スズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インジウム スズ アンチモン
Ge

Sn

Pb
Element 1: 水素 (H), 非金属
Element 2: ヘリウム (He), 希ガス
Element 3: リチウム (Li), アルカリ金属
Element 4: ベリリウム (Be), 卑金属
Element 5: ホウ素 (B), 金属
Element 6: 炭素 (C), 非金属
Element 7: 窒素 (N), 非金属
Element 8: 酸素 (O), 非金属
Element 9: フッ素 (F), ハロゲン
Element 10: ネオン (Ne), 希ガス
Element 11: ナトリウム (Na), アルカリ金属
Element 12: マグネシウム (Mg), 卑金属
Element 13: アルミニウム (Al), 卑金属
Element 14: ケイ素 (Si), 金属
Element 15: リン (P), 非金属
Element 16: 硫黄 (S), 非金属
Element 17: 塩素 (Cl), ハロゲン
Element 18: アルゴン (Ar), 希ガス
Element 19: カリウム (K), アルカリ金属
Element 20: カルシウム (Ca), アルカリ土類金属
Element 21: スカンジウム (Sc), 遷移金属
Element 22: チタン (Ti), 遷移金属
Element 23: バナジウム (V), 遷移金属
Element 24: クロム (Cr), 遷移金属
Element 25: マンガン (Mn), 遷移金属
Element 26: 鉄 (Fe), 遷移金属
Element 27: コバルト (Co), 遷移金属
Element 28: ニッケル (Ni), 遷移金属
Element 29: 銅 (Cu), 遷移金属
Element 30: 亜鉛 (Zn), 卑金属
Element 31: ガリウム (Ga), 卑金属
Element 32: ゲルマニウム (Ge), 金属
Element 33: ヒ素 (As), 金属
Element 34: セレン (Se), 非金属
Element 35: 臭素 (Br), ハロゲン
Element 36: クリプトン (Kr), 希ガス
Element 37: ルビジウム (Rb), アルカリ金属
Element 38: ストロンチウム (Sr), アルカリ土類金属
Element 39: イットリウム (Y), 遷移金属
Element 40: ジルコニウム (Zr), 遷移金属
Element 41: ニオブ (Nb), 遷移金属
Element 42: モリブデン (Mo), 遷移金属
Element 43: テクネチウム (Tc), 遷移金属
Element 44: ルテニウム (Ru), 遷移金属
Element 45: ロジウム (Rh), 遷移金属
Element 46: パラジウム (Pd), 遷移金属
Element 47: 銀 (Ag), 遷移金属
Element 48: カドミウム (Cd), 卑金属
Element 49: インジウム (In), 卑金属
Element 50: スズ (Sn), 卑金属
Element 51: アンチモン (Sb), 金属
Element 52: テルル (Te), 金属
Element 53: ヨウ素 (I), ハロゲン
Element 54: キセノン (Xe), 希ガス
Element 55: セシウム (Cs), アルカリ金属
Element 56: バリウム (Ba), アルカリ土類金属
Element 57: ランタン (La), ランタノイド
Element 58: セリウム (Ce), ランタノイド
Element 59: プラセオジム (Pr), ランタノイド
Element 60: ネオジム (Nd), ランタノイド
Element 61: プロメチウム (Pm), ランタノイド
Element 62: サマリウム (Sm), ランタノイド
Element 63: ユウロピウム (Eu), ランタノイド
Element 64: ガドリニウム (Gd), ランタノイド
Element 65: テルビウム (Tb), ランタノイド
Element 66: ジスプロシウム (Dy), ランタノイド
Element 67: ホルミウム (Ho), ランタノイド
Element 68: エルビウム (Er), ランタノイド
Element 69: ツリウム (Tm), ランタノイド
Element 70: イッテルビウム (Yb), ランタノイド
Element 71: ルテチウム (Lu), ランタノイド
Element 72: ハフニウム (Hf), 遷移金属
Element 73: タンタル (Ta), 遷移金属
Element 74: タングステン (W), 遷移金属
Element 75: レニウム (Re), 遷移金属
Element 76: オスミウム (Os), 遷移金属
Element 77: イリジウム (Ir), 遷移金属
Element 78: 白金 (Pt), 遷移金属
Element 79: 金 (Au), 遷移金属
Element 80: 水銀 (Hg), 卑金属
