360

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
359 360 361
素因数分解 23×32×5
二進法 101101000
八進法 550
十二進法 260
十六進法 168
二十進法 I0
ローマ数字 CCCLX
漢数字 三百六十
大字 参百六拾
算木 Counting rod v3.pngCounting rod h6.pngCounting rod 0.png

360三百六十、さんびゃくろくじゅう、みおむそ)は自然数、また整数において、359 の次で 361 の前の数である。

性質[編集]

  • 360は合成数であり、約数1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 36, 40, 45, 60, 72, 90, 120, 180, 360である。
  • 1 から 10 までの数の内、7 を除いて全ての数で割り切れる、最小の数は 360 である。300番台の数では最も約数が多い。
  • 360 は約数を24個持ち、11番目に小さい高度合成数である。これより小さい高度合成数は240、次は720である。なお、720以下の自然数では420, 480, 504, 540, 600, 630, 660, 672と並び最も多くの約数を持つ(いずれも24個)。

その他 360 に関連すること[編集]

関連項目[編集]