15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
14 15 16
素因数分解 3×5
二進法 1111
八進法 17
十二進法 13
十六進法 F
二十進法 F
ローマ数字 XV
漢数字 十五
大字 拾五
算木 Counting rod h1.pngCounting rod v5.png
位取り記数法 十五進法

15十五、じゅうご、とおあまりいつつ) は自然数、また整数において、14 の次で 16 の前の数である。ラテン語では quindecim(クィーンデキム)。

性質[編集]

8 1 6
3 5 7
4 9 2
  • 正15角形定規とコンパスで作図できる。
  • 九九では 3 の段で 3 × 5 = 15(さんごじゅうご)、5 の段で 5 × 3 = 15(ごさんじゅうご)と2通りの表し方がある。
  • 15! = 1307674368000 である(13桁)。
  • コンピュータプログラムあるいは情報工学関連で多用される二進数表記の場合は4ビット(1ニブル)のレピュニット十六進数表記の場合は最後の一桁数値(F)となる。
  • 15 = 20 + 21 + 22 + 23。この形の数のひとつ前は4、次は402の累乗和とみたときひとつ前は7、次は31
  • 各位の和が15となるハーシャッド数の最小は195、1000までに13個、10000までに136個ある。
  • ハーシャッド数でない3の倍数のうち最小の数である。次は33
  • 3連続の奇数の積で表される最小の数である。(15=1×3×5)次は105
  • 異なる平方数の和で表すことの出来ない31個の数の中で8番目の数である。1つ前は12、次は18
  • 約数の和が15になる数は1個ある。(8) 約数の和1個で表せる9番目の数である。1つ前は14、次は20
    • 約数の和が奇数になる5番目の奇数である。1つ前は13、次は31
  • 14までの約数の和である。1つ前は8、次は21

その他15に関連すること[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+246E 1-13-15 ⑮
⑮
CIRCLED DIGIT FIFTEEN

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。