ローレンス・ウェイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ローレンス・ウェイナーLawrence Weiner, 1942年2月10日 − )は、アメリカ合衆国の著名なコンセプチュアル・アーティスト。自分の芸術を「インフォメーション」と称し、1968年、法律用語を使って自分の芸術の意図を宣言したことが有名である。

  1. 作家が作品を組み立ててもよい。
    The artist may construct the piece.
  2. 作品は(作家以外の者によって)組み上げられてもよい。
    The piece may be fabricated.
  3. 作品は組み立てられなくてもよい。
    The piece need not built.
  4. これらの選択肢はどれもが等しく作家の意図と合致しているので、(作品の展示)条件の決定は、その時に(作品の)管理者の地位にある者に委ねられている。
    Each being equal and consistent with the intent of the artist the decision as to condition rests with the receiver upon the occasion of receivership.

経歴[編集]

ニューヨーク市ブロンクス区出身。2017年ウルフ賞芸術部門受賞。

外部リンク[編集]