THE ポッシボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE ポッシボー
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPアイドル
活動期間 2006年 -
レーベル GOOD FACTORY RECORD
(2006年 - 2008年)
TN-mix
(2008年 - 2012年)
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
(2012年 - 2015年)
PICCOLO TOWN(アップフロントワークス)
(2015年 - )
事務所 TNX
(2007年 - 2015年)
アップフロントクリエイト
(2015年 - )
共同作業者 つんく♂
公式サイト http://ciao-bella-cinquetti.com/
メンバー 諸塚香奈実
橋本愛奈
秋山ゆりか
岡田ロビン翔子
後藤夕貴
旧メンバー 大瀬楓
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

THE ポッシボー(ザ ポッシボー)は、日本の女性アイドルグループである。所属事務所はアップフロントクリエイト。略称はポッシ。2015年7月8日に発売されたシングル「表参道/二子玉川/Never Never Give Up」より新名義「チャオ ベッラ チンクエッティ」に改名した[1][2]

2006年、ハロプロエッグから選抜されたメンバーで結成。2007年秋のNICE GIRL プロジェクト!結成と共にハロプロエッグを卒業、ハロー!プロジェクトを離脱した。その後2008年4月にメジャーデビュー[3]。2012年8月にはレコード会社をJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントに移籍し[4]、2013年4月以降、同社のレーベル「VERSIONMUSIC」に所属[5]。2015年4月には、アップフロントワークスのレーベル「PICCOLO TOWN」に移籍するとともに、所属事務所もアップフロントクリエイトに移籍した[6]

2014年以降は、チーム・負けん気の一員としても活動している。

特徴[編集]

コンセプト[編集]

2006年、活動初期のコンセプトは、 『自然をこよなく愛する、未知なる可能性と天然のドン臭さが武器な、 地域や人とのコミュニケーションを大切にするグループ。歌あり、ダンスあり、トークあり、 芝居あり、ボランティア活動にも積極的に参加!』であった。

現在は、『日本一オーディエンスと距離感の近いライブが武器である。魂の歌あり、キレッキレダンスあり、ぶっちゃけガールズトークあり、だいこん!?芝居あり、一度見たらやめられないライブは、リピート率10000%!!!去年(2012年3月)の解散危機を乗り越え心機一転、最近のワンマンライブ集客数はやるたびに倍々ゲーム状態っ。只今爆裂V字回復中!』である。

グループ名[編集]

「ポッシボー」とは「possible」(可能)から来ていて、「the possible」で「可能性」を意味する。

結成当初はTHE ポッシボー(ハロプロエッグ)(ザ ポッシボーかっこハロプロエッグ)と称していた。明確な改名発表などはされていないが、2006年10月以降、CDDVDは「THE ポッシボー」として出され、短期間2つの呼称が混在した[注釈 1]。また、THEポッシボーという表記も見られる。一般には単にポッシボーと書かれることもある。

メンバー[編集]

1期メンバー[編集]

メンバーカラーはブルー。曲中のコールは「もろりん」。メンバー最年長ながら、メンバー一番のホンワカキャラ。自称セクシー隊長。2014年時点の愛称は、「ゆるキャラ最年長」等。
メンバーカラーはオレンジ。曲中のコールは「はしもん」or「あいな」。諸塚と仲が良くオフでも一緒に行動する事が多い。クォーター(父親がハーフ)である事をTwitterのプロフィール欄で公開している。2014年時点の愛称は「爆弾BODY」「ハスキーボイス」等。
メンバーカラーはパープル。曲中のコールは「あっきゃん」「ゆりか」。高校は3年間岡田と同じクラスだった。初期は気分屋で「ツンデレ」だった彼女だが、中学卒業とともにツンデレキャラは封印。CS「あっきゃんの部屋」、地上波「カード学園」等、ソロとしても活動している。2014年時点の愛称は「総長」「一匹狼」等。

2期メンバー[編集]

