音楽大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

音楽大学(おんがくだいがく、: college of music, university of music: Universität für Musik, Musikhochschule)は、音楽ならびに音楽学教育研究を専門とする高等教育機関のことである。

またこの記事では、芸術を学ぶことに特化した大学に設置されている学部である音楽学部(おんがくがくぶ)、芸術を学ぶことに特化した学部に設置されている音楽学科、並びに、海外において音楽の高等専門学校または専門学校として設置されている音楽院(おんがくいん、 conservatory of music, academiy of music, school of music Conservatoire de Musique Conservatorio di Musica)についてもあわせて記述する。

概要[編集]

音楽大学とは、指揮法・作曲法や各楽器などの音楽系専門課程を専攻する単科大学音楽学部ならびに大学院の組織を指す。また音楽院は、高等職業学校または専門学校に区分される。

音楽大学、音楽学部、音楽学科、音楽院では、音楽に関する様々な教育研究活動がなされており、学生は一般的に作曲音楽学演奏(指揮声楽鍵盤楽器弦楽器管楽器打楽器)など、音楽に関する技能・知識を研鑽することができる。

種別としては一般的には「音大」と称する場合が多いが、「音楽大学」、「音楽大」などが使われる場合もある。また、●●音楽大学の場合、●●の部分のみを呼称する場合や「●●音大」と呼称する場合もある。芸術大学などのケースでは、「芸大」、「●●芸」、「●●芸大」と称する場合もある。

日本[編集]

日本において国立大学法人が運営する音楽学部を設置している大学は、東京藝術大学のみである。次いで公立大学としては、愛知県立芸術大学京都市立芸術大学沖縄県立芸術大学の三大学である(また現在大分県立芸術短期大学が四年制芸術大学移行に向けて準備室を設置中)。またピアノと声楽のみであるが(音楽学において作曲も専門的に学べる)お茶の水女子大学の中に芸術・表現行動学科 音楽表現コースが設置されている。そして、東京学芸大学大阪教育大学のように、実質的に音楽大学と同一の教育内容であるゼロ免課程教育学部を設ける大学も数校存在し、ここから専門の音楽家になる者もいる。単科の国公立音楽大学は日本に於いて現在は存在しないため、狭義では日本の単科音楽大学は私立大学のみとなる。また、東京工科大学メディア学部には、音楽の専門家育成を主たる目的とするものではないが、音楽系の講義やプロジェクトが存在し、アーティストの支援活動を行ったり、大学レーベルから大学生アーティストを誕生させている。大阪芸術大学2001年、日本初となる通信教育部音楽学科を設置している。

入学試験[編集]

入学試験では一般的に以下のような科目が課される

  • 専攻科目試験:一番のウェイトを占める。演奏科の場合、課題曲が指定されていることが多い。
  • 聴音:旋律聴音と和声聴音を行う。どちらかに限定している学校もある。
  • 楽典:基礎的な音楽理論の力を見る。
  • 和声課題:主にソプラノ課題またはバス課題のいずれか。和声学の知識。主に作曲や音楽学の志望者に対して行われる。
  • 新曲視唱:初見で楽譜を演奏。歌うことが殆ど。
  • コールユーブンゲン視唱:指定された番号の曲を歌う。
  • 副科ピアノ:ピアノ専攻以外は殆どにおいて必須科目。特定のエチュード以上のレベルで指定されている。そのためそれ以上のレベルであれば、自由に曲を選択することも可能である。
  • 即興演奏:ジャズ専攻に多い。
  • 国語英語筆記試験
  • AO入試自己推薦入試などを導入している場合も、上記のような実技試験がある大学が多いが、一部には全く課さない学科も現れている[1]

日本の音楽系大学一覧[編集]

各国の音楽大学・音楽院[編集]

音楽のための教育機関としては音楽大学と音楽院とが混在している。ドイツ、オーストリア、イギリスにおいては音楽大学が中心であるが、ヨーロッパの音楽系教育機関は、フランスのパリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)をモデルとして近代に創立・発展したものが多く(フランスにおける音楽教育は、美術建築工芸料理、その他諸芸術分野の教育と同様に高等専門学校または専門学校において展開した)、そのため、スイス、イタリア、スペイン、ベルギー、オランダをはじめ、コンセルヴァトワールの名を持つ音楽系専門学校が今も多くみられる。また、ポーランド、デンマークのように、アカデミーの名を持つ音楽系専門学校も見られる。また、アメリカのほとんどの音楽大学では音楽大学、短期大学、専門学校の複数の教育機関を有しており、専門課程などであっても「大学」という名称が変わらないためしばし混合される事もある。

アメリカ合衆国[編集]

アルメニア[編集]

イギリス[編集]

イタリア[編集]

ウクライナ[編集]

エストニア[編集]

オーストラリア[編集]

オーストリア[編集]

オランダ[編集]

カナダ[編集]

クロアチア[編集]

スイス[編集]

スウェーデン[編集]

スペイン[編集]

チェコ[編集]

中華人民共和国[編集]

デンマーク[編集]

ドイツ[編集]

トルコ[編集]

ハンガリー[編集]

フィンランド[編集]

ブラジル[編集]

フランス[編集]

ベトナム[編集]

ベルギー[編集]

ポーランド[編集]

リトアニア[編集]

ルーマニア[編集]

ロシア[編集]

朝鮮民主主義人民共和国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近年、音楽大学の著しい志願者減少や定員割れ状態の慢性化を受け、声楽や楽器演奏、作曲など実技の修得を第一の目的としない学科や専攻を新設する音楽大学も徐々に増えている。またAO入試を採用した音楽系学科や、実技試験に代えて小論文等を選択できる選考方法を設定している音楽大学も出現している。大阪芸術大学は美術系・音楽系の諸学科があるが、全学科においてAO入試を採用し、定員の過半数の学生をこれらの入試によって選抜している。また同大学は2001年に通信教育部を開設しているが、学生の選抜は書類選考のみで実技試験は行っていない。また2017年度より新設された昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科音楽教養コースの入学試験(平成29年度入学試験要項音楽芸術運営学科音楽教養コース昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部(PDFファイル))は、「主科に関わる課題」として「小論文」か「音楽実技」のいずれか一方を選択して受験し、他には実技試験を課されない制度になっている。また「小論文で受験した場合も、入学後、ピアノまたは声楽の音楽教養実技のほか、バレエを含む各副科実技を選択履修できる」と明記し、未経験者が実技科目を履修できるようになっている。受験前に実技に関する専門的な経験がなくても音楽大学入学が可能になり始めている。

関連項目[編集]