Element 81: タリウム (Tl), 卑金属
Element 82: 鉛 (Pb), 卑金属
Element 83: ビスマス (Bi), 卑金属
Element 84: ポロニウム (Po), 金属
Element 85: アスタチン (At), ハロゲン
Element 86: ラドン (Rn), 希ガス
Element 87: フランシウム (Fr), アルカリ金属
Element 88: ラジウム (Ra), アルカリ土類金属
Element 89: アクチニウム (Ac), アクチノイド
Element 90: トリウム (Th), アクチノイド
Element 91: プロトアクチニウム (Pa), アクチノイド
Element 92: ウラン (U), アクチノイド
Element 93: ネプツニウム (Np), アクチノイド
Element 94: プルトニウム (Pu), アクチノイド
Element 95: アメリシウム (Am), アクチノイド
Element 96: キュリウム (Cm), アクチノイド
Element 97: バークリウム (Bk), アクチノイド
Element 98: カリホルニウム (Cf), アクチノイド
Element 99: アインスタイニウム (Es), アクチノイド
Element 100: フェルミウム (Fm), アクチノイド
Element 101: メンデレビウム (Md), アクチノイド
Element 102: ノーベリウム (No), アクチノイド
Element 103: ローレンシウム (Lr), アクチノイド
Element 104: ラザホージウム (Rf), 遷移金属
Element 105: ドブニウム (Db), 遷移金属
Element 106: シーボーギウム (Sg), 遷移金属
Element 107: ボーリウム (Bh), 遷移金属
Element 108: ハッシウム (Hs), 遷移金属
Element 109: マイトネリウム (Mt), 遷移金属
Element 110: ダームスタチウム (Ds), 遷移金属
Element 111: レントゲニウム (Rg), 遷移金属
Element 112: コペルニシウム (Cn), 卑金属
Element 113: ウンウントリウム (Uut), 卑金属
Element 114: フレロビウム (Fl), 卑金属
Element 115: ウンウンペンチウム (Uup), 卑金属
Element 116: リバモリウム (Lv), 卑金属
Element 117: ウンウンセプチウム (Uus), ハロゲン
Element 118: ウンウンオクチウム (Uuo), 希ガス
50Sn
外見
銀白色(左、βスズ)または灰色(右、αスズ)
Sn-Alpha-Beta.jpg
一般特性
名称, 記号, 番号 スズ, Sn, 50
分類 卑金属
, 周期, ブロック 14, 5, p
原子量 118.710
電子配置 [Kr] 4d10 5s2 5p2
電子殻 2, 8, 18, 18, 4(画像
物理特性
固体
密度室温付近) (βスズ)7.365 g/cm3
密度室温付近) (αスズ)5.769 g/cm3
融点での液体密度 6.99 g/cm3
融点 505.08 K, 231.93 °C, 449.47 °F
沸点 2875 K, 2602 °C, 4716 °F
融解熱 (βスズ)7.03 kJ/mol
蒸発熱 (βスズ)296.1 kJ/mol
熱容量 (25 °C) (βスズ)27.112 J/(mol·K)
蒸気圧
圧力 (Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) 1497 1657 1855 2107 2438 2893
原子特性
酸化数 4, 2, -4(両性酸化物
電気陰性度 1.96(ポーリングの値)
イオン化エネルギー 第1: 708.6 kJ/mol
第2: 1411.8 kJ/mol
第3: 2943.0 kJ/mol
原子半径 140 pm
共有結合半径 139 ± 4 pm
ファンデルワールス半径 217 pm
その他
磁性 (βスズ)常磁性、(αスズ)反磁性[1]
電気抵抗率 (0 °C) 115 nΩ·m
熱伝導率 (300 K) 66.8 W/(m·K)
熱膨張率 (25 °C) 22.0 µm/(m·K)
ヤング率 50 GPa
剛性率 18 GPa
体積弾性率 58 GPa
ポアソン比 0.36
モース硬度 1.5
ブリネル硬度 51 MPa
CAS登録番号 7440-31-5
最安定同位体
詳細はスズの同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
112Sn 0.97 % 中性子62個で安定
114Sn 0.66 % 中性子64個で安定
115Sn 0.34 % 中性子65個で安定
116Sn 14.54 % 中性子66個で安定
117Sn 7.68 % 中性子67個で安定
118Sn 24.22 % 中性子68個で安定
119Sn 8.59 % 中性子69個で安定
120Sn 32.58 % 中性子70個で安定
122Sn 4.63 % 中性子72個で安定
124Sn 5.79 % 中性子74個で安定
126Sn trace 2.3 × 105 y β- 0.380 126Sb

