99

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
98 99 100
素因数分解 32 × 11
二進法 1100011
六進法 243
七進法 201
八進法 143
十一進法 90
十二進法 83
十三進法 78
十六進法 63
十七進法 5E
十八進法 59
十九進法 54
二十進法 4J
ローマ数字 XCIX
漢数字 九十九
大字 九拾九
算木 Counting rod h9 num.pngCounting rod v9.png

99九十九、きゅうじゅうく、きゅうじゅうきゅう、ここのそじあまりここのつ、つくも)は、自然数また整数において、98 の次で 100 の前の数である。

性質[編集]

  • 99 は十進法において、2桁最大の自然数である。合成数であり、正の約数1, 3, 9, 11, 33, 99 である。
  • 5番目のカプレカ数であり 992 = 9801、98 + 1 = 99 となる。1つ前は 55、次は 297
  • ハーシャッド数でない9の倍数のうち最小の数である。
  • 1/99 = 0.01…(下線部は循環節。循環節の長さは2)
  • 19番目の回文数である。1つ前は88、次は101
    • 2桁の整数のうち9番目の回文数であり、9 が2つ並ぶゾロ目である。
    • 二進数でも回文数になる数である。
  • 992 = 9801 であり、99 の偶数乗は下2桁が 01 になる。また 993 = 970299 というように 99 の奇数乗は下2桁が 99 になる。
  • 99 = 23 + 33 + 43 、3連続整数の立方和となる数である。1つ前は36、次は216
  • 各位の和が18となる最小の数。次は189
  • 111までの約数の和である。1から連続する整数の約数の和としたとき、1つ前は87、次は127

その他 99 に関連すること[編集]

99番目[編集]

2つの9[編集]

  • 九九(くく):乗算の暗算での覚え方。
  • 救急車:大富豪では、9のカードを2枚出すと、場を流せるルール。

九十九[編集]

九十九は、つくもと読む。九十九は、九十九髪つくもがみの略称であり、また、フトイという植物の古名でもある。

九十九は、つづらとも読む。旧来の葛籠の織り目が九十九に見えることから、葛籠の隠語として九十九をつづらと読ませたとされる。織り目が九十九に見える旧来の葛籠は、平織りと違って縁の折れ目部分でも繊維が斜めに交差するため、壊れにくく丈夫なのが特徴。

「多い」[編集]

99 はしばしば、具体的な数を意味せず「多い」の意味で使われる。

「白」[編集]

百から一を取り除くと「白」という字になることから 99 を意味する。

  • 白寿:99歳のお祝い。百から一を取り除くと「白」という字になることから。
  • 九十九髪つくもがみ:老女の白髪や、老女を指す。ツクモ(江浦草、フトイの異名)は植物名で、白髪をこれに喩えたもの。またツクモが「次百(つぐもも)」に通ずるからであるともいう。

クルアーン第99章[編集]

イスラムの聖典クルアーンの地震章は、第99章。

その他[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。