47

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
46 47 48
素因数分解 47 (素数
二進法 101111
六進法 115
八進法 57
十二進法 3B
十六進法 2F
十八進法 2B
二十進法 27
ローマ数字 XLVII
漢数字 四十七
大字 四拾七
算木 Counting rod h4.pngCounting rod v7.png

47四十七、しじゅうしち、よんじゅうなな、よそなな、よそじあまりななつ)は、自然数また整数において、46 の次で 48 の前の数である。

性質[編集]

  • 15番目の素数である。1つ前は 43、次は 53
  • 5番目の安全素数である。1つ前は 23、次は 59
  • 8番目のリュカ数である。1つ前は 29、次は 76
  • 47 + 2 = 49, 47 × 2 = 94
  • 1/47 = 0.0212765957446808510638297872340425531914893617…(下線部は循環節。その長さは46。)
    • 循環節が n − 1(全ての余りを巡回する)である巡回数を作る6番目の素数である。1つ前は29、次は59。また、その循環節の半分 (23) もこの仲間となり(循環節 22)、このような素数のうち最小のものは 47 である。次は 59(循環節58、その半分 29 も循環節 28n − 1)
  • 4番目の 8n − 1 型の素数である。この類の素数は x2 − 2y2 と表せるが、47 = 72 − 2 × 12 である。1つ前は 31、次は 71
  • 一辺の長さが整数である1つの立方体を47個の一辺が整数である立方体に分割することはできない。48個またはそれ以上の個数の立方体に分割することはできる。
  • 3番目のオイラー素数である。1つ前は43、次は53
  • 異なる平方数の和で表すことの出来ない31個の数の中で21番目の数である。1つ前は44、次は48
  • 各位の和が11になる3番目の数である。1つ前は38、次は56
  • 各位の積が完全数28になる最小の数である。次は74
  • 1~47までの約数の個数を加えると188個になり47の4倍になる。1~n までの約数の個数が n の整数倍になる7番目の数である。1つ前は44(4倍)、次は121 (5倍)。(オンライン整数列大辞典の数列 A050226参照)

その他 47 に関連すること[編集]

基本的な計算のリスト[編集]

乗法 1 2 3 4 5 6 7 8 9
47 94 141 188 235 282 329 376 423

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+32BC 1-8-59 ㊼
㊼
CIRCLED DIGIT FORTY SEVEN

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。