スズ(錫、: Tin: Zinn)とは、典型元素の中の炭素族元素に分類される金属で、原子番号50の元素である。元素記号Sn

概要[編集]

スズは、錫石などに含まれている。比較的精錬や加工のしやすい金属として、古くから用いられてきた。青銅器などの材料として有名である。

スズの元素記号のSnはラテン語の「stannum」に由来しているものの、元来この単語は合金のことだった。それが4世紀頃より、スズのことを「stannum」と呼ぶようになった。

金属スズを曲げると、結晶構造が変化することによりスズ鳴き (tin cry) と呼ばれる独特の音がする。同様の現象は、ニオブインジウムでも見られる。

構造・物性[編集]

常温常圧での結晶構造は、正方晶のβスズ(beta-tin) 構造で、この状態の金属スズをβスズ(白色スズ)と言う。

βスズは、高温(161 °C以上)でγスズ(斜方スズ)に、低温(13 °C以下)でαスズ(灰色スズ、バンドギャップが約0.1 eVの半導体[要出典])となる。

超伝導転移温度は3.72Kである[2]

同素変態[編集]

スズには常温に近い温度にβスズとαスズの転移点が存在する。αスズへの転移では展性が失われ、同時に大幅に体積が増加する。通常の温度範囲では不純物などの影響によりこの転移はほとんど進まないが、極地方のような酷寒の環境では転移が進行する場合があり、スズ製品が膨らんでぼろぼろになってしまう現象が生じる。この現象はスズ製品の一部分から始まりやがて全体に広がるため、伝染病に喩えてスズペストと呼ばれる。

スズに限らず金属にはこういった、温度や圧力に応じて結晶構造が変わる同素変態をみせるものがある。スズではこの同素変態によってその物性が大きく変化する。βスズからαスズには物理的には13.2 °Cで変態するが、実際に反応が進むのは-10 °Cの低温領域からであり、-45 °Cでその反応速度は最大になるが、それでも1 mm進むのに約500時間も掛かる。スズは結晶構造の違いによってさらに161 °C以上でのγスズがあり、これらの異なる単体は同素体と呼ばれ、変態する温度は変態点と呼ばれる[3]

同位体[編集]

スズには安定同位体の種類が比較的多い。これは、スズの陽子の数が魔法数の1つである50だからだと説明されている。

化合物[編集]

用途[編集]

スズは鉄などと比較すると融点が低いため比較的加工しやすい金属材料として、また鉛などと比較すると害が少ない比較的扱いやすい金属材料として、スズ単体、または、合金の成分として古来から広く用いられてきた。

合金[編集]

スズを含む合金としては、との合金であるはんだ(最近は鉛フリーのはんだもある)、銅との合金である青銅が代表的である。青銅の一種である砲金は靱性に富むため、1450年ごろからそれまで鋳鉄製だった大砲がこれで鋳造され、砲金の名もここからきている。この青銅製への変換によって大砲は安定性を獲得し、1520年ごろには大砲は完全に青銅製のものとなった[4]。大砲はやがてふたたび鉄製に移行したが、砲金は現代においても機械の軸受けなどに広く使用される。

パイプオルガンのパイプもスズを主とした合金である。また、活字合金にもスズは含まれる。

中世ヨーロッパでは、スズを主成分とする合金であるピューター(しろめ)が、銀食器に次ぐ高級食器に使われた。スズを大量に産出するマレーシアでは、19世紀からピューターで作った食器や花器、その他の工芸品が作られ、国を代表する特産品になっており、ロイヤルセランゴール社などの製品が各国に輸出されている[5]。19世紀から20世紀前半にかけてのヨーロッパでは、スズで作られた男児用の玩具であるスズの兵隊が生産され、現代ではコレクターによって収集されている。全米フィギュアスケート選手権では4位の選手にピューター(錫合金)メダルを授与する。

このほか、軸受に用いられるバビットメタルおよびアンチモンとの合金)、ウッド合金ガリンスタンのような一連の低融点合金などがある。

金属スズ[編集]

スズ単体についても、錆びず適度な硬さがあり加工もしやすいため、食器などの日用品やスズ箔として広く用いられてきた。安価で錆びにくい金属食器としての地位は軽量・頑丈で熱に強いアルミニウム食器に置き換わったが、手工芸による加工に適したスズもなお食器材料として一定の需要がある。

めっき[編集]

近代の用途としてまず最初に開発されたのはβスズを鋼板に被覆したブリキであり、亜鉛を同じく鋼板に被覆したトタンとともに錆びやすい鋼板の大量使用への道を開き、缶詰玩具の材料として広く使用された。

