藤井将雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤井 将雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県唐津市湊町
生年月日 (1968-10-16) 1968年10月16日
没年月日 (2000-10-13) 2000年10月13日(31歳没)
身長
体重
177 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト4位
初出場 1995年5月30日
最終出場 1999年10月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤井 将雄(ふじい まさお、本名:藤井 政夫(読み同じ)、1968年10月16日 - 2000年10月13日)は、福岡県福岡市出身の元プロ野球選手投手)。

炎の中継ぎと称された。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1968年に福岡市西区今宿に生まれるが、1979年に父母の別居で姉・妹と共に母の出身地である佐賀県唐津市へ転居。母は呼子町の朝市で働き、将雄をはじめ3人の子を女手一つで育てた。なお、藤井の父は別居状態のまま1985年に急病で、美容師となった姉もプロ入り直前の1994年交通事故で他界している。市立湊中学校から佐賀県立唐津商業高等学校へ進学。学生時代の愛称は、福岡出身で同姓の歌手の藤井フミヤからフミヤ。顔立ち・やや細身のプロポーション故に異性から人気だったとされる。

高校卒業後、日産自動車九州に入り、エースとして活躍する。1994年にはチーム初の都市対抗野球出場とベスト8、社会人野球日本選手権の出場に大きく貢献した。日本代表にも選ばれ、広島アジア大会で金メダルを獲得した。その年、ドラフト会議にて福岡ダイエーホークスから4位指名を受けて入団、背番号は「15」に決まった。

プロ入り後[編集]

1年目は途中から先発を任され、西武ライオンズ戦で完封も記録した。だがその後は伸び悩み、3年目から中継ぎへ転向した。1997年オフにはプロ野球脱税事件への関与が発覚するが、1998年は右の中継ぎエースとして活躍する。

1999年に26ホールドを記録、パシフィック・リーグ最多ホールド記録(当時)を樹立し最多ホールドを獲得する。「炎の中継ぎ」と称され、ダイエーのリーグ優勝の原動力となった。藤井も入団当初の目標であった「王貞治監督を胴上げする」ことを達成した。

ところが、同年の夏頃から藤井がマウンド上で咳き込む様子が見られ、周囲は「登板過多による疲れではないか」としていたが日本シリーズ前の身体検査で異常が見つかり、シリーズ後に入院することになった。本人には知らされなかったが、藤井はこの時すでに「余命3か月の末期肺癌」だった。藤井が末期肺癌であることを知っていたのは、藤井の家族と当時の中内正オーナー代行、当時の瀬戸山隆三球団代表などのフロント上層部、王監督をはじめとする首脳陣の一部、個人後援会、後援会長から病状を知らされた若田部健一など[1]、一部の者のみだった。「マウンドに上がるという気持ちがあれば、気力で病気を克服できるかもしれないから」という家族の懇願もあり、藤井には間質性肺炎と偽った病名を伝えた(間質性肺炎自体も重病)。球団首脳もその意向を組み取り、本来は戦力外=解雇となってもおかしくないところを、藤井が優勝に貢献する活躍を見せたことを踏まえ、年俸倍増で契約更改した。藤井は11月に行われたV1記念パレードの翌日に入院した。

藤井ゲート上部に掲載される経歴表

2000年、藤井は入退院を繰り返しつつ、二軍の練習に参加して二軍戦6試合に登板するまで回復した。最後のマウンドになるかもしれないことが伝えられていた王監督は藤井に「今すぐ一軍に上がって来い」と電話したが、藤井は「(二軍で)結果を出せていないのに(一軍に)上がることなどできません」と固辞し、一軍で登板することはなかった。6月末に再入院したものの入院先に選ばれたのは藤井に対する配慮か、福岡ドームの隣接する国立病院九州医療センターだった。入院後もウェブサイトに日記を掲載し、優勝を間近にしたナインに叱咤しった激励し続けたが10月には心臓や肺に水がたまる状態が続き、見舞客の話では、藤井は肺から管を通しベッドから起き上がることもできない状態だったという。

チームがV2を達成したのを見届けた6日後の10月13日に容態が急変し、31歳で急死した。32歳の誕生日を迎える3日前のことであった。藤井の誕生日でもある10月16日に告別式が行われた。出棺の際、藤井の親友である若田部をはじめ兄貴分の工藤公康[2]を筆頭に、秋山幸二小久保裕紀村松有人松中信彦城島健司鳥越裕介大道典嘉西村龍次らが藤井の棺を担いだ。この内、若田部と工藤の2人だけが火葬に立ち会い、藤井との別れを惜しんだ。若田部と工藤は後に日本シリーズの第1戦でそれぞれ藤井の右腕の遺骨をしのばせて登板している。

死の直後、個人後援会関係者の代筆で「皆様へ」で始まる藤井の最後のメッセージが、在福マスコミや個人ウェブサイトに公開された。戒名は「勝球院秀峰明政居士」。

背番号15[編集]

福岡ヤフオク!ドームのロッカールームには、藤井が入院した頃から背中に「FUJII」「15」と手書きされたハリーホーク人形が置かれている。「藤井ハリー」と呼ばれるこの人形は、優勝が近づくとベンチに置かれ、胴上げにも毎回加わっている。この藤井ハリーはチームがダイエーからソフトバンクに移行した後もユニフォームを着替えてロッカーに飾られていたが、2014年10月現在、藤井の遺族の手元にあり球場のロッカーには藤井のユニフォーム等が飾られている[3]

