テイラー・スウィフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイラー・スウィフト
191125 Taylor Swift at the 2019 American Music Awards.png
基本情報
出生名 テイラー・アリソン・スウィフト
別名 ニルス・ショバーグ[1]
生誕 (1989-12-13) 1989年12月13日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 2006年 -
レーベル
公式サイト テイラー・スウィフト公式サイト
テイラー・スウィフトのサイン

テイラー・アリソン・スウィフト英語: Taylor Alison Swift1989年12月13日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライター女優として映画テレビドラマにも出演している。グラミー賞を10回受賞(32回ノミネート)している[3]

カルヴィン・ハリスと共にリアーナの楽曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー英語版」を作曲した際には、ニルス・ショバーグ(英語: Nils Sjöberg)というペンネームを使用して作詞を手がけた[1]

生い立ち[編集]

1989年12月13日、ペンシルベニア州ウエスト・レディングで生まれた[4]。父親は銀行のファイナンシャル・アドバイザーである[5][6]。父はペンシルベニア州で育ち、祖先は3代にわたる銀行頭取であった[7][8]。母親は投資信託のマーケティング管理であったが、退職後専業主婦となった[9]。母はアメリカ人であるが東南アジアを中心にエンジニアとして働いていた父親(スウィフトの祖父)と10歳までシンガポールで過ごし、帰国後テキサス州に居住した[8]。スウィフトには弟がいる[10]

スウィフトはペンシルベニア州Cumru Townshipの11エーカーのクリスマス・ツリー農場で幼少期を過ごした[11]。スウィフト一家はクォーターホース、シェットランド・ポニーを何頭か所有し、彼女の最初の趣味は英国式乗馬であった[12]。まだ9ヶ月の時に母親にサドルに乗せられたのが最初で、のちに競技会に出場するようにまでなった[13]フランシスコ会の修道女によるプレスクールおよび幼稚園に通い[14]、その後男女共学の私立学校に通った[15]。スウィフトと弟は長老派教会を信仰し、夏季にバイブル・スクールに通った[16][17]

9歳の時、一家はペンシルベニア州ワイオミッシング郊外に家を借り[18]、ここで小中高と過ごした[19]。夏季はニュージャージー州ストーン・ハーバーの海岸にある両親の別荘で過ごし、のちに「子供時代の思い出は主にここで作られた」と語った[20]

この頃スウィフトはミュージカルに興味を持ち、劇団で『Bye Bye Birdie』など多くの作品に出演した[21]。またブロードウエイに定期的に遠征し、歌や演技のレッスンを受けた[22]。その後シャナイア・トゥエインの歌を聴いて衝撃を受け、カントリー・ミュージックへの興味が湧いた[23]。週末に地元のフェスティバル、喫茶店、フェア、カラオケ、コンテスト、ガーデン・クラブ、ボーイ・スカウトのミーティング、スポーツ・イベントなどで演奏するようになった[8][9][24]。11歳の頃までなかなかうまくいかなかったが[25]、地元のタレント・コンテストで優勝し、チャーリー・ダニエルズの前座として出演する機会を得た[26]

Behind the Music』のフェイス・ヒルのエピソードを見て、音楽業界で成功するためにテネシー州ナッシュビルへ行く必要性を感じた[27]。11歳の時、母と共にカントリーミュージックで名高いテネシー州ナッシュビルミュージック・ロウレコードレーベルドリー・パートンディクシー・チックスのカラオケ・カヴァーの自作のデモテープを提出した[28]。しかし、多くのレーベルからの評価は低いままだった。スウィフトは「この町にいる人々は皆私と同じことを考えている。だから皆と違うことを思いつかなくては」と気付いた[29]。またこの頃、地元ペンシルベニア州レディングを本拠地とするプロ野球チームのレディング・フィリーズフィラデルフィア・フィリーズ傘下マイナーリーグAA級)の試合で、試合前にアメリカ合衆国国歌星条旗』独唱を行うようになった[30]

12歳の時、ギターで3コードの弾き方を覚え、『Lucky You』で初めて作曲した[31]。以前彼女は『Monster in My Closet』という詩で全国優勝していたが、曲を作ることに集中した[32]。2003年、スウィフトは両親と共にニューヨークをベースに活動する音楽マネージャーのダン・ダイントロウと共に活動を始めた。彼の助力により、スウィフトはアバクロンビー&フィッチのキャンペーン「Rising Stars」でモデルとして登場し、オリジナル曲はメイベリンのコンピレーションCDに収録され、いくつかの著名なレコード会社との会議に出席することになった[33]。8年生の頃、RCAレコードショーケースでのオリジナル曲演奏後、養成所に通うことになり、母とたびたびナッシュビルを訪れることになった[34]。14歳の時、父の仕事がナッシュビル事務所に異動となったため、家族はナッシュビル近郊のヘンダーソンビルの湖畔に転居した[7]。テイラーはその後のインタビューで、「両親は私にプレッシャーをかけまいと『この町が好きだから引っ越した。心配するな』と言っていた。彼らは音楽業界のことを何も知らず、エンターテイメントとも何の関係もないけれど、私は強迫観念にかられていたため彼らは可能な限りあらゆる手を使って色々調べて私を助けようとしてくれた。私はとても感謝している」と語っている[35]

テネシー州でスウィフトは高等学校に1年生と2年生時に通学した[36]。その後ツアーに対応するため、ホームスクールを行なう私立のクリスチャン・スクールに転校した。平均4.0点を維持し、2008年、2年分を12ヶ月でこなして高等学校卒業資格を取得した[37][38]

その後、カントリー・ミュージックに特化した独立レコードレーベルである、ビッグマシン・レコードと契約を結んだ。 当初はカントリーシンガーとして売り出したが、現在のスタイルはポップ歌手の傾向が強い。

歌手活動[編集]

2004年 - 2006年: キャリア初期、Taylor Swift[編集]

3歳でテネシー州ナッシュビルに転居した。2004年[39]RCAレコードの養成所と契約し、Sony/ATVとの契約では最も若いソングライターとなった[40]。トロイ・ヴァージェス、ブレット・ビーヴァーズ、ブレット・ジェイムズ、マック・マカナリー、ウォレン・ブラザーズなどミュージック・ロウのソングライターとともに書いた曲を提出し続けた[41][42]。彼女は最終的にリズ・ローズとチームを組み続けた。スウィフトはローズとRCAのソングライター・イベントで出会い、共に作曲することを提案した[43]。2人は毎週火曜日の放課後、2時間の作曲セッションを行なった[44]。ローズはこのセッションについて「とてもやりやすかった。ただ単に私は彼女の編集者だった。彼女はその日学校であったことを作曲した。彼女は言いたいことが明確だった。そして彼女が作るさびはとても素晴らしかった」と語った[45]。スウィフトはまたプロデューサーのネイザン・チャップマンともデモ・テープのレコーディングを行なった[43]

2004年、ニューヨークのライヴ・ハウスで行われたBMIソングライターズ・サークルのショーケースでの演奏後[42][46]ソニーATVミュージックパブリッシングにソングライターとして最年少で採用された[47]。15歳の時、自身の曲でキャリアを開始したかった彼女は、他のソングライターの曲を歌わせたがり、18歳までアルバムの出版を待つとしたRCAレコードを離れた[25][48]。のちに「私は純粋に時間がないと思っていた。彼らは私がやっていることを見ているだけで、私はアルバムの製作に時間を費やしたかった」と語った[49]。またマネージャーのダイントロウとも決別したため、後にスウィフトと両親は訴えられることとなった。2010年、裁判でダイントロウの訴えの6つは無効となり、残りの不当利益の返還要求は示談となった[33][50]

2005年、ナッシュビルのライヴ・ハウスブルーバード・カフェでのショーケースで、スウィフトは、自身のレーベルビッグ・マシン・レコードの準備中であったドリームワークス・レコードの重役スコット・ボーケタから注目された。スウィフトの父はこの新会社の資本金の3%(12万ドルとみられる)を支払い、彼女は最初の契約者の1人となった[51][52]。カントリー・ミュージック業界への参入において、ボーケタはスウィフトにCMAミュージック・フェスティバルでのエスコート役を経験させた[53]

2006年、カリフォルニア州サンタマリアカフェギターを演奏するスウィフト

ビッグ・マシン・レコードとの契約直後、スウィフトは本人の名を冠したアルバム『Taylor Swift 』の製作に取り掛かった。ナッシュビルのベテラン・プロデューサーとの試行錯誤の後、デモ・プロデューサーとしてネイザン・チャップマンを雇うようビッグ・マシンを説得した。彼にとってこれが初めてのスタジオ・アルバムとなるが、スウィフトは彼とよい「化学反応」ができると確信していた[25]。スウィフトは1人で2曲のシングルを含む計3曲を書き上げ、他の8曲をローズ、ロバート・エリス・オラル、アンジェロ・ペトラグリアと共に作曲した[54]。このアルバムは音楽的に「カントリーの伝統楽器と今どきのロック・ギターの融合」と説明されている[55]

2006年6月、シングル「Tim McGraw」がリリースされたが、まだ新しいビッグ・マシン・レコードのためスウィフトと母はラジオ局に送るためのCDを封筒に入れる作業を手伝った[56]。2006年の1年間のほとんどをデビュー・アルバムのプロモーションのため全国のラジオ局をまわり、のちに「ほとんどのアーティストはラジオ・ツアーに6週間を費やすが、私は6ヶ月かかった」と語った[25]。スウィフトは自分の曲をかけてくれるラジオ番組に贈るためにクッキーを焼き、絵を描いた[57]。また「グランド・オール・オープリー[58]、「グッド・モーニング・アメリカ[59]、「トータル・リクエスト・ライブ[60] など多くのテレビ番組にも出演した。自身を「ネット世代」と表すスウィフトは、Myspaceのページを立ち上げた[61]。これは当時、「カントリー界の革命」であった[62]。16歳のシンガーソングライターのこの決断に対しボーケタは当初眉をひそめたが、スウィフトは10代の少女たちにカントリー・ミュージックを聴いてもらうべく新たな領域に足を踏み入れた[62]

