オラファー・エリアソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オラファー・エリアソン(Olafur Eliasson,1967年-)はデンマークコペンハーゲン生まれのアイスランドの芸術家。2003年にロンドンテート・モダンで"Weather Project"という展示を成功させている。同年にはヴェネツィア・ビエンナーレでデンマーク代表となり好評を収めた。

経歴[編集]

1989年から1995年まで王立デンマーク芸術アカデミーで学ぶ。現在はベルリン在住。作品は移設可能な装置であることもあるが、大半は設置場所に応じた(サイト・スペシフィックな)インスタレーション作品が多い。自然現象や建築物に大きな興味を持ち、時には機械等も用いて自然現象を思わせる空間を作り、鑑賞者の視覚や認識を揺り動かすことをねらってきた。

グッゲンハイム美術館ロスアンゼルス現代美術館金沢21世紀美術館など、世界各地の美術館に作品が所蔵されている。

2014年ウルフ賞芸術部門を受賞。

ウェザー・プロジェクト[編集]

彼を有名にしたこのプロジェクトは、毎年ユニリーバの支援によってテート・モダンのタービンホールで行われているインスタレーション企画のシリーズの一つであった。エリアソンはタービンホールの壁の上方に半円形のオレンジ色の照明でできた巨大な沈まない太陽を掲げ、更に加湿器を設置して砂糖と水を混ぜ合わせた霧を発生させた。タービンホールの天井には一面に鏡が張られ、半円形の照明は天井に反射して円形に輝き、鑑賞者たちは強力なオレンジ色の光の中、天井に小さな黒い影のような自分達を見ることが出来た。

展覧会[編集]

2008年の夏の間、ニューヨーク各所で行われている滝のインスタレーション「ニューヨークシティ・ウォーターフォール」
「ニューヨークシティ・ウォーターフォール」、ブルックリン橋

エリアソンは2005年にはオランダロッテルダムスウェーデンマルメルンドで展覧会を行った。2006年には東京原美術館でも展覧会を行っている。1999年のヴェネツィア・ビエンナーレ初参加の前後より注目を浴び、世界中での個展・グループ展に招待されてきた。

外部リンク[編集]