きよしこの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jubiläumskarte 1918.
グルーバー自筆

きよしこの夜(きよしこのよる、ドイツ語:Stille Nacht)は、有名なクリスマス・キャロルのひとつ。

原詞の“Stille Nacht”は、ヨゼフ・モールによって、ドイツ語で書かれ、フランツ・クサーヴァー・グルーバーによって作曲された。 この曲の英語曲が「Silent night」(作詞者不明)であり、日本語曲が「きよしこの夜」(作詞・由木康)である。

楽曲解説[編集]

1818年12月25日オーストリアオーベルンドルフ聖ニコラウス教会で初演された。この歌にまつわる逸話として、"クリスマス・イヴの前日、教会のオルガンが音がでなくなり(音のでなくなった理由はネズミにかじられた等、諸説あり。)、クリスマスに歌う賛美歌伴奏ができなくなり、急遽ヨゼフは“Stille Nacht”の詞を書き上げ、グルーバーに、この詞にギターで伴奏できる讃美歌を作曲してくれるように依頼。グルーバーは最初「教会でギターを弾いても誰も気に入らないのではないか?」と懸念していたが、ヨゼフの説得もあって詞に曲をつけることを了承。グルーバーは一晩中懸命に考え続け、ついにこの曲ができた。曲ができあがったのは教会でミサが始まるわずか数時間前のことであった"-という有名なものがあるが、近年の研究では数年前にヨゼフは詩を完成させていたという説が有力だ。しかし、グルーバーが短期間で作曲したのはたぶん正しいと言われている。

1988年に製作された西ドイツ(当時)の映画「マグダレーナ「きよしこの夜」誕生秘話」は、上記の出来事をベースにし、神父と娼婦の禁じられたというフィクションが加えられたものである。

日本での受容[編集]

「きよしこの夜」にはじまる日本語歌詞由木康による。初めて収録されたのは1909年の『讃美歌』第2編である。1961年には小学校6年生の音楽の教科書に採用され、1988年まで掲載されていた[1]。近年では中学校などで英語教育も兼ねて英語の歌詞で歌われている。

なお、日本のカトリック教会においては、別訳にてカトリック聖歌集111番の「しずけき」として親しまれている。

原詞詞名(初行)
Stille Nacht, heilige Nacht!
曲名(チューンネーム)
STILLE NACHT
ミーター
76 77 55(日本語)、Irregular(英語、ドイツ語)

著名な歌手が歌った「きよしこの夜」も存在する。日本の歌手ではザ・ピーナッツ1960年頃に「清しこの夜」と言う題名でレコードをリリースしていた。この曲は「ザ・ピーナッツ メモリーズBOX」に収録されている。

収録讃美歌[編集]

讃美歌(1954年版) 109番
讃美歌第二編 244番
讃美歌21 264番
聖歌 148番
聖歌 (総合版) 96番a (中田羽後訳)
聖歌 (総合版) 96番b (由木康訳)
新聖歌 77番
新生讃美歌 163番
教会讃美歌 37番
インマヌエル讃美歌 413番
救世軍歌集(1997年版) 45番

サンプル[編集]

関連記事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「大人のための教科書の歌」 251頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]