30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
29 30 31
素因数分解 2 × 3 × 5
二進法 11110
六進法 50
八進法 36
十二進法 26
十六進法 1E
十八進法 1C
二十進法 1A
ローマ数字 XXX
漢数字 三十
大字 参拾
算木 Counting rod h3.pngCounting rod 0.png

30三十、さんじゅう、みそ、みそじ)は、自然数また整数において、29 の次で 31 の前の数である。

性質[編集]

  • 30 は合成数であり、正の約数1, 2, 3, 5, 6, 10, 15, 30である。自身を除いた約数の和は 72 − 30 = 42 であり、過剰数である。
  • 1/30 = 0.03…(下線部は循環節。その長さは1)
  • 3番目の素数階乗数 ( p3# = 2 × 3 × 5 )である。1つ前は6、次は210
    • また30以降の素数階乗数はすべて30の倍数である。
  • 4番目の四角錐数である。( 30 = 12 + 22 + 32 + 42 ) 1つ前は14、次は55
  • 30 = 12 + 22 + 32 + 42
    • 1から4までの累乗和と見たとき1つ前は10、次は100
    • 4連続平方和と見たとき自然数の範囲では最小、整数の範囲だと1つ前は14、次は54
    • 0を含めた5連続平方和と見たとき負の数を除くと最小、負の数も含めると1つ前は15、次は55
  • 最小の楔数。楔数とは、3つの独立した素因数を持つ数のことである。次は42
    • 3連続素数の積で表される最小の数。次は105
    • 楔数がハーシャッド数になる最小の数である。次は42
  • 5番目の矩形数である。( 30 = 5 × 6 ) 1つ前は 20、次は42
    • 30 = 51 + 52 。5の自然数乗の和と見たとき1つ前は5、次は155
    • 30 = 2 + 4 + 6 + 8 + 10
    • 30 = 5 × σ(5) (ただし σ は約数関数)
  • 自身以下の互いに素な数が1または素数である最大の数である。30以下の互いに素な数は7, 11, 13, 17, 19, 23, 29である。
  • 九九では5の段で5 × 6 = 30(ごろくさんじゅう)、6の段で6 × 5 = 30 (ろくごさんじゅう)と2通りの表し方がある。
  • 各位の和が30となるハーシャッド数の最小は39990である。
  • 30 = 21 + 22 + 23 + 242の自然数乗の和と見たとき1つ前は14、次は62
    • a1 + a2 + a3 + a4 と見たとき1つ前は4、次は120
  • 17番目のハーシャッド数である。1つ前は27、次は36
    • 3を基とする4番目のハーシャッド数である。1つ前は21、次は102
  • フィボナッチ数の積で表せる数である。( 30 = 1×2×3×5 ) 1つ前は6、次は240
    • 3連続フィボナッチ数の積で表すことのできる数である。( 30 = 2×3×5 ) 1つ前は6、次は120
    • 4連続フィボナッチ数の積で表すことのできる最小の数である。( 30 = 1×2×3×5 ) 次は240。
  • 約数の和が30になる数は1個ある。(29) 約数の和1個で表せる12番目の数である。1つ前は28、次は36
  • 各位の積が0になる4番目の数である。1つ前は20、次は40。(オンライン整数列大辞典の数列 A011540)

その他 30 に関連すること[編集]

「イエスが宣教を始められたときはおよそ三十歳であった。イエスはヨセフの子と思われていた。ヨセフはエリの子、それからさかのぼると、」(ルカによる福音書 3章 23節)
「そのころ,イエスを裏切ったユダは,イエスに有罪の判決が下ったのを知って後悔し,銀貨三十枚を祭司長たちや長老たちに返そうとして,」(マタイによる福音書 27章 3節)

基本的な計算のリスト[編集]

乗法
x 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
30 60 90 120 150 180 210 240 270 300 330 360 390 420 450 480 510 540 570 600 630 660 690
x 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42
720 750 780 810 840 870 900 930 960 990 1020 1050 1080 1110 1140 1170 1200 1230 1260

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+325A 1-8-42 ㉚
㉚
CIRCLED DIGIT THIRTY

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。