笹神村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ささかみむら
笹神村
五頭温泉郷 村杉温泉
五頭温泉郷 村杉温泉
廃止日 2004年4月1日
廃止理由 新設合併
水原町安田町笹神村京ヶ瀬村阿賀野市
現在の自治体 阿賀野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
北蒲原郡
市町村コード 15304-4
面積 87.50km2.
総人口 9,386
(2003年3月31日)
隣接自治体 豊栄市新発田市三川村水原町安田町
笹神村役場
所在地 959-1919
新潟県北蒲原郡笹神村大字山崎77
Agano City Hall Sasakami Branch 1.jpg
笹神村役場(現・阿賀野市笹神支所)
外部リンク 笹神村HP(アーカイブ)
笹神村の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

笹神村(ささかみむら)は、新潟県の北東に位置し、五頭山と五頭温泉郷で知られるである。水原町への通勤率は14.2%・新潟市(旧西蒲原郡黒埼町を除く)への通勤率は10.8%(いずれも平成12年国勢調査)。

2004年4月、水原町、安田町京ヶ瀬村と合併し、阿賀野市になった。

概要[編集]

「ゆうきの里」をキャッチフレーズにしており、食と心のふるさと「ゆうきとぴあささかみ」を目指し、村独自の有機肥料を製造していた[1]

地理[編集]

新潟県の北東部に位置し、五頭連峰の西山麓に広がる村。東は五頭連峰により三川村と接する。東半分が五頭連峰県立自然公園に含まれる、自然豊かな村である。村内を南北に国道290号が縦断する。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

笹岡では定期市が開かれていたとされる[2]

行政の変遷[編集]

旧 笹岡村[編集]

笹岡村 笹岡町、山崎町、川崎村、上山屋村、下山屋村、蒔田村、発久新村新田、赤水村、須走村、横山新村、野村新村新田、金屋村、押切村、塚田新村、川岡新村新田、上坂町村、次郎丸村、羽黒新村
出湯村 出湯村、今坂村、大宮新田、勝屋村、上一分村、下一分村、女堂村、堤新村新田、小栗山新村新田、折居村、上西山新村新田、沢口新村新田、湯沢新村新田
大室村 大室村、福井新村、十二神村、山岸新村、山寺村、七浦村、上山田村、上小中山村、宮島村、小中山村新田、七浦村新田、宮下村新田、宮島村新田
  • 1901年(明治34年)11月1日 笹岡村が出湯村、大室村と合併。

旧 神山村[編集]

天神塚村 天神堂村、泉新村新田、千原新村新田、下福岡村、沖ノ館村、船居村、荻島新村新田、榎船渡村、本明新村新田、嶋田新村、沖村、高田村ノ内上高田村、上飯塚村、榎
山倉村 山倉村、上関口新村新田、上西野新村新田、高田、熊堂村、山倉村新田地先、上藏野新村新田、上高関村、長起新村新田、南沖山新村新田、村岡村、瀧澤村、山倉村新田、折居村新田、下關口新村新田、下西野新村新田、向中之通、山倉、飯山、山倉村外六ヶ村入會地先、飯山秣ノ内熊堂村新田、下藏野新村新田、上牧野新村新田、北沖山新村新田、藤屋新田、島田新村新田、東沖村新田、中村新村新田、西沖村新田、飯山新村新田、中牧野新村新田
  • 1901年(明治34年)11月1日 天神塚村、山倉村が合併し、神山村となる。

合併[編集]

  • 1956年(昭和31年)9月30日 笹岡村、神山村が合併し、笹神村となる。
  • 1958年(昭和33年)
    • 8月1日 滝沢の大部分を豊浦村へ編入。
    • 10月10日 天神堂、千原を水原町へ編入。
  • 2004年(平成16年)4月1日 水原町、安田町、笹神村、京ヶ瀬村が合併して、阿賀野市になった。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

一般国道
主要地方道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

五頭山[編集]

五頭山ごずさん)は五頭連峰に属する山で旧当村と三川村(現阿賀町)の境に位置する。名前の通り、五つの峰を持つ。かつて弘法大師によって開かれた霊山といわれ、五つの峰それぞれの頂に仏像が安置されている。標高913m。高さは周りの菱ヶ岳(974m)や松平山(954m)に及ばないが、その風格から五頭連峰の主峰と認められている、といってもよいだろう。山麓には五頭温泉郷や、キャンプ場などの観光施設が点在する。

脚注[編集]

  1. ^ 笹神村 公式ウェブサイト トップページ(2004年3月21日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  2. ^ 佐々木博「新潟平野における地方都市の分布と発達」 - ウェイバックマシン(2019年2月2日アーカイブ分)
  3. ^ 「佐藤議員夫妻ら死ぬ 新潟の温泉で土砂崩れ お孫さん二人も」『朝日新聞』昭和42年(1967年)8月29日夕刊、3版、1面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]