2006年10月24日、アルバム『Taylor Swift』が発売されBillboard 200に19位で登場し、発売後の1週間で6万1000枚以上を売り上げた。その後、Billboard 200では5位に上がり[63]、カントリー・アルバム部門で1位を獲得した。現在、MySpaceでのストリーム数は2000万回を超え、MySpace内のカントリー歌手ランキングで1位を保っている。「ニューヨーク・タイムズ」紙は「このポップ調のカントリーはスウィフトのしっかりした訴えるような声によって快活さと皮肉を併せ持つ」と記した[64]。「ザ・ニューヨーカー」誌のサーシャ・フレア・ジョーンズはこの16歳のスウィフトを「神童」と呼び、「「Our Song 」を聴いた途端ハッとした」として「He's got a one-hand feel on the steering wheel, the other on my heart. (彼は片手でハンドルを、もう片方の手で私の心を感じているよう)」との歌詞を称賛した[65]。「ローリング・ストーン」は「フレッシュだが意外と熟練した」と評し、「Our Song 」の狂おしいほどのさびのメロディの歌い方をブリトニー・スピアーズパッツィー・クラインのようだと称賛した[55]

2007年には、3枚目のシングルである「Our Song」がカントリーチャートで6週連続1位を記録する大ヒットとなった。

2008年 - 2010年:フィアレスグラミー賞最年少受賞[編集]

2008年11月11日に全米でセカンド・アルバム『Fearless』をリリースした。リードシングルの「Love Story」は2008年9月に解禁された。2008年から2009年にかけて、「White Horse」、「You With Me Me」、「15」、「Fearless」の4曲がリリースされた。「You Belong With Me」は、Billboard Hot 100で自己最高の2位に達した。アルバムは発売後1週間で59万2000枚を売り上げ、Billboard 200で初登場1位を記録し、全米で2009年のトップセールスアルバムとなった[66]。また2008年の10月25日には、野球MLBワールドシリーズ第3戦で、試合前にアメリカ合衆国国歌星条旗』を歌った[67]。このシリーズにはフィラデルフィア・フィリーズが出場していた。スウィフトは7年前からフィリーズ傘下マイナーリーグ球団の試合で国歌独唱をしていたため、このシリーズに出場するフィリーズの選手のなかには知ってる選手が何人もいたと話す[30]

2009年9月13日MTV Video Music Awards 2009で「You Belong With Me」により受賞した最優秀女性アーティスト・ビデオ賞受賞のスピーチをしている最中に、突然舞台上に泥酔して乱入してきた歌手のカニエ・ウェストにマイクを奪われ、スピーチを妨害されるというハプニングがあった。ショックのあまり舞台裏で母親と涙を流したそうだが、その後ビヨンセの計らいによりスピーチを改めて行った。カニエに対しては、テレビでの何度もの謝罪と、気にかけてくれる周りの人の温かさで、その後許したという[68][69]

第52回グラミー賞では、『Fearless』が最優秀アルバム賞と最優秀カントリー・アルバム賞に、「White Horse」は女性カントリー・ヴォーカル・パフォーマンス賞と最優秀カントリー・ソング賞に選ばれ、計4冠を獲得した[70]。テイラーは最優秀アルバム賞を獲得した最年少のアーティストになった[71][72]。ニューヨークタイムズのJon Caramanicaは、テイラーを「ここ数年間で最も重要な新しいポップスター」と表現した[73]。また、カントリーミュージック協会賞のエンターテイナーオブザイヤー(最年少)とアルバム賞を受賞した[74]

ジョン・メイヤーの「Half of My Heart」に参加した。ケリー・ピックラーと「Best Days of Your Life」を共作し、テレビドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』のサウンドトラックのために2作を作詞した。映画『バレンタインデー』のサウンドトラックに2曲を提供し、その1つの「Today Was a Fairytale」はカナダで1位を獲得した。この映画に高校のジョックの天然なガールフレンドとして出演したが、批評家からは「完全に不向き」と不評を受けた[75]。CBSのCSI:科学捜査班の2009年のエピソードで反抗的なティーンエイジャーを演じた際には、ニューヨークタイムズから一定の評価を受けた[76]

カナダのプリンス・エドワード・アイランドでのライブ(2010年)

2010年 - 2014年:スピーク・ナウ、レッド[編集]

2010年10月25日にリリースされた『Speak Now』は成功を収め、Billboard 200で初登場1位になり、100万枚の売り上げを記録した16番目のアルバムになった[77]。ギネス世界記録となる一週間に278,000ダウンロードを記録し、女性アーティストによる最も売れているデジタルアルバムになった。Billboard Hot 100で10曲が初登場でランクインした最初の女性にもなった[78]。アルバムのシングルのうち「Mine」、「Back to December」、および「Mean」はカナダでトップ10に達した[79]

「Mean」は、第54回グラミー賞で最優秀カントリー・ソング賞と最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞を受賞した[80]。スウィフトは、ナッシュビルのソングライター協会によるソングライター/アーティスト・オブ・ザ・イヤー(2010,2011年)[81][82]ビルボードによるウーマン・オブ・ザ・イヤー(2011年)[83]アカデミー・オブ・カントリーミュージックによるエンタテイナー・オブ・ザ・イヤー(2011,2012年)[84]カントリーミュージック協会賞(2011年)[85]、2011年のアメリカン・ミュージック・アワードで、アーティスト・オブ・ザ・イヤーとフェイバリット・カントリー・アルバム賞を受賞した[86]ローリング・ストーンは、2012年の「史上最高の女性アルバムベスト50」で、『Speak Now』を45位にランクインさせた[87]。「Speak Now World Tour」は2011年2月から2012年3月にかけて開催され、1億2300万ドル以上を売り上げた。

ザ・シビル・ウォーズT・ボーン・バーネットと共作した「safe&sound」が第55回グラミー賞で最優秀楽曲賞 映画、テレビ、その他映像部門」を受賞した[88]

Speak Now World Tourでのテイラー(2012)

4thアルバム『Red』は2012年10月22日にリリースされ、ハートランド・ロック、ダブステップダンス・ポップなどの新しいジャンルが取り入れられた。アルバムは非常に大きな成功を収め、Billboard 200で初登場1位を記録し、最初の週の売り上げは約120万8000枚に達した。これはアメリカの10年間で最高の初動売り上げ枚数であった。また、数週間に200万枚を売り上げた初の女性歌手になった[89]。アルバムに収録されたシングル『We Are Never Ever Getting Back Together』は、Billboard Hot 100で1位を獲得し、自身初の全米1位獲得となった[90]。「Red Tour」は2013年3月から2014年6月まで開催され、1億5000万ドル以上の収入を上げた。ツアーは中国のチケット販売記録を破り、60秒で18,000枚チケットが完売した。

『Red』のシングル「I Knew You Were Trouble」により、2013 MTV Video Music Awardsで最優秀女性ビデオ賞を受賞した[91]。2012 American Music Awardsで最優秀女性カントリーアーティスト、2013年式典でアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[92]。 彼女は2012年と2013年にそれぞれ5年連続と6年連続でナッシュビルソングライター協会のソングライター/アーティスト賞を受賞した。また、Special Pinnacle Awardを受賞し、ガース・ブルックスに次ぐ史上2番目の受賞者になった[93]

2013年、ジャック・アントノフと共作した映画「ワン チャンス」のサウンドトラックである「Sweeter Than Fiction」が第71回ゴールデングローブ賞で最優秀オリジナルソング賞にノミネートされた。カントリー歌手・ティム・マグロウの「Highway Don't Care」にも参加した。イリノイ州シカゴで開催されたローリング・ストーンズの50&Countingツアーで彼らの曲「As Tears Go By」を披露し、このバンドがキャリアの展望に大きく影響していると述べた[94]

アニメ映画「ロラックスおじさんの秘密の種」(2012)に声で出演し、ドラマ「New Girls」のシーズン2の最終話にゲスト出演し[95]、「ギヴァー 記憶を注ぐ者」にも出演した。

2014年 - 2017年:1989[編集]

2014年3月頃、テイラーは5thアルバム『1989』の作成に取り組んでおり、「『1989』の秘密セッション」と呼ばれる秘密のアルバムリスニングセッションにファンを招待することを含む様々なキャンペーンを通してアルバムを宣伝した[96]。アルバムは2014年10月27日にリリースされ、発売後一週間ですでに全米で約128万7000枚の売上を記録し、Billboard 200で1位を獲得[63][97]。初週売上最高記録を保持する歴代アーティストたちに迫る売上を記録している。2017年6月の時点で、全世界で1000万枚超が販売された。シングルカットされた「シェイク・イット・オフ」と「ブランク・スペース」、「バッド・ブラッドはともにBillboard Hot 100において1位となるヒットを記録した。2015 MTV Video Music Awardsで、「バッド・ブラッド」で最優秀ビデオ賞と最優秀コラボレーション賞を、「ブランク・スペース」で最優秀女性アーティスト・ビデオ賞と最優秀ポップ・ビデオ賞を受賞した[98]。「The 1989 World Tour」は2億5000万ドル以上の売り上げを記録し、過去10年間で最も売上の多いツアーの1つとなり、東京ドーム公演では2日間で計10万4千人の観客を動員した[99]

The 1989 World Tourでのテイラー(2015年)

2014年、ニューヨーク市のグローバル・ウェルカム・アンバサダー(観光大使)に就任[100]