メンバーカラーはピンク。本名は「ストューカス・ロビン・翔子」だが、2006年10月「本名が長い」と言う理由で、つんく♂から「岡田に芸名を変更」を言い渡される。曲中のコールは「ロビン」。ラジオ「ポッシきゃな?」、テレビ「眠れぬ街のアプリンス」、東芝ヘアドライヤー ULOS カタログモデルを務める等、ソロとしても活動している。2014年時点の愛称は、自称「謙虚BODY」「ツイッターモンスター」等。
メンバーカラーはイエロー。曲中のコールは「ごとぅー」。東芝除湿乾燥機のカタログモデルを務めた経験あり。メンバー最年少で可愛い妹キャラ。だが、負けん気が強く、かつてソロが貰えなかった時代は、諸塚と二人で「次の曲こそソロパート貰おうね!」と励ましあった事も。2014年時点の愛称は、諸塚と2人で「上下'S(かみしもズ)」。

元メンバー[編集]

2009年6月15日に活動休止、同年8月22日に卒業。メンバーカラーはターコイズ。

リーダー[編集]

リーダーは結成以来、長らく決まっていなかったが、2013年4月に岡田ロビン翔子が正式にリーダーに就任。岡田曰く、「ポッシボーってもともと リーダーがいなくて性格的に 私がリーダー的ポジションって 言っていたら 『面倒いからリーダーでええやん』 と取締役に言われました」[7]

サブリーダー[編集]

2013年7月31日放送の『THEポッシボー夜はまだまだっ!!全力ラジオ!!』にて、ファン投票によって、橋本がサブリーダーに決定[8]

メンバーカラー[編集]

公式には、2009年5月9日「THE ポッシボー ライブ 2009春 〜幸せの形 感謝の形〜」の物販のメンバーソロTシャツより確定。

名前 よみ 生年月日(年齢) 出身地 メンバーカラー
秋山ゆりか あきやま ゆりか 1992年10月19日(22歳) 神奈川県       紫
岡田ロビン翔子 おかだ ろびん しょうこ 1993年3月15日(22歳) 東京都       ピンク
後藤夕貴 ごとう ゆき 1993年6月12日(22歳) 神奈川県       黄色
橋本愛奈 はしもと あいな 1992年10月3日(22歳) 神奈川県       オレンジ
諸塚香奈実 もろづか かなみ 1989年11月1日(25歳) 埼玉県       青
大瀬楓(元メンバー) おおせ かえで 1991年4月29日(24歳) 千葉県       ターコイズ

歩み[編集]

結成からハロプロ卒業まで[編集]

  • 2004年、ハロープロジェクト エッグとしてオーディションに合格し、2005年のハロー!プロジェクト正月公演(中野サンプラザ)よりダンスで参加。ハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)でデビューを目指す研修生として、活動開始。
  • 2006年8月2日 - 16日に行われた舞台「つんく♂タウンTHEATER」(現・つんく♂THEATER)旗揚げ公演第一弾 時東ぁみ座長公演 「CRY FOR HELP!〜宇宙ステーション近くの売店にて〜」に合わせて、これに出演するハロプロエッグ諸塚香奈実橋本愛奈及び秋山ゆりかの3人で結成された(この際に『THEポッシボー』と称した事から、結成日は舞台の初日である8月2日となっている)。
    • この3人は同年4月1日中野サンプラザで行われた時東のライブ「時東ぁみ初ライブ'06春〜ザ・中野サンプラ〜」に同じハロプロエッグの大瀬楓(後にTHEポッシボーに加入)、澤田由梨及び森咲樹の6人で出演している。これは本グループの結成が発表される前のできごとであるが、NICE GIRL プロジェクト!オフィシャルサイトに掲載されていた[9]
  • 2006年9月から10月までの間に、前述した大瀬楓(これに合わせてともいき・木を植えたいを卒業)の他、岡田ロビン翔子(加入当初はストューカス・ロビン・翔子)及び後藤夕貴がそれぞれ加わった。
  • 2006年10月、「ヤングDAYS!!」をインディーズでリリース。当時は、「200人の精鋭」と言われる程度のファンシーンでしか無かったTHEポッシボーだが、ハロプロエッグとしての活動が無い中でのエッグ選抜のポッシボーが活動を行っている事、当時ハロプロが消極的だった握手会のイベント実施等で、ハロプロファンが流入しファンシーンが拡大。
  • 2007年1月27日・28日、「Hello!Project 2007 Winter 〜 集結!10th Anniversary 〜」に於いて、THEポッシボーとして「ヤングDAYS!!!」を熱唱。以後、新人公演に出演するなど、ハロプロとしての活動も行う。
  • 2007年7月、「Hello! Project 2007 Summer 10th アニバーサリー大感謝祭〜ハロ☆プロ夏祭り〜 」で司会の矢口真里から「ハロプロのニューカマー」と紹介され、新曲「風のうわさ」を初披露。Berryz工房℃-uteに続くハロプロ第3のユニットと期待された。
  • 2007年夏、秋葉原石丸SOFT2でのイベントの動員数記録を毎回更新するなど、メジャーデビューへ向け、着々と人気を集めるようになる。
  • 2007年10月1日、つんく♂の判断により、THE ポッシボーはハロプロエッグを卒業し、キャナァーリ倶楽部と共にNICE GIRL プロジェクト!にに移籍[10]、同時に事務所もアップフロントよりTNXに移籍した。

