四進法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

四進法(よんしんほう,Quaternary numeral system)とは、4(てい、基(base)とも)とし、底のの和で数を表現する方法である。

概要[編集]

任意の正の数は次のように表すことが出来る。

am は0,1,2,3のどれか)このとき、

と書くのが四進法である。

記数法[編集]

位取り[編集]

四進法では0123の計四つの数字を用い、を10、を11…と表記する。

十進數 二進數 四進數 八進數 十六進數
0 0 0 0 0
1 1 1 1 1
2 10 2 2 2
3 11 3 3 3
4 100 10 4 4
5 101 11 5 5
6 110 12 6 6
16 10000 100 20 10
100 1100100 1210 144 64
256 100000000 10000 400 100

関連項目[編集]