2015年5月にミュージックビデオ「バッド・ブラッド」が公開後24時間以内で最も多い2010万回再生され、ラッパーニッキー・ミナージュのミュージックビデオ「Anaconda」の1960万再生回数の記録を破った[101]

Swiftは、2014年にBillboard's Woman of the Yearに選ばれ[102]、2回受賞した初のアーティストになった。またその年、アメリカン・ミュージック・アワードでは新設された “Dick Clark Award for Excellence” 賞を受賞した[103]。2015年の同賞では、3冠に輝いた[104]。2016年の第58回グラミー賞では、女性アーティストとしては史上初となる2度目の年間最優秀アルバム賞受賞を含む3冠を達成した[105]。アカデミー・ オブ・カントリー・ミュージック・アワードではカントリー音楽界で大きな功績を残したアーティストに贈られるマイルストーンアワードを受賞した[106]

テイラーは音楽は無料であるべきではないと以前より考えており、2014年にウォール・ストリート・ジャーナルへの寄稿で「音楽はアートです。アートとは、とても大切で稀少なものです。大切で希少なものには価値があります。価値があるものにはふさわしい対価が支払われるべきです。私は音楽が無料であるべきではないと思う」と述べている[107]。こうした考えもあり、2014年11月にSpotifyを含む全てのストリーミングサービスから全アルバムを削除した[108]。2015年6月にApple Musicが開始される際にも、ユーザーの3ヵ月間の無料トライアル中にAppleは音楽の権利者にロイヤリティーを一切払わない計画であることを批判し、「1989」を提供しないと発言した[109]。その理由として、自分は十分お金を持っているが、3ヵ月間収入を失うことは弱小ミュージシャンにとっては厳しいからだといった。Apple側は、トライアル終了後は他のストリーミングサービスよりごくわずかに高い料率の印税を権利者に支払うと反論したが、結果的にApple側が正規の金額より少ないながらもこの無料期間中も印税を支払うという変更をしたことを受け[110]、テイラーも楽曲を提供すると発表した[111]

2016年12月末、5000万枚以上のアルバムと1億5000万枚のシングルをこれまでに売り上げていると報じられた[112]

ストリーミングサービスのユーザー、特に有料登録者数が増加したことで、アーティストの音楽配信サービスからの収益が増加し、物理的なメディアの売上の穴を埋め始めていることを受け、2017年6月に全楽曲をSpotifyやAmazon Music、Google Play Musicに再追加した[113][114]

ゼインとの共作「I Don't Wanna Live Forever」は、2017 MTV Video Music Awardsで最優秀コラボレーション賞を受賞した。

2017年 - 2018年:レピュテーション[編集]

2017年8月、ファン交流会でテイラーの体を不適切に触ったとしてセクハラ訴訟合戦となっていた、DJのデヴィッド・ミューラーに対して勝訴した[115]

2017年8月18日にSNSの全投稿を削除し、新作アルバムの発表を予感させた[116]。8月25日に新作アルバムからのリーディングシングルとして「Look What You Make Me Do」をリリースした。この曲はオーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、そしてアメリカのチャートで1位を獲得した。このミュージック・ビデオはYouTubeでの公開から24時間で4,320万回再生に到達し、当時の過去最多記録を更新した[117]。また、Spotifyにおいて音源解禁日に史上初となる800万回再生超えを記録した[118]。10月にアルバムのセカンドシングル「... Ready for it?」をリリースした。

2017年11月10日実に三年ぶりのアルバムとなる6thアルバム『Reputation』を発売。発売日は彼女と仲の悪いカニエ・ウェストのお母さんの命日だからという説もある。このアルバムは全米で初週に121.6万枚が売り上げられ、2017年の全米で最も売れたアルバムになった[119]。これにより、テイラーは4枚のアルバムがアメリカで1週間以内に100万枚以上売り上げた初のアーティストとなった[120]。また、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダを含むいくつかの国で1位に輝いた。2018年5月から11月にかけて「Reputation Stadium Tour」を開催した。5月8日から10月6日までの間に米国で38公演を行い、チケット売上は2億6610万ドル(約300億円)に達し、米国の音楽業界史上、最大の売上を記録した[121]。最終的に、ツアーは3億4500万ドルの売り上げを記録した[122]

2018年のアメリカン・ミュージック・アワードで、アーティスト・オブ・ザ・イヤーを含む4冠を達成し、過去に受賞した【AMAs】を合わせると計23となり、女性アーティストによる史上最多記録を打ち立てた[123]。しかし『レピュテーション』は、デビュー作『テイラー・スウィフト』以来、もっともグラミー賞のノミネートが少ない作品に終わった[124]

2019年 - ラヴァー[編集]

2019年4月25日に、パニック!アット・ザ・ディスコブレンドン・ユーリー英語版をフィーチャーした「ME!」をリリース。スーパースターのメインストリーム・ポップへの帰還を見せたこの曲は、大いに話題となった。ミュージック・ビデオはYouTubeにおいて公開24時間で6,520万再生を記録し、ソロアーティスト、および女性アーティストとして史上最高記録を更新した[125]。この曲はBillboard Hot 100において初登場は100位だったが、2週目には2位になる史上最大の上昇を見せた。6月14日にはアルバムからの2番目のシングル「You Need to Calm Down」をリリース、そして7枚目のスタジオアルバム「Lover」を8月23日にリリースすること[126]を合わせて発表した。また、当曲は「ME!」と同じく全米2位を記録した[127]。7月23日には、3枚目のシングル「The Archer」をリリースした。[128]8月16日には、タイトルトラック「Lover」がリリースされた。[129]8月23日に7枚目のアルバム『Lover』をリリース。アルバムに収録された全18曲はリリースと同時に全米シングルチャートにチャートインし、アルバムは1週間で全世界で300万枚のセールスを記録した[130]

12月には、映画『キャッツ』のボンバルリーナ役として出演し、映画のサウンドトラックとして『ビューティフル・ゴースト』をリリースした[131]。スウィフトは、国際レコード・ビデオ製作者連盟より2019年に最も売れたアーティストに選ばれた。2014年以来、2度目の選出となった[132]

2020年3月23日、2016年にカニエ・ウェストが発表した楽曲の一部歌詞をめぐって両者の間で繰り広げられた論争の末に、彼の妻であるキム・カーダシアンが公開した電話の音声の全容がリークされた。2016年当時、テイラーは電話の音声は違法に録音され編集されたものだったと反論したが、世論はカニエ側だった。しかし、当リーク内容では、テイラー自身の2016年当時の主張が正しかった[133]ことが判明、大きな話題となった。その後、キム・カーダシアンはTwitter上で反論している。

2020年4月17日、2019新型コロナウイルスの感染拡大を受け、年内に予定されていたコンサートの全てを中止すると発表した。これには同年7月に予定されていた2028年ロサンゼルスオリンピックのメインスタジアム(ソーファイ・スタジアム)のこけら落としとなるコンサートが含まれた[134]

2020年 - 現在:フォークロア[編集]

2020年7月23日、インスタグラムとツイッターにて通算8枚目となるスタジオアルバム「folklore」を7月24日に発売することを発表した。発売前日の発表であったこと、そして前作「Lover」からわずか11ヶ月というショートスパンでの発表であったことは、大きな話題を読んだ。「この夏に計画していたことのほとんどが最終的に実現しなかったけれど、計画もしていなかったことが実現したの。それが通算8作目のアルバム『フォークロア』よ」とインスタグラムに投稿した文章で述べている。[135]また、本作は、新型コロナウイルスによる隔離生活の中でプロデューサーのアーロン・デスナージャック・アントノフと共にリモートワークによって書かれている。発売後24時間で全世界で130万枚以上売り上げたことがRepublic Recordsによって発表されている。また、Spotifyでは、8060万回再生され、アルバム発売初日に最も再生された女性アーティストになった。Apple Musicでは3547万回再生され、初日に最も再生されたポップアルバムになった[136]

人物[編集]

グラミー歌手サム・スミスは男性誌「GQ」に「テイラー・スウィフトは素晴らしいよ……彼女はロールモデルだね」「彼女のことをとても尊敬しているんだ。彼女はたくさんのレコードを売ることができて、経済的にたくさんの人をハッピーにして、でも、深い感情をキープしている。正直なね」と述べている[137]

女優レナ・ダナム[138] は「Glamour」誌に「テイラーは私の良き友なの。いつも彼女に電話したり、メールをしているわ。彼女は私に勇気をくれるし、最善の選択をするのに役立つアドバイスをくれるの。彼女はクリエイティブ面で素晴らしい本能を発揮するのよ」と称賛した[139]

女優・歌手ゼンデイヤ[138] は「ピープル」誌のインタビューで「彼女って本当にスウィートハートなの。テイラーはただ、本当に本当に優しいひとなの。(中略)いつでも彼女に会えるって、クールよ。テイラーはみんなを、永遠の友だちみたいに扱ってくれるの」と評している[140]

MAXIM誌が発表する「2015年最もホットな女性100人」の第1位に選ばれる[141]

私生活[編集]

過去にジョナス・ブラザーズの次男ジョー・ジョナス[142] や俳優のテイラー・ロートナー[143] と交際していた。2010年には一時ジェイク・ジレンホールと交際報道があったが、2ヶ月で破局[144]。そのことについてテイラーは、「彼のためにこのことは歌詞にしない」と述べている。

2012年の8月には、ジョン・F・ケネディの甥にあたるコナー・ケネディと交際したが10月に破局[145]。2012年12月頃から、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズと交際していたが約一ヶ月半という期間で破局した[146]。 2015年現在、DJカルヴィン・ハリスと交際している[147][148]。6月には、スウィフトとハリス、ジョー・ジョナスとジジ・ハディッド[149] のダブル・デートが報じられた[150]。 現在交際しているのは、俳優のジョーアルウィンである。

