360

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
359 360 361
素因数分解 23×32×5
二進法 101101000
六進法 1400
七進法 1023
八進法 550
十一進法 2A8
十二進法 260
十三進法 219
十六進法 168
十七進法 143
十八進法 120
十九進法 II
二十進法 I0
ローマ数字 CCCLX
漢数字 三百六十
大字 参百六拾
算木 Counting rod v3.pngCounting rod h6.pngCounting rod 0.png

360三百六十、さんびゃくろくじゅう、みおむそ)は自然数、また整数において、359 の次で 361 の前の数である。

性質[編集]

  • 360は合成数であり、約数1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 36, 40, 45, 60, 72, 90, 120, 180, 360 である。
    • 約数の和は 1170。初めて約数の和が4桁となる数である。
  • 1から10までの数の内、7を除いて全ての数で割り切れる、最小の数は360である。300番台の数では最も約数が多い。
  • 360は約数を24個持ち、11番目に小さい高度合成数である。1つ前は240、次は720。なお、720未満の自然数では420, 480, 504, 540, 600, 630, 660, 672と並び最も多くの約数を持つ(いずれも24個)。
  • 97番目のハーシャッド数である。1つ前は351 、次は364
  • 4連続整数の積で表すことのできる数である。( 360 = 3×4×5×6 ) 1つ前は120、次は840
  • 5連続偶数の平方和で表せる数である。( 360 = 42+62+82+102+122 ) 1つ前は220、次は540
  • 約数の和が360になる数は9個ある。(120, 174, 184, 190, 267, 295, 319, 323, 359) 約数の和9個で表せる最小の数である。次は480。
    • 倍積完全数120の約数の和である。
    • 倍積完全数の約数の和としては4番目の数である。1つ前は56、次は992
    • 約数の和が360より小さな数で9個ある数はない。1つ前は336 (8個)、次は504 (10個)。
  • 360 = 15 × σ(15) (ただし σ は約数関数)
  • 連続してある数に対して約数の和を求めていった場合25個の数が360になる。360より小さい数で25個ある数はない。1つ前は168(21個)、次は480(38個)。いいかえると を満たす n が25個あるということである。(ただし σ は約数関数)(参照オンライン整数列大辞典の数列 A241954)

その他 360 に関連すること[編集]

360×単位[編集]

360番目のもの[編集]

商品[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]