飛田展男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とびた のぶお
飛田 展男
プロフィール
本名 飛田 展男[1][2][3]
愛称 飛ちゃん[4][5]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本茨城県水戸市[4][6]
生年月日 (1959-11-06) 1959年11月6日(64歳)
血液型 AB型[4][7]
職業 声優舞台俳優
事務所 アーツビジョン[8]
配偶者 あり
公式サイト 飛田 展男|株式会社アーツビジョン
公称サイズ(時期不明)[2]
身長 / 体重 165[9] cm / 56 kg
声優活動
活動期間 1982年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作暗闇にベルが鳴る[10]
俳優活動
活動期間 1990年代 -
ジャンル 舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

飛田 展男(とびた のぶお、1959年11月6日[4][11] - )は、日本声優舞台俳優茨城県水戸市出身[4][6]アーツビジョン所属[8]。既婚。

略歴[編集]

水戸市立三の丸小学校、茨城中学校・高等学校卒業[12]

子供の頃から学年誌などに掲載されていた紹介記事で清水マリ高橋和枝白石冬美といった声をあてている人がいることは意識しており、本を音読することが好きであった[5][13]。中学2 - 3年生の頃に「英語かなんかの勉強に使え」と父が買ってくれたカセットレコーダーでアニメソングを録音していた[3][12]。テレビのオープニング、エンディングを片っぱしから録り始めて、初めは歌だけだったが、ある時、テレビドラマまで入れてしまったという[3]。「しまった」と思いながらも、それを聴いていくうちにセリフなど覚えてしまい、真似したりして、「こういうの面白いな」と思ったわけだったという[3]。そのころ、好きな声優は特にいなかったが、「すごいなあ」と思ったのは小山田宗徳若山弦蔵[3]

中学生までは学校の教師になりたいと言っていた[14]が、高校2年生の頃、漫画の台詞に声に出して読むという行為に付き合っていた友人ができ、休み時間に色々な漫画を読み合っていくうちに漠然と声優になってみたいという気持ちが出始める[13]

高校卒業後、茨城から上京して駒澤大学文学部歴史学科に進学[12]。大学時代は放送研究会に所属していた[13]

大学進学後、通ってもサッパリ張りが出ず、勉強の意欲が湧かず、ただ毎日、機械的に大学に通う生活にイヤ気がさしていたという[12]

当時は下宿でボンヤリとテレビを見ていたという[12]。その時に水戸市にいた時は数局しか見られなかったが、東京都でNHKほかに民放局が5局が夕方でアニメを放送し、それを見て、「そうだ!せっかく東京に出て来たんだ。声優になってみよう!この仕事はオレの性に合っている。やりがいもありそうだ。」と思い、声優を志す[12]

映画雑誌『SCREEN』で掲載されていた若山弦蔵野沢那智といった吹き替えの主演を務めていた声優のインタビュー記事を読んで声優が多く所属していた劇団の養成所を目指し[5]、大学2年生の時に大学を中退し、両親に「声優になりたい」と言ったところ驚かれ猛反対されたが、それを押し切って声優の世界に飛び込んだという[14]

劇団NLT付属俳優教室の出身[8]。ボイス・アーツを経て[12]アーツビジョン所属となった[8]

暗闇にベルが鳴る』の警察無線の声で声優デビューし、『サイボットロボッチ』(1982年)のボブ役でアニメデビュー[10]。その後『キャプテン翼』(1983年)の若島津健役で初レギュラー、1985年機動戦士Ζガンダム』のカミーユ・ビダンで初主演[15]

人物[編集]

アニメドラマCDゲーム、外国映画海外ドラマ吹き替え、舞台俳優などの各分野で活動[11]

代表作は『機動戦士Ζガンダム』のカミーユ・ビダン役や『ちびまる子ちゃん』の丸尾末男役などがある[16]。繊細な少年、心優しい青年、熱血漢キャラ、冷徹な敵役、ギャグキャラまで、声質や演技を使いわけて表現する[11]。アニメ版『星のカービィ』ではコックカワサキ役など、10キャラクター以上の役を担当していた[16]

『ちびまる子ちゃん』のオーディションでは当初、飛田が花輪くん役、菊池正美が丸尾くん役で決まっていた[17]が、原作者のさくらももこから「丸尾くんと花輪くんは逆の方が良いんじゃないか」と言われて今の形になった[18][19]

明るく若者らしいさわやかなナレーション[20]や内面に狂気を隠したキャラも演じることが多い[4]

正統派な主人公タイプよりもひと癖あるキャラクター(戦隊ヒーローで例えるならブルー、ブラックのような役)の方が好きだといい、カミーユのような役がぴったりという印象だという[21]。また、丸尾くんを演じてから本人曰く「屈折した変な役」というイメージが業界内で定着したという[19]。役を演じる際、「どうして彼はそういう風に言うんだろう」と食い込んでいくやり方をしているという[21]

子安武人は、声優業界での恩人に飛田の名を挙げている。若手時代の子安は演技の幅が狭いことに悩み、「いつ声優をやめてやろうか」と毎日のように悩んでいたところ、当時とある作品で共演していた飛田がとても優しくフレンドリーに接してくれたことが嬉しく、救いになっており、「もう少しだけ頑張ってみよう」と思って声優業を続けた結果、「辞める機会を失って今に至る」と、冗談交じりに語っている。また飛田の自分に対する接し方から、子安は相手のことを思って厳しくアドバイスしてくれる先輩もありがたいが、自分は純粋に優しい先輩でいたいと考えるようになった[22]

一人っ子である[3]。父は地方公務員[12]。父からは当初声優になるのを猛反対されていたが、2022年時点のインタビューでは「今でも『ちびまる子ちゃん』など自分の出演作を見てくれている」と発言している[19]

趣味は映画音楽鑑賞[8]。特技は物真似[8]

同事務所の戸部公爾らとともに、劇団RELAXとして年に1回の定期公演を行っている[16]

ガンダムシリーズ[編集]

テレビ版『機動戦士Ζガンダム』(1985年)において、主人公のカミーユ・ビダンに抜擢される[23]

オーディションは課題の台詞を一通り喋るというものだったが、元々初代の『機動戦士ガンダム』が好きだったことから、課題の後の1分間ほどのフリートークで「あんなに素晴らしい終わり方をしているのになぜ続編なんか作るんですか」と言ってしまった(自分でもよく分からず、衝動的に出てしまったという)。後で主役に決まった際は監督たちはコメントを聞いていないんだろうと思っていたが、監督の富野由悠季から作品への思い入れや続編を作ることになった理由などを話され納得したという(富野からは作品に対する思い入れや業界の事情から、『機動戦士ガンダム』の続編を作ることになった理由を全部話されたといい、ひと通り話し終わったところで飛田の方を向き「あなた、納得しましたか!?」と言った)[21][19][24]。また、ジェリド・メサ役の井上和彦もカミーユ役を受けていたという[25]