歌手・女優のセレーナ・ゴメスと一緒に出かけているところをよくパパラッチされている[151]。2人はお互いに姉妹みたいと言っている。他にも歌手のエド・シーラン[152]ロード (歌手)[153]ヴィクトリアズ・シークレットモデルのカーリー・クロスと懇意にしている[154]

2010年夏ごろから、ナッシュビルの実家から20分程離れたマンションにて一人暮らしを始めている。 2015年現在ニューヨークマンハッタン在住[155]

制作活動[編集]

実体験が元になっている歌が多い。

デビュー曲「Tim McGraw」は高校1年の時に作った歌で、上級生のボーイフレンドが卒業して遠くに行ってしまう際に、「2人でよく聴いたティム・マグロウの歌を耳にしたら、私のことを少しでも思い出してほしい」という願いを込めたものである。

2ndアルバム『Fearless』からの大ヒットシングル「Love Story」は、両想いの彼と家族との間で揺れる彼女の切ない恋心を歌ったものである。この曲は映画「ロミオとジュリエット」からインスピレーションを得たという。

「Hey Stephen」は片思いであった実在の男性(Stephen)に対して気持ちを伝えるために製作した曲である。この曲がリリースされた日、テイラーはその男性に対して「5番を聴いて」とSMSを送ったという(New York Timesインタビュー)。

また、「The Best Day」では母・アンドレアに捧げている。

「Forever&Always」は、たった27秒の電話でテイラーを一方的に振ったジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナスへの曲である。

「Teardrops on my guitar」では高校1年生の時の失恋を歌っている。両想いだと思っていた彼(Drew)には恋人が存在し、彼がスウィフトを女友達としか見ていなかったと気付いた彼女の心境が綴られている。

3rdアルバムの『Speak Now』に収録されている曲では、「Back to December」はテイラー・ロートナーについて、「Dear John」はジョン・メイヤーについて、それぞれ書いた曲である。

4thアルバムの『Red』は、過去の大失恋をテーマにしているという。このアルバムの中には、ジェイク・ギレンホールについて書いた曲があるという[156]

上記アルバム『Red』からのシングル「I Knew You Were Trouble」はワン・ダイレクションのハリー・スタイルズに向けられた曲である。他に、『1989』からの曲、「Out Of The Woods」「Shake it off」の歌詞の一部もハリーに向けての歌である。

なお、作詞・作曲には携帯電話を活用している。移動の車中、あるいは打ち合わせやパーティーの最中でも、詞や曲に使えそうな言葉・フレーズを思い付くと、その場で携帯電話にメモあるいは録音するようにしているため、怪訝な顔をされることもあるという。

社会貢献活動[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災した人々と日本に住む全ての人に向けてのメッセージとして MUSIC PEN CLUBにて「日本で被災された皆さんに、私の想いと祈りと愛をお送りします」と語った[157][158]。2012年には、アルバム『スピーク・ナウ』に収録された楽曲『ザ・ストーリー・オブ・アス』のデジタル・セールスの売り上げを被災地に全額寄付した[159]

2012年5月、RBBTODAYによると、故郷ナッシュヴィルにある「カントリー・ミュージック殿堂博物館」に400万ドル(約3億2000万円)を寄付した[160]

2014年3月にはファンの結婚祝いパーティにサプライズ出席してキッチン用品や手書きのアート作品などを贈っている。また、病気の子供たちを元気づけるために、小児病院を訪問している。8月にはファンの中から90人をニューヨークの自宅に招待してパーティを開催、「彼女(スウィフト)は私たち一人一人が親友であるかのように接してくれた」という。9月には30名のファンに自身が焼いたクッキーを振る舞い、2ショット撮影に応じたという[161]

2014年秋にニューヨークのグローバル・ウェルカム・アンバサダー(観光大使)に就任、シングル「Welcome to New York」の収益すべてを市内の公立学校に寄付。若者を支援する組織「Do Something」が選ぶ「最もチャリティに貢献したスター」に選出される[162][163]

2015年4月、スウィフトと話をすることが夢というを患う12歳の少女エミリーに電話をかけ話をして少女の夢を叶えたという[164]。 7月7日に、白血病の治療でスウィフトのコンサートに行くことができない11歳の少女に5万ドル(約610万円)の寄付を行い、「美しくて、勇敢なナオミ。コンサートに来れなくて残念だわ。でも、コンサートならいつでもたくさんあるわ。あなたが良くなることに集中しましょう。あなたとあなたの家族に大きなハグを送るわね」とメッセージが添えられた[165]

資産[編集]

1999年から毎年アメリカの経済誌「フォーブス」が発表している「The Celebrity 100」に2009年度に初めて選出される。2008年6月1日からの1年間で1800万ドル(日本円で約18億円)を稼いだとして69位にランクインした。[166]

更に翌2010年度の同ランキングにおいては、アルバム『フィアレス』の大ヒットやグラミー賞受賞、ツアーの大成功などにより「Teen stars」カテゴリー最高位となる12位まで順位を上げ、推定所得は4500万ドル(日本円で約45億円)となった。[167] 同誌が発表した「ハリウッドで最も稼いだ女性」では9位にランクインしている。[168]

2011年度以降の「The Celebrity 100」におけるテイラーの順位と推定所得の推移は、7位(4500万ドル、2011年度)[169]、11位(5700万ドル、2012年度)[170]、6位(5500万ドル、2013年度)[171]、18位(6400万ドル、2014年度)[172]、8位(8000万ドル、2015年度)[173] となっている。

また、2011年度は「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」で5位[174] に、「最も稼いだ女性ミュージシャン」では2位[175] にランクインしている。2012年度以降の「最も稼いだ女性ミュージシャン」のテイラーの順位の推移は2位(2012年度)[176]、3位(2013年度)[177]、2位(2014年度)[178]、2位(2015年度)[179] となっており2011年度から5年連続でTOP3入りを果たしている。

2015年度は「最も稼いだセレブカップル」の第1位にテイラーとカルヴィン・ハリスが選ばれた。推定所得は2人合わせて1億4600万ドルとなった。[180]

2011年4月、BANG Media Internationalによると、両親のためにテネシー州ナッシュヴィルに140万ドルの家を購入したという。[181] この家は建物が1920年代のものでベッドルームが3部屋あり、敷地は約140坪でテラスには大きな外用の暖炉もあり、肌寒い時期でも外でゆったりとした時間が過ごせるようになっているという。テイラーの関係者は「とてもいい家で、テイラーもオフの時は両親に会いに行って泊まっています。両親が喜んでいるのがうれしいようですよ」とコメントしている。[182]

政治[編集]

2008年の大統領選挙の際、スウィフトは女性の政治進出を応援するキャンペーン"Every Woman Counts"に参加したほか、ほかのカントリー・ミュージシャンとともに"Vote (For Your) Country"にも参加した[183]

当時スウィフトは「私は皆さんの候補者選びに影響するつもりはありませんし、自分の仕事だとは考えていません」("I don't think it's my job to try and influence people which way they should vote.")と述べた一方[8]バラク・オバマの就任式の後には、「生まれてこの方、国がここまで政治に対して幸せになっているのを見たことがありません。私は初めて選挙に参加できてうれしいです。」("I've never seen this country so happy about a political decision in my entire time of being alive. I'm so glad this was my first election.")とローリング・ストーンに対してオバマを支持する姿勢を見せた[184]

2012年のインタビューの中で、スウィフトは「できるだけ勉強をし、確かな情報に基づいて発信するよう心がけている」とした上で、いたずらに他人に影響を与えないようにするため、政治から距離を置く姿勢をとった[185][186]。 メディアは当時のスウィフトの姿勢を批判し、ポリティコは「馬鹿馬鹿しいまでに政治への関心が欠けている」("studiously apolitical")と述べた[187] 。 また、トランプを支持するオルタナ右翼たちの間で広まった「実はスウィフトは隠れトランプ」という噂が「実は白人至上主義者」にエスカレートし、ナチスと結びつけたインターネット・ミームが発生したほか、彼女をアーリア人の女神と呼ぶ者まで出てきた[188][189]

スウィフトはケネディ家とも交流があり[190]ロバート・ケネディの妻であるエセル・スカケル・ケネディを称賛している[191]

スウィフトはフェミニストでもあり[192] 、性的少数者への差別を批判している。2008年にゲイの少年が殺害される事件英語版が発生した際、スウィフトはヘイトクライムに反対するGLSEN英語版の公共広告の収録に参加した[193]

事件から1年後、彼女は自身の両親から「愛する対象や、肌の色、宗教などで他人を判断してはいけない」と教えられたとSeventeenの取材に対して述べている[194] 。 いじめへの反対を歌った"Mean"のミュージックビデオは高校でのホモフォビアも題材にしており、2011年のMTVビデオミュージックアワードのソーシャル・アクティビズム部門にノミネートされた[195][196]

ニューヨークタイムズは「ゲイのファンに対し、つらい時でも、自分のアイデンティティを受け入れるよう歌い上げる彼女は、新世代の若い(そしてまっすぐな)女性たちの一人だ」と評している[195]

2018年10月7日、スウィフトは自身のInstagramに、11月に行われる中間選挙英語版民主党を支持する意向を明らかにし、上院の選挙でフィル・ブレデセンを、下院の選挙ではジム・クーパーに投票すると述べた[197][198] [199][186]。 また、彼女は可能な限り女性の候補者に投票するとしたうえで、共和党マーシャ・ブラックバーン英語版を支持できないと述べ、性的少数者の権利やジェンダー・人種上の平等の獲得、および制度的な人種差別(systemic racism)の撤廃に向けて戦いたいと語った[200][201]

