ウィクトル1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィクトル1世
第14代 ローマ教皇
Victor I..jpg
教皇就任 189年
教皇離任 199年
先代 エレウテルス
次代 ゼフィリヌス
個人情報
出生 不明
北アフリカ
死去 199年

ウィクトル1世Victor I, ? - 199年)は、ローマ教皇(在位:189年 - 199年)。

北アフリカ出身。彼の時代、復活祭をいつ祝うかということをめぐって東方と西方で論争が勃発した。ウィクトル1世は教皇として西方での慣例を支持、反対者を激しく非難した。また、それまでローマではギリシャ語ミサを行っていたが、彼の時代以降はラテン語で行われることになった。ヒエロニムスは、ウィクトル1世が、初めてラテン語で神学に関する書物を記したとしている。カトリック教会聖人でもある。