マルク・シャガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルク・シャガール
マルク・シャガール, 1967
生誕 1887年7月7日
死没 1985年3月28日
国籍 ロシアの旗 ロシア
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
シャガール(1941年撮影)
Yury Pen によるシャガール像
The building of the People's Art School where the Vitebsk Museum of Modern Art was situated

マルク・シャガールMarc Chagall, イディッシュ語: מאַרק שאַגאַל‎‎, 1887年7月7日 - 1985年3月28日)は、20世紀ロシア(現ベラルーシ)出身のフランス画家

人物・来歴[編集]

1887年7月7日、帝政ロシアヴィテブスク(現ベラルーシヴィツェプスクVycebskまたはWitebsk、Vitebskザハール、フェイガ・イタの元に9人兄弟長男モイシェ・セガルMoishe Segal、משה סג"ל)として生まれた。ロシア名マルク・ザハロヴィチ・シャガル (ロシア語: Марк Захарович Шагал)[要検証 ]、ベラルーシ名モイシャ・ザハラヴィチ・シャガラウ (ベラルーシ語: Марк Захаравiч Шагал)、後にパリでマルクと名乗るようになる。故郷ヴィテブスクは人口の大部分をユダヤ人が占めているシュテットルで、シャガール自身もユダヤ系(東欧系ユダヤ人)である。生涯、妻ベラ(ベラ・ローゼンフェルト)を一途に敬愛していたこと、ベラへの愛や結婚をテーマとした作品を多く製作していることから別名「愛の画家」と呼ばれる。

1900年、4年制の公立学校に入学した。なお、この頃の同級生彫刻家、画家のオシップ・ザッキンで、共に芸術家を目指した。

1907年、当時の首都サンクトペテルブルクニコライ・リョーリフ学長を務める美術学校に入るが、同校のアカデミックな教育に満足しなかったシャガールはやがて1909年レオン・バクストズヴァンツェヴァ美術学校で学ぶことになる。バクストは当時のロシア・バレエ団の衣装デザインなどを担当していた人物である。

シャガールは1910年パリに赴き、5年間の滞在の後、故郷へ戻る。この最初のパリ時代の作品にはキュビスムの影響が見られる。1915年に母が病死。同年にベラと結婚。10月革命1917年)後のロシアでしばらく生活するが、1922年、故郷に見切りをつけ、ベルリンを経由して1923年にはふたたびパリへ戻る。 ロシア時代のシャガールはロシア・アバンギャルドに参加して構成主義の影響の濃い作品、デザイン的作品を制作したが、出国後の作品は「愛」の方への傾斜が認められる。 1941年第二次世界大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカ亡命した。なお、同郷人で最初の妻ベラ・ローゼンフェルトは1944年にアメリカで病死した。

1947年にパリへ戻ったシャガールは、1950年から南フランスに永住することを決意し、フランス国籍を取得している。1952年、当時60歳代のシャガールはユダヤ人女性ヴァランティーヌ・ブロツキーと再婚した。1960年エラスムス賞受賞。同年、当時のフランス共和国文化大臣でシャガールとも親交のあったアンドレ・マルローオペラ座の天井画をシャガールに依頼。これは1964年に完成している。1966年、シャガールは17点の連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈した。マルローはこの連作を含むシャガールの作品を展示するための国立美術館の建設を推進し、ニース市が土地を提供する形で、1973年画家の86歳の誕生日に、ニース市に「マルク・シャガール聖書のメッセージ国立美術館」(現国立マルク・シャガール美術館)が開館した。1966年から20年近く暮らした、ニースに近いサン=ポール=ド=ヴァンスの墓地に眠る。「マーグ財団美術館」に大作がある。

毒舌家としても知られ、同時代の画家や芸術運動にはシニカルな態度を示していた。特にピカソに対しては極めて辛辣な評価を下している。

エピソード[編集]

ホンダの創業者、本田宗一郎とパリで会った経験を持つ。この時本田は、日本からのお土産は何にしようかと迷いに迷った末、毛筆、墨、硯の一式を持っていくことに決めた。いざシャガールに会いに行くと、「これはどう使うのか」という話になり、あれこれ説明しているうちに、いきなり席を立って画室にこもってしまった。何が起きたのかわからず、戸惑う本田に、シャガールの妻が「もう、主人の出てくるのを待っていてもいつになるかわかりませんよ。あなたからもらった筆を実際に試しているのでしょうが、こうなったら何時間でも画室にこもったきりになってしまうのです。」と説明したという。シャガールの探究心の旺盛さを示すエピソードである。[1]

代表作[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 井深大著 わが友 本田宗一郎 P.140-2
  • В. А. ШИШАНОВ: ВИТЕБСКИЙ МУЗЕЙ СОВРЕМЕННОГО ИСКУССТВА - PDFファイル(ロシア語)[1]
  • Shishanov, V.A. "Double Portrait with a glass of wine" - in search of the sources of the plot of Marc Chagall paintings / V.A. Shishanov / / Marc Chagall and St. Petersburg. The 125th anniversary of the birth of the artist / Scientific. Ed. and comp. : O.L. Leykind, D.Y. Severyukhin. - St. Petersburg: "Evropeiski House" in 2013. - P. 167-176.[2]

参考図書[編集]

  • シドニー アレグザンダー (著)、加藤 弘和 (翻訳) :マルク・シャガール、芸立出版 (1993)、ISBN 4-87466-058-4
  • 鍵岡正謹、ほか著 『Marc Chagall 愛をめぐる追想』 IS ART INC.(日本語)。

外部リンク[編集]