有権者登録をし投票を呼びかけるInstagramの投稿には数時間で100万以上のいいねがついたほか[201]、25万件のオンライン有権者登録があった[202][203][204] 。非営利団体Vote.orgは10月7日以降の登録の6割以上が18歳から29歳だったことを明らかにし、スウィフトの呼びかけによる影響の度合いは不明としつつも、彼女のファン層との重複を指摘している[202]

また、彼女は2018年のアメリカン・ミュージック・アワード2018のアーティスト・オブ・ザ・イヤーの授賞式の場でも同様の発言をしている[205]

スウィフトの発言に対しアメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプは、スウィフトがブラックバーンについてよく知らないのではないかと述べ、彼女の音楽が25%嫌いになったと発言した[199]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

コンパクト盤 (EP)[編集]

  • Sounds of the Season: The Taylor Swift Holiday Collection(2007年)
  • Live from SoHo(2008年)
  • Beautiful Eyes(2008年)

公演[編集]

ツアー[編集]

  • フィアレス・ツアー (2009~2010)
  • スピーク・ナウ ワールドツアー (2011~2012)
  • レッド・ツアー (2013~2014)
  • 1989・ワールドツアー (2015)
  • レピュテーション・スタジアムツアー (2018)

来日公演[編集]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考
2009 ジョナス・ブラザーズ ザ・コンサート 3D
Jonas Brothers: The 3D Concert Experience
N/A ドキュメンタリー
ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー
Hannah Montana:The Movie
本人役
2010 バレンタインデー
Valentine's Day
フェリシア
2012 ロラックスおじさんの秘密の種
The Lorax
オードリー 声の出演
2014 ギヴァー 記憶を注ぐ者
The Giver
ローズマリー
2019 キャッツ

Cats

ボンバルリーナ
2020 ミス・アメリカーナ
Miss Americana
本人 Netflixドキュメンタリー映画

テレビドラマ[編集]

日本語題
原題
役名 備考
2009 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ヘイリー・ジョーンズ 第9シーズン第16話「16歳」
2013 New Girl / ダサかわ女子と三銃士
New Girl
エレイン 第2シーズン第25話「君しかいない」

受賞[編集]

