トロッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トロッコとは軽便鉄道産業鉄道、軍用鉄道における貨車の一種。もしくは人力によって走らせる手押し車。英語の truck (トラック)のなまったものが語源とされる(本来英語でトロッコはminecartと呼ぶ)。

利用[編集]

主に、鉱山・工場・店などで自動車トラックが利用できない場合や、隧道ダム等の大規模工事現場で道路を建設するより早く簡単な場合、ないしは、土木工事の現場において大量の土砂を搬出するため、トラックを使用して運搬するよりも速く移送できる場合などに、梯子状に組みあがった線路(軌匡)による仮設軌道を設置して、その上を運行するものが多いが、本格的な路盤に線路を敷設する場合もある。

ペダルをこいで進む保線用の軌道自転車のことを指すこともある[1]

走行させる車両は簡易貨車であることが多いが、鉱山などで動力車を持ち込めない場合には、ウインチによる牽引や人力の手押し車が使われることもある。

ビア[編集]

ビア

英語では棺桶を載せる四輪の手押し車の事をビア: bier)と言う。

山梨県など、一部の方言では工事用の手押しのトロッコの事を「ビール」と称するが、これは上記から来ているものと見られる。ウィキソース甲信越民謡も参照。

トロッコをめぐる出来事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 旧手宮線を軌道自転車で快走 小樽で「レールカーニバル」始まる」『北海道新聞』北海道新聞社、2014年7月19日。2014年7月20日閲覧。オリジナルの2014-7-28時点におけるアーカイブ。
  2. ^ ロシア外交官と家族、手押しトロッコで北朝鮮を出る”. BBC (2021年2月27日). 2021年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]