クシシュトフ・ペンデレツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クシシュトフ・ペンデレツキ
Krzysztof Penderecki
Krzysztof Penderecki 20080706.jpg
クシシュトフ・ペンデレツキ
基本情報
生誕 (1933-11-23) 1933年11月23日
ポーランドの旗 ポーランドクラクフ
死没 (2020-03-29) 2020年3月29日(86歳没)
ポーランドの旗 ポーランドクラクフ
学歴 ヤギェウォ大学
クラクフ音楽アカデミー
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家指揮者
活動期間 1953年 - 2020年
ヴェーベルンブーレーズ(初期)
ショスタコーヴィチ(新ロマン主義以降)
ペンデレツキの胸像

クシシュトフ(またはクリシュトフ・エウゲニウシュ・ペンデレツキKrzysztof Eugeniusz Penderecki [ˈkʂɨʂtɔf ɛuˈɡɛɲuʂ pɛndɛˈrɛt͡skʲi] 1933年11月23日 - 2020年3月29日[1])は、ポーランド[2]現代音楽作曲家指揮者

生涯[編集]

クラクフ生まれのカトリック教徒。もとはヴァイオリニスト志望だったが、腕前に自信がなく作曲に転向した。

ポーランド楽派[3]の主要作曲家の1人として、オーケストラを用いたトーンクラスターに大きな特徴があった。創作の頂点とされるルカ受難曲を書き上げた後は新ロマン主義[4]へ傾倒した。ショスタコーヴィチが得意とした引用による影響で、ペンデレツキは自作曲でしばしば自作や他作からの引用[5]を行うようになった。体系的な録音はMUZAで始まったが、現在はNAXOSから主要作品が容易に入手できる。また、ポーランドのオーケストラ、シンフォニア・ヴァルソヴィアの音楽監督(1997 - 2008)・芸術監督(2008 - 2020)を務めていた。2020年3月29日、長い闘病生活の末、自宅のあるポーランド南部クラクフにて死去[6][7][8]

2周忌にあたる2022年3月29日、クラクフ市内、聖ペテロと聖パウロ教会英語版にて国葬が行われ、アンジェイ・ドゥダ大統領ら閣僚が出席した。同教会の地下埋葬所は2010年にポーランドの優れた芸術家のための国立パンテオンポーランド語版に制定されており、ペンデレツキの遺灰が入った骨壷も同所に収められた[9]

指揮者としての客演は多く、日本のNHK交響楽団も振っていたことがあった。

主要作品[編集]

オペラ[編集]

交響曲[編集]

管弦楽曲[編集]

金管と打楽器のための作品[編集]

協奏曲[編集]

ヴァイオリンと管弦楽のための作品[編集]

チェロと管弦楽のための作品[編集]

  • チェロ協奏曲第1番(1972年)
  • チェロ協奏曲第2番(1982年)
  • 合奏協奏曲(2000年-2001年)
  • ラルゴ(2003年)
  • チェロと管弦楽のためのソナタ(1964年)

その他[編集]

  • ハープシコードと管弦楽のためのパルティータ(1971年/1991年)
  • フルートと室内管弦楽のための協奏曲(1992年)
  • ピアノ協奏曲「復活」(2001年 - 2002年)
  • ホルン協奏曲「冬の旅」(2008年)

吹奏楽曲[編集]

室内楽曲[編集]

  • 弦楽四重奏曲第1番(1960年)
  • 弦楽四重奏曲第2番(1968年)
  • 弦楽三重奏曲(1991年)
  • 六重奏曲

合唱曲[編集]

受賞歴[編集]

