ラルフ・アースキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルフ・アースキン(右)、Anders Tengbom(左)、Léonie Geisendorf(中央)

ラルフ・アースキン(Ralph Erskine、1914年2月24日 - 2005年3月16日)はスウェーデンの建築家都市計画家イングランドノーサンバーランド生まれ。

学校を卒業後、建築家ルイ・ドウ・ソワソンの指導の下ウェルウィン・ガーデンシティーチームに加わる。 その後スウェーデンにわたり、1945年から1959年までユトルプの集合住宅、ハッマルビーの住宅地、キルナの集合住宅地といった都市住宅地のプロジェクトを手がけている。その後ロンドンに戻りチーム・テンの活動の後、ケンブリッジ大学クレアホール、グリニッジミレニアムビレッジなどを手がけた。またスウェーデンでも、ストックホルム都市計画アークティック・タウン・プロジェクト、ジ・アークなどを手がけ、ストックホルム大学学生センター 、ストックホルム・バス・ターミナルなどを残す。1987年、RIBAゴールドメダルを受賞。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • ラルフ・アースキンの建築―人間性の追求 鹿島出版会 2008年 ISBN-10: 4306045188 ISBN-13: 978-4306045187