ゼフィリヌス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼフィリヌス
第15代 ローマ教皇
Saintz05.jpg
教皇就任 199年
教皇離任 217年12月20日
先代 ウィクトル1世
次代 カリストゥス1世
個人情報
出生 不明
Flag of the Roman Empire.svgローマ帝国ローマ
死去 217年12月20日
Flag of the Roman Empire.svgローマ帝国ローマ
テンプレートを表示

ゼフィリヌスZephyrinus, ? - 217年12月20日)は、ローマ教皇(在位:199年 - 217年12月20日)。

ローマ出身。ゼフィリヌスの時代には、キリスト教が広まることに伴って、正統思想をおびやかす異端思想が現れ、その対応に苦慮した。また、ペトロパウロ殉教地としてのローマが注目され始めるのもこの頃であったとされている。カトリック教会聖人であり、記念日は8月26日