を行使し、ワールドツリーに憑依し、エターナルドリームランドにて最終決戦。基本的には2本のセクトニアフラワードという小さな花を操って戦う。第1形態はフラワードが倒されるたびにステージ形状が4段階に変わり、最終的には4本のフラワードが登場する。第2形態はビッグバン状態で戦うことになり、フラワードでカービィを捕まえようとして来たり、ミサイルを飛ばしてくる。
セクトニア ソウル
セクトニアの遺体にきせきの実が取り込まれたことによって残留思念が暴走し復活したもので、「真・格闘王への道」で最後に戦うことになる。第1形態は元のセクトニアと同じようにセクトニアフラワードを操って戦うが、第2形態は元のセクトニアとは異なり、頭と羽が憑依していたワールドツリーから離れて、高速移動したり、デッドリーバウンドサン(エネルギー体となり、踏み潰し後左右及び奥からの体当たり)やスプラッシュラッシュ(液体弾を降らせる)、カッター攻撃といった行動をするようになる。
クレイシア
『スーパーレインボー』に登場。何者かに操られ、ポップスターから色を盗んだ。魔法で鉄球やレーザーなどを飛ばしたり、闇の領域を張ってくる。
ダーククラフター
『スーパーレインボー』のラストボス。クレイシアを操っていた正体不明の存在。虹色の体に1つ目を持つ怪物。爆弾を飛ばしてくる。

その他のキャラクター[編集]

チクタクJr.
『カービィのきらきらきっず』に登場するmrチクタクと似た時計。タイムアタックにて登場し、時間を図るサポートキャラクター。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、17巻に登場し、一度決めたスケジュールは必ず守る真面目でしっかり者。『星のカービィ デデデでプププなものがたり』では、出番が17巻しかない1回しか登場しない。
ウィスピーJr.
『64』に登場する、3人組のウィスピーウッズの子分的存在。ジャンプや空気砲などで攻撃してくる。それぞれコピー能力や星型弾の攻撃2発で倒せる。Jr.達をすべて倒すとウィスピーウッズが怒り出し、戦闘になる。
パラ ソーサレス
『タッチ!カービィ』に登場。ドロシア ソーサレスが出してくる、ドロシア ソーサレスを小さくしたような敵。大量に出てくるときがあるが、タッチすれば倒せる。
パラ マター
『タッチ!カービィ』に登場。ドロシア ソウルが出してくる球体の敵。ひらくと四つのひれの中央に目玉が現れる。赤・黄・青の3種類がおり、それぞれ炎・レーザー・氷と攻撃パターンが異なる。タッチすると、ドロシア ソウルの元へ飛ばされてぶつかる。
キャパー
『参上! ドロッチェ団』に登場する、テッドホーンの子分的存在。テッドホーンがカービィを掴まえ、キャパーが攻撃する。
ケタケタ絵画
『タッチ!カービィ』の最終ステージに登場する、絵画の形をした敵。敵といってもカービィを見てケタケタ笑うだけで触れてもダメージは受けない。ケタケタ絵画を1 - 2回タッチすると画面外に落とすことができる。ステージ上のすべてのケタケタ絵画を落とすとメダルが手に入る。但しメダルを手に入れた後の場合はメダルの代わりにマキシムトマトか1UPが手に入る。
ヒラヒラ虫
『3』に出現。パサラに似ており、触ると潰れて緑の液体が飛ぶ。パサラが分裂したものとは別物。
カサカサ虫
『3』や『タッチ!カービィ』に登場。黒色の小さい生物で、触ると消える。無害。
コクラッコ
『2』や『3』、『毛糸のカービィ』に登場する、クラッコが出してくるクラッコを小さくしたような敵。
ティンセル
『2』に登場する、スイートスタッフが出してくる一つ目のヒトデ
パクリエル
『鏡の大迷宮』に登場するガブリエルの子分のような存在。いつもガブリエルの周りにいる。吸い込むとソードをコピーできる。
ヒノコドリ
『毛糸のカービィ』に登場するフェニクロウの子供。
オドルタコス
『毛糸のカービィ』に登場するイカスタコスの子供。その名の通り二人一組で踊っているが、しばらくすると回転しながら退場する。
ステッチン
『毛糸のカービィ』に登場するアミーボ・アモーレの召喚する、針のような敵。
シュガー、ソルト、ペッパー
SFC版『きらきらきっず』の「おはなし」に登場するグリルのお供。
コトリィ
『あつめて!カービィ』に登場するデラトリィの子供。敵ではなく、ステージの目的でコトリィ達を親元へ届けなければならない。
グルポーン
『あつめて!カービィ』に登場。グルギアントの両端に吊るされる重りの敵。砕いて破壊可能。
グルスパイク
『あつめて!カービィ』に登場。トゲを出し入れするグルポーン。トゲが無いときなら砕ける。
シャドーバイト
『あつめて!カービィ』に登場。暗闇にしか姿を現さない、大きな口の怪物。喰われると天使になってしまう。稲光で照らされる間は一時的に消滅するが、無敵キャンディーを使うか特定の場所で行う連打イベント以外では倒せない。なお、後者の方法で成功するとメダルが出現する。
ドゥビアJr.
『Wii』に登場する、2人組のドゥビアを小さくしたような敵。ドゥビアEXでは4人組になる。
ファッティバッファーJr.
『Wii』に登場するファッティバッファーの子供。
タランザ
『トリプルデラックス』に登場するクモのような魔術師。直接カービィと戦う事はない。

派生作品のキャラクター[編集]

アニメ[編集]

アニメにはゲームには登場しないオリジナルキャラクターが多く登場する。

詳細は、アニメ版星のカービィの登場キャラクターを参照。

漫画[編集]

ゲームとは異なる設定で登場しているキャラクターが多い。詳細は、各漫画作品の記事を参照。

星のカービィ デデデでプププなものがたり』の登場キャラクターは、星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクターを参照。

脚注[編集]

  1. ^ 大乱闘スマッシュブラザーズXのフィギュア名鑑の説明より
  2. ^ 『任天堂公式ガイドブック 星のカービィ 鏡の大迷宮』p.32
  3. ^ 『星のカービィ大全』に掲載された開発資料より