マイケル・ドアティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイケル・ドアティ
Michael Daugherty.jpg
基本情報
生誕 (1954-04-28) 1954年4月28日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アイオワ州シーダーラピッズ
学歴 北テキサス大学
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家ピアニスト、教育者
担当楽器 ピアノ
公式サイト Michael Daugherty 公式サイト

 

マイケル・ドアティ(Michael Kevin Daugherty, 1954年4月28日 - )は、アメリカ合衆国作曲家ピアニスト、教育者[1]。姓はドハティドーティなどとも表記される。

経歴[編集]

1954年アイオワ州シーダーラピッズに生まれる。父親はドラマー、母親はアマチュアの歌手で、マイケルを含めた五人兄弟全てがのちにプロの音楽家となる音楽一家だった[2]。8歳からピアノを弾きはじめ、10代にはすでにジャズピアノハモンドオルガンの演奏、アレンジャーとしての活動を行っていた。

1972年北テキサス大学音楽学部(en:University of North Texas College of Music)へ入学し、マーティン・メイルマンとジェイムズ・セラーズ(James Sellars)に作曲を師事。その後はマンハッタン音楽学校チャールズ・ウォリネンのもとやイェール大学音楽院で研鑽を積み、1979年にはフルブライト・プログラムのフェローシップを得てIRCAM電子音楽を学び、1982年から1984年にかけてはハンブルク音楽演劇大学リゲティ・ジェルジュに師事した。これらの学習と同時にドアティはジャズミュージシャンとしての活動も続け、1980年から82年にかけてはギル・エヴァンスの助手を務めている[1]

ドアティの音楽が広く注目されるのは、1994年デイヴィッド・ジンマンボルティモア交響楽団カーネギー・ホールで「メトロポリス・シンフォニー英語版」を演奏したことがきっかけになった。ドアティは過去にデトロイト交響楽団コロラド交響楽団などのコンポーザー・イン・レジデンスを務め、作品を委嘱したオーケストラにはフィラデルフィア管弦楽団ピッツバーグ交響楽団サンフランシスコ交響楽団フィルハーモニア管弦楽団ボーンマス交響楽団などがある。受賞歴も多く、2007年オストウォルド賞2011年2017年グラミー賞クラシック現代作品部門などを受けている[2]1991年からはミシガン大学音楽学部(en:University of Michigan School of Music, Theatre & Dance)教授を務める。

作風[編集]

1940年代から60年代アメリカ文化の熱心な収集家でもあるドアティは、「私にとってアイコンは、新しい作品を書く精神的な動機付けに役立ってくれる」[3]と述べるとおり、作品の発想の多くをアメリカの人物(エイブラハム・リンカーンジャクリーン・ケネディ・オナシスローザ・パークスなど)や土地(デトロイトフィラデルフィアなど)に依っており、そこには「メトロポリス・シンフォニー」におけるスーパーマンや、「ルート66」のようなポップカルチャーも大きな部分を占める[1]

対位法の複雑な層と動機の扱いを結びつけ、ときに皮肉を帯びた[4]エネルギッシュできわめてユニークな作風を打ち出している[5]。洗練された複雑な作曲技法を用いる一方で、クラシック音楽の教育を受けながらジャズやポピュラー音楽の分野で活動していたドアティはしばしばジャズやラテン音楽などの語法を直接的に作品へ取り入れている[5]タイムズ紙はドアティを「独自の想像力、大胆な形式感覚、繊細な耳」を持つ「すぐれたアイコン・メーカー」と評した[2]ジェイムズ・ノーティー英語版は「アメリカのポストモダン作曲家の完璧な例」と呼んでいる[3]

代表作品[編集]

  • メトロポリス・シンフォニー en:Metropolis Symphony (1988-93)
    • レッド・ケープ・タンゴ Red Cape Tango - 「メトロポリス・シンフォニー」第5楽章。マーク・スペード(Mark Spede)編曲の吹奏楽版がある
  • デッド・エルヴィス Dead Elvis (1993)
  • ナイアガラの滝 Niagara Falls (1997)
  • ジャッキー・オー en:Jackie O (1997)
  • フィラデルフィア物語 Philadelphia Stories (2001)
    • ストコフスキーの鐘 en:Bells for Stokowski - 「フィラデルフィア物語」第3楽章。吹奏楽版がある
  • レイズ・ザ・ルーフ Raise the Roof (2003/2007)
  • ブルックリン橋 Brooklyn Bridge (2005)
  • デウス・エクス・マキナ Deus ex Machina (2007)
  • ロスト・ヴェガス Lost Vegas (2011)
  • ミシシッピ川の反映 Reflections on the Mississippi (2013)
  • ヘミングウェイ物語 en:Tales of Hemingway (2015)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Mark, Clague (2013), “Daugherty, Michael”, in Garrett, Charles Hiroshi, The Grove Dictionary of American Music, 2 (Second ed.), Oxford University Press, pp. 548-551 
  2. ^ a b c Composer Biography”. michaeldaugherty.net. 2018年3月30日閲覧。
  3. ^ a b Naughtie, James (2007). The Making of Music: A Journey with Notes. pp. 318-319. ISBN 9780719562549. 
  4. ^ Gloag, Kenneth (2012). Postmodernism in Music. Cambridge University Press. p. 28. 
  5. ^ a b Timothy, Salzman. “Michael Daugherty (PDF)”. boosey.com. 2018年3月30日閲覧。