  • CMT Music Awards - 「Breakthrough Video of The Year: Tim McGraw」受賞(2007年)
  • Country Music Association Awards - 「Horizon Award」受賞(2007年)
  • アメリカン・ミュージック・アワード
    • 「Favorite Female Country Artist」受賞(2008年)
    • 最優秀(ポップ/ロック)アルバム賞、年間最優秀アーティスト、最優秀女性アーティスト(ポップ/ロック)、最優秀ツアー賞
  • Teen Choice Awards - 「Breakout Artist」受賞(2008年)
  • CMT Music Awards - 「Female Video of the Year: Our Song」、「Video of the Year: Our Song」受賞(2008年)
  • アカデミー・オブ・カントリーミュージック - 「Top New Female Vocalist」受賞(2008年)
  • IFPI Global Recording Artist of 2014(2015年)[206]
  • 第64回BMI ポップ・アワード(2016年)[207][208]
    • テイラー・スウィフト賞、ソングライター・オブ・ザ・イヤー
  • MTV Video Music Awards
    • 「Best Female Video」受賞(2009年)
    • 最優秀ビデオ賞/最優秀コラボレーション賞(2015年) - テイラー・スウィフト feat. ケンドリック・ラマー 「バッド・ブラッド」[209]
    • 最優秀女性アーティスト・ビデオ賞/最優秀ポップ・ビデオ賞(2015年) - 「ブランク・スペース」[209]
  • MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード
    • 最優秀楽曲賞(2015年) - テイラー・スウィフト feat. ケンドリック・ラマー「バッド・ブラッド」[210]
  • 第52回グラミー賞 (2010年)[211]
    • 最優秀アルバム賞、最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞、最優秀カントリー・ソング賞、最優秀カントリー・アルバム賞
  • 第58回グラミー賞 (2016年)[212]
    • 最優秀アルバム賞、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞、最優秀ミュージック・ビデオ賞
  • ビルボード・ミュージック・アワード
    • アーティスト・オブ・ザ・イヤー(2013年
    • 最優秀アーティスト、最優秀女性アーティスト、最優秀アルバム賞「1989」 (2015年[213]
  • ビルボード誌 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(2014年)[214]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Bailey, Alyssa (2020年7月27日). “テイラー・スウィフトの新アルバムに、恋人ジョー・アルウィン作詞の曲が?”. ELLE (ハースト婦人画報社). https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a33427712/taylorswift-joealwyn-songwriter-200727-hns/ 2020年7月28日閲覧。 
  2. ^ a b c d Erlewine, Stephen Thomas. Taylor Swift | Biography & History - オールミュージック. 2020年7月28日閲覧。
  3. ^ Taylor Swift” (英語). GRAMMY.com (2014年3月17日). 2019年2月4日閲覧。
  4. ^ Taylor Swift: Growing into superstardom”. Reading Eagle (2008年12月8日). 2014年11月23日閲覧。
  5. ^ Taylor Swift's father is a Blue Hen”. Udel.edu (2009年9月23日). 2012年4月17日閲覧。
  6. ^ 4.1.13: LIZ SMITH: I'm a Taylor Swift "Groupie."”. New York Social Diary (2013年4月1日). 2013年12月14日閲覧。
  7. ^ a b Widdicombe, Lizzie (2011年10月10日). “You Belong With Me”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/reporting/2011/10/10/111010fa_fact_widdicombe?currentPage=all 2011年10月11日閲覧。 
  8. ^ a b c d Rolling Stone Interview: The Unabridged Taylor Swift, December 2, 2008
  9. ^ a b Cutter, Kimberly (2010年6月2日). “Taylor Swift's Rise to America's Sweetheart”. Marie Claire. p. 2. 2012年4月19日閲覧。
  10. ^ Taylor Swift on 'Blank Space' Video, Stunning '1989' Sales (Video upload)”. ABC News on YouTube. Google Inc (2014年11月11日). 2015年1月3日閲覧。
  11. ^ Reinbrecht, Steve (1996年10月7日). “New golf course is no picnic”. Reading Eagle (via Google Books). 2013年11月17日閲覧。
  12. ^ InStyle June 2011
  13. ^ “Taylor Swift: A Date with Grammy?”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,20175197_2,00.html 2012年5月21日閲覧。 
  14. ^ Photos Students at Alvernia Montessori School sending Taylor Swift a valentine”. Readingeagle.com (2010年2月13日). 2013年2月25日閲覧。
  15. ^ Hatza, George (2008年12月8日). “Taylor Swift: Growing into superstardom”. Readingeagle.com. 2012年4月17日閲覧。
  16. ^ Article about Taylor's dad – Rare Taylor Swift”. Raretaylorswift.webs.com (2013年3月7日). 2013年11月17日閲覧。
  17. ^ words of whimsy: Taylor Swift Was My BFF. Words-of-whimsy.blogspot.co.uk (April 19, 2011). Retrieved December 6, 2013.
  18. ^ Lauren Mennen, Philly.com. “Taylor Swift's Wyomissing childhood home on the market for $799,500”. Philadelphia Daily News. 2013年11月17日閲覧。
  19. ^ Wyomissing Schools get Swift gift Taylor made for them – Lehigh Valley Music Blog”. Blogs.mcall.com (2010年1月13日). 2012年4月17日閲覧。
  20. ^ Van Meter, Jonathan (2012年1月17日). “Taylor Swift: The Single Life – Magazine”. Vogue. p. 4. 2012年4月17日閲覧。
  21. ^ Taylor Swift and Her Chubby Cheeks Once Starred in 'Bye Bye Birdie'”. Celebuzz. Spinmedia (2014年1月). 2015年1月3日閲覧。
  22. ^ Brittany Joy Cooper (2012年4月15日). “Taylor Swift Opens Up About a Future in Acting and Admiration for Emma Stone”. Taste of Country. 2012年4月17日閲覧。
  23. ^ MacPherson, Alex (2012年10月18日). “Taylor Swift: 'I want to believe in pretty lies'”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/music/2012/oct/18/taylor-swift-want-believe-pretty-lies 
  24. ^ DeLuca, Dan (2010年8月8日). “Taylor Swift works crowd, local angle smoothly”. Philadelphia Daily News. 2012年4月19日閲覧。
  25. ^ a b c d Morris, Edward (2006年12月1日). “When She Thinks "Tim McGraw," Taylor Swift Savors Payoff: Hardworking Teen to Open for George Strait Next Year”. CMT. 2010年3月11日閲覧。
  26. ^ How Did Taylor Swift Make It?”. Voice Council Magazine. Voice Council Magazine (2014年11月30日). 2015年1月3日閲覧。
  27. ^ Nisha Lilia Diu (2011年4月3日). “Taylor Swift: 'I won't do sexy shoots'”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/culture/music/8421110/Taylor-Swift-I-wont-do-sexy-shoots.html 2012年4月17日閲覧。 
  28. ^ News : CMT Insider Interview: Taylor Swift (Part 1 of 2)”. CMT (2008年11月26日). 2012年7月1日閲覧。
  29. ^ Taylor Swift: The Garden In The Machine”. American Songwriter (2011年5月2日). 2012年5月21日閲覧。
  30. ^ a b Joe Smith (2008年10月27日). “AN ARTIST AND A PHILLIES' FAN”. Tampa Bay Times/St. Pete Times. https://www.tampabay.com/archive/2008/10/26/an-artist-and-a-phillies-fan/ 2020年5月22日閲覧。 
  31. ^ Rollo, Sarah (2009年11月3日). “Showbiz – News – Computer repairman taught Swift guitar”. Digital Spy. 2009年12月30日閲覧。
  32. ^ “Her Song: Talking Taylor Swift – Post Rock”. The Washington Post. (2008年2月28日). http://voices.washingtonpost.com/postrock/2008/02/her_song_talking_taylor_swift_1.html 2012年4月19日閲覧。 
  33. ^ a b americanbar.org PDF”. 2012年4月18日閲覧。
  34. ^ On tour with Taylor Swift – Dateline NBC – Newsmakers”. MSNBC (2009年5月31日). 2012年7月1日閲覧。
  35. ^ Lina Das (2012年10月29日). “Taylor Swift: 'Men hand me inspiration on a plate'”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-2218012/Taylor-Swift-Men-hand-inspiration-plate.html 2013年11月17日閲覧。 
  36. ^ News : Taylor Swift's High School Names Auditorium in Her Honor”. CMT (2010年9月23日). 2012年4月18日閲覧。
  37. ^ du Lac, J. Freedom (2008年2月27日). “Taylor Swift Puts The Kid in Country”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/02/27/AR2008022703749.html 2012年7月6日閲覧。 
  38. ^ Vanessa Grigoriadis (2009年3月5日). “The Very Pink, Very Perfect Life of Taylor Swift | Music News”. Rolling Stone. 2012年10月31日閲覧。
  39. ^ Ray, Michael. “Taylor Swift”. Encyclopædia Britannica. 2014年11月12日閲覧。
  40. ^ How to Succeed as an Entrepreneur, Taylor Swift Style”. Inc.com. Monsueto Ventures (2015年2月6日). 2015年2月9日閲覧。
  41. ^ Taylor Swift: The Garden In The Machine”. American Songwriter (2011年5月2日). 2012年5月21日閲覧。
  42. ^ a b Songwriter Taylor Swift Signs Publishing Deal With Sony/ATV”. BMI.com (2005年5月12日). 2012年4月20日閲覧。
  43. ^ a b Kosser, Michael (2010年6月3日). “Liz Rose: Co-Writer to the Stars”. American Songwriter. 2012年4月19日閲覧。
  44. ^ How Liz Rose and Taylor Swift Wrote the Hits”. Majorlyindie.com (2008年11月20日). 2012年4月19日閲覧。
  45. ^ Blender, April 2008, page 54
  46. ^ Eisenbery, Dana (2012年10月25日). “How Taylor Swift Conquered The Music World By Age 22”. Business Insider. 2014年11月12日閲覧。
  47. ^ DeLuca, Dan (2008年11月11日). “Focused on 'great songs' Taylor Swift isn't thinking about "the next level" or Joe Jon as gossip”. Philadelphia Daily News. p. 1. 2012年4月17日閲覧。
  48. ^ Willman, Chris (2008年2月5日). “Taylor Swift's Road to Fame – The chipmunk years”. Entertainment Weekly: p. 2. http://www.ew.com/ew/article/0,,20176102_2,00.html 2012年4月22日閲覧。 
  49. ^ Rock and Pop Music (2009年4月26日). “Taylor Swift: the 19-year-old country music star conquering America – and now Britain – The Daily Telegraph. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/culture/music/rockandpopmusic/5202294/Taylor-Swift-the-19-year-old-country-music-star-conquering-America-and-now-Britain.html 2012年8月30日閲覧。 
  50. ^ Taylor Swift's Ex-Manager Suing Over Contract Dispute”. Billboard (2010年10月8日). 2015年1月3日閲覧。
  51. ^ Rolling Stone, October 25, 2012, Taylor in Wonderland by Brian Hiatt, page 39
  52. ^ “Toby Keith, Cowboy Capitalist: Country's $500 Million Man – Forbes”. Forbes. http://www.forbes.com/sites/zackomalleygreenburg/2013/06/26/toby-keith-cowboy-capitalist-countrys-500-million-man/2/ 