その他[編集]

インジウムとスズの酸化物 (ITO) は液晶ディスプレイ有機ELの電極として用いられるほか、熱線カットガラスとして乗用車のフロントガラスなどの表面に用いられる。

また、融点が低いことを利用してフロートガラスの製造にも使われている。

有機スズ化合物は塩化ビニールなどの安定剤などに広く使用される[6]

日本での用途[編集]

日本には、スズそのものの加工品としては奈良時代後期にとともに持ち込まれた可能性が高い。今でいう茶壷茶托などと推測される。金属スズは比較的毒性が低く、酸化や腐食に強いため、主に飲食器として重宝された。現在でも、大陸喫茶文化の流れを汲む煎茶道ではスズの器物が用いられることが多い。日本独自のものには、神社で用いられる瓶子(へいし、御神酒徳利)、水玉、高杯などの神具がある。いずれも京都を中心として製法が発展し、全国へ広まった。それまでの特権階級のものから、江戸時代には町民階級にも慣れ親しまれ、酒器、中でも特に注器としてもてはやされた。京都大阪大阪浪華錫器)、鹿児島(薩摩錫器)[7]に、伝統的な錫工芸品が今も残る。近年では日本酒用以外にビアマグタンブラーなどもつくられるようになった。また、一部の比較的高級な飲食店では日本酒のに、こだわりとして高価であるスズ製ちろりを使用するところがある。科学的には定かではないが、錫製品は水を浄化し雑味が取り除かれ、酒がまろやかになると言われている。近年では、錫の軟らかい性質を利用した錫製品や作品が、富山県を中心に製造されている。

用途別使用量[編集]

上記用途のうちでもっとも重要な用途ははんだの製造であり、スズ年間使用量の約45%を占める。次いで約20%がスズめっき(ブリキなど)に使用される。3番目の用途は塩化ビニールなどの安定剤などに使用する化合物としての使用であり、この用途に約15%が使用される。残り20%が各種合金やガラス製造、スズ工芸品などその他の用途に使用される分である[8]

毒性[編集]

スズは人間や動物には容易に吸収されず、生体中での生物学的役割は知られていない。スズは金属や酸化物、塩類といった無機化合物の形では毒性が低いため食器や缶詰など広範囲に渡って利用されているが[9]、缶詰内側の腐食などによって高濃度にスズが溶出した食品を摂取することによる急性中毒も発生している[10]。急性毒性の症状としては吐き気、嘔吐、下痢などがみられる[10]。例えば、日本の食品衛生法ではスズの濃度は150 ppm以下とするよう定められており[10]英国食品基準局では缶詰食品中のスズ濃度の上限を200 ppmとしている[11]。2002年に英国食品基準局が行った調査では、調査対象となった食品の缶詰のうち99.5 %がスズの含有量の上限値を下回っており、基準値を超えていた缶詰に関しては販売差し止め措置が取られている[12]。2003年のBlundenの報告では、過去25年間に100から200 ppmの濃度範囲ではスズの急性中毒の症例の報告がないことから、スズの急性中毒の閾値は200 ppmであることが示唆されるという見解が示されている[13]。また、長期間酸化スズの粉塵に曝される環境では肺が冒されることがあり、錫肺症と呼ばれる。環境の整っていない時代には鉱山からの採掘の際に多くの労働者が肺を病んだ。

一方で、有機スズ化合物の毒性は無機スズ化合物の毒性よりもはるかに高く、その毒性は有機基によって異なるもののいくつかの有機スズ化合物はシアン化物と同程度の非常に強い毒性を有するものもある[9]トリブチルスズ誘導体 (TBT)は船底に貝が付着することを効果的に防止する塗料として広く用いられていたが、1970年代以降内分泌攪乱化学物質としての作用や海洋生物に対する蓄積毒性などTBTの毒性が知られ始め、1982年にフランス政府がTBTを含む塗料を小型ボートに使用することを禁止したのをはじめとして各国で規制されるようになっていった[14]。例えば日本では化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)によって第一種特定化学物質としてビス(トリブチルスズ)オキシドが規制対象となっており[15]、トリフェニルスズ誘導体やトリブチルスズ誘導体も第二種特定化学物質として規制対象となっている[16]。2001年には全ての船舶に有機スズ化合物を含んだ塗料の使用を禁止する船舶の有害な防汚方法の規則に関する国際条約 (IMO条約)が国際海事機関によって採択され、2008年に25か国が批准したことによって発効した[17]。また、TBTは2009年にロッテルダム条約(国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約、PIC条約)の規制対象物質リストである附属書IIIに追加され、TBTの国際貿易を行うには500 ppm以下の非意図的混入を除いて輸出申請を行わなければならないことが義務付けられている[18]

