ミニマル・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミニマル・ミュージック (Minimal Music) は、音の動きを最小限に抑え、パターン化された音型を反復させる音楽現代音楽の1ジャンル[1][2]1960年代から盛んになった。単にミニマルと呼ばれることもある。

概要[編集]

ミニマル・ミュージックは、1960年代のアメリカで生まれた。この時期、テリー・ライリーIn C(1964年)やスティーヴ・ライヒの「イッツ・ゴンナ・レイン」(1965年)「カム・アウト」(1966年)などの作品が作られている。ラ・モンテ・ヤングの弦楽三重奏(1958年)をミニマル・ミュージックの始まりとする説もある[3]。グレン・グールドは著作集でライリーの「In C」を「おかしな音楽だ」と述べたが、そのくらいインパクトは強かった。まだ商業音楽はミニマリズムの影響を受けておらず、典型的なコード進行に基づいていた。ヤングは「ミニマル」のルーツをアントン・フォン・ウェーベルンの後期作品に求めている。ウェーベルンの後期はオクターブ跳躍は厳格に禁じられ、すべて同音の反復で処理している。その典型例は「管弦楽のための変奏曲」である。

同時期にヨーロッパではルチアーノ・ベリオジェルジ・リゲティヘンリク・グレツキらも単純反復による音楽語法を試みており、これらの作風はアメリカのミニマル・ミュージックと類似しているが、これも諸説が飛び交っており、「ルチアーノ・ベリオが在学中のライヒ[4]にミニマル技法を教えた」という説も存在する。また、1968年には当時音楽評論家として活躍していたマイケル・ナイマンコーネリアス・カーデューの作品“The Great Digest”を評す際、当時は抽象絵画などを表現する時に用いていた単語「ミニマリズム」を文中で用い、音楽評論で初めて「ミニマル」の概念を持ち込んだ[5]。その一方でラ・モンテ・ヤングやトニー・コンラッドのように「何もせず、ただコードあるいは音を鳴らし続ける」ミニマリズムを追求した結果、音律の探求へ向かったグループも存在する。

エリック・サティの後期作品は執拗な反復によって曲が成り立っており、ジョン・ケージの初期作品に影響を与えているという点で、ケージの後に続いたミニマル・ミュージックへと続く音楽史の脈絡に深く影響している。なお、マイケル・ナイマンは1974年の著述“Experimental Music: Cage and Beyond”(日本語訳「実験音楽 ― ケージとその後」)でのラ・モンテ・ヤングに言及した節において、ヤングのヴェーベルン聴取を取り上げ、「ミニマルなプロセスの音楽」の起源をセリエリズムとしている。ヤングは、セリーが形を変えて提示されても同一音高が同一オクターブで演奏される傾向を「静的」と解釈可能である、と見たのである。

日本におけるミニマル・ミュージックとしては、藤枝守らが、コンピュータを用いたミニマル・ミュージックに類似する反復語法を自身の語法に取り入れており、これを「寄生の作曲法」と呼んでいる。作曲家の久石譲は、自らのコンサートの一部において、実験的作品としてミニマル・ミュージックの語法で書かれた作品を上演している。また、反復を基本とするオスティナート語法での作曲を長年続けていた伊福部昭のもとへテリー・ライリーが表敬訪問した。ヨーロッパではアメリカへの反感からミニマル・ミュージックの受容は遅れたが、1990年代からのドイツの若手の作曲家からは反復語法をためらわない一連の「新しい単純性」が巨大な潮流になっていった。

代表的な作曲家[編集]

下記4名は特に代表的な作曲家とされる

その他の作曲家

脚注[編集]