監督が富野であり、シャア・アズナブル役の池田秀一アムロ・レイ役の古谷徹と共演することも分かっており、存在感のあるキャラクターが次々に出てくるため、主人公といえど途中でチェンジになるかもしれないというプレッシャーが常にあったという。またクレジットではカミーユよりシャアが上であり、当時は疑問に思っていたが、一方で「こうなったら絶対に最終回まで生き残ってやるぞ!」というモチベーションにもつながったという。当初カミーユは最後に死ぬ予定だったが、そうならなかったため多少なりとも頑張った甲斐があったのかなと思ったという[21]

本人のカミーユへの印象は「思ったらすぐに手が出ちゃうような、そういう意味ではアムロ・レイとは対照的な人物」だといい、「素直に黙ってればいいのにと思いながらも共感することはできました」と語っている[21]。セリフが日常的な言葉というより文語的な感じであり、戦闘シーンより日常の会話シーンの方が演じていて大変だったという[21]

最終話でカミーユの精神が壊れるラストは3ヶ月前から知っており(どんな感じで壊れるかは知らなかった)、それまで凄まじいシーンが続いたため音響監督の藤野貞義から「最後にちょっとおかしくなっちゃうけど、あまりやりすぎないでね」と芝居じみた演技にならないよう言われていた。シロッコを倒した後にファに声をかけられ答えるシーンは実際にやってみると楽にでき、一年を通して一番気負いなく言えたため自分でも驚いたという[21]

続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』でカミーユが出演する際は藤野から「モビルスーツに乗っているテンションではなく、耳元で囁くような優しい感じで」、「肉体ではなく、心と心で話しているような感じ」と言われ演技していた。続編が作られると知った当初は「カミーユがあんな目に遭っているのに明るくなるの!?」と驚いたというが、実際に現場に入ってみて、『Ζ』はカミーユの物語で『ΖΖ』はジュドーたちの物語だと実感し収まりがついたという[21]

放送終了後も『機動戦士SDガンダム』などでカミーユを演じることもあったが、「いい加減まともの僕に戻りたい」と発言したこともある[26]。またカミーユの声は地声よりかなり高くテンションも上げなくてはいけないため、「なんでこんな高い声で役作りしてしまったのか今になって後悔している次第ですよ(笑)」と語ったこともある[27]

劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-』ではカミーユ役のオーディションが改めて行われ、再びオーディションを受け役を勝ち取ったという逸話がある[16]。監督の富野からは「新しい作品として『機動戦士Ζガンダム』を作りたいため、カミーユもこれまでやってきたものではない演技を求めたい。それを確認したいので声を聞かせてほしい」と手紙をもらい、富野とマンツーマンで1時間ほど試行錯誤を繰り返し役を作っていった[21][27]。用意されたセリフはテレビ版と全く同じもので、「とにかくピュアなカミーユにしてください。以前のは全部忘れていいです」と言われ焦ったという[21]。答えが出ないままやってみたが「あなたがやってきたカミーユや、これまでしてきた仕事は分かるし、身につけてきたものもあるでしょうけど、今はそれが邪魔になっている。それを全部捨ててください」と言われた。「いわゆる方法論とか慣れたやり方でやってくれるな」ということだと思い、もうなるようになれと何度も試して、何度目かでついにOKが出たという[21]。台本を読んだ際はテレビ版とほぼ同じ内容で駆け足で話が進むと感じ、カミーユの印象が変わったという。アフレコ当日は自分の中で新しいカミーユ像が決められずにいたが、富野の「これは舞台の再演のようなものです。確かにリメイクで昔の画を使って編集して作っていますけど、いわゆる懐かし番組の集まりではありません。あくまで今の新しい『Ζガンダム』を作りたいと思っています」という言葉を聞いて妙に納得し、「舞台の再演は同じ台本で初演の時よりパワーがいる、さらに初演のメンバーや演出自体が変わる可能性にも対応しなければいけない、それが嫌なら自分はやりませんと降りるしかない。やるかやらないかの世界で、やる以上は誰がどうなろうがやるしかない」と開き直れたという。「一番プレッシャーをかけてきたのが監督なら、一番力を与えてくれたのも監督だった」と思い、打ち上げの際にそのことを富野に伝えると、富野の妻から「見事にハマったってことね」と言われた[21]。収録に入って間もない頃は自分の声が使われているか不安であり、テレビ版の先行上演会を見に行ったといい、そこで自分の声がちゃんと流れているのを聞いてようやく安心したという[21]

劇場版をやるまではいつでも少年役OKという気持ちだったが、劇場版を終えて、声優の世界も世代交代が進んでいる時期だったため「このあたりがタイムリミットかな」と感じたという。一方で、それまでは役柄が落ち着いてチームの中でも落ち着いたポジション役になっていくと思っていたが、劇場版で再度カミーユを演じてその未来図を完全にぶち壊されたという。「自分から役柄を絞り込んでも意味がない、どんな年齢のキャラでもピュアに臨めばそれでいいんじゃないか」と思ったといい、「どのみちパターンでやっちゃったら、一時期は通じるかもしれませんが、いつかは飽きられるし、代わりはいっぱいいるわけですから。サバイバルとまでは言いませんが、どこまで続けていけるか、生き残っていけるか。貴重な機会は逃さずに、お客さんやスタッフの方、一緒にやっている方々に、何か残るようなものをやる。それが大事なんだと思うようになりました」という[21]。カミーユ役は誰にも譲りたくない反面、「そろそろいいんじゃないかという気がしないでもない」と言っているが、「自分のようにカミーユをやれる人はそういない、地で持っている人はあまりいないんじゃないかなぁと思いますね」とも語っている[21]

『Ζ』、『ΖΖ』以外のガンダムシリーズ作品でも、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のカリウス、テレビアニメ『機動武闘伝Gガンダム』のウルベ・イシカワといった重要な役を担当している[21]ほか、『機動戦士Vガンダム』、『機動新世紀ガンダムX』、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』などでゲスト出演しており、ゲーム作品では『機動戦士ガンダム ギレンの野望』(フランシス・バックマイヤー)、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』(ロンド・ギナ・サハク[注釈 1])にも出演している。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

劇場アニメ[編集]

1984年
1985年
1986年
1988年
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
2001年
2002年
2004年
2005年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年

OVA[編集]

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
  • 紺碧の艦隊(ノーマン・ウィロビー)
  • 沈黙の艦隊速水健次[156]
  • BAD BOYS3 BEST FRIENDS(岩見エイジ〈3代目〉)
  • Lesson XX杜藤静
1996年
1997年
1998年
1999年
  • 旭日の艦隊(木戸孝義、エーリッヒ・ノイマン、ハンフリー・フォルダ、ハロルド・パーマー、ヴィクトリー・ノーマン)
  • 紺碧の艦隊(輸送船艦長)
  • ときめきメモリアル(水泳部コーチ)
  • BREAK-AGE任谷篤志
2000年
2001年
2002年
2003年
  • 紺碧の艦隊(中村勘助〈3代目〉、ハイネマン大将)
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
  • CØDE:BREAKER(渋谷) - コミックス第23巻DVD付き限定版
2014年
  • 銀魂「布団に入ってから拭き残しに気付いて寝るに寝れない時もある」(洞爺湖)
2015年
2018年
2019年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1988年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
  • ジョジョのピタパタポップ(ストレイツォ)
  • ロックマン VR 狙われたバーチャルワールド!!(トーマス・ライト博士、ライトット)
2021年
2022年
2023年
2024年
  • 金色のガッシュベル!! 永遠の絆の仲間たち(秋山進一[186]
時期未定