リアルエアバンド[編集]

いわゆる「あてぶり」を「リアルエアバンド」と称している。 担当楽器は以下の通り。

「HAPPY 15」「ラヴメッセージ!」「家族への手紙」のPVを始めとして、イベントやライブでもステージに楽器をセッティングして披露している。あくまで演奏しているふりなので実際の演奏とは程遠い。大瀬は簡単なドラム捌きはできる様で、元THE BLUE HEARTS梶原徹也からドラムの指導をしてもらい[12]、イベントにも登場して演奏した事がある。

メジャーデビュー/初単独ライブ期[編集]

  • 2008年3月2日、銀座三越屋上で開催された「NGPひなまつりイベント」にて、ファンクラブ「NICE!!」の結成と、新曲「家族への手紙」で2008年4月30日にメジャーデビュー決定と告知された。
  • 2008年3月30日、初の単独ライブ「 THE ポッシボー初単独ライブ2008」を横浜BLITZで、フロアに椅子席有りで開催した。
  • メジャーデビュー曲「家族への手紙」では『THEポッシボーメジャーデビューシングル「家族への手紙」発売記念イベント“ベスト10に入りたいツアー”として地方巡業、2ndシングル「いじわる Crazy Love」では、CD購入者応募特典イベントを開催する等、ハロプロを倣った活動を行なった。
  • 2008年秋、初の単独ライブツアー「THE ポッシボー ライブツアー2008秋〜SEXY ジェネレーション〜」を、東京、神戸、名古屋で行った。

NGP!活動時期[編集]

  • 2008年夏より、THEポッシボー、キャナァーリ倶楽部、および研修生やゲストにより、NGP!(ナイスガールプロジェクト)の活動が本格的になる。NGP!として「'08夏 ナイスガールプロジェクト!エモーショナルライブ〜ミラクル セクシー ダイナマイト〜」ツアーを、東京、大阪、名古屋で公演し、ゲストとしてハロプロエッグの、古川・森・古峰・和田・前田(憂佳)・福田・佐保・小川(紗季)の8名が出演した[13]
  • THEポッシボー結成当時から活動していた、『つんく♂THEATER』に加え、2008年11月には落語に挑戦[14]、『ナイスガールプロジェクト!ボウリング部』結成[15][16]
  • 2008年12月、日本武道館にて「シャ乱Q結成20周年記念フェスティバル」に参加、ヤングDAYS!!を披露し、THEポッシボーとして武道館のステージを初体験する事となった[17]
  • 2009年2月、「幸せの形」リリースに合わせ、東京渋谷スペイン坂に巨大ポスターの掲示を行った[18]
  • 2009年、新曲リリースイベントで地方巡業を果たすも、単独ライブはShibuya O-WESTクラスが最大の箱となる。
  • 2009年3月24日、チアリーディングチーム『Princess Chatters(プリンセスチャッターズ)』結成[19][20]
  • 2009年4月、テレビアニメ『極上!!めちゃモテ委員長』放送開始。主題歌を歌う「MM学園合唱部」に参加。
  • 2009年6月4日、大瀬楓がTHE ポッシボーを卒業する事を発表し[21][22]、8月22日に行われたNICE GIRL プロジェクト!LIVEを最後に大瀬楓がTHE ポッシボー及びNICE GIRL プロジェクト!を卒業。THE ポッシボーは5人体制となる。
  • MM学園合唱部やNGP!としてライブ活動を行う一方、THEポッシボーとしてはCDリリースイベントやファンクラブ「NICE!!」のFCイベントが中心となり、単独ライブは2009 - 2011年の間は数える程しか開催しなくなってしまった。

