明神電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
廃線後の保存車両
明神電車(一円電車)
(1980年8月撮影)

明神電車(めいしんでんしゃ[1])は、かつて兵庫県大屋町(現・養父市)・朝来町(現・朝来市)の明延鉱山にあった鉱山用軌道。明延(あけのべ)と神子畑(みこばた)を結ぶことからその名がついた。

概要[編集]

鉱石の輸送を目的に敷設された。

本来は神子畑 - 新井国鉄播但線)間の下部軌道とワンセットの上部軌道に位置づけられていたが、道路整備で下部軌道は早期(1957年)に廃止され、上部軌道に当たるこちらのみが残された。

当初は明延から養父駅へ向かう軽便鉄道が計画されたが予定線の沿線住民の反対により、神子畑からのルートとなった[2]

1912年の明延 - 神子畑間の索道(延長 5.75 km)設置に始まり、1918年には輸送力増強のために軌道の敷設が計画され、途中に立ちはだかる山々を貫通する3本のトンネルの掘削工事が開始されたが、難工事のために翌年一旦中断された。

その後1927年に工事が再開され、1929年に最大の難工事となった明神第三隧道(延長 3,937 m)の工事が完成し、同年4月より坑内軌道で使用されていた4t級電気機関車と1t積鉱車による鉱石輸送が開始された。

さらに、戦時体制下にあって戦略資源としての鉱石の重要度が増大した1941年には軌間の変更(改軌)が行われた。これにより、坑内軌道と同じ 500 mm 軌間から 762 mm 軌間へ拡幅され、輸送力の大幅な強化が実現した[3]

鉱石列車のほかに、鉱山関係者の便宜を図って人車も1945年から運行された。この時、当初は運賃無料であったのが、1949年から50銭、1952年から1円を徴収するようになった。その運賃はその後、1985年10月の人員輸送廃止[4]まで変わらなかった。「一円電車」と呼ばれる所以はここにある。

なお、登山客へも10円の料金を徴収して開放していた事があり、その後は関係者かどうかに関係なく運賃を1円[5]に統一した。しかし、1960年代にマスコミで「運賃が1円」ということが取り上げられた結果、興味本位の部外者の乗車が増え、その中には運行を妨害するような者も少なからずいたことから、業務に支障が出るという本末転倒の事態になり、部外者の乗車を禁止せざるを得なくなった(しかし、その後も関係者の判断で乗車できることもあった)。

鉱山鉄道としては重軌条化、プッシュプル方式電気機関車の無線操縦[6]による総括制御など、合理化と輸送力強化がキャパシティの限界まで徹底されていた。

その一方で、自社工場製の電動客車(白銀・赤金)や客車(くろがね・わかば・あおば)による人員輸送も、代替交通機関が存在しなかった事から最後まで継続した。

プラザ合意以降の急激な円高の進行で錫鉱山としての国際競争力が低下し、明延鉱山が1987年に閉山となったことに伴い、明神電車も廃線となった。

なお明神電車は全長約 6 km でほとんどがトンネル区間となっており、軌間 762 mm・直流 550 V 電化であった。

なお、その歴史的経緯から坑道内の 500 mm 軌間を採用した軌道と敷地を共用していた区間が一部にあり、ここは三線軌条となっていた。500 mm 軌間の区間には非電化電化の区間が両方あり、バッテリー式機関車と電気機関車が併用されていた。

廃線後[編集]

多くの電気機関車客車バッテリーカーなどは、養父市立あけのべ自然学校に車両が保存されているほか、一部は、集落の南谷郵便局前にも保存されている。2010年10月からは、毎月第1日曜日動態保存が行われることが報じられた[7]。その後、養父市立あけのべ自然学校でバッテリートロッコの運転が実施された[8]が、枕木の老朽化等により2011年7月以降は運行を休止している[9]。地元の養父市では2015年夏までに枕木の交換を完了させ、車両の動態保存を進めるNPOでは完了次第トロッコの運転を再開し、将来の「一円電車」動態運行をめざしている[9]

一部の車両(機関車・客車・貨車)は、道の駅あさご内に展示されている。道の駅あさご・フレッシュあさご但馬のまほろばで、一円電車のペーパークラフトや道の駅訪問記念きっぷの裏面デザインに、一円電車を印刷されたものも販売された。

また朝来市内にある明延鉱山神子畑選鉱所跡は史跡公園に整備され、一部、公園内にレール等が保存されており、史跡公園 - 道の駅あさご間に、橋梁跡やトンネル、廃線跡などの遺構が残っている。道の駅あさご - フレッシュあさご間の国道312号線沿いには、明神鉄道で使われていた鋳鉄橋が保存されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡本憲之編 『全国軽便鉄道失われたナローゲージ物語300選』 JTB、1999年、p.194。ISBN 4-533-03198-6
  2. ^ 岡本憲之著『一円電車と明延鉱山』神戸新聞総合出版センター、2012年、p.28
  3. ^ これに伴い、10 t 級電気機関車と 4 t 積鉱車が導入されている。
  4. ^ 日本交通公社時刻表編集部編『あなたも名探偵 時刻表クイズ』日本交通公社出版事業局、1986年、ISBN 4533006132
  5. ^ 本来は99銭の設定であったが、正しく支払うのに必要な通貨が存在せず徴収不能のため、便宜上1円としたという。
  6. ^ 当線最大級の 10 t 級電機であったNos.1 - 3の3両を改造し常時2両を使用、1両を検査予備として間に 5 t 積グランビー鉱車を挟んで1編成を構成した。なお、車載不能であった機器は隣に連結された背の低い有蓋貨車に搭載された。
  7. ^ 「一円電車」復活へ 地元住民、線路整備に汗 朝日新聞2010年10月4日
  8. ^ 鉱石の道イベント情報より
  9. ^ a b 「将来は一円電車を」明延鉱山跡のトロッコ軌道 養父市が枕木交換進める NPO「早く走らせたい!」 - 産経ニュースWEST2015年4月10日

関連項目[編集]