ドラマCD[編集]

BLCD[編集]

  • 愛と欲望は学園で シリーズ(浅葱高司)
  • 王朝春曙ロマンセ(帝)
  • 俺の下であがけシリーズ(山口幸雄)
  • 犬も喰わない(山代誠之介[189]
  • 美しいこと(部長)
  • かげろうの森(木崎柾之)
  • 可愛いひと(慎一)
  • グルメのふくらみ(貝山)
  • 獣〜ケダモノ〜綺月陣(庄野)
  • 恋する瞳はスキャンダル(エドワルド)
  • この世 異聞 シリーズ(南浦啓一郎)
  • しあわせにできるシリーズ(森田祐一)
  • しあわせになってみませんか?(黒岩和弘)
  • 少年のフェロモン(木原の父)
  • スウィートルームに愛の蜜(太田)
  • STEAL YOUR LOVE(マネージャー)
  • 束縛トラップ(支倉奈津生)
  • 空と原(有坂悟志[190]
  • 誰にも愛されない(大田原)
  • NOW HERE(仁賀奈正敏)
  • バイトは家政婦(鳥羽祥司)
  • 華と龍(響)
  • ビューティー&ゴースト(柿本)
  • 香港貴族に愛されて(執事)
  • 梨園の貴公子(常磐紫川)
  • リブレ ファインダーの隻翼(飛龍)

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

スティーヴ・カレル

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

2000年代
2010年代
2020年代

音楽CD[編集]

テレビナレーション[編集]

CMナレーション[編集]

テレビ番組[編集]

ボイスオーバー
  • 地球ドラマチック 知らない国で暮らしてみれば
  • 地球ドラマチック タイガー・テンプル(2006年1月25日 NHK教育/ボイスオーバー)
  • 地球ドラマチック バック・トゥー・ザ・70'sライフ〜ハイテク創成期を体験〜(2011年2月17日 NHK教育/ボイスオーバー)
  • BS世界のドキュメンタリー 発掘アジアドキュメンタリー インド・マレガオンのスーパーマン(2008年7月28日 NHK BS1/ボイスオーバー)

その他[編集]

  • サンリオキャラクター(ノラネコランド)(トラ)
  • 音声ガイド
  • プラネタリウム
    • ナナと一緒に大冒険!〜星空の先の世界へ〜(ナレーション)
    • 月光浴に出かけよう〜蒼い光の世界へ〜(父[224][225]
    • 迷?探偵クリス(安城市文化センタープラネタリウムで上映)(ナレーション、謎の怪盗)
    • 日本丸で見た星(世田谷区立教育センタープラネタリウム)(松本孝史
    • 超 投影版 ケロロ軍曹 星空をとりもどせ! 太陽系大追跡 であります!!(ヴァイパー)
    • 羊の宇宙(カール)
    • まくまくんの星空大冒険(ナレーション[226]
  • 朗読
    • USEN「耳で読む文芸/ミステリー」チャンネル 浅田次郎【客人「あやしうらめしあなかなし」より】
    • USEN「耳で読む文芸/ミステリー」チャンネル 近藤史恵【タルト・タタンの夢】
    • USEN「耳で読む文芸/ミステリー」チャンネル 朝松健【ぬばたま一休】
    • USEN「耳で読む文芸/ミステリー」チャンネル 内田康夫【靖国への帰還】
  • ラジオ
  • ポニーキャニオン スーパー・ミリタリー・セレクション・シリーズ(ナレーション)
    • ノースアメリカンF-86セイバー
    • ロッキード P-36ライトニング
    • ロッキード F-117A ,YF-22
    • コンソリデーテッドB24リベレーター
    • サブマリン・ウォーズ
    • レッド・クラシファイド
    • レッド・スターズ
  • LINEスタンプ
    • おしゃべり★ちびまる子ちゃん(丸尾末男)
    • しゃべる!ちびちびまる子ちゃん♪(丸尾末男)
    • しゃべる「ぼのぼの」スタンプなのでぃす!(しまっちゃうおじさん[227]
    • もっとしゃべっちゃう「ぼのぼの」スタンプ(しまっちゃうおじさん[228]
  • 愛知万博/愛・球博 三菱未来館@earth もしも月がなかったら(wakamaru[229]
  • 長崎ハウステンボス「グランオデッセイ」(レシーバー、シリウス・ハーモニー・キャニス)
  • 北九州スペースワールド キャラクター(ヘンドリウックス)
  • 東京ドームシティおもちゃ王国浜名湖パルパル星のカービィ マジカルシアター』(コックカワサキ、カブー)
  • 映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』(実況ナレーター)
  • 朗読劇「天魔の銀翼」〜敵は本能寺にあり〜(近衛前久
  • 『コワイコエ 稲川淳二のお葬式』(B公演「継母」[230]
  • 東京ガス ラッキョウ先生のガスコンロ一直線 熱血!ベジ高職員室(ラッキョウ先生)
  • 明治維新150年記念歴史アニメーション「徳川斉昭と弘道館物語〜学びが人を創り人が道をつくる〜」(徳川斉昭[231]
  • ケーズデンキ テレビCM「接客力」篇(丸尾末男)
  • 漫画『アラサーOLハマーン様』(いわさきまさかず、角川コミックス・エース)第3巻発売記念PV(カミーユ・ビダン[232]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年10月7日に発売のゲーム『機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ』が初登場。