2011年[編集]

  • 春、キャナァーリ倶楽部の実質解散を迎え、事務所はポッシボーのプロデュース体制を一新。
    • 今までの「口コミで地道にポッシボーの認知度を広める」コンセプトを転換し、「積極的にアイドルフェス等に参加」「メディア露出を増やす」コンセプトを打ち出した。
    • スタッフ入れ替えによって、「ファン目線」でのプロデュース化が図られ、チェキ会やカラオケ会、チケット1枚で2名入場可能、他事務所アイドルとの2マンライブなどの施策を実施した。
    • メンバー自身がライブの打ち合わせ段階から会議に参画し意見するようになり、ゼロの状態からメンバーが関わってライブを作り上げていくスタイルに変更。ファンとの距離を縮めて行った[23]
    • この年から、アップアップガールズ(仮)との2マンライブを開催。後に「チーム・負けん気」へと発展した。
  • 「ライブアイドル」を志向し、ポッシボー5人でのミニライブ活動を再開。
    • 浅草路上で、ビールケースの即席ステージ公演を行いながら再びファンを増やしていった。
    • ライブでは、TNXスタッフを主としたバックバンドによる生演奏で歌うスタイルを確立。
    • 秋から「ライブ音源シングル」と称し、本上遼作詞作曲で、インディーズで新曲を4曲リリース。ライブ向きの楽曲で、以降のポッシボーライブでは必須となる。
    • 地方イベントの際はスタッフ運転の車で移動するのが基本となり、2014年全国ツアーTシャツの絵柄にもなった[24]
  • 10月、「ポッシボーあと半年か!?」という号外が会場で配布され、続けて月1ペースの単独ライブを3月まで行う事を発表。ライブ音源シングルを3曲連続で発売する事も告知された。
  • 知名度を上げる為、ハロプロのみならず他アイドルの公演会場でのビラ配りも行って、地道な宣伝活動を始めたのも、この頃からである。
  • 11月19日、「ドルスタスペシャル Tokyo Idol Carnival ver.1」にて、ハロプロエッグ時代ぶりに、中野サンプラザのステージに再び立つ事となった[25]
  • 12月、ESP学園で行われたクリスマス単独ライブでは、集客が100人を切った。だが、その一方で、着々とV字回復への足掛かりを作っていた。

2012年[編集]

  • 3月30日、単独ライブの会場で秋山ゆりかが、ポッシボーを辞めようと思っていた、と告白した。以下要約。
半年前に『ポッシボーあと半年か!?』という号外が配られたのは、私がきっかけだったんです。スタッフさんに、2012年3月で辞めますと伝えました。でもこの半年間やってきて、ファンのみなさんに会えなくなるんだと思うと、寂しくなって、怖くなって・・・。やりきろうと思ったけど、まだやりきれてなくて。中途半端で終わらせたくない。わがままですけど、今日改めて、ポッシボーを続けたいなと思いました。なので、ポッシボーはまだ解散しません!![26][27]
  • 3月末日、ファンクラブ「NICE!!」が解散。実質TNX所属アーティストはTHEポッシボーのみとなりながらも、メンバーの地道な活動によって解散危機を乗り越えた。
  • 春、ニコニコチャンネル開設。
  • 8月、ビクターエンタテインメントとレーベル契約を締結し、8月29日に「なんじゃこりゃ?!」をリリース。