  • 1959: 2nd Competition for Young Polish Composers in Warsaw organised by the Composers' Union – Penderecki was awarded the top three prizes for the works he anonymously submitted: Stanzas, Emanations, and Psalms of David;[12]
  • 1961: Prize of the UNESCO International Tribune of Composers in Paris for Threnody;[13]
  • 1966: Grand Art Prize of North Rhine-Westphalia for St. Luke Passion;[14]
  • 1967: Prix Italia for the St. Luke Passion;[14] Sibelius Gold Medal;[12]
  • 1968: Prix Italia for the Dies Irae in memory of the victims of Auschwitz;[14] Grammy Trustees Award for significant contributions, other than performance, to the field of recording;[15]
  • 1972: City of Kraków Award;[12]
  • 1977: Herder Prize (Germany/Austria)[16]
  • 1978: Prix Arthur Honegger for Magnificat (France)[14]
  • 1983: Wihuri Sibelius Prize (Finland);[17] Polish National Award[18]
  • 1985: Premio Lorenzo Magnifico (Italy)[14][18]
  • 1987: Wolf Prize in Arts (Israel);[18] Grammy for Best Contemporary Composition[19]
  • 1990: Grand Cross of Merit of the Order of Merit of the Federal Republic of Germany;[14][18] Chevalier de Saint Georges;[12]
  • 1992: University of Louisville Grawemeyer Award for Music Composition for Adagio – 4 Symphony;[20] Austrian Medal for Science and Art;[12]
  • 1993: Distinguished Citizen Fellowship at the Institute for Advanced Study at Indiana University, Bloomington, Prize of the International Music Council / UNESCO for Music;[18] Cultural Merit of the Principality of Monaco[18]
  • 1995: Member of the Royal Irish Academy of Music (Dublin);[12] honorary citizen of Strasbourg;[12] Primetime Emmy Award of the Academy of Television Arts & Sciences;[12] Pro Baltica Prize[16]
  • 1996: Primetime Emmy Award of the Academy of Television Arts & Sciences, Commander of the Ordre des Arts et des Lettres (France)[16]
  • 1998: Grammy for Best Instrumental Soloist Performance;[19] Composition Prize for the Promotion of the European economy, Foreign Honorary Member of the American Academy of Arts and Letters;[12] corresponding member of the Bavarian Academy of Fine Arts, Munich;[12] Order of the Lithuanian Grand Duke Gediminas (Lithuania)[12]
  • 1999: Music Prize of the City of Duisburg (Germany);[12] Honorary Board of the Vilnius Festival '99[12]
  • 2000: Cannes Classical Awards|Cannes Classical Award as "Living Composer of the Year";[12] honorary member of the Gesellschaft der Musikfreunde|Society of Friends of Music in Vienna;[21] Officer of the Order of Merit of the Italian Republic;[12]
  • 2001: Prince of Asturias Award for Art (Spain);[22] Grammy for Best Choral Performance for Credo;[12] Honorary Professor of the Hong Kong Academy for Performing Arts[12]
  • 2002: State Prize of North Rhine-Westphalia (Germany), Romano Guardini Prize[23]
  • 2003: Grand Gold Decoration for Services to the Republic of Austria;[24] Preis der Europäischen Kirchenmusik (Germany), Freedom of Dębica, Eduardo M. Torner Medal of the Conservatorio de Musica del Principado Asturias in Oviedo, Spain; honorary director of the Choir of the Prince of Asturias Foundation, Honorary President of the Apayo a la Creación Musical, Judaica Foundation Medal;