スズ鳴き[編集]

体心正方晶格子である白色スズの結晶に力を加えて変形させると、「カリッ」と音を出して金属結晶が塑性変形して内部結晶が双晶に変化する。この双晶は変形双晶や機械的双晶と呼ばれ、冷間加工後に焼きなましされた時に作られる焼きなまし双晶と区別される[3]

スズ鉱石

スズ鉱石[編集]

スズの重要な鉱石鉱物は、錫石 (SnO2) であり、スズ鉱石の4分の3を占めている[19]。主に石英との鉱石フォーメーションとして産する。鉱滓からはタンタルを回収できる。錫石は比重の大きなスズと比重の小さい石英を主体としており、また浮遊選鉱になじまないため、古い選鉱法である比重選鉱法(鉱石の載ったテーブル上に水を流し込み、振動させて比重の差により分離する)が主に使用される[20]。風化に強いため、砂鉱の砂錫としても産出する。また、硫化した黄錫鉱(Cu2FeSnS4)もおもな鉱石のひとつである[21]

生産[編集]

スズの産出量 (2006年、トン)[22]
インドネシアの旗 インドネシア 117500
中華人民共和国の旗 中国 114300
ペルーの旗 ペルー 038470
ボリビアの旗 ボリビア 017669
ブラジルの旗 ブラジル 009528
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 007200
ロシアの旗 ロシア 005000
ベトナムの旗 ベトナム 003500
マレーシアの旗 マレーシア 002398
世界計 321000
経済的可採資源量[23]
100万トン
1965 4,265
1970 3,930
1975 9,060
1980 9,100
1985 3,060
1990 7,100
2000 7,100[24]
2010 5,200[25]
世界のスズ鉱山埋蔵量 (トン, 2011年)[26]
埋蔵量
中華人民共和国の旗 中国 1,500,000
マレーシアの旗 マレーシア 250,000
ペルーの旗 ペルー 310,000
インドネシアの旗 インドネシア 800,000
ブラジルの旗 ブラジル 590,000
ボリビアの旗 ボリビア 400,000
ロシアの旗 ロシア 350,000
オーストラリアの旗 オーストラリア 180,000
タイ王国の旗 タイ 170,000
  その他の国 180,000
  総計 4,800,000
世界の10大スズ生産企業(トン)[27]
社名 2006年 2007年 %増減
雲南錫業 中国 52,339 61,129 16.7
ティマ社 インドネシア 44,689 58,325 30.5
Minsur ペルー 40,977 35,940 −12.3
Malay 中国 52,339 61,129 16.7
Malaysia Smelting Corp マレーシア 22,850 25,471 11.5
Thaisarco タイ 27,828 19,826 −28.8
雲南乗風 中国 21,765 18,000 −17.8
Liuzhou China Tin 中国 13,499 13,193 −2.3
EM Vinto ボリビア 11,804 9,448 −20.0
Gold Bell Group 中国 4,696 8,000 70.9
鉱山および精錬所のスズ生産量(トン)、2006年[28]
鉱山生産量 精錬所生産量
インドネシア 117,500 80,933
中国 114,300 129,400
ペルー 38,470 40,495
ボリビア 17,669 13,500
タイ 225 27,540
マレーシア 2,398 23,000
ベルギー 0 8,000
ロシア 5,000 5,500
コンゴ民主共和国 15,000 0

スズの鉱床は漂砂鉱床と鉱脈とに大別され、東南アジアにおいては漂砂鉱床が、南アメリカのアンデス山脈においては鉱脈が主流である。2006年度の鉱山からの世界生産量は321000トンである。2006年度において最もスズの産出量が多い国はインドネシアであり、117500トンにのぼる。これに次ぐのが中国であり、114300トンを産出している。これ以外の国の産出量は上位2国に比べると生産量はずっと少なく、3位のペルーでも38470トンと半分以下になる。以下、産出量はボリビアブラジルコンゴ民主共和国ロシアベトナムマレーシアと続く。こののち、2010年にはスズの最大生産国は中国となり、インドネシアはスズ鉱石・スズ精鉱ともに世界2位の生産量となった[29]。スズは埋蔵量に比べて消費量が多い金属の1つであり、可採埋蔵量は18年(2007年)にすぎないが、スズは未探査区域の多い鉱物であり、その推定埋蔵が見込まれるため実際の枯渇はそれより後になると考えられている[30]。また、スズはリサイクルが盛んであり、鉱山からの産出32万トンのほかに、リサイクルからの供給が14000トンほど存在する[31]。スズ鉱石は必ずしも生産国で精錬されるわけではなく、ベルギーのようにまったく国内にスズを産しないにもかかわらず精錬量の多い国や、逆にコンゴ民主共和国のように多量のスズ鉱石を産出しながらまったく国内で精錬の行われない国も存在する。スズ生産企業としては、中国の雲南錫業やインドネシアの国営スズ鉱山企業であるティマ社などが大きい。