2013年[編集]

  • 1月5日・6日、『Hello!Project誕生15周年記念ライブ2013冬〜ビバ!〜ブラボー!〜』(中野サンプラザ)に出演。ハロー!プロジェクトのステージに、そして中野サンプラザのステージに再び立つこととなった。披露した曲は「なんじゃこりゃ?!」[28]
  • 2月12日、ビクターエンタテインメントがガールズポップ/アイドルに特化した新レーベル「VERSIONMUSIC」を設立し、THE ポッシボーが参画することを発表[5]。レーベル所属の1番目ユニットとなった。
  • 新宿BLAZEで、定期的に単独ライブを開催。ライブ毎にファン動員数が増えていき、3月30日の単独ライブ@新宿BLAZEで、会場をオールスタンディングで満員御礼とするまでに人気を回復した[29]
  • 4月、FM-FUJIにて『THE ポッシボー 夜はまだまだっ!!全力ラジオ!!』放送開始。
  • 5月、8月単独ライブの宣伝を兼ねて『ニコニコ生放送【ポシちゃん】ポッシボー会議』の放送を開始(8月以降も定期的に放送継続中[注釈 2])。
  • 8月、『THE ポッシボー東名阪ライブツアー2013勝負〜合計2222名動員でサンプラ押さえっ!!〜』実施。
    • このツアーで動員数が2222名を超えれば、中野サンプラザ会場を予約する(=公演を行う)ことになっていた。
    • 11日、横浜BLITZにてオールスタンディングで単独ライブ。観客動員数は、昼公演763名、夜公演930名。
      • ポッシボーの楽曲『さくら』を提供した、手島いさむの生誕ライブ『手島いさむ50祭 ワシモ半世紀』の8月28日公演(日本武道館)へゲスト出演する事が、サプライズ発表された。
    • 17-18日、名阪神ツアー。17日の名古屋の観客動員数は240名、18日の大阪公演は262名であったと発表。目標であった2222名に対して、27名足りない結果となった[30]。中野サンプラザ公演の実現は、秋単独ライブの動向へ持ち越される事となる。
  • 8月28日、『手島いさむ50祭 ワシモ半世紀』のゲストとして、日本武道館のステージに立ち、「さくら」を披露[31]
  • 10月7日、『THE ポッシボー×アップアップガールズ(仮)「聖地 横浜BLITZ」 』を開催。
    • 旧ハロプロエッグメンバーが横浜BLITZのステージに立つのは、2007年8月26日の『2007 ハロー!プロジェクト新人公演 8月 〜横浜で会いましょう〜』以来、6年振り。
    • 同ライブではサプライズで吉川友が登場し、客席には北原沙弥香の姿があった[32]
  • 10月より、地上波テレビCM『西友〜味番付〜』に出演[33]。初のCM出演となる。
  • 11月15日より名古屋・京都・東京と、3大都市での単独ライブツアーを実施。新曲を披露。
  • 11月17日。NACK5『〜IDOL SHOWCASE〜 i-BAN!!』にて、『乙女!Be Ambitious!』が殿堂入り[34]。2013年12月29日に特集をオンエアした。
  • 11月24日、赤坂BLITZでの単独ライブ『THE ポッシボー 単独ライブ2013秋 〜Doする?????〜』には、シークレットゲストで、手島いさむが登場。
    • 更にサプライズで、吉川友とアップアップガールズ(仮)が、挑戦状を忍ばせてライブに乱入、2014年2月より、全国4箇所で『THE ポッシボーvs.吉川友vs.アップアップガールズ(仮)〜吉川友とポッシポッシガールズ(仮)〜』3マンライブを行う事を告知した[35]
    • このライブの音源はTBSラジオ赤坂BLITZが運営する音楽配信サービスT2Dで、新曲10曲をセレクトした形で期間限定販売された。

2014年[編集]