  1. ^ ウィム・メルテン『アメリカンミニマルミュージック』冬樹社、1985年、p165。
  2. ^ ジャン=イヴ・ボスール『現代音楽を読み解く88のキーワード 12音技法からミクスト作品まで』音楽之友社、2008年、p100-102.161-163。
  3. ^ 小沼純一『ミニマル・ミュージック その展開と思考』青土社、2008年、p21。
  4. ^ 有名な「調性で書きたければ書いてもよい」というのは、当時のべリオの最新作に使われたテクニックであった。ミニマル・ミュージックの始祖はべリオの「パッサジョ」あるいは「エピファニー」と呼ばれている。この二つの作品の中で、彼は同音反復やシーケンス反復をセリー主義全盛の中で多用した。このアイデア「のみ」に絞ってイッツゴナレインをスティーブライヒが生み出したのが、1965年。パッサジョとエピファニーの脱稿は、ともに1962年である。
  5. ^ ナイマン・「実験音楽 ― ケージとその後」

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Anderson, Virginia. 2013. "Systems and Other Minimalism in Britain". In The Ashgate Research Companion to Minimalist and Postminimalist Music, edited by Keith Potter, Kyle Gann, and Pwyll ap Siôn, 80–106. Farnham, Surrey: Ashgate. ISBN 978-1-4094-3549-5.
  • Bernard, Jonathan W. 1993. "The Minimalist Aesthetic in the Plastic Arts and in Music". Perspectives of New Music 31, no. 1 (Winter): 86–132.
  • Bernard, Jonathan W. 2003. "Minimalism, Postminimalism, and the Resurgence of Tonality in Recent American Music". American Music 21, no. 1 (Spring): 112–33.
  • Cope, David. 1997. Techniques of the Contemporary Composer. New York, New York: Schirmer Books. ISBN 0-02-864737-8.
  • Emmerson, Simon. 2007. Music, Electronic Media, and Culture. Aldershot: Ashgate Publishers Limited.
  • Espartaco, Carlos. 1989. Eduardo Sanguinetti: la experiencia de los límites / The Experience of Limits. Colección Ensayo. Buenos Aires: Ediciones de Arte Gaglianone. ISBN 950-9004-98-7.
  • Fink, Robert. 2005. Repeating Ourselves: American Minimal Music as Cultural Practice. Berkeley: University of California Press. ISBN 0-520-24036-7 (cloth). ISBN 0-520-24550-4 (pbk).
  • Gann, Kyle. 1997. American Music in the Twentieth Century. Schirmer. ISBN 0-02-864655-X.
  • Gann, Kyle. 1987. "Let X = X: Minimalism vs. Serialism." Village Voice (24 February): 76.
  • Gann, Kyle. 1998. "A Forest from the Seeds of Minimalism: An Essay on Postminimal and Totalist Music". KyleGann.com.
  • Gann, Kyle. 2001. "Minimal Music, Maximal Impact: Minimalism's Immediate Legacy: Postminimalism". New Music Box: The Web Magazine from the American Music Center (November 1) (Accessed 4 February 2012).
  • Gann, Kyle. 2006. Music Downtown: Writings from the Village Voice. Berkeley: University of California Press. ISBN 0-520-22982-7.
  • Gann, Kyle. 2010. "Reconstructing November". American Music 28, no. 4 (Winter): 481–91. (accessed 5 May 2015).
  • Garland, Peter, and La Monte Young. 2001. "Jennings, Terry". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan.
  • Gotte, Ulli. 2000. Minimal Music: Geschichte, Asthetik, Umfeld. Taschenbucher zur Musikwissenschaft, 138. Wilhelmshaven: Noetzel. ISBN 3-7959-0777-2.
  • Harrison, Daniel (1997). "After Sundown: The Beach Boys' Experimental Music" (PDF). In Covach, John; Boone, Graeme M. Understanding Rock: Essays in Musical Analysis. Oxford University Press. pp. 33–57. ISBN 9780199880126.
  • Johnson, Timothy A. 1994. "Minimalism: Aesthetic, Style, or Technique?" Musical Quarterly 78, no. 4 (Winter): 742–73.
  • Johnson, Tom. 1989. The Voice of New Music: New York City 1972-1982 – A Collection of Articles Originally Published by the Village Voice. Eindhoven, Netherlands: Het Apollohuis. ISBN 90-71638-09-X.