日本においてはかつて兵庫県明延鉱山などで盛んに産出されたが、現在ではスズ鉱山のほとんどは閉山し産出はわずかである。2008年には日本のスズ輸入量は33659トンであったが、このほかに日本国内に流通するブリキやハンダの多くはリサイクルに回されるため、この回収された分の国内生産量が879トン存在する[32]

歴史[編集]

スズは融点が低く、また主要鉱石である錫石からの精練が容易であるため、人類史においてもっとも早くから使用され始めた金属の1つである。当初の主な用途は銅との合金である青銅を製造することであり、紀元前3000年ごろにメソポタミアにおいてはじめて青銅が開発されたことによって銅の硬度不足が大幅に改善され、人類は石器時代から青銅器時代へと移行した。ただしスズは地域的に非常に偏在している鉱物[33]であり、現代においても一部地域に鉱山が集中する傾向がある。このため、スズを発見できなかった地域においては石器時代が長く続くことも稀ではなかった。日本においては青銅の製法は鉄と同時に伝えられたために青銅器時代が存在せず、また新大陸においても青銅の発見が遅れたために、スペイン人が新大陸に到達した時点において青銅は装飾品としての利用に限られていた。

古くから世界有数(少なくともヨーロッパ最大)のスズの産地だったのは、イギリスコーンウォールである。この地域のスズ鉱山はフェニキア人が初めて開発し、各地に盛んにスズを輸出していた。コーンウォールに隣接するデヴォン州においては、スズのインゴットを積んだ青銅器時代の難破船が発見されており[34]、この時期すでに盛んにスズ交易がおこなわれていたことをうかがわせる。この航路を握っていたフェニキア人国家であるカルタゴの崩壊後はローマ人がこの交易を握り、やがて43年クラウディウス帝の遠征によってコーンウォールはローマ帝国領のブリタンニアとなり、帝国崩壊後も中世・近世にかけて、イギリスはヨーロッパ中にスズを輸出していた。しかし産業革命により、とくに1810年にイギリスのピーター・デュラントによって缶詰が開発されブリキ製造用のスズの需要が急増すると、コーンウォールのスズでは不足するようになり、産出量も1871年を最後に減少するようになった[35]。それ以降も1890年代までは世界有数の産地であり続けたが、他産地との競合に敗れて1900年代にはシェアが大幅に下落した[36]

それに代わって世界最大のスズ産出国となったのがマレーシアである。マレー半島は古くからスズの産地として知られていたが、イギリスの植民地時代に資源開発が進み、1972年の7700トン/年をピークに減少に転じたものの、1985年までは世界の約1/4のシェアを占めていた。マレーにおけるスズの主産地はキンタ渓谷からクラン渓谷にかけての一帯であり[37]、この錫鉱山地帯の中心となったイポーは1900年代に入り急速に発展した。この時期、スズが国家経済において重要な地位を占めたもう1つの国はボリビアである。ボリビアのスズ開発は1880年代にはじまり、当時同国の主要輸出品であった銀の退潮と時を同じくして生産は急増していった。このスズの増産は民族資本によって行われたものであり、オルロ近郊にあるワヌニ鉱山の開発によって世界有数の大富豪と呼ばれたシモン・パティーニョのパティーニョ財閥をはじめとし、カルロス・ビクトル・アラマヨのアラマヨ財閥とマウリシオ・ホッホチルドのホッホチルド財閥を含めた3大財閥が生産の大部分を独占していた。これらの新興財閥はラパス市に本拠を置く自由党と結びつき[38]1899年には銀鉱山主と結びつきスクレ市を基盤とする保守党の政権を打倒した。これはボリビア連邦革命と呼ばれ、これによってボリビアの首都はスクレからスズ鉱山主の本拠地であるラパス市に事実上移動した。その後はさらにボリビアのスズ生産は増加し、1902年には銀の輸出額を抜き、1913年には同国の輸出の70%を占めるようになり[39]、「スズの世紀」とも呼ばれる時期を現出した。この好況期は1929年の大恐慌によって終息するが、その後も1980年代にいたるまでの100年以上もの間、スズはボリビア経済の柱となっていた。

