リゲティ・ジェルジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リゲティ・ジェルジュ・シャーンドル
Ligeti György Sándor
Michael Daugherty et al at ISCM World Music Days 1982.jpg
ISCM世界音楽の日々(1982年)にて
左より順にジェルジュ・シャーンドル、息子のルーカス・リゲティ、リゲティ夫人、コンロン・ナンカロウマイケル・ドアティ
基本情報
出生 1923年5月28日
死没 2006年6月12日(満83歳没)
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にジェルジュ・リゲティと表記することもあります。

リゲティ・ジェルジュ・シャーンドル(Ligeti György Sándor [ˈligɛti ˌɟørɟ ˌʃɑ̈ːndor]、1923年5月28日 - 2006年6月12日)は、ハンガリー現代音楽作曲家クラシック音楽で実験的な作品を多く残したほか、スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」や「シャイニング」などに音楽が使用されたことでも知られる。

概要

トランシルヴァニア中南部のトゥルナヴェニに生まれる。両親はユダヤ系。第二次世界大戦の折には、家族はバラバラに強制収容所に入れられた。父はアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で、弟はマウトハウゼン強制収容所で命を落とした。

終戦後リゲティは、ブダペストゾルタン・コダーイカドシャ・パールヴェレッシュ・シャーンドルファルカシュ・フェレンツらのもとで音楽を学んだ。ハンガリー動乱がソ連に鎮圧された2ヵ月後の1956年12月にウィーンへ亡命し、オーストリアの市民権を取得。ウィーン音楽院に学び、その後、ケルンカールハインツ・シュトックハウゼンらの現代音楽の手法に触れ、前衛的な手法を身に付けていった。その代表的なものには、トーン・クラスターなどがある。

1973年から1989年までは、ハンブルク音楽演劇大学の教師も務めた。

2006年ウィーンで死去。

作品

オペラ

管弦楽曲

  • アトモスフェール(1961年)
  • ロンターノ(1967年)
  • アパリシオン(1959年)
  • 13人の器楽奏者のための室内協奏曲(1970年)
  • メロディーエン(1971年)
  • サンフランシスコ・ポリフォニー(1974年)

協奏曲

室内楽曲

  • 無伴奏チェロソナタ(1968年)
  • 木管五重奏のための6つのバガテル(1953年)
  • 弦楽四重奏曲第1番(1953-54年)
  • 弦楽四重奏曲第2番(1968年)
  • 木管五重奏のための10の小品(1968年)
  • ヴァイオリン、ホルン、ピアノのための三重奏曲(1982年)
  • 無伴奏ヴィオラソナタ(1991–94年)

声楽曲

電子音楽

  • グリッサンディ(1957年)
  • アルティクラツィオーン(1958年)

ピアノ曲

  • ムジカ・リチェルカータ(1953年)
  • ピアノのための練習曲 第一巻(1985年)
  • ピアノのための練習曲 第二巻(1988-94年)
  • ピアノのための練習曲 第三巻(1995-2001年)

その他

参考文献

  • Boyden, Matthew. Az opera kézikönyve (2009 ed.). Budapest: Park Könyvkiadó. ISBN 978-963-530-854-5. 
  • Restagno, Enzo (1985). Ligeti. EDT srl. ISBN 8870630366. 
  • Roelcke, Eckhard (2005). Találkozások Ligeti Györggyel. Beszélgetőkönyv.. Budapest: Osiris Kiadó. ISBN 963 389 790 4. 
  • Steinitz, Richard (2003). György Ligeti: Music of the Imagination. Northeastern. ISBN 978-1555535513. 
  • Ligeti György: Paradigmenwechsel der achtziger Jahre. Österreichische Musikzeitschrift, (1989. jún.) 279–281. o.
  • Ligeti György: Öninterjú. Muzsika, (2010. aug.) 333–343. o.

関連項目