50

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
49 50 51
素因数分解 2 × 52
二進法 110010
六進法 122
八進法 62
十二進法 42
十六進法 32
十八進法 2E
二十進法 2A
ローマ数字 L
漢数字 五十
大字 五拾
算木 Counting rod h5.pngCounting rod 0.png

50五十、ごじゅう、いそ、い、fifty)は自然数、また整数において、49の次で51の前の数である。

性質[編集]

その他 50 に関連すること[編集]

  • 50 の接頭辞:quinquaginti()、pentaconta(
  • ラテン語では quinquaginta(クィーンクァーギンター)。
  • 100 の半分。そのため、百分率の習慣と関連して「半分」の意味で使われることが多い。例:「フィフティ・フィフティ」「五十歩(ごじっぽ)百歩」「明日の百より今日の五十」。
  • 「50」という数、あるいは「50個」を「いそぢ」と呼んだ。この場合、「-ぢ」という接尾辞は「9」以下の「-つ」という接尾辞と同じである。後に「-ぢ」に「路」という字を当てて特に年齢について「-歳代」と理解されるようになった。
  • 「五十日」を「いか」と呼んだ。この場合、「い」が「50」を表し、「-か(日)」は「いつか:五日」「むいか:六日」の「-か」と同じである。ここから「五十」を「いか」と読み、「五十嵐(いからし、いがらし)」「五十里(いかり)」等の表記が生まれた。「五十鈴:いすず」は「五十」を「い」と読む例である。
  • 五十音日本語の音の数。
  • 五十州アメリカ合衆国の数。
  • アメリカ合衆国の50番目の州はハワイ州である。
  • ローマ数字では 50 は L で表される。
  • 50年祭には、が記念品として使われたり、形容詞とされることが多い。たとえば、結婚50周年の祝いを金婚式という。
  • 論語に由来する言葉で、50歳を知命という。
  • 原子番号 50 の元素スズ (Sn)。
  • 偏差値で 50 は平均値を意味する。
  • 第50代天皇桓武天皇である。
  • 日本の第50代内閣総理大臣吉田茂である。
  • 大相撲の第50代横綱佐田の山晋松である。
  • 第50代ローマ教皇アナスタシウス2世(在位:496年11月24日498年11月19日)である。
  • 国鉄50系客車日本国有鉄道最後の新造客車である。
  • 国道50号群馬県前橋市茨城県水戸市
  • 五十騎備は兵法の1種。
  • 易占六十四卦で第50番目の卦は、火風鼎
  • クルアーンにおける第50番目のスーラカーフである。
  • 12.7x99mm NATO弾 (.50 BMG) を使用するブローニングM2は「フィフティー・キャリバー」と呼ばれる。
  • 旧約聖書
    • 創世記において主がソドムの町を滅ぼす前にアブラハムとの会話で50人の記述がある。
      主は言われた。「もしソドムの町に正しい者が五十人いるならば、その者たちのために、町全部を赦そう。」(創世記 18.26)
    • 旧約聖書において、50年目の年はヨベルの年である。
      「あなたは安息の年を七回、すなわち七年を七度数えなさい。七を七倍した年は四十九年である。その年の第七の月の十日の贖罪日に、雄羊の角笛を鳴り響かせる。あなたたちは国中に角笛を吹き鳴らして、この五十年目の年を聖別し、全住民に解放の宣言をする。それが、ヨベルの年である。あなたたちはおのおのその先祖伝来の所有地に帰り、家族のもとに帰る。」(レビ記 8節~10節)
  • 五十嵐(いがらし/いからし)は日本人の姓のひとつ。
  • 日本野球機構(NPB)における現役最年長記録は、元中日ドラゴンズ投手山本昌の50歳。

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。