シリーズ一覧

  1. ^ 第1期(1988年)、第2期『なんでも商会』(1989年)
  2. ^ テレビシリーズ(1990年)、特別編『究極対至高 長寿料理対決!!』(1992年12月11日)
  3. ^ 第1期(1990年 - 1992年)、第2期(1995年 - )
  4. ^ 第4作『'91』(1991年)、『グッド・バイ・マイ・スイート・ハート』(1997年4月25日)
  5. ^ 第1期(1991年)、第2期『2』(1992年 - 1993年)
  6. ^ 『しましまとらのしまじろう』(1993年 - 2002年)、『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』(2008年 - 2010年)、『しまじろう ヘソカ』(2010年 - 2012年)、『しまじろうのわお!』(2012年 - 2013年)
  7. ^ 第1作(1996年)、第2作『J to X』(1998年)
  8. ^ 第1期(1996年)、第2期(1998年)
  9. ^ 第1作(1997年 - 2000年)、第2作『R』第1期(2014年)
  10. ^ 第1期(2001年)、第2期『Z』(2002年)
  11. ^ 第1シリーズ(2002年 - 2003年)、第2シリーズ『AXESS』(2004年)、第3シリーズ『Stream』(2005年)、第5シリーズ『BEAST+』(2006年)
  12. ^ 第1作(2004年 - 2011年)、第2作『ケロロ 〜keroro〜』(2014年)
  13. ^ 第1期(2005年)、第2期『それぞれの翼』(2006年)
  14. ^ 第1期(2006年)、第2期『II(Second)』(2008年)、第3期『III-FINAL-』(2011年 - 2012年)
  15. ^ 第1期『心のめざめる時』(2006年)、第2期『かがやきの明日』(2007年)
  16. ^ 第4期『REVOLUTION』(2008年)、第5期『EVOLUTION-R』(2009年)
  17. ^ 第1期(2010年)、第2期『碧血録』(2010年)、第3期『黎明録』(2012年)、短編アニメ『〜御伽草子〜』(2016年)
  18. ^ 第2期『探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』(2012年)、第4期『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』(2015年)
  19. ^ 第1期(2013年)、第2期『インサイト』(2015年)
  20. ^ シーズン1(2014年)、シーズン2(2015年)、シーズン3(2016年)、シーズン4(2016年)
  21. ^ 第1期(2015年 - 2016年)、第2期(2017年 - 2018年)、第3期(2020年 - 2021年)
  22. ^ 第1クール『デュラララ!!×2 承』(2015年)、第2クール『デュラララ!!×2 転』(2015年)
  23. ^ 第1期(2015年)、第2期(2019年)
  24. ^ 第1期(2016年)、第2期(2017年)
  25. ^ 第1期(2016年)、第3期『超ゼツ』(2018年)
  26. ^ シーズン1(2018年 - 2019年)、シーズン2『ジュニアユース編』(2023年 - 2024年)
  27. ^ 第1期(2018年)、第2期『II』(2023年)
  28. ^ 第1クール(2021年)、第2クール(2021年)
  29. ^ 第1期(2021年)、第2期『鉄錆の山の王』(2023年)
  30. ^ 『GGENERATION』(1998年)、『ZERO』(1999年)、『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『NEO』(2002年)、『SEED』(2004年)、『PORTABLE』(2006年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『WORLD』『3D』(2011年)、『OVER WORLD』(2012年)、『GENESIS』(2016年)、『CROSSRAYS』(2019年)
  31. ^ 『薄桜鬼』(2008年)、『ポータブル』『随想録』(2009年)、『DS』『遊戯録』『巡想録』『黎明録』(2010年)、『随想録 DS』『遊戯録 DS』『黎明録 ポータブル』『薄桜鬼 3D』(2011年)、『幕末無双録』『黎明録 DS』『黎明録 名残り草』『遊戯録弐 祭囃子と隊士達』(2012年)、『鏡花録』[161](2013年)、『sweet school life』(2014年)、『真改 風ノ章』[162](2015年)、『真改 華ノ章』[163](2016年)
  32. ^ テレビシリーズ(2010年 - 2011年)、映画『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』(2010年)、映画『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』(2011年)、映画『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』(2011年)

出典[編集]