こうしたスズ生産を統括するため、1956年には国際スズ協定が採択された。この協定は価格維持と生産安定を主眼においたもので、下部機関の国際スズ理事会によって輸出割り当てや需給調整が行われていた。このシステムは1976年ごろまでは有効に機能したが、しかしその後はオイルショックによる資源全般高に引っ張られたスズの価格高騰と、それに反比例する消費の低迷によってこの協定は揺らぎ始めた。また、この協定は生産国と消費国がともに加盟するものであったため、生産国のための機関として1983年、スズ生産国同盟がマレーシアを中心として結成された。さらに1982年に第6次協定が締結されたが、これには大生産国のボリビアやアメリカ、ソビエト連邦の3か国が参加しなかったため、市場支配力が80%から53%にまで激減したことも、この体制の動揺を加速させた。そして1985年、国際スズ市場が暴落したため国際スズ理事会が機能を停止し、それを受けてロンドン金属取引所(LME)でのスズが取引停止となり、世界中のスズ取引が停止してしまった。錫危機である[40]。これによって国際スズ協定の価格維持策は完全に崩壊した。

このためにマレーシアのスズ鉱業は壊滅的な打撃を受け、翌1986年には産出量は半減し、その後も市場の混乱や資源枯渇による衰退が続き、現在は主要でない産出国の1つにすぎない。またボリビアも、1952年ボリビア革命によって3大財閥のスズ鉱山が接収されて国有化されたのちは、非効率な経営によって生産の減退が続き、1986年に国有企業のボリビア鉱山公社が解散した後でも生産の伸びは見られず、生産量は世界第4位にまで落ち込んでいる。

これにかわってスズ生産を伸ばし大生産国に躍り出たのは、インドネシア中国だった。インドネシアは19世紀末のオランダ領インドネシア時代にバンカ島ブリトゥン島(ビリトン島)でのスズ開発が始まって以来のスズの生産国のひとつである。このうちビリトン島で1860年にスズの採掘を始めたビリトン社は、やがてオランダ領スリナムボーキサイト採掘など非鉄金属鉱山全般に業務を拡大し、やがて2001年オーストラリアのBHP社と合併して世界最大の資源企業であるBHPビリトンとなった。この両島でのスズ採掘は現代ではインドネシア国営企業のティマ社が行っている[41]

スズの価格は上記のスズ危機以降低迷を続け、2002年ごろまで低迷していたが、その後中国のスズ需要の急増などに伴って価格が急騰し、2007年には2002年の3倍以上の価格となった[42]

脚注[編集]