  • 元旦、秋山・岡田・後藤が出演するパチンコ店・ABCのCMが、静岡地区で放映を開始[36]
  • 1月17日、『THE ポッシボー バンドライブ2014〜(おもしろ企画あり)詳細はHPへGOッ!〜』にて、初の全国ツアーを実施する事が告知された[37]
  • 4月1日、「勇気スーパーボール!」のオリコン週間ランキングが5位であることが発表された(3月30日付けデイリーランキング2位はポッシボー史上過去最高位)。
  • 4月27日、『祝THE ポッシボーJapanツアー2014〜8年かかりましたわ〜』全国ツアー初日の恵比寿LIQUIDRO​OMにおいて、11月16日に中野サンプラザで単独ライブ「祝THEポッシボーJAPANツアー2014FINAL」を開催する事を発表した[38]
    • この公演で、中野サンプラザ公演への「公約」として岡田は「チョコレート断ち」を発表。後日ニコ生で他メンバーも、橋本は「ヘソ出し衣装を着る」、諸塚は「サンプラザまでに腹筋をタテに割る」、後藤は「打倒ロビンでセンターに立つ」、秋山は「黒髪にする」と公約を述べた。
  • 5月5日の熊本公演より「新規ファン割引」を開始。当日券にて『他のアイドルは推してるけどTHE ポッシボーはあまり知らない。ちょっと見てみようかな?という方が対象となりますので他のアイドルのTシャツを着てお越し頂いた方に限ります』というもの。熊本公演には、ゲストとしてジモドルの『きゃとる』が出演した。
  • 5月12日、「SHOWROOM」にてweb配信のレギュラー番組を開始。
  • 6月3日、AKIBAカルチャーズ劇場が、7月クールの新平日レギュラーアーティストに、THE ポッシボー、PartyRockets、さんみゅ〜、Ange☆Reveが決定したと発表。ポッシボーは隔週火曜日に出演(7月15日 - 9月30日)[39][40]
  • 7月4日、「SUMMER SONIC 2014」に出演決定したことが告知された[41]
  • 8月10日、NACK5で8月24日深夜にオンエアされるスペシャル番組『THEポッシボー! なんじゃこりゃ!? 〜真夜中に吠えますわよ♥スペシャル!〜』の公開収録を行ない、10月5日から毎週日曜日に10分間、NACK5でレギュラーコーナーを持つことがサプライズ発表された。
  • 8月31日、@JAM EXPO 2014に出演し、2007年の冬ハロコン出演以来、7年半振りに横浜アリーナのステージに立った[独自研究?]
  • 9月14日、イナズマロック フェス2014に出演。橋本は発熱の為にステージを欠席。5曲を4人編成で披露した。
  • 9月16日、AKIBAカルチャーズ劇場定期公演にて、THEポッシボー楽曲の中から「ファン投票BEST10」を決定[42]。「10位私の魅力、10位なんじゃこりゃ?!、9位もし君が願うなら、8位幸せ花火ゴッゴッGOーッ!、7位Do Me Do、7位乙女! Be Ambitious!、5位電光石火!baby、4位桜色のロマンチック、3位永遠ファイヤーボール、2位全力バンザーイMyGroly、1位さぁこい!ハピネス!」の結果となった。
  • 11月16日、ツアーファイナルとなる中野サンプラザ公演を開催。完売となった中野サンプラザ公演には、元メンバー大瀬楓やアップアップガールズ(仮)の7名も会場に姿を見せた。
  • 12月12日放送のテレビ朝日『アイドルお宝くじ』にて「特別ご褒美企画」に勝利し、優勝特典としてセガPlayStation Vita用ソフト「ファンタシースター ノヴァ」のCM出演権を獲得した。

2015年[編集]

  • 1月1日は大阪、2日は名古屋で単独ライブを開催。正月に東京でイベントを行わなかった初の年となる。
  • 2月25日、ポッシボー会議vol.94にて、今回をもってニコ生放送を休止し、3月11日からSHOWROOMで放送を開始する事を告知した。
  • 4月、公式YouTubeチャンネルスタート。
  • 4月7日、4月1日付けで所属事務所がTNXからアップフロントクリエイトに、レコードレーベルがVERSIONMUSICからアップフロントワークスのPICCOLO TOWN (ピッコロタウン)レーベルにそれぞれ移籍したことを発表した[