  1. ^ 「男性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、201頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b 『日本タレント名鑑(2004年版)』VIPタイムズ社、2004年4月8日、259頁。ISBN 978-4-9901242-2-9 
  3. ^ a b c d e f 「声優マジカル通信 VOL.4 飛田展男さん」『月刊OUT』1985年9月号、みのり書房、1985年9月1日、112-117頁。 
  4. ^ a b c d e f “飛田 展男”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PEeaea6f15bb23c5c7cadaa1bc3296c633c5f29529/ 2023年10月31日閲覧。 
  5. ^ a b c アムロ・レイの演じかた~古谷徹の演技・人物論~ 第5回(中編)”. 一迅社 Febri. p. 1 (2022年9月27日). 2023年2月1日閲覧。
  6. ^ a b 明治維新150年記念歴史アニメーションが完成しました!”. 水戸市 (2022年8月1日). 2023年1月8日閲覧。
  7. ^ 飛田展男”. アークス・ファタリス. カプコン. 2007年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月15日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 飛田 展男|株式会社アーツビジョン”. 2024年2月14日閲覧。
  9. ^ 飛田 展男”. 日本タレント名鑑. 2019年10月23日閲覧。
  10. ^ a b 井上和彦ほか「II 主役と脇役と 飛田展男 自分のトーンを決めつけない」『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』河出書房新社、2019年5月30日、110-111頁。ISBN 978-4-309-25635-1 
  11. ^ a b c 2021年11月06日(土) - 今日は何の日?”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2021年11月13日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 「声優クローズあっぷ」『ジ・アニメ』1985年4月号、近代映画社、1985年3月、128頁。 
  13. ^ a b c 『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』、108-109頁
  14. ^ a b 「ほおっと〜Theぼいす」『アニメディア』1985年8月号、学習研究社、1985年7月、123頁。 
  15. ^ 『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』、105頁
  16. ^ a b c d 飛田 展男 : 声優情報 - アニメハック”. 2023年5月12日閲覧。
  17. ^ お願い!ランキングGOLD 【2時間スペシャル】(2012年1月12日)の番組概要ページ - TVトピック検索(2013年12月13日時点のアーカイブ
  18. ^ 【菊池正美】えぇ!?金持ちキャラ「花輪クン」はこうして作られたらしい!【Masami Kikuchi】”. YouTube. みず&とーい (2021年11月13日). 2023年9月6日閲覧。
  19. ^ a b c d 【飛田展男】中の人語る!ちびまる子の丸尾君を演じるのが難しすぎた理由とは!?【Nobuo Tobita】”. YouTube. みず&とーい (2022年3月21日). 2023年9月6日閲覧。
  20. ^ ACTOR”. アーツビジョン. 2001年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月15日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「スペシャルインタビュー 飛田展男」『ぴあMOOK カミーユ・ビタン×ぴあ』ぴあ株式会社、2018年4月30日、12-17頁。ISBN 978-4-8356-3409-8 
  22. ^ 武人・光樹のKOYASU RADIO 第37回」ラジ友2023年6月5日
  23. ^ 『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』、106-107頁
  24. ^ アムロ・レイの演じかた~古谷徹の演技・人物論~ 第5回(前編)”. 一迅社 Febri. p. 1 (2022年9月22日). 2023年5月13日閲覧。
  25. ^ アムロ・レイの演じかた~古谷徹の演技・人物論~ 第5回(前編)”. 一迅社 Febri. p. 2 (2022年9月22日). 2023年5月15日閲覧。
  26. ^ 『機動戦士SDガンダム アニメイトカセットコレクション』・キャストコメントより。
  27. ^ a b アムロ・レイの演じかた~古谷徹の演技・人物論~ 第5回(後編)”. 一迅社 Febri. p. 2 (2022年9月29日). 2023年5月15日閲覧。
  28. ^ キャプテン翼”. メディア芸術データベース. 2022年9月28日閲覧。
  29. ^ STAFF/CAST”. 機動戦士Ζガンダム. サンライズ. 2022年3月27日閲覧。
  30. ^ 光の伝説”. メディア芸術データベース. 2023年4月1日閲覧。
  31. ^ きまぐれオレンジ☆ロード: 作品情報”. アニメハック. 2023年6月13日閲覧。
  32. ^ ビックリマン”. 東映アニメーション. 2022年9月14日閲覧。
  33. ^ ユリシーズ31”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  34. ^ ビリ犬”. メディア芸術データベース. 2023年3月22日閲覧。
  35. ^ ミスター味っ子”. サンライズワールド. サンライズ. 2023年1月7日閲覧。
  36. ^ 作品データベース 天空戦記シュラト”. タツノコプロ. 2022年10月14日閲覧。
  37. ^ NG騎士ラムネ&40”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2020年11月22日閲覧。
  38. ^ ちびまる子ちゃん(第1期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  39. ^ ちびまる子ちゃん(第2期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  40. ^ きんぎょ注意報!”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  41. ^ シティーハンタースペシャル グッド・バイ・マイ・スイート・ハート”. サンライズワールド. サンライズ. 2023年1月7日閲覧。
  42. ^ 作品データベース 宇宙の騎士テッカマンブレード”. タツノコプロ. 2022年11月8日閲覧。
  43. ^ クッキングパパ”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  44. ^ 海がきこえる/ゲド戦記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  45. ^ 平成イヌ物語バウ”. 日本アニメーション. 2016年5月17日閲覧。
  46. ^ 幽☆遊☆白書: 作品情報”. アニメハック. 2023年2月2日閲覧。
  47. ^ “ルパン三世 ルパン暗殺指令”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826234834/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=459 2016年5月2日閲覧。 
  48. ^ CHARACTER キャラクター紹介”. 『機動武闘伝Gガンダム』 公式サイト. サンライズ. 2021年9月2日閲覧。
  49. ^ H2”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2023年5月27日閲覧。
  50. ^ 機動戦艦ナデシコ : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月5日閲覧。
  51. ^ 「DATA FILE OF NADESICO」『機動戦艦ナデシコ PERFECTS』角川書店〈ニュータイプ100%コレクション 32〉、1998年8月20日、94頁。ISBN 4-04-852972-2 
  52. ^ 烈火の炎”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2022年12月17日閲覧。
  53. ^ "キャスト紹介". Arc The Lad. 2023年4月1日閲覧
  54. ^ 小さな巨人ミクロマン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年1月5日閲覧。
  55. ^ OH!スーパーミルクチャン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年1月20日閲覧。
  56. ^ CAST”. BONES-株式会社ボンズ. 機巧奇傳ヒヲウ戦記. ボンズ. 2023年6月16日閲覧。
  57. ^ 電脳冒険記ウェブダイバー”. メディア芸術データベース. 2024年2月19日閲覧。
  58. ^ サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER”. 作品紹介. 石森プロ. 2023年1月13日閲覧。
  59. ^ 星のカービィ”. メディア芸術データベース. 2023年3月21日閲覧。
  60. ^ a b c d アニメ「星のカービィ」HDリマスター版まるごとコンプリートBOX SPECAL BOOKLET 13-15頁。
  61. ^ "スタッフとキャスト". アニメ・ゲットバッカーズ. 2023年4月1日閲覧