  53. ^ Reuter, Annie (2009年6月22日). “Taylor Swift Interview”. Marie Claire. 2012年5月29日閲覧。
  54. ^ Taylor Swift (CD). Taylor Swift. Big Machine Records. 2006. BMR120702。
  55. ^ a b Taylor Swift: Album Guide”. Rolling Stone. 2011年4月15日閲覧。
  56. ^ Willman, Chris (2008年2月5日). “Taylor Swift's Road to Fame”. Entertainment Weekly: p. 3. http://www.ew.com/ew/article/0,,20176102_3,00.html 2012年4月22日閲覧。 
  57. ^ Rolling Stone, March 2009
  58. ^ Taylor Swift performs 'Teardrops on My Guitar' at the Grand Ole Opry”. YouTube. 2012年8月15日閲覧。
  59. ^ Taylor Swift Joins Rascal Flatts Tour”. CMT News (2006年10月18日). 2010年3月11日閲覧。
  60. ^ TRL Embraced Me for who I Am”. MTV. 2010年3月11日閲覧。
  61. ^ Gonzalez, John (2009年9月27日). “Taylor Swift comes to VanAndel Arena this week on Fearless Tour”. mlive.com. 2012年5月15日閲覧。
  62. ^ a b Caramanica, Jon (2008年11月7日). “My Music, MySpace, My Life”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/11/09/arts/music/09cara.html?_r=1&pagewanted=all 2012年5月15日閲覧。 
  63. ^ a b Taylor Swift - Chart History - Billbord 200”. ビルボード. 2015年7月20日閲覧。
  64. ^ A Young Outsider's Life Turned Inside Out By Jon Carminica, The New York Times dated September 5, 2008.
  65. ^ Frere, Sasha. “Prodigy”. The New Yorker. 2012年5月21日閲覧。
  66. ^ 2009年のUSでのアルバム売り上げランキング発表! TAYLOR SWIFTが1位を獲得”. TOWER RECORDS ONLINE. 2019年3月13日閲覧。
  67. ^ Taylor Swift performs anthem”. MLB.com (2008年10月26日). 2015年7月20日閲覧。
  68. ^ VMA 2009 カニエがテイラー・スウィフトの受賞スピーチに乱入
  69. ^ カニエ・ウェストの暴挙を責めず、守ってくれた人々の優しさに感動
  70. ^ 第52回グラミー賞、テイラー・スウィフト(TAYLOR SWIFT)が4冠獲得!”. www.cdjournal.com. 2019年3月14日閲覧。
  71. ^ グラミー賞 ビヨンセとテイラー・スウィフトが新記録”. rockinon.com. 2019年3月14日閲覧。
  72. ^ Beyonce, Taylor Swift Dominate 2010 Grammy Awards”. Rolling Stone. 2010年2月1日閲覧。
  73. ^ “For Taylor Swift, Big Grammy Wins Mean Innocence Lost”. The New York Times. (2010年2月1日). https://www.nytimes.com/2010/02/02/arts/music/02taylor.html 
  74. ^ Taylor Swift Dominates CMA Awards”. MTV News. 2019年3月14日閲覧。
  75. ^ Valentine’s Day - Film Reviews”. Variety. 2010年2月7日閲覧。
  76. ^ OMG! Taylor Swift Does 'CSI'!”. ArtsBeat. 2009年3月6日閲覧。
  77. ^ Taylor Swift's Speak Now Tops 1 Million In First Week”. MTV News. 2019年3月14日閲覧。
  78. ^ Fastest-selling digital album in the USA by a female artist”. Guinness World Records. 2019年3月14日閲覧。
  79. ^ Taylor Swift - Chart history | Billboard”. www.billboard.com. 2019年3月14日閲覧。
  80. ^ Taylor Swift Takes Home Two GRAMMYs at Tribute-Filled Show”. web.archive.org. 2015年9月6日閲覧。
  81. ^ Taylor Swift Named NSAI's Songwriter-Artist of the Year”. CMT News. 2010年10月18日閲覧。
  82. ^ HOT DISH: Taylor Swift Sings Alan Jackson's Masterpiece at Nashville Songwriters Celebration”. CMT News. 2011年10月21日閲覧。
  83. ^ Taylor Swift: Billboard's Woman of the Year”. Billboard. 2019年3月14日閲覧。
  84. ^ Taylor Swift wins ACM entertainer of the year”. www.yahoo.com. 2019年3月14日閲覧。
  85. ^ CMA Awards 2011: Taylor Swift wins entertainer of the year”. www.cbsnews.com. 2019年3月14日閲覧。
  86. ^ CMA Awards 2011: Taylor Swift wins entertainer of the year”. www.cbsnews.com. 2019年3月14日閲覧。
  87. ^ Women Who Rock: The 50 Greatest Albums of All Time”. Rolling Stone. 2012年6月22日閲覧。
  88. ^ Taylor Swift, Arcade Fire Talk 'Hunger Games'”. Rolling Stone. 2012年3月29日閲覧。
  89. ^ テイラー・スウィフト、2014年版ギネス・ブック2部門で世界記録に認定”. rockinon.com. 2019年3月14日閲覧。
  90. ^ テイラー・スウィフトの20曲:ポップ界を制圧するスーパースター”. 2020年3月23日閲覧。
  91. ^ VMAs: The 2013 Winner's List” (英語). EW.com. 2019年3月14日閲覧。
  92. ^ Taylor Swift & Justin Timberlake Win Big at American Music Awards”. Billboard. 2019年3月14日閲覧。
  93. ^ “Country Awards Hold Swift Close”. The New York Times. (2013年11月7日). https://www.nytimes.com/2013/11/08/arts/music/at-country-music-awards-swift-is-celebrated.html 
  94. ^ The Rolling Stones (2013-06-04), The Rolling Stones & Taylor Swift - As Tears Go By - Live in Chicago, https://www.youtube.com/watch?v=O52TbIbCEKo 2019年3月14日閲覧。 
  95. ^ Taylor Swift: First Look at 'New Girl' cameo with Zooey Deschanel”. EW.com. 2019年3月14日閲覧。
  96. ^ Watch Taylor Swift's '1989' Secret Sessions Behind The Scenes Video”. Billboard. 2019年3月16日閲覧。
  97. ^ Official: Taylor Swift's '1989' Debuts With 1.287 Million Sold In First Week”. Billboard. 2019年3月16日閲覧。
  98. ^ MTV VMA 2015にて最優秀ビデオ賞含む最多4部門受賞!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2015年9月1日閲覧。
  99. ^ テイラー・スウィフト、東京ドームからワールドツアーをスタート!2日間で10万人熱狂”. ハリウッドニュース (2015年5月6日). 2015年7月31日閲覧。
  100. ^ “テイラー・スウィフト、ニューヨーク市の観光大使に”. シネマトゥデイ. (2014年11月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067658 2014年11月4日閲覧。 
  101. ^ テイラー・スウィフト、「Bad Blood」のMVが24時間以内で最も再生されたビデオに”. ハリウッドニュース (2015年5月22日). 2015年7月31日閲覧。
  102. ^ Billboard Music Awardsで「Woman of The Year」を受賞したテイラーの受賞のスピーチがオフィシャルYouTubeで公開”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2012年6月6日閲覧。
  103. ^ ダイアナ・ロスがアメリカン・ミュージック・アワードで特別賞‘Lifetime Achievement’(生涯功労賞)を受賞”. uDiscoverMusicJP. 2017年10月22日閲覧。
  104. ^ アメリカン・ミュージック・アワード、テイラー・スウィフトが最多3部門受賞!”. Esquire. 2015年11月24日閲覧。
  105. ^ 第58回グラミー賞:テイラー・スウィフトが史上初の快挙”. GQ JAPAN. 2016年2月16日閲覧。
  106. ^ テイラー・スウィフト、母のスピーチに感動の涙!”. ELLE. 2015年4月21日閲覧。
  107. ^ テイラー・スウィフトがウォールストリートジャーナルに寄稿!”. ELLEgirl. 2019年3月16日閲覧。
  108. ^ Taylor Swift’s Label Head Explains Spotify Removal”. Rolling Stone. 2014年11月8日閲覧。
  109. ^ Taylor Swift Pens Open Letter Explaining Why '1989' Won't Be on Apple Music”. Billboard. 2019年3月16日閲覧。
  110. ^ テイラー・スウィフト、アップルに完全勝利!”. ELLE. 2015年6月23日閲覧。
  111. ^ Taylor Swift is putting '1989' on Apple Music”. EW.com. 2019年3月16日閲覧。
  112. ^ December 13, India Today Web Desk. “10 Life mantras by Taylor Swift to live by” (英語). India Today. 2019年4月7日閲覧。
  113. ^ テイラー・スウィフトとSpotifyが復縁――全楽曲が主要サービスで聞けるように”. TechCrunch Japan. 2019年3月16日閲覧。
  114. ^ Taylor Swift returns to Spotify on the day Katy Perry's album comes out”. BBC Newsbeat. 2017年9月6日閲覧。
  115. ^ http://www.elle.co.jp/culture/celebgossip/taylor-swift-judgement17_0815
  116. ^ テイラー・スウィフト、SNS投稿を全削除 アルバム発表の予兆か”. Forbes JAPAN. 2017年8月21日閲覧。
  117. ^ テイラー・スウィフト「Look What You Made Me Do」のMVが10億回再生突破。その輝かしい記録の変遷”. uDiscoverMusicJP. 2019年1月20日閲覧。
  118. ^ テイラー・スウィフト、SpotifyとYouTubeで1日最多再生回数の記録を樹立”. uDiscoverMusicJP. 2017年8月28日閲覧。
  119. ^ テイラー・スウィフトの『レピュテーション』、初週売上121.6万枚で堂々の全米1位”. Billboard JAPAN. 2019年3月18日閲覧。
  120. ^ テイラー・スウィフト、新作が4日間で全米で100万枚を突破”. nme-jp.com. 2019年3月18日閲覧。
  121. ^ テイラー・スウィフト最新ツアーが売上300億円、米史上最大に”. Forbes JAPAN. 2018年12月3日閲覧。
  122. ^ Taylor Swift Closes Reputation Stadium Tour with $345 Million”. 2020年3月23日閲覧。
  123. ^ テイラー・スウィフト、AMAで女性シンガー最多受賞記録を更新”. Forbes JAPAN. 2018年10月11日閲覧。
  124. ^ テイラー・スウィフト『レピュテーション』自身グラミー史上最低評価、なぜ?”. Rolling Stone Japan. 2018年12月9日閲覧。
  125. ^ Brendon Urie, Taylor Swift break 24-hour streaming record with “ME!” video” (英語). Alternative Press (2019年4月29日). 2019年4月30日閲覧。
  126. ^ テイラー・スウィフト、新作アルバム『Lover』8月23日発売決定。新曲「You Need To Calm Down」も配信開始”. 2020年4月11日閲覧。
  127. ^ テイラー・スウィフト新曲「You Need to Calm Down」全米初登場第2位”. 2020年3月23日閲覧。
  128. ^ テイラー・スウィフトが8月23日発売の最新アルバム『Lover』から新曲「The Archer」を解禁”. 2020年4月11日閲覧。
  129. ^ テイラー・スウィフト、新作アルバムから4曲目となる新曲「Lover」が!配信開始。リリース記念のYouTubeライブも決定”. 2020年4月11日閲覧。
  130. ^ 嵐のデビュー20周年ベストアルバムが“2019年に世界で最も売れたアルバム”に!2位にテイラー・スウィフト、3位はBTS”. 2020年3月23日閲覧。
  131. ^ 映画版『キャッツ』出演のテイラー・スウィフト、オリジナル曲を製作!”. 2020年3月23日閲覧。
  132. ^ テイラー・スウィフト、2019年に最も売れたアーティストに!”. 2020年3月23日閲覧。
  133. ^ テイラー・スウィフト&カニエ・ウェスト、“Famous”の歌詞をめぐる電話の全容が明らかに”. 2020年4月11日閲覧。
  134. ^ テイラー・スウィフトさん年内出演中止 米五輪会場の完成公演も”. 産経新聞 (2020年4月18日). 2020年4月18日閲覧。
  135. ^ テイラー・スウィフト、ニュー・アルバム『フォークロア』の制作過程について綴った文章が公開”. 2020年7月25日閲覧。
  136. ^ テイラー・スウィフト新作『folklore』が24時間で130万枚を売上。ストリーミングでも様々記録を更新”. 2020年7月31日閲覧。
  137. ^ 注目歌手サム・スミス、ポップスターたちは優しくないが、テイラー・スウィフトは親切”. ハリウッドニュース (2015年1月28日). 2015年7月31日閲覧。
  138. ^ a b MV「バッド・ブラッド」に出演
  139. ^ テイラー・スウィフトとも仲良し! 今話題の女優・クリエイター、レナ・ダナムって?”. ハリウッドニュース (2015年2月1日). 2015年7月31日閲覧。
  140. ^ ゼンデイヤ、テイラー・スウィフトとの出会いを語る! 「テイラーとは○○を通じて出会ったの!」”. tvgroove.com (2015年8月7日). 2015年8月9日閲覧。
  141. ^ 「最もホットな女性100人」テイラー・スウィフトが1位に!”. シネマトゥデイ (2015年5月19日). 2015年5月20日閲覧。
  142. ^ テイラー・スウィフトの歴代カレシを総ざらい♥ ジョー・ジョナス”. ELLE girl (2013年9月28日). 2015年7月31日閲覧。
  143. ^ テイラー・スウィフトの歴代カレシを総ざらい♥ テイラー・ロートナー”. ELLE girl (2013年9月28日). 2015年7月31日閲覧。
  144. ^ ジェイク・ギレンホール&テイラー・スウィフト、あっという間に破局。”. techinsight.jp (2011年1月7日). 2015年7月31日閲覧。
  145. ^ http://www.eonline.com/news/357246/taylor-swift-and-conor-kennedy-breakup-anatomy-of-a-split
