トマホーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネ・ペルセ族のトマホーク

トマホーク(Tomahawk)は、北アメリカインディアンが使う北米大陸への入植・開発のために白人ヨーロッパから大量輸入した斧を現地の入植者やネイティブアメリカンが改良したもの。

概要[編集]

原則として、製である。柄の長さは30-50cm程度。鉄器を使用するヨーロッパ文明との接触以降、製となり、以前はそれとよく似た石斧棍棒「ガンストッククラブ」を用いていた。パイプと組み合わせたトマホークもある。

トマホークを持つインディアン "Afraid of Hawk"

現在は木の柄に斧とになる金属部品を付けた物を「インディアントマホーク」として通信販売しているウェブサイトもある。

軍用トマホーク[編集]

R&D Hawk by Sayoc-Winkler Knives 2

ネイティブ・アメリカンから白兵戦を学んだ白人もよくトマホークを用いており、ピーター・ラガーナが新しいトマホークを開発した[1]。近代もスチール製の多目的トマホークが民間工房から供給されており、森林戦の多いベトナム戦争などで使用された。アメリカ陸軍は、強化プラスチック製の合成素材で作られたトマホークを正式採用し、イラク戦争から使用され続けている。

は、ナイフより殺傷力が高く多目的に使えるので、携行する道具の量を減らし、より機敏に活動できるという主張がある。アメリカ、トマホーク社の"VTAC"(Vietnam Tactical Tomahawk)は、アフガニスタンで使用され、CQC武器としてだけでなく非爆発性物質の破壊・障害物除去・扉の破壊開閉・IED除去などに用いられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ディスカバリーチャンネル映像ドキュメント「ミリタリー大百科:アメリカ陸軍レンジャー大百科」

関連項目[編集]