  • Kostelanetz, Richard, and R. Flemming. 1997. Writings on Glass: Essays, Interviews, Criticism. Berkeley and Los Angeles: University of California Press; New York: Schirmer Books.
  • Linke, Ulrich. 1997. Minimal Music: Dimensionen eines Begriffs. Folkwang-Texte Bd. 13. Essen: Die blaue Eule. ISBN 3-89206-811-9.
  • Lovisa, Fabian R. 1996. Minimal-music: Entwicklung, Komponisten, Werke. Darmstadt: Wissenschaftliche Buchgesellschaft.
  • MacDonald, Ian. 2003. "The People's Music". London: Pimlico Publishing. ISBN 1-84413-093-2.
  • Mertens, Wim. 1983. American Minimal Music: La Monte Young, Terry Riley, Steve Reich, Philip Glass. Translated by J. Hautekiet; preface by Michael Nyman. London: Kahn & Averill; New York: Alexander Broude. ISBN 0-900707-76-3
  • Meyer, Leonard B. 1994. Music, the Arts, and Ideas: Patterns and Predictions in Twentieth-Century Culture, second edition. Chicago and London: University of Chicago Press. ISBN 0-226-52143-5
  • Nyman, Michael. 1968. "Minimal Music". The Spectator 221, no. 7320 (11 October): 518–19.
  • Nyman, Michael. 1974. Experimental Music: Cage and Beyond. London: Studio Vista ISBN 0-289-70182-1; reprinted 1999,Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-65383-5.
  • Parsons, Michael. 1974. "Systems in Art and Music". The Musical Times 117, no. 1604 (October): 815–18.
  • Perlein, Gilbert, and Bruno Corà (eds). 2000. Yves Klein: Long Live the Immaterial! Catalog of an exhibition held at the Musée d'art moderne et d'art contemporain, Nice, April 28 – September 4, 2000, and the Museo Pecci, Prato, September 23, 2000 – January 10, 2001. New York: Delano Greenidge Editions, 2000, ISBN 978-0-929445-08-3.
  • Potter, Keith. 2000. Four Musical Minimalists: La Monte Young, Terry Riley, Steve Reich, Philip Glass. Music in the Twentieth Century series. Cambridge and New York: Cambridge University Press. ISBN 0-521-48250-X.
  • Potter, Keith. 2001. "Minimalism". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers; New York: Grove's Dictionaries of Music.
  • Rodda, Richard E. (1999). Liner notes, Violin Concertos of John Adams & Philip Glass, Robert McDuffie (violin). Telarc, CD-80494.
  • Rose, Barbara. 1965. "ABC Art". Art in America 53, no. 5 (October–November): 57–69.
  • Schönberger, Elmer. 2001. "Andriessen: (4) Louis Andriessen". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers; New York: Grove's Dictionaries of Music.
  • Schwarz, K. Robert. 1996. Minimalists. 20th Century Composers Series. London: Phaidon. ISBN 0-7148-3381-9.
  • Strickland, Edward. 1993. Minimalism: Origins. Bloomington: Indiana University Press. ISBN 0-253-35499-4 (cloth); ISBN 0-253-21388-6 (pbk, corrected and somewhat revised printing, 2000). Chapter T, pp. 241–56, reprinted as Strickland 1997.
  • Strickland, Edward. 1997. "Minimalism: T (1992)". In Writings on Glass: Essays, Interviews, Criticism, edited by Richard Kostelanetz and Robert Flemming, 113–130. Berkeley and Los Angeles: University of California Press; New York: Schirmer Books. ISBN 0-520-21491-9. Reprint of a chapter from Strickland 1993.
  • Sweeney-Turner, Steve. 1995. "Weariness and Slackening in the Miserably Proliferating Field of Posts." Musical Times 136, no. 1833 (November): 599–601.
  • Warburton, Dan. 1988. "A Working Terminology for Minimal Music." Intégral 2: 135–59.

外部リンク[編集]