49

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
48 49 50
素因数分解 72
二進法 110001
六進法 121
八進法 61
十二進法 41
十六進法 31
十八進法 2D
二十進法 29
ローマ数字 XLIX
漢数字 四十九
大字 四拾九
算木 Counting rod h4.pngCounting rod v9.png

49四十九、しじゅうく、しじゅうきゅう、よんじゅうきゅう、よそじあまりここのつ)は自然数、また整数において、48 の次で 50 の前の数である。

性質[編集]

  • 合成数であり、約数1, 7, 49である。素数を2乗した数は約数を3個持つ自然数である。
    • 約数の和57。約数の和が奇数になる11番目の数である。1つ前は36、次は50
  • 7番目の平方数であり、49 = 72 。1つ前は36、次は64
  • 17番目の半素数である。1つ前は46、次は51
  • 十進数では、49は3乗すると下2桁が 49 となる (493 = 117649)。また49を偶数乗すると下2桁が 01 になる (492 2401) ため、奇数乗すると必ず下2桁が 49 になる。このような性質を持つのは2桁では他に24517599がある。
  • 1/49 = 0.020408163265306122448979591836734693877551…(下線部は循環節、その長さは42)
0. 02
     04
       08
         16
           32
             64
              128
                256
                  512
                   1024
                     2048
+                     .......
---------------------------------------------------
0. 020408163265306122448979591836734693877551...
  • 上記のように、49n には、2の累乗数が順に出現する。(初項 0.02、公比 0.02 の級数1/49 であるため)
  • 九九では7の段で 7 × 7 = 49 (しちしちしじゅうく)と1通りで表される。九九で1通りしか表し方のない数は他に1, 25, 64, 81の4つである。
  • 49 = (4 + 9) + (4 × 9) 、各位の和と各位の積を加えてできる4番目の数である。1つ前は39、次は59。(オンライン整数列大辞典の数列 A038364)
  • 各位の和13となる最小の数である。次は58
  • 49 = 3 × 24 + 1 より9番目のプロス数である。1つ前は41、次は57

その他 49 に関連すること[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。