  62. ^ STAFF&CAST”. キディ・グレイド -WORKS ON WEB-. 2023年4月2日閲覧。
  63. ^ F-ZERO ファルコン伝説”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2023年3月17日閲覧。
  64. ^ 巌窟王”. GONZO公式サイト. 2016年5月15日閲覧。
  65. ^ スタッフ&キャスト”. TV東京・Anime X-press トランスフォーマー スーパーリンク. 2007年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月15日閲覧。
  66. ^ a b キャラクター”. マシュマロ通信. 山本ルンルン/ウィーヴ・テレビ大阪・KOKO・マシュマロ通信製作委員会. 2023年4月2日閲覧。
  67. ^ SoltyRei”. GONZO公式サイト. 2016年7月3日閲覧。
  68. ^ 恋する天使 アンジェリーク 〜心のめざめる時〜”. メディア芸術データベース. 2022年12月27日閲覧。
  69. ^ 恋する天使 アンジェリーク ~かがやきの明日~”. メディア芸術データベース. 2023年4月2日閲覧。
  70. ^ "キャラクター". 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ. 2023年5月12日閲覧
  71. ^ 紀本祐史(キモト ユウジ)”. PERSONA -trinity soul-. 2023年5月23日閲覧。
  72. ^ スタッフ&キャスト”. キディ・ガーランド -WORKS ON WEB-. 2023年4月2日閲覧。
  73. ^ ストーリー&キャラクター”. テレビアニメ「薄桜鬼 〜御伽草子〜」公式サイト. 2015年12月10日閲覧。
  74. ^ STAFF&CAST”. テレビアニメ「ドラゴンクライシス!」公式サイト. 2023年5月28日閲覧。
  75. ^ 真剣で私に恋しなさい!!”. メディア芸術データベース. 2017年1月7日閲覧。
  76. ^ ペコムズ”. ONE PIECE.com. 2018年3月11日閲覧。
  77. ^ 酒天丸”. ONE PIECE.com. 2022年11月22日閲覧。
  78. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ「有頂天家族」公式サイト. 2017年4月9日閲覧。
  79. ^ キャスト”. アニメ「義風堂々!!」公式サイト. 2015年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  80. ^ "CHARACTER". TVアニメ「東京レイヴンズ」公式サイト. 2023年5月14日閲覧
  81. ^ HUNTER×HUNTER : “蟻編”のキャスト発表 メルエムは内山昂輝、ピトー役に藤村歩”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2013年4月15日閲覧。
  82. ^ スタッフキャスト”. テレビ東京・あにてれ LINE OFFLINE サラリーマン. 2023年5月5日閲覧。
  83. ^ STAFF・CAST”. テレビ東京・あにてれ LINE TOWN. 2023年5月5日閲覧。
  84. ^ STAFF&CAST”. アニメ「M3-ソノ黒キ鋼-」公式サイト. 2023年5月28日閲覧。
  85. ^ キャラクター No.010 ミスター金有”. TOKYO MX * オンライン. 怪盗ジョーカー. 東京メトロポリタンテレビジョン. 2022年12月27日閲覧。
  86. ^ キャスト・スタッフ”. ノブナガン. 2013年12月12日閲覧。
  87. ^ "CHARACTER". TVアニメ『魔弾の王と戦姫』公式サイト. 2023年5月5日閲覧
  88. ^ "スタッフ・キャスト". おそ松さん(第1期). 2023年6月15日閲覧
  89. ^ "スタッフ・キャスト". おそ松さん(第2期). 2023年6月15日閲覧
  90. ^ "スタッフ・キャスト". おそ松さん(第3期). 2023年6月15日閲覧
  91. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「学戦都市アスタリスク」公式サイト. 2015年10月7日閲覧。
  92. ^ STAFF/CAST”. TVアニメ「プラスティック・メモリーズ」オフィシャルサイト. 2015年1月30日閲覧。
  93. ^ Character”. 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ. 2015年11月16日閲覧。
  94. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵」公式サイト. 2018年12月24日閲覧。
  95. ^ ベイブレードバースト「行こうぜ!相棒(ヴァルキリー)!!」 テレビ東京”. 2017年4月9日閲覧。
  96. ^ STAFF&CAST”. 「幼女戦記」アニメ公式サイト. 2023年4月2日閲覧。
  97. ^ STAFF&CAST”. アニメ「アトム ザ・ビギニング」公式サイト. 2017年2月17日閲覧。
  98. ^ CAST & STAFF”. 『aiseki MOGOL GIRL(モールガール)』公式サイト. 2023年5月11日閲覧。
  99. ^ スタッフ・キャスト”. キャプテン翼 テレビ東京アニメ公式. テレビ東京. 2019年3月10日閲覧。
  100. ^ キャラクター/キャスト”. アニメ「若おかみは小学生!」公式サイト. 2018年5月5日閲覧。
  101. ^ STAFF・CAST”. TVアニメ「ちおちゃんの通学路」公式サイト. 2018年6月12日閲覧。
  102. ^ CAST”. TVアニメ「天狼 Sirius the Jaeger」公式サイト. 2018年5月21日閲覧。
  103. ^ STAFF/CAST”. テレビアニメ「ドメスティックな彼女」公式サイト. 2019年1月12日閲覧。
  104. ^ CHARACTER”. TVアニメ「revisions リヴィジョンズ」公式サイト. 2018年12月5日閲覧。
  105. ^ アニメ『ポプテピピック』放送媒体毎にキャスト変更 前代未聞のできごとにネット上騒然”. ORICON NEWS (2019年4月1日). 2019年4月1日閲覧。
  106. ^ 「ポプテピピック TVスペシャル」Blu-ray&DVD収録内容詳細決定!”. TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト (2019年4月2日). 2019年4月2日閲覧。
  107. ^ ゲゲゲの鬼太郎:第57話「鮮血の貴公子 ラ・セーヌ」 アニエス再登場 バックベアード復活の兆し?”. まんたんウェブ (2019年5月25日). 2019年5月25日閲覧。
  108. ^ 新作アニメ「BEM」第4話 LIGHTNING”. 妖怪人間ベム新作アニメ「BEM」公式サイト. 2019年8月16日閲覧。
  109. ^ STAFF&CAST/スタッフ&キャスト”. TVアニメ『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』公式サイト. SEGA. 2019年7月16日閲覧。
  110. ^ a b CHARACTER”. アニメ「虚構推理」公式サイト. 2021年11月7日閲覧。
  111. ^ STAFF/CAST”. TVアニメ・舞台「pet」公式サイト. 2019年10月28日閲覧。
  112. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「見える子ちゃん」公式サイト. 2023年5月18日閲覧。
  113. ^ Staff/Cast 第一期”. TVアニメ「最果てのパラディン」公式サイト. 2023年4月14日閲覧。
  114. ^ Staff/Cast 第二期”. TVアニメ「最果てのパラディン」公式サイト. 2023年4月14日閲覧。
  115. ^ 登場人物”. 半妖の夜叉姫. 2022年8月12日閲覧。
  116. ^ CHARACTER”. TVアニメ『失格紋の最強賢者』公式サイト. 2022年1月4日閲覧。
  117. ^ キャラクター”. アニメ「名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)」公式サイト. 2022年3月16日閲覧。
  118. ^ “エスタブライフ グレイトエスケープ:第4話「民主主義から逃げられない」 上野がジャングルに 増えすぎたジャイアントパンダ獣人 飛田展男、高木渉出演”. まんたんウェブ (MANTANWEB). (2022年4月27日). https://mantan-web.jp/article/20220427dog00m200005000c.html 2022年4月27日閲覧。 
  119. ^ "雪にわくわく". TVアニメ「吸血鬼すぐ死ぬ2」公式サイト. 2023年4月1日閲覧
  120. ^ “「山田くんとLv999の恋をする」本PV&キービジュ公開、大西沙織らの出演も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年3月14日). https://natalie.mu/comic/news/516600 2023年3月15日閲覧。 
  121. ^ “「AYAKA ‐あやか‐」津田健次郎、早見沙織、飛田展男、椎名へきるが出演決定、本PVも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年6月7日). https://natalie.mu/comic/news/527708 2023年6月7日閲覧。 
  122. ^ トノサマ”. 幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR- 公式サイト. 2023年9月10日閲覧。
  123. ^ キャラクター”. おしりたんてい アニメ公式ホームページ. 2023年10月30日閲覧。
  124. ^ 明治撃剣-1874-”. BS松竹東急. 2024年1月1日閲覧。
