創造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

創造(そうぞう)とは、新しいものを産み出すこと。創作発明、あるいは新しい考え方など、オリジナリティの強いものに対し使うことが多い。

創造力を育むには「退屈な時間」が重要と指摘されている[1]

神話と宗教における創造[編集]

いくつかの神話宗教では、世界は超常的な存在(など)により創造されたものだとされる。

アブラハムの宗教における創造[編集]

アブラハムの宗教ユダヤ教キリスト教イスラム教)では、創造は教義・教理の1つである。

キリスト教における1つの解釈[編集]

創造という教理は旧約、新約を問わず何度も取り上げられている。創世記の1章1節からすでに「初めに、神は天地を創造された。」とある。

この教理の出発点ともいえる聖句はヘブライ人への手紙11章3節の「信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉によって創造され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。」という箇所である。「創造は神の啓示によるものであり、信仰の観点からしか悟ることができない」という意味である。つまりこの業は隠されており、明白なものではない。さらに、神の「言葉」によってなされたということや、「無からの創造」(ロマ4:17)であったことが分かる。

この業は、父なる神(32:6、イザ44:24)、イエス・キリスト(ヨハ1:3、コロ1:16)、聖霊(創1:2、詩104:30)に帰されている。現存する宗派の多くでは、これらは別々のものではなく、三位一体のものであるとされる。

イスラム教[編集]

イスラム教の聖典「クルアーン」では、創造に関連して、繰り返し「كُن فَيَكُونُ‎(クン・ファヤクーヌ)」という言葉が現れる。

脚注[編集]

関連項目[編集]