からかさ小僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
映画『妖怪百物語』のからかさ小僧のフィギュア
歌川芳員『百種怪談妖物双六』に描かれている傘の妖怪「一本足」

からかさ小僧(からかさこぞう、唐傘小僧)は日本妖怪の一種で、(からかさ)の妖怪。から傘おばけ[1][2]傘おばけ[2][3]傘化け(かさばけ)[4]一本足(いっぽんあし)[5]からかさ一本足(からかさいっぽんあし)[6][7]おばけかさ[8]などとも呼ばれる。

江戸時代以後に作られた草双紙おもちゃ絵かるた(『お化けかるた』など)歌舞伎に姿が見られるほか、明治大正時代以後も玩具や子供向けの妖怪関連の書籍、お化け屋敷の演出、映画などに見られる。

概要[編集]

狩野宴信『百鬼夜行図巻』より、2本足の傘の妖怪[9]
尾上菊五郎 (5代目)による「傘の一本足」[10]

一つ目の付いた傘が一本足で飛び跳ねる姿が一般的に描写される。傘から2本の腕が伸びていることや、目が2つのこともあり[2][11]、長い舌を伸ばしていることもある[3]。2本足で描かれている例もある(狩野宴信『百鬼夜行図巻』[9]など)。

古いものは室町時代絵巻物百鬼夜行絵巻』にも見られるが、同絵巻での傘の妖怪は、たたんだ傘を頭部に頂いた人型の妖怪である[12]百鬼夜行絵巻の項目の画像を参照)。

一つ目・一本足という妖怪の姿は江戸時代以降の絵画に見られ、江戸時代から大正時代にかけてのお化けかるたの絵札にも、一本足の姿が多く見られる[12]歌舞伎舞踊では一本足の姿に役者が扮装して踊ることが行われ(顔は普通に傘の中から出している)、江戸時代後期には変化舞踊『松朝扇うつし絵』(1857年9月 中村座)に一本足[5]明治時代にも『闇梅百物語』(河竹新七1900年)に傘一本足という役名で登場している[6]安政年間に出版された絵双六『百種怪談妖物双六』(歌川芳員1858年)にも「鷺淵の一本足」(さぎふちのいっぽんあし)の名で一つ目・一本足の姿が描かれている[13]

明治から昭和にかけては、印刷物によって享受されたり、お化け屋敷の出し物として使われたり[1][2]漫画アニメ[3]、妖怪を題材とした映画などのキャラクターとしても多用された[4]。室町時代以後、『百鬼夜行絵巻』に数多くの無生物・器物の妖怪が登場している中、著名な妖怪として伝えられているのは傘の妖怪のみと見られており[14]、器物の妖怪の中で最も知られたものであるともいえる[12]

口頭伝承[編集]

大変有名な妖怪である反面、地域などに即した具体的な伝承はほとんど残されていないとも言われており、平成以降妖怪関連の書籍によっては「絵画上でのみ存在する妖怪」として分類されたり[12]、伝承を伴わない創作話のみに登場する妖怪とする説もある[15]。また、この妖怪も書籍によっては付喪神(つくもがみ、歳月を経た器物が化けた妖怪)であり、その一例としているものもあるが[3][16]、それを証明する古典などの文献は確認されていない[2]

確認されている伝承には、以下のものなどがある。

新潟県笹神村(現・阿賀野市)の伝承では、三十刈という場所にカラカサバケモン(唐傘化け物)という妖怪が出たと伝わっている[17]

類話[編集]

江戸時代以降の絵画に見られる「からかさ小僧」とは直接関係しているかどうか不明だが、各地の民間伝承における傘の妖怪には以下のようなものもある。

雨傘[編集]

佐藤清明『現行全国妖怪辞典』によると、愛媛県東宇和地方において、雨の夜の谷間などに雨傘の形の妖怪が現れ、それを見た者は足がすくんで動けなくなるという伝承がある[12]

幽霊傘[編集]

水木しげるによると、鳥取県溝口町(現・西伯郡伯耆町)にあったという幽霊傘(ゆうれいがさ)は、姿は一つ目一本足で、強風の吹く日に人を大空に舞い上げたと言う[18]

からかさ小僧の登場する主な作品[編集]

境港市水木しげるロードに設置された「傘化け」のブロンズ像

歌舞伎[編集]

  • 『松朝扇うつし絵』(安政) 一本足
  • 『闇梅百物語』(明治) 傘一本足

映画[編集]

マンガ・アニメ[編集]

特撮[編集]

玩具[編集]

  • 『おばけシリーズ』、『とおめいばけボーグ』(中村産業プラモデル) 傘男
  • 『おばけシリーズ』(日東科学、プラモデル) からかさ
  • 『クラウンモデルのお化けシリーズ』(クラウンモデル、プラモデル) オバケ傘
  • 『ビックリダッチ』(イマイ、プラモデル) アメフレラ

コンピューターゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 初見 2009, p. 73
  2. ^ a b c d e 造 2007, p. 76-77
  3. ^ a b c d 一柳 2008, p. 77
  4. ^ a b 水木 1994, p. 144
  5. ^ a b 『続歌舞伎年代記』広谷国書刊行会 1925年 716頁
  6. ^ a b 渥美清太郎 編『日本戯曲全集 歌舞伎篇 河竹新七及竹柴其水集』春陽堂 1929年 323頁「闇梅百物語」
  7. ^ 南條武 『妖怪ミステリー』 有紀書房、1974年、122頁。
  8. ^ 湯本豪一 『今昔妖怪大鑑』 パイインターナショナル、2013年、166頁。ISBN 978-4-7562-4337-9
  9. ^ a b 湯元 2005, p. 88
  10. ^ 時事新報社『尾上菊五郎自伝』1903年 185頁(『闇梅百物語』の扮装か)
  11. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、119頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  12. ^ a b c d e 村上他 2000, p. 54
  13. ^ 『江戸諸国百物語 諸国怪談奇談集成』西日本編、人文社研究部編、人文社〈ものしりシリーズ〉、2005年、2頁。ISBN 978-4-7959-1956-3
  14. ^ 阿部主計 『妖怪学入門』 雄山閣1968年(原著1968年)、128-129頁。NCID BN02798932
  15. ^ 『アニメ版 ゲゲゲの鬼太郎 完全読本』 田神健一・奥津圭介・中村亜津沙編、講談社ISBN 978-4-06-213742-3
  16. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、303頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  17. ^ 笹神村『笹神村史 資料編4 民俗』2002年 464頁
  18. ^ 水木しげる図説 日本妖怪大全』 講談社〈講談社+α文庫〉、1994年、144頁 「傘化け」。ISBN 978-4-06-256049-8

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]