55

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
54 55 56
素因数分解 5 × 11
二進法 110111
六進法 131
八進法 67
十二進法 47
十六進法 37
十八進法 31
二十進法 2F
ローマ数字 LV
漢数字 五十五
大字 五拾五
算木 Counting rod h5.pngCounting rod v5.png

55五十五、ごじゅうご、いそいつ、いそじあまりいつつ)は、自然数また整数において、54 の次で 56 の前の数である。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数1, 5, 11, 55 である。
  • 19番目の半素数である。1つ前は 51、次は 57
  • 10番目のフィボナッチ数である。1つ前は 34、次は 89
  • 10番目の三角数である。55 = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 。1つ前は 45、次は 66
    • 出目が1から10である10面サイコロの目の総和と等しい。
    • 三角数四角錐数となる2番目の数である。1つ前は1、次は91
  • フィボナッチ数かつ三角数である数としては 1, 3, 21 の次に小さい。
  • 5番目の七角数である。5(5 × 5 − 3) / 2 = 55。1つ前は 34、次は 81
  • 5番目の四角錐数である。(55 = 12 + 22 + 32 + 42 + 52)。1つ前は 30、次は 91
    • 5連続整数の平方和とみたとき1つ前は30、次は90。ただし自然数の範囲では最小の数である。
  • 4番目のカプレカ数である。552 = 3025, 30 + 25 = 55。1つ前は 45、次は 99
  • 15番目の回文数である。1つ前は44、次は66
    • 1桁の数を除くと5番目の回文数であり、5が2つ並ぶゾロ目でもある。ゾロ目でかつ三角数でもある数は他に 66666 しかないと予想されている。
    • 6進数でも回分数となる。
  • 55番目の素数257フェルマー素数である。
  • 1/55 = 0.018…(下線部は循環節。循環節の長さは2)
  • 3000 に最も近い整数である。√3000 = 54.77225…。542 = 2916, 552 = 3025
  • 各位の和が10となる5番目の数。1つ前は46、次は64

その他 55 に関連すること[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。