逆数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関数 y = 1/x のグラフ。0 を除くすべての x について y はその逆数を表している。

逆数(ぎゃくすう、: reciprocal)とは、ある数に掛け算した結果が 1 となる数である。すなわち、数 x の逆数 y とは次のような関係を満たす。

通常、x の逆数は分数の記法を用いて 1/x のように表されるか、の記法を用いて x−1 のように表される。

1 を乗法に関する単位元と見れば、逆数とは乗法逆元(じょうほうぎゃくげん、: multiplicative inverse)の一種であり、乗法逆元とは一般化された逆数である。

上述の式から明らかなように、xy の役割を入れ替えれば、xy の逆数であると言える。従って、x の逆数が y であるとき y の逆数は x である。 x0 である場合、任意の数との積は 0 になるため、(0 ≠ 1 であれば)0 に対する逆数は存在しない。 また、任意の x について必ずしもその逆数が存在するとは限らない。たとえば、自然数の範囲では上述の関係を満たす数は x = y = 1 以外には存在しない。0 を除く任意の数 x について逆数が常に存在するようなものには、有理数実数複素数がある。これらのように四則演算が自由にできる集合をと呼ぶ。

逆数は乗法における逆元であるが、加法における逆元として反数がある。

1つの二項演算を持つ集合であって左右の逆元が常に存在するもの(代数的構造)はループ英語版と呼ばれる。

[編集]

以下に具体例をいくつか挙げる。ここで eネイピア数i虚数単位r複素数絶対値θ は複素数の偏角を表す。また、z は複素数 z共役複素数|a| は数 a の絶対値を表す。

  • 9 の逆数は 1/9。同様に 1/9 の逆数は 9
  • 2/3 の逆数は 3/2。同様に 3/2 の逆数は 2/3
  • 0.3 の逆数は 1/0.3 = 10/3。同様に 10/3 の逆数は 3/10 = 0.3
  • −5 の逆数は 1/−5 = −1/5 = −0.2
  • −|a| の逆数は 1/−|a| = −1/|a|
  • 3 + 4i の逆数は 1/3 + 4i = 3 − 4i/25
  • re の逆数は (re)−1 = 1/re
  • 複素数 z の逆数は 1/z = 1/|z|2z

分数と小数の変換[編集]

小数の逆数を求める場合には、分数に変換して真分数⇔仮分数の状態でも求められる。

  • 3/44/3
    • 六進法3/4は 0.43(十進分数で27/36)だが、その逆数である4/3は 1.2(十進分数で8/6 = 1と2/6)になる。
    • 十二進法:3/4は 0.9(十進分数で9/12)だが、その逆数である4/3は 1.4(十進分数で16/12 = 1と4/12)になる。
  • 4/55/4
    • 十進法4/5は 0.8(十進分数で8/10)だが、その逆数である5/4は 1.25(十進分数で125/100 = 1と25/100)になる。
    • 二十進法:4/5は 0.G(十進分数で16/20)だが、その逆数である5/4は 1.5(十進分数で25/20 = 1と5/20)になる。
  • 23/3333/23 (十進分数 8/2727/8
    • 六進法:(8/27)(10) は 0.144(十進分数で64/216 = 8/27)だが、その逆数である(27/8)(10) は 3.213(十進分数で729/216 = 27/8)になる。
    • 十二進法:(8/27)(10) は 0.368(十進分数で512/1728 = 8/27)だが、その逆数である(27/8)(10) は 3.46(十進分数で486/144 = 27/8)になる。
  • 23/5252/23 (十進分数 8/2525/8
    • 十進法:(8/25)(10) は 0.32(十進分数で32/100 = 8/25)だが、その逆数である(25/8)(10) は 3.125(十進分数で3125/1000 = 25/8)になる。
    • 二十進法:(8/25)(10) は 0.68(十進分数で128/400 = 8/25)だが、その逆数である(25/8)(10) は 3.2A(十進分数で1250/400 = 25/8)になる。

除算と逆数[編集]

除算では、何かの数 d で割ると、その商は d の逆数となる小数分子を掛けた値になる。

64(10)を例に挙げると、逆数にすると小数の分子が64(10)になる数は、十二進法では23 = 27(10)(小数化すると0.054)、二十進法では65 = 125(10)(小数化すると0.034)、六進法では3213 = 729(10)(小数化すると0.000144)になる。十二進法で何かの数を23=27(10)で割ると、その商の小数点を消した値は、その逆数である64(10)倍の数値になる。同様に、二十進法では65=125(10)で割った時、六進法では3213=729(10)で割った時に、商の小数点を消した値が被除数の64(10)倍になる。

  • 十二進法 84 ÷ 23 = 3.854
    • 十進換算値の数式は「100÷27」で、商の小数点を消した「3854」は6400(10)になり、被除数である100(10)=84(12)の64(10)倍になっている。この数式では、23(12)で割ることで、(84×54 = 3854)12が現れている。
  • 二十進法 C3 ÷ 65 = 1.IHC
    • 十進換算値の数式は「243÷125」で、商の小数点を消した「1IHC」は15552(10)になり、被除数である243(10)=C3(20)の64(10)倍になっている。この数式では、65(20)で割ることで、(C3×34 = 1IHC)20が現れている。
  • 六進法 2521 ÷ 3213 = 0.505104
    • 十進換算値の数式は「625÷729」で、商の小数点を消した「505104」は40000(10)になり、被除数である625(10)=2521(6)の64(10)倍になっている。この数式では、3213(6)で割ることで、(2521×144 = 505104)6が現れている。

合同式での逆数[編集]

合同式において逆数を考えることができる。a × bm で割ると 1 余るとき、bam を法とする逆数と呼ぶ。合同式で表すと以下のようになる。

例えば、4 × 2 ≡ 1 (mod 7) となるので、法 7 において 24 の逆数である。通常の逆数と同様、逆数の逆数は同じ数であり、0 の逆数は存在せず、1−1 の逆数はそれ自身である。合同式の性質から、m の倍数の逆数は存在せず、(km ± 1) の逆数はそれ自身になる。

定義上、am互いに素である必要がある。つまり、一般に合同式での逆数は存在するとは限らない。例えば、7 × b ≡ 1 (mod 42)12 × b ≡ 1 (mod 4) を満たす b は存在しない。

素数 p を法とする場合、0 以外の全ての元が逆数を持つ。法 17 を例とすると次のようになる。

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
逆数 なし 1 9 6 13 7 3 5 15 2 12 14 10 4 11 8 16

合同式での逆数はオイラーの定理によって計算できる。a に逆数 b が存在するならば

なので、

(ここで φオイラーのφ関数)であり、逆に am が互いに素であれば、この式によって逆数が与えられる。特に、m が素数の場合以下のようになる(フェルマーの小定理から直接導かれる)。

また、ユークリッドの互除法によっても効率的に求めることができる。定義式は、以下のベズーの等式ディオファントス方程式の一種)が bn について整数解を持つことと同値である。

この式の解は、am互いに素である場合、かつその場合に限り存在する。

日本における学校教育[編集]

日本の小学校では、小学6年生で分数の掛け算・割り算について学習する際に、逆数について学習し、x(実際には具体的な数を用いる)で割ることと 1/x を掛けることが同じ結果を得ることなどを学ぶ。この事は中学校の課程で、加法における逆元、つまり負の数について学ぶ準備になっている。

関連項目[編集]