ボニファティウス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボニファティウス2世
第55代 ローマ教皇
Boniface II.jpg
教皇就任 530年9月17日
教皇離任 532年10月17日
先代 フェリクス4世
次代 ヨハネス2世
個人情報
出生 不明
東ゴート王国
死去 532年10月17日
ローマ

ボニファティウス2世(Bonifatius II, ? - 532年10月17日)は、ローマ教皇(在位:530年9月17日 - 532年10月17日)。

東ゴート王国出身で、東ゴート王アタラリックに影響力を持っていた。アリウス派の強力な支持者であった前任のフェリクス4世に選出された。ボニファティウス2世の在任期間中には、対立教皇としてローマの司祭に支持されたディオスクルスがいた。ボニファティウス2世とディオスクルスは、ともに530年9月22日にローマで任命されたが、ディオスクルスはわずか22日後に死亡した。