  125. ^ キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦”. メディア芸術データベース. 2022年9月28日閲覧。
  126. ^ キャプテン翼 危うし! 全日本Jr.”. メディア芸術データベース. 2022年9月28日閲覧。
  127. ^ キャプテン翼 明日に向って走れ!”. メディア芸術データベース. 2022年9月29日閲覧。
  128. ^ キャプテン翼 世界大決戦!! Jr.ワールドカップ”. メディア芸術データベース. 2022年9月29日閲覧。
  129. ^ ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  130. ^ ちびまる子ちゃん 劇場版”. 日本アニメーション. 2016年6月9日閲覧。
  131. ^ 平成イヌ物語バウ 劇場版”. 日本アニメーション. 2016年5月17日閲覧。
  132. ^ 小さな巨人 ミクロマン 大激戦!ミクロマンVS最強戦士ゴルゴン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年1月5日閲覧。
  133. ^ シャム猫 -ファーストミッション-”. メディア芸術データベース. 2016年9月3日閲覧。
  134. ^ ドラえもん のび太とロボット王国”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  135. ^ 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島”. サンライズワールド. サンライズ. 2023年5月5日閲覧。
  136. ^ スタッフ キャスト”. 宇宙ショーへようこそ. 2023年5月5日閲覧。
  137. ^ STAFF&CAST”. 劇場版「薄桜鬼」公式サイト. 2017年4月9日閲覧。
  138. ^ STAFF / CAST”. 劇場版 モーレツ宇宙海賊. キングレコード. 2017年4月9日閲覧。
  139. ^ (インタビュアー:宋 莉淑)「劇場版『名探偵コナン』が「通常の3倍」観たくなる奇跡の対談!――劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」』インタビュー」『アニメイトタイムズ』、animateLAB、2016年3月23日https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=14586897342017年4月9日閲覧 
  140. ^ STAFF&CAST”. 劇場版「幼女戦記」アニメ公式サイト. 2018年10月10日閲覧。
  141. ^ CAST”. 「えいがのおそ松さん」公式サイト. 2018年8月19日閲覧。
  142. ^ Cast&Staff”. BLACKFOX公式サイト. 2019年3月23日閲覧。
  143. ^ 「映画クレしん」冨永みーな、伊藤静、黒沢ともよら11名が参加”. 映画ナタリー (2020年8月29日). 2020年8月29日閲覧。
  144. ^ STAFF/CAST”. 『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』公式サイト (2019年9月29日). 2020年2月29日閲覧。
  145. ^ 「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」7月8日より劇場上映、6つ子たちが大冒険に出る”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年3月10日). 2022年3月10日閲覧。
  146. ^ STAFF/CAST”. 「おそ松さん〜魂のたこ焼きパーティーと伝説のお泊り会〜」公式サイト. 2023年6月7日閲覧。
  147. ^ “映画「SAND LAND」ベルゼブブ役は田村睦心!キャスト・スタッフ、予告動画公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年4月3日). https://natalie.mu/comic/news/519243 2023年4月3日閲覧。 
  148. ^ “「北極百貨店のコンシェルジュさん」に川井田夏海や大塚剛央が参加、特報も解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年6月2日). https://natalie.mu/eiga/news/526995 2023年6月2日閲覧。 
  149. ^ 映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』公式サイト”. 2023年9月6日閲覧。
  150. ^ 超人ロック ロードレオン”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  151. ^ 風魔の小次郎 夜叉篇”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年6月2日閲覧。
  152. ^ 風魔の小次郎 聖剣戦争篇”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年6月4日閲覧。
  153. ^ 風魔の小次郎 最終章 風魔反乱篇”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年6月4日閲覧。
  154. ^ 源氏 第一部”. ジェー・シー・スタッフ. 2023年10月31日閲覧。
  155. ^ お江戸はねむれない!”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  156. ^ 沈黙の艦隊”. サンライズワールド. サンライズ. 2023年1月7日閲覧。
  157. ^ 『ゴールデンカムイ』コミックス第15巻アニメDVD同梱版 収録エピソード登場の新キャラクター&キャストを発表ッ!!!”. TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト (2018年7月4日). 2018年7月4日閲覧。
  158. ^ CAST”. ガールズ&パンツァー最終章 公式サイト. 2021年4月14日閲覧。
  159. ^ “「範馬刃牙」恐竜をも捕食する原人ピクル役は草尾毅、PVで刃牙が“トリケラトプス拳””. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年5月11日). https://natalie.mu/comic/news/524054 2023年5月11日閲覧。 
  160. ^ “SAND LAND:鳥山明の伝説マンガがシリーズアニメ化 劇場版に未公開カット、新章追加 2024年春配信”. MANTANWEB (MANTAN). (2023年11月14日). https://mantan-web.jp/article/20231113dog00m200054000c.html 2023年11月14日閲覧。 
  161. ^ 登場人物”. 薄桜鬼 鏡花録. 2013年9月9日閲覧。
  162. ^ 登場人物”. 薄桜鬼 真改 風ノ章. オトメイト. 2016年1月26日閲覧。
  163. ^ 登場人物”. 薄桜鬼 真改 華ノ章. オトメイト. 2016年1月26日閲覧。
  164. ^ 『アスラズ ラース』で敵対する七星天とアスラの娘を紹介”. 電撃オンライン (2011年9月6日). 2023年8月29日閲覧。
  165. ^ Character”. 願いの欠片と白銀の契約者. 2013年2月28日閲覧。
  166. ^ 『Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)』朴ロ美、飛田展男など脇を固める豪華キャスト陣の情報が公開”. ファミ通.com. 2013年3月8日閲覧。
  167. ^ CHARACTER”. M3〜ソノ黒キ鋼〜///MISSION MEMENTO MORI. 2014年11月12日閲覧。
  168. ^ 神話帝国ソウルサークル<公式>”. 2014年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月5日閲覧。
  169. ^ PS3『ディアブロ III』のヒロイン・リアの声優は伊藤静さん! さらに『アンチャーテッド』や『風ノ旅ビト』とのコラボアイテムの追加も”. 電撃オンライン. 2013年11月18日閲覧。
  170. ^ 坂本武郎(編)『B's-LOG』2015年4月号、KADOKAWA、2015年2月20日、7頁、雑誌 07651-04。 
  171. ^ イベント『たすけて!マイヒーロー〜夏の野外フェス編〜』開催中♪”. ガールフレンド(仮)公式ブログ (2015年8月31日). 2015年9月1日閲覧。
  172. ^ キャラクター&キャスト”. the SOUL of SEVENS ソウル オブ セブンス. 2016年1月16日閲覧。
  173. ^ イベント「フルメタル・ガイVII/THE LAST MISSION」開催のお知らせ”. 『グランブルーファンタジー』公式サイト. Cygames (2022年8月27日). 2022年8月28日閲覧。
  174. ^ イベント「ロボミ 史上最大の戦い ゴッドギガンテス 対 空の調停者ゾーイ」開催のお知らせ”. 『グランブルーファンタジー』公式サイト. Cygames (2020年12月27日). 2020年12月27日閲覧。
  175. ^ 坂本武郎(編)「続報 テイルズ オブ ベルセリア」『週刊ファミ通』2016年7月7日号、カドカワ、2016年6月23日、91頁。 
  176. ^ 電撃PlayStation』Vol.633、KADOKAWA、2017年2月23日、[要ページ番号] 
  177. ^ CHARACTER”. おそ松さん THE GAME はちゃめちゃ就職アドバイス -デッド オア ワーク-. オトメイト. 2016年11月10日閲覧。
  178. ^ 参加声優紹介”. キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜 公式サイト. KLab. 2017年6月13日閲覧。
  179. ^ 週刊ファミ通』2017年4月27日号、KADOKAWA、2016年4月13日。 