  • 2004: Praemium Imperiale – Music (Japan)[16]
  • 2005: Order of the White Eagle (Poland);[25] Medal for Merit to Culture – Gloria Artis|Gold Medal for Merit to Culture – Gloria Artis[26]
  • 2006: Order of the Three Stars (Latvia)[27]
  • 2008: Polish Academy Award for Best Film Score for Katyń (film)|Katyn, Commander of the Order of the Three Stars (Latvia), Order of Bernardo O'Higgins (Chile), Golden Medal of the Minister of Culture (Armenia), Commander of the Order of the Lion of Finland;[28] Thorunium Medal[29]
  • 2009: Order of Merit of the Grand Duchy of Luxembourg;[30] Merit of Armenia;[12]
  • 2011: Viadrina Prize for contributions to Polish-German cooperation (Viadrina European University, Frankfurt (Oder)|Frankfurt);[31][32] Grand Cross of the Order pro Merito Melitensi (Malta)[14]
  • 2012: Paszport Polityki|Paszport Polityki Award[33]
  • 2014: Order of the Cross of Terra Mariana, 1st Class (Estonia)[34]
  • 2015: Per Artem ad Deum Medal[35]
  • 2017: Grammy for Best Choral Performance[19]
  • 2017: New Culture of New Europe Award at the Economic Forum in Krynica|Krynica Economic Forum.[36]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本放送協会. “音楽家ペンデレツキさん死去「広島の犠牲者に捧げる哀歌」作曲”. NHKニュース. 2020年3月31日閲覧。
  2. ^ ŻYCIORYS KRZYSZTOFA PENDERECKIEGO”. biografia24.pl. biografia24.pl. 2021年11月14日閲覧。
  3. ^ The Briefest History of Polish Music”. polishmusic.usc.edu. polishmusic.usc.edu. 2021年11月14日閲覧。
  4. ^ Near the Center of the Labyrinth: Krzysztof Pendereckiin the New Millenium”. ul.qucosa.de. ul.qucosa.de. 2021年11月14日閲覧。
  5. ^ Krzysztof Penderecki obituary”. www.theguardian.com. www.theguardian.com. 2021年11月14日閲覧。
  6. ^ クシシュトフ・ペンデレツキ氏死去 ポーランドの作曲家”. www.asahi.com. 朝日新聞デジタル (2020年3月29日). 2021年11月14日閲覧。
  7. ^ ペンデレツキ逝去”. www.schottjapan.com. ショット・ミュージック (2020年3月29日). 2021年11月14日閲覧。
  8. ^ ポーランドの作曲家クシシュトフ・ペンデレツキ氏が死去、86歳”. www.afpbb.com. afpbb (2020年3月29日). 2021年11月14日閲覧。
  9. ^ “クラクフ発 〓 作曲家ペンデレツキの国葬が故郷クラクフで”. 月刊音楽祭. (2022年3月31日). https://m-festival.biz/29260 2022年3月31日閲覧。 
  10. ^ Work of the Week – Krzysztof Penderecki: Symphony No. 6
  11. ^ ミュージカル・ソー」は本物のではない実在の楽器であるが、ペンデレツキは本物の鋸を初めて『放射』の打楽器パートに指定した作曲家として広く知られる。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Krzysztof Penderecki (Chronology and Profile)”. Schott Music (2020年). 2020年3月29日閲覧。
  13. ^ Hiemenz, Jack (1977年2月27日). “A Composer Praises God as One Who Lives in Darkness”. The New York Times (NYTimes Co.) 126 (43499). https://www.nytimes.com/1977/02/27/archives/a-composer-praises-god-as-one-who-lives-in-darkness-penderecki-a.html 
  14. ^ a b c d e f g “Prizes and Awards”. http://www.krzysztofpenderecki.eu/en/3/242/246/Prizes-and-Awards 2019年11月3日閲覧。 
  15. ^ Past recipient grammy.com
  16. ^ a b c d “Krzysztof Penderecki”. https://culture.pl/pl/tworca/krzysztof-penderecki 2019年11月3日閲覧。 
  17. ^ “Wihuri Sibelius Prize”. https://wihuriprizes.fi/wihuri-sibelius-prize/?lang=en 2019年11月3日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f Krzysztof Penderecki”. usc.edu. Polish Music Center, University of Southern California. 2020年3月7日閲覧。
