14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
13 14 15
素因数分解 2×7
二進法 1110
六進法 22
八進法 16
十二進法 12
十六進法 E
十八進法 E
二十進法 E
ローマ数字 XIV
漢数字 十四
大字 拾四
算木 Counting rod h1.pngCounting rod v4.png

14十四、じゅうし、じゅうよん、とおよん、とおあまりよつ)は自然数、また整数において、13の次で15の前の数である。ラテン語では quattuordecim(クァットゥオルデキム)。

性質[編集]

  • 14は合成数であり、正の約数1, 2, 7, 14 である。
    • 約数の和は24
      • 約数の和が3の倍数になる7番目の数である。1つ前は11、次は15
      • 約数の和が4の倍数になる5番目の数である。1つ前は12、次は15
      • 自身の数14を除く約数の和は10より不足数である。
    • 約数を4個もつ4番目の数である。1つ前は10、次は15
  • 14 = 12 + 22 + 32
    • 3番目の四角錐数である。1つ前は5、次は30
      • 初めの3つの四角数の和 (14 = 1 + 4 + 9) である。
    • 3連続整数の平方和で表せる自然数の範囲では最小の数である。ただし整数の範囲だと1つ前は5、次は29
    • 自然数の平方和とみたとき1つ前は5、次は30
    • n = 2 のときの 1n + 2n + 3n の値とみたとき1つ前は6、次は36
      • 14 = 02 + 12 + 22 + 32
        • 4連続整数の平方和とみたとき1つ前は6、次は30。ただし負の数を含まないときは最小。
    • 3つの平方数の和1通りで表せる6番目の数である。1つ前は12、次は17。(オンライン整数列大辞典の数列 A025321)
    • 異なる3つの平方数の和1通りで表せる最小の自然数である。次は21。(オンライン整数列大辞典の数列 A025339)
    • 異なる3つの平方数の和 n 通りで表せる自然数のうち最小のものである。次の2通りは62。(オンライン整数列大辞典の数列 A025415)
  • 4番目のカタラン数である。1つ前は5、次は42

基本的な計算のリスト[編集]

乗法 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
14 × x 14 28 42 56 70 84 98 112 126 140 154 168 182 196 210 224 238 252 266 280 294 308

その他 14 に関連すること[編集]

「こうして、全部合わせると、アブラハムからダビデまで十四代、ダビデからバビロンへの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。」(マタイによる福音書 1章 17節)

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+246D 1-13-14 ⑭
⑭
CIRCLED DIGIT FOURTEEN
U+2481 - ⒁
⒁
PARENTHESIZED DIGIT FOURTEEN
U+2495 - ⒕
⒕
DIGIT FOURTEEN FULL STOP
U+24EE 1-12-14 ⓮
⓮
DOUBLE CIRCLED DIGIT FOURTEEN

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。