藤井の背番号15にちなみ、ヤフオク!ドームの15番通路は「藤井ゲート」と呼ばれ、記念プレートと藤井の最後のメッセージ(個人ホームページに掲載された「皆様へ」で始まるメッセージ)が入口に掲げられている[4]

2001年以降、ダイエー・ソフトバンクを通じて背番号15をつけた選手はおらず、球団は将来的に永久欠番に制定することを示唆している。また、ホークス公式ファンクラブ「クラブホークス」から配布・販売されている選手ピンバッジと同じデザインの藤井のピンバッジが毎年数量限定で配布されている。

人物[編集]

投手陣のまとめ役で、「若頭」と呼ばれていた。癌が発覚後、福岡ドーム近郊にマンションを借り、ナインが試合後に立ち寄ってお茶を飲んだり、雑談したりして、リラックスして帰ってもらおうという、兄貴分的存在である藤井なりの気遣いがあった(『電撃黒潮隊』より)。

若田部は親友で、工藤移籍後の投手陣をまとめようと約束していた。ダイエーのV2達成時には、入院中の藤井に代わって藤井ハリーを持って胴上げに参加した。この藤井ハリーはテレビ視聴者にもかなり印象が強く残され、マスメディアでも取り上げられた。藤井はこれを見て涙が止まらなかったという。若田部は、その後の祝賀会の最中に「一番ここにいて欲しかったのは藤井さん」と語っており、藤井が亡くなった直後には「これからは藤井さんにあまり頼り過ぎないように、藤井さんに心配をかけないように頑張らないといけないと思いました」と話している。また、この年の「球団MVP授賞式」では、若田部が藤井ハリーを抱え、藤井の代役を務めた。若田部以外にも星野順治篠原貴行・鳥越・城島・小久保・倉野信次とは特に親交が深かった。

葬儀には監督の王を始めダイエー全選手の他、藤井が亡くなる前年にFA読売ジャイアンツへ移籍していた工藤、そして同じく親交の深かった同い年で当時日本ハムファイターズ下柳剛も参列している。

王は葬儀の際に、「神様は時にむごいことをする。良い人程早く召されてしまう」と嘆いた。お別れの会では、小久保が涙ながらに弔辞を読み上げた。

2005年11月より「藤井将雄旗争奪 少年軟式野球大会」が藤井の故郷である唐津市で開催された。

2009年、工藤が古巣・西武に復帰、背番号55を選んだがその理由として藤井が着用していた背番号15を意識した。「彼(藤井)の5番が入るのでいいと思う。彼の分も野球を続けて行こうと心に決めていた」と語った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 ダイエー 20 9 2 1 0 4 4 0 -- .500 345 84.0 83 12 14 1 3 69 3 0 42 41 4.39 1.15
1996 11 6 0 0 0 1 3 0 -- .250 188 41.2 56 2 11 0 1 26 2 0 25 24 5.18 1.61
1997 15 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 101 23.2 29 3 2 0 1 19 1 0 15 14 5.32 1.31
1998 48 0 0 0 0 4 0 0 3 1.000 260 65.0 51 6 22 3 1 36 1 0 25 22 3.05 1.12
1999 59 0 0 0 0 3 1 3 26 .750 292 71.2 64 7 18 2 2 53 0 0 25 23 2.89 1.14
通算:5年 153 15 2 1 0 13 8 3 29 .619 1186 286.0 283 30 67 6 8 203 7 0 132 124 3.90 1.22

タイトル[編集]

背番号[編集]

関連情報[編集]

取り上げた番組[編集]

  • ZONE 10月13日急死 ダイエー藤井投手の日記」(2000年10月26日)
  • 電撃黒潮隊 藤井将雄・中継ぎ人生」RKB毎日放送(2000年11月放送)
    藤井の実妹、工藤、若田部、星野、篠原、後援会事務局長など、藤井の親族、親交の深かった人物にインタビューを行っている。
  • ザ!世界仰天ニュース 「余命3ヶ月…王監督との約束」(2015年2月18日)

脚注[編集]

  1. ^ 若田部は、当時の選手の中で最初に藤井が末期肺癌であることを知らされた人物だった。若田部は当時のことを「もう、『嘘だろ!?』という思いでした。」と話している。(『背番号クロニクル』(NHK BS1 2014年12月30日放送より)
  2. ^ FA制度により2000年から読売ジャイアンツに移籍しており、読売ジャイアンツ所属選手として唯一出棺に立ち会った。
  3. ^ HAWKS_officialの2014年10月3日のツイート2017年7月29日閲覧。
  4. ^ ヤフオクドームの見どころ”. 福岡ソフトバンクホークス. 2017年7月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 藤井正子、藤井マリ子 『ダイエー・藤井将雄物語 宙に舞った「藤井ハリー」』 勁文社2001年ISBN 4-76-693946-8
    藤井の実母と実妹の共著。藤井の一生をつづった伝記(版元の倒産により現在絶版)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]