  19. ^ a b c “Krzysztof Penderecki”. https://www.grammy.com/grammys/artists/krzysztof-penderecki 2019年11月3日閲覧。 
  20. ^ “Music Composition”. http://grawemeyer.org/music-composition/#toggle-id-3 2019年11月3日閲覧。 
  21. ^ Szalsza, Piotr. "Penderecki, Krzysztof". Oesterreichisches Musiklexikon online (ドイツ語). Austrian Centre for Digital Humanities and Cultural Heritage, Abteilung Musikwissenschaft. 2020年3月29日閲覧
  22. ^ “PRINCE OF ASTURIAS AWARD FOR THE ARTS 2001”. https://www.fpa.es/en/princess-of-asturias-awards/laureates/2001-krzysztof-penderecki.html?especifica=0&idCategoria=0&anio=2001&especifica=0 2019年11月3日閲覧。 
  23. ^ “Guardini-Preis für Krzysztof Penderecki” (ドイツ語). Wiener Zeitung (Vienna). (2002年7月5日). https://www.wienerzeitung.at/nachrichten/kultur/mehr-kultur/183338-Guardini-Preis-fuer-Krzysztof-Penderecki.html 2020年3月29日閲覧。 
  24. ^ Reply to a parliamentary question” (German). p. 1584. 2012年11月21日閲覧。
  25. ^ “M.P. 2006 nr 2 poz. 20”. https://prawo.sejm.gov.pl/isap.nsf/DocDetails.xsp?id=WMP20060020020 2019年11月3日閲覧。 
  26. ^ “Warszawa. Wręczono złote medale "Gloria Artis"”. https://www.e-teatr.pl/pl/artykuly/16039.html 2019年11月3日閲覧。 
  27. ^ “Ar Triju Zvaigžņu ordeni apbalvoto personu reģistrs apbalvošanas secībā, sākot no 2004. gada 1.oktobra”. オリジナルの2016年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420063832/http://www.president.lv/images/modules/items/DOC/2014-julijs-tzo_majaslapai.doc 2019年11月3日閲覧。 
  28. ^ “Odznaczenie Komandora Orderu Lwa Finlandii dla Krzysztofa Pendereckiego”. https://www.mkidn.gov.pl/pages/posts/odznaczenie_komandora_orderu_lwa_finlandii_dla_krzysztofa_pendereckiego-96.php?p=30 2019年11月3日閲覧。 
  29. ^ “Miejskie nagrody i wyróżnienia”. https://www.torun.pl/pl/miasto/samorzad/miejskie-nagrody-i-wyroznienia/medal-prezydenta-miasta-torunia 2019年11月3日閲覧。 
  30. ^ Distinction honorifique pour le compositeur polonais Krzysztof Penderecki” (フランス語). varsovie.mae.lu. Luxembourg: Embassy of Luxembourg in Poland (2009年9月19日). 2020年3月29日閲覧。
  31. ^ Oppermann, Andreas (2020年3月29日). “Viadrina-Preisträger Krzystof Penderecki gestorben” (ドイツ語). rbb24.de. Rundfunk Berlin-Brandenburg. 2020年3月29日閲覧。
  32. ^ “Penderecki odebrał Nagrodę Viadriny”. オリジナルの2012年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120609222924/http://wyborcza.pl/1,75475,11683732,Penderecki_odebral_Nagrode_Viadriny.html 2019年11月3日閲覧。 
  33. ^ “PASZPORTY 2012: kto laureatem?”. https://www.polityka.pl/tygodnikpolityka/kultura/paszporty/1534605,1,paszporty-2012-kto-laureatem.read 2019年11月3日閲覧。 
  34. ^ “Teenetemärkide kavalerid”. https://www.president.ee/et/vabariik/teenetemargid/kavaler/19057/krzysztof-eugeniusz-penderecki 2019年11月3日閲覧。 
  35. ^ “Medal Per Artem ad Deum dla Krzysztofa Pendereckiego, Wincetego Kućmy i wydawnictwa Herder”. https://www.perartemaddeum.com/?p=378&lang=pl 2019年11月3日閲覧。 
  36. ^ “NAGRODY FORUM EKONOMICZNEGO”. https://www.forum-ekonomiczne.pl/nagrody-forum-ekonomicznego/ 2020年2月28日閲覧。 

関連項目[編集]