  146. ^ テイラー・スウィフト、ハリー・スタイルズと破局!”. エル・オンライン (2013年1月9日). 2015年7月31日閲覧。
  147. ^ テイラー・スウィフト、カルヴィン・ハリスとの交際に親友が太鼓判”. エル・オンライン (2015年4月15日). 2015年7月31日閲覧。
  148. ^ テイラー・スウィフト、噂の新恋人カルヴィン・ハリスと手をつなぐ”. ハフィントン・ポスト (2015年4月4日). 2015年7月31日閲覧。
  149. ^ テイラー・スウィフト、友人ジジ・ハディッドと元彼ジョー・ジョナスの交際を承認!”. ヴォーグ (2015年6月24日). 2015年7月31日閲覧。
  150. ^ テイラー・スウィフト、元彼ジョー・ジョナスらとダブルデート”. ハリウッドニュース (2015年6月30日). 2015年7月31日閲覧。
  151. ^ テイラー・スウィフト、親友セレーナ・ゴメスとランチ”. モデルプレス (2015年6月18日). 2015年7月31日閲覧。
  152. ^ テイラー・スウィフト&エド・シーラン。超仲良しな2人が恋仲にならなかったワケをエドが告白。”. techinsight.jp (2015年5月30日). 2015年7月31日閲覧。
  153. ^ テイラー・スウィフト、親友ロードとステージで共演!”. tvgroove.com (2015年7月16日). 2015年7月31日閲覧。
  154. ^ テイラー・スウィフト、ツアー中に親友カーリー・クロスとロンドン観光”. 朝日新聞 (2015年7月6日). 2015年7月31日閲覧。
  155. ^ 「ワン・ダイレクション」ハリー、元カノ テイラー・スウィフトとご近所さんに!?”. tvgroove.com (2015年6月22日). 2015年7月20日閲覧。
  156. ^ http://www.elle.co.jp/culture/celebgossip/Taylor-Swift-new-album-12_0118
  157. ^ ユニバーサル ミュージック - Pray for Japan”. microsites.universal-music.co.jp. 2019年3月14日閲覧。
  158. ^ 東北はひとつ。日本はひとつ。世界はひとつ。”. 河北新報. 2019年3月15日閲覧。
  159. ^ テイラー・スウィフトが「30歳未満で最も稼いだセレブ」となって久々の来日”. 2020年3月23日閲覧。
  160. ^ テイラー・スウィフト、カントリー・ミュージック殿堂博物館に3億円超の寄付 RBB TODAY 2012年5月19日付
  161. ^ イイ人すぎる! テイラー・スウィフトがファンにした感激サプライズまとめ”. ハリウッドニュース (2014年11月30日). 2015年7月31日閲覧。
  162. ^ テイラー・スウィフト、3年連続最もチャリティーに貢献したセレブに”. ハリウッドニュース (2014年12月30日). 2015年7月31日閲覧。
  163. ^ 「最もチャリティに貢献したセレブ」トップ5はすべて女性!”. MovieWalker. walkerplus.com (2015年1月3日). 2015年7月31日閲覧。
  164. ^ テイラー・スウィフト、ガンを患う12歳のファンに電話をかける”. ハリウッドニュース (2015年5月1日). 2015年7月31日閲覧。
  165. ^ テイラー・スウィフト、11歳の白血病のファンに約610万円寄付”. ハリウッドニュース (2015年7月8日). 2015年7月31日閲覧。
  166. ^ 2009 Celebrity 100”. フォーブス. 2015年12月14日閲覧。
  167. ^ 2010 Celebrity 100”. フォーブス. 2015年12月14日閲覧。
  168. ^ Hollywood's Highest-Earning Women”. フォーブス (November 08,2010). 2015年7月20日閲覧。
  169. ^ 2011 Celebrity 100”. フォーブス. 2015年12月14日閲覧。
  170. ^ 2012 Celebrity 100”. Fobes. 2012年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月14日閲覧。
  171. ^ 2013 Celebrity 100”. Fobes. 2013年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月14日閲覧。
  172. ^ 2014 Celebrity 100”. Fobes. 2015年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月14日閲覧。
  173. ^ 2015 Celebrity 100”. Fobes. 2015年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月14日閲覧。
  174. ^ レディー・ガガ「30歳未満で最も稼いだセレブ」のトップに! 25歳で年収約72億円-米フォーブス誌 シネマトゥデイ 2011年6月15日付
  175. ^ The Top-Earning Women In Music 2011
  176. ^ The Top-Earning Women In Music 2012
  177. ^ The Top-Earning Women In Music 2013
  178. ^ The Top-Earning Women In Music 2014
  179. ^ The Top-Earning Women In Music 2015
  180. ^ テイラー・スウィフト&カルヴィン・ハリス、最も稼いだセレブカップルに”. ハリウッドニュース (2015年6月26日). 2015年7月31日閲覧。
  181. ^ Taylor Swift selling home”. BANG Media International (2011年7月15日). 2015年7月20日閲覧。
  182. ^ テイラー・スウィフト 両親のために約1億1,190万円の家を購入 シネマトゥデイ 2011年4月18日付
  183. ^ Every Woman Counts: Funny Taylor Swift Interview Before 2008 ACM Awards. Lifetime. 30 May 2008. 2010年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月2日閲覧
  184. ^ Grigoriadis, Vanessa (5 March 2009). "The Very Pink, Very Perfect Life of Taylor Swift". Rolling Stone. 2016年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月2日閲覧
  185. ^ Macsai, Dan (19 October 2012). "Taylor Swift on Going Pop, Ignoring the Gossip and the Best (Worst) Nickname She's Ever Had". Time. 2016年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月2日閲覧
  186. ^ a b T・スウィフトさん、民主党支持を表明 トランプ氏「25%くらい好きじゃなくなった」”. AFP (2018年10月9日). 2018年10月13日閲覧。
  187. ^ Glatsky, Genevieve (6 December 2017). "The Weird Campaign to Get Taylor Swift to Denounce Donald Trump". Politico. 2017年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月8日閲覧
  188. ^ 東郷かおる子; 町山智浩 (2018年10月19日). “米ネット右翼に衝撃 テイラー・スウィフトの政治的発言”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞. 2018年10月19日閲覧。
  189. ^ Kenzie Bryant (8 October 2018). "Taylor Swift's Politics and the Death of One of the Internet's Worst Memes". ヴァニティ・フェア. 2018年10月19日閲覧
  190. ^ Malkin, Marc. "Taylor Swift: Kennedys Should Be So Lucky to Have Her in the Family, Says Boyfriend Conor's Grandmother". E!. 2015年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月10日閲覧
  191. ^ Van Meter, Jonathan (17 January 2012). "Taylor Swift: The Single Life". Vogue. 2014年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月3日閲覧
  192. ^ Hoby, Hermione (23 August 2014). "Taylor Swift: 'Sexy? Not on my radar'". The Guardian. 2015年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月29日閲覧
  193. ^ Malkin, Marc (10 March 2010). "Portia Joins Ellen To Stop The Hate". E!. 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月12日閲覧
  194. ^ Koday, Dan (28 March 2009). "Taylor Swift's Mission: Take a Stand Against Hate!". Seventeen. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月30日閲覧
  195. ^ a b Hawgood, Alex (5 November 2010). "For Gays, New Songs of Survival". The New York Times. 2012年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月7日閲覧
  196. ^ Mayberry, Carly; Tourtellotte, Bob (4 August 2011). "MTV adds social activism category to VMAs". Reuters. 2012年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月30日閲覧
  197. ^ Zimmerman, Amy (2018年10月8日). “Taylor Swift Finally Got Political. Why Now?”. The Daily Beast. オリジナルの2018年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181009012452/https://www.thedailybeast.com/taylor-swift-finally-got-political-why-now 2018年10月9日閲覧。 
  198. ^ Parkinson, Hannah Jane (2018年10月8日). “Taylor Swift finally makes a political intervention – will it sway voters?”. The Guardian. オリジナルの2018年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181008172804/https://www.theguardian.com/commentisfree/2018/oct/08/taylor-swift-political-intervention-sway-voters-singer-vote-democrat-midterm-elections-millennials 2018年10月9日閲覧。 
  199. ^ a b テイラー・スウィフトの政治発言にトランプ大統領が反応「テイラーの音楽が25%くらい嫌いになった”. ビルボード・ジャパン. ビルボード. 2018年10月14日閲覧。
  200. ^ Buitrago, Juan (2018年10月8日). “What about her reputation? Taylor Swift's political stance draws praise, backlash”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/life/people/2018/10/08/taylor-swift-political-phil-bredesen-endorsement-marsha-blackburn/1563958002/ 2018年10月8日閲覧。 
  201. ^ a b ハフポスト日本版編集部 (2018年10月8日). “テイラー・スウィフト、ついに政治を語る。投票先も明言、決め手はLGBTの権利”. ハフィントン・ポスト. 2018年10月14日閲覧。
  202. ^ a b 米中間選挙、テイラー・スウィフトの投票呼びかけでオンライン登録急増
  203. ^ France, Lisa Respers (2018年10月9日). “Voter registration reportedly spikes after Taylor Swift post”. CNN. オリジナルの2018年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181009194930/https://edition.cnn.com/2018/10/09/entertainment/taylor-swift-voter-registration/index.html 2018年10月9日閲覧。 
  204. ^ Haag, Matthew (2018年10月9日). “Voter Registrations Spike as Deadlines Loom. Taylor Swift Had Something to Do With It.” (英語). The New York Times. オリジナルの2018年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181009210812/https://www.nytimes.com/2018/10/09/us/politics/taylor-swift-voter-registration.html 2018年10月10日閲覧。 
  205. ^ Havens, Lyndsey (October 9, 2018). “Taylor Swift Breaks an All-Time AMA Record -- And Urges People to Vote In Midterm Elections”. Billboard. オリジナルのOctober 10, 2018時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181010082243/https://www.billboard.com/articles/events/amas/8479150/taylor-swift-breaks-record-most-AMA-wins-woman-urges-voting-midterms 2018年10月10日閲覧。. 
  206. ^ Taylor Swift named IFPI Global Recording Artist of 2014”. IFPI (2015年2月23日). 2016年5月26日閲覧。
  207. ^ BMI to Honor Taylor Swift With First-Ever Taylor Swift Award at 64th Annual BMI Pop Awards”. 2016年6月3日閲覧。
  208. ^ BMI Honors Taylor Swift and Legendary Songwriting Duo Mann & Weil at the 64th Annual BMI Pop Awards”. 2016年6月3日閲覧。
  209. ^ a b MTVビデオ・ミュージック・アワード 最優秀ビデオはテイラー・スウィフト”. シネマトゥデイ (2015年9月1日). 2015年9月4日閲覧。
  210. ^ ジャスティン・ビーバー MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで5部門受賞”. シネマトゥデイ (2015年10月29日). 2015年10月29日閲覧。
  211. ^ Past Winners Search - GRAMMY.com”. 2015年12月23日閲覧。
  212. ^ Past Winners Search - GRAMMY.com”. 2016年6月3日閲覧。
  213. ^ 「2015 ビルボード・ミュージック・アワード」発表 最優秀アーティストはテイラー・スウィフト”. シネマトゥデイ (2015年5月20日). 2015年5月20日閲覧。
  214. ^ “テイラー・スウィフト 米Billboard誌2014年ウーマン・オブ・ザ・イヤーに”. シネマトゥデイ. (2014年10月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067210 2014年10月20日閲覧。 

外部リンク[編集]