楽典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楽典(がくてん、: musical grammar)は、音楽に関する活動(演奏など)のために必要な最低限の知識のこと。「音楽の文法」や「楽譜の文法」などと言われることもある[1]。少なくとも1883年(明治16年)には、音楽取調掛にて、ジョン・ウォール・カルコット(en:John Wall Callcott)の『Musical Grammar』[2]が『楽典』[3]として翻訳・出版されて[4]おり、それ以降、後述の内容をまとめた書籍の名称や、音楽大学などでの音楽専門科目の名前としても使われている[5]

伝統的な西洋音楽クラシック音楽)や、その流れをくみ否定ないし更新された現代音楽に使われることが多い。

内容[編集]

楽典の内容は大きく分けて、以下の二つから構成される。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ これは、言語における文法が、文章の読み書きするルールである正書法とそれらを説明するために必要な概念、そして用語の説明で構成されるのと対比してのことである。
  2. ^ 1817年出版。
  3. ^ 神津元訳述『楽典』文部省、1883年7月
  4. ^ 櫻井雅人「唱歌集の中の外国曲 : 『小学校唱歌集』を中心として(2)」『言語文化 = Cultura philologica(一橋大学紀要論文)』,2005年12月25日,脚注48(一橋大学機関リポジトリpdf、2011年5月11日閲覧)。
  5. ^ 書籍としての楽典は「楽典書」と呼ばれることもある。

関連項目[編集]