  180. ^ 『ロックマン11 運命の歯車!!』主要キャラクターのプロフィールと声優陣の情報が公開”. ファミ通.com. KADOKAWA. 2018年7月27日閲覧。
  181. ^ WORLD/CHARACTER”. プレカトゥスの天秤 公式サイト. 2018年9月28日閲覧。
  182. ^ @yuhaku100 (2018年4月25日). "朱雀は飛田展男さんが演じています。". X(旧Twitter)より2019年2月22日閲覧
  183. ^ 『ブレイブリーデフォルト2』ピクトマンサーやシールドマスターなどの新ジョブ、赤魔道士や狩人のアスタリスク所持者など最新情報が公開”. ファミ通.com. 2020年12月10日閲覧。
  184. ^ 【FGO攻略】ドンキホーテの性能、再臨&スキル育成素材まとめ【声優:飛田展男&新井里美】”. ファミ通.com (2022年6月2日). 2023年5月28日閲覧。
  185. ^ 「SDガンダム バトルアライアンス」,参戦機体やキャラクター情報,PV第1弾などが公開に”. 4Gamer.net (2022年2月24日). 2022年2月24日閲覧。
  186. ^ "CAST(キャスト)". スマホ向けゲーム『金色のガッシュベル!!永遠の絆の仲間たち』(トキワズ)公式サイト. NEOWIZ. 2024年1月13日閲覧
  187. ^ CHARACTER”. BANDAI NAMCO. 2023年11月10日閲覧。
  188. ^ 霊感少女4コマ「レーカン!」ドラマCDに遠藤綾、戸松遥ら”. マイコミジャーナル. 2013年1月17日閲覧。
  189. ^ 立花慎之介さん、成田剣さん、飛田展男さん出演! アダルトトライアングルラブなBL作品『犬も喰わない』がドラマCD化決定!”. アニメイトタイムズ (2016年6月8日). 2023年5月15日閲覧。
  190. ^ 空と原”. ascolto web. 2012年8月2日閲覧。
  191. ^ アイアンマン2”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  192. ^ 五日物語-3つの王国と3人の女-”. 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]. 2018年12月1日閲覧。
  193. ^ IT/イット “それ”が見えたら、終わり。”. ふきカエル大作戦!! (2018年2月15日). 2018年3月5日閲覧。
  194. ^ IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。”. ふきカエル大作戦!! (2019年11月1日). 2019年11月2日閲覧。
  195. ^ グリーンブック”. ふきカエル大作戦!! (2019年4月25日). 2019年4月28日閲覧。
  196. ^ 中村悠一ほか、豪華声優陣による、日本語吹替版予告映像を解禁! 日本列島感染拡大のなか、声優陣らの大絶賛コメントも到着!”. 映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』公式サイト. 2017年8月18日閲覧。
  197. ^ TAXi ダイヤモンド・ミッション”. ふきカエル大作戦!! (2019年1月7日). 2019年1月8日閲覧。
  198. ^ “「ビーストウォーズ」高木渉&柚木涼香、『トランスフォーマー』新作の吹替版に参戦!“声優無法地帯”仕掛け人が音響監督”. シネマトゥデイ. (2023年6月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0137560 2023年6月22日閲覧。 
  199. ^ フォールアウト”. ワーナー ブラザーズ ジャパン. 2022年11月6日閲覧。
  200. ^ 命がけの“かくれんぼ”に挑む衝撃のリベンジ・アクション!『レディ・オア・ノット』ブルーレイ+DVDセット、7/15(水)発売!6/24(水)先行デジタル配信開始!”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2020年4月21日閲覧。
  201. ^ 作品情報 ロミオ・マスト・ダイ”. ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント. 2023年7月6日閲覧。
  202. ^ キャスト&スタッフ”. ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!公式サイト. スター・チャンネル. 2021年6月15日閲覧。
  203. ^ キャラクター”. 超能力ファミリー サンダーマン | NHK Eテレ 海外ドラマ. 2014年8月29日閲覧。
  204. ^ スタッフ・キャスト”. テレビ東京・あにてれ トランスフォーマービーストウォーズ. 2023年2月9日閲覧。
  205. ^ キャスト・スタッフ”. トランスフォーマー アニメイテッド. テレビ愛知. 2023年2月12日閲覧。
  206. ^ 谷沢崇 編「トランスフォーマー アニメイテッド スタッフ・キャスト&放映リスト」『トランスフォーマー アニメイテッド大百科』ミリオン出版、2010年8月31日、96頁。ISBN 978-4-8130-2125-4 
  207. ^ キャスト・スタッフ”. 超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム. テレビ愛知. 2023年5月22日閲覧。
  208. ^ “トランスフォーマー:8年ぶり新アニメ地上波放送 「トランスフォーマー アーススパーク」10月1日スタート 日本語吹き替え版に玄田哲章、千葉繁、木村良平”. MANTANWEB (MANTAN). (2023年9月5日). https://mantan-web.jp/article/20230905dog00m200004000c.html 2023年9月5日閲覧。 
  209. ^ キャラクター(Wayback Machineによる2011年11月13日時点のアーカイブ)”. プチバンピオフィシャルサイト. 2023年5月28日閲覧。
  210. ^ 《RELAX》リラックス [@_relaxstage] (2022年6月24日). "ディズニープラスで『プラウド・ファミリー』というアニメに出演しております。". X(旧Twitter)より2023年5月28日閲覧
  211. ^ マダガスカル3”. ふきカエル大作戦!! (2012年8月1日). 2023年5月11日閲覧。
  212. ^ ザ・ペンギンズ from マダガスカル(Wayback Machineによるアーカイブ)”. NHKアニメワールド. 2023年5月8日閲覧。
  213. ^ ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー”. ふきカエル大作戦!! (2015年11月14日). 2023年5月12日閲覧。
  214. ^ 暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン30話 ジュートのかりゅうど”. 東映. 2022年9月18日閲覧。
  215. ^ 王様戦隊キングオージャー 第15話 スズメにお見舞い”. 東映. 2023年6月4日閲覧。
  216. ^ 商品説明”. クラウン徳間ミュージックショップ. 2016年8月29日閲覧。
  217. ^ 演歌で宴会 ふれあい旅”. 公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  218. ^ 脱北 ある姉妹の運命”. NHK「BS世界のドキュメンタリー」公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  219. ^ フルシチョフ アメリカを行く”. NHK「BS世界のドキュメンタリー」公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  220. ^ ナチスのファースト・レディー”. NHK「BS世界のドキュメンタリー」公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  221. ^ ヒトラーの子どもたち”. NHK「BS世界のドキュメンタリー」公式サイト. 2018年12月6日閲覧。
  222. ^ 『ガンダムブレイカー』カミーユが紹介する第2弾テレビCMがオンエア”. エキサイトニュース. 2016年8月29日閲覧。
  223. ^ CAST”. NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」公式サイト. 2018年7月10日閲覧。
  224. ^ キャスト”. サイエンスアート社プラネタリウム番組. 2018-0707閲覧。
  225. ^ キャスト”. サイエンスアート社ぷらねたBOX. 2018-0707閲覧。
  226. ^ ナレーション”. 五藤光学研究所. 2018-0707閲覧。
  227. ^ 「ぼのぼの」喋るLINEスタンプ発売、アニメのキャストが20年ぶりに集合”. ソニーデジタルエンタテインメント. 2018-78-29閲覧。
  228. ^ しまっちゃうおじさんのオリジナルボイス増量! アニメ時代の声優4人が録りおろした、 もっとしゃべっちゃう「ぼのぼの」スタンプなのでぃす!”. ソニーデジタルエンタテインメント. 2018年7月29日閲覧。
  229. ^ 声の出演”. 2005年日本国際博覧会 三菱未来館 出展概要. 2018-0707閲覧。
  230. ^ キャスト情報”. DMM VR THATHER コワイコエ公式サイト. 2018-0707閲覧。
  231. ^ 【本編 日本語版】 明治維新150年記念歴史アニメーション「徳川斉昭と弘道館物語〜学びが人を創り人が道をつくる〜」”. YouTube. 2018年10月27日閲覧。
  232. ^ “【カミーユ役 飛田展男さんによるPVも公開!】コミックス『アラサーOLハマーン様』第3巻、本日11月25日(金)発売!!”. PR TIMES (PR TIMES). (2022年11月25日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000011599.000007006.html 2023年6月15日閲覧。 

関連人物[編集]

外部リンク[編集]