  1. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  2. ^ Dehaas, W; Deboer, J; Vandenberg, G (1935). “The electrical resistance of cadmium, thallium and tin at low temperatures”. Physica 2: 453. Bibcode 1935Phy.....2..453D. doi:10.1016/S0031-8914(35)90114-8. 
  3. ^ a b 大澤, 直 『金属のおはなし』 日本規格協会(原著2006年1月25日)、第1版第1刷。ISBN 4542902757
  4. ^ 学研 「歴史群像グラフィック戦史シリーズ 戦略戦術兵器事典3 ヨーロッパ近代編」p80 1995年10月1日第1刷
  5. ^ http://www.tourismmalaysia.or.jp/mstyle/backnumber/backnumber-0710/omoshiro.html 「ピューターが紐解く発展の歴史」『Malaysia web magazine「m-style」』(マレーシア政府観光局)内 2015年10月24日閲覧
  6. ^ http://www.teta.jp/t-organictin.htm 「有機スズ化合物について」スズ化合物環境技術協議会 2015年10月24日閲覧
  7. ^ http://www.city.kagoshima.lg.jp/keizai/keizaishinko/san-shien/sangyo/shokogyo/jibasangyo/tokusanhin.html 「鹿児島の特産品」鹿児島市ホームページ 2015年10月24日閲覧
  8. ^ 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159-160 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行
  9. ^ a b G. G. Graf "Tin, Tin Alloys, and Tin Compounds" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, 2005 Wiley-VCH, Weinheim doi:10.1002/14356007.a27_049
  10. ^ a b c HACCP関連情報データベース 1.4.スズ”. 社団法人 食品産業センター. 2012年10月18日閲覧。
  11. ^ Eat well, be well — Tin”. Food Standards Agency. 2012年10月18日閲覧。
  12. ^ Tin in canned fruit and vegetables (Number 29/02) (PDF)”. Food Standards Agency (2002年8月22日). 2009年4月16日閲覧。
  13. ^ Blunden, Steve; Wallace, Tony (2003). “Tin in canned food: a review and understanding of occurrence and effect”. Food and Chemical Toxicology 41 (12): 1651–1662. doi:10.1016/S0278-6915(03)00217-5. PMID 14563390. 
  14. ^ “有機スズ化合物の生物毒性”. 化学と生物 Vol.32 (No.6). (1994). https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/32/6/32_6_405/_pdf 2012年10月22日閲覧。. 
  15. ^ 第一種特定化学物質”. 環境省. 2012年10月18日閲覧。
  16. ^ 第二種特定化学物質”. 環境省. 2012年10月18日閲覧。
  17. ^ 食品安全委員会ファクトシート 有機スズ化合物(概要)”. 2012年10月22日閲覧。
  18. ^ 有機スズ化合物に関する環境動向”. スズ化合物環境技術協議会. 2012年10月22日閲覧。
  19. ^ 西川精一 『新版金属工学入門』p427 アグネ技術センター、2001年
  20. ^ 「鉱物資源論」p61 志賀美英 九州大学出版会 2003年3月15日初版発行
  21. ^ 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行
  22. ^ [1]
  23. ^ Tin: From Ore to Ingot”. International Tin Research Institute (1991年). 2009年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月21日閲覧。
  24. ^ Carlin, Jr., James F.. “Tin: Statistics and Information (PDF)”. United States Geological Survey. 2008年11月23日閲覧。
  25. ^ Carlin, Jr., James F.. “Tin: Statistics and Information (PDF)”. United States Geological Survey. 2008年11月23日閲覧。
  26. ^ Carlin, Jr., James F.. “Tin: Statistics and Information (PDF)”. United States Geological Survey. 2008年11月23日閲覧。
  27. ^ International Tin Research Institute. Top Ten Tin Producing Companies.”. 2008年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月5日閲覧。
  28. ^ World Mineral Production 2002–06. British Geological Survey. p. 89. http://nora.nerc.ac.uk/3260/2/FINAL_WMP_2002_2006_COMPLETE_WEB.pdf 2009年7月7日閲覧。. 
  29. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』 明石書店 2013年 308ページ
  30. ^ 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行
  31. ^ 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行
  32. ^ http://www.dowa-ecoj.jp/catalog/2011/20110901.html DOWAエコジャーナル2011年9月1日「スズ含有廃棄物のリサイクル事業」 2015年10月24日閲覧
  33. ^ 西川精一 『新版金属工学入門』p427 アグネ技術センター、2001年
  34. ^ 「海を渡った人類の遙かな歴史 名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか」p243 ブライアン・フェイガン著 東郷えりか訳 河出書房新社 2013年5月30日初版
  35. ^ http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AN00234698-20130800-0001.pdf?file_id=98786 「第1次大戦直後のコーンウォール錫鉱山業-衰退産業と地域そして中央政府(1)」p3 工藤教和 慶応大学出版会 三田商学研究第56巻第3号 2013年8月 2015年7月1日閲覧
  36. ^ http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AN00234698-20130800-0001.pdf?file_id=98786 「第1次大戦直後のコーンウォール錫鉱山業-衰退産業と地域そして中央政府(1)」p4 工藤教和 慶応大学出版会 三田商学研究第56巻第3号 2013年8月 2015年7月1日閲覧
  37. ^ http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/articles/jititai/133/INDEX.HTM 「自治体国際化フォーラム-イポー特別市」 一般財団法人自治体国際化協会 2015年7月1日閲覧
  38. ^ 眞鍋周三編著 『ボリビアを知るための73章 【第2版】 』p264  明石書店 <エリア・スタディーズ 54> 2013年 ISBN 978-4-7503-3763-0
  39. ^ 眞鍋周三編著 『ボリビアを知るための73章 【第2版】 』p264  明石書店 <エリア・スタディーズ 54> 2013年 ISBN 978-4-7503-3763-0
  40. ^ 「鉱物資源論」p165 志賀美英 九州大学出版会 2003年3月15日初版発行
  41. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』 明石書店 2013年 306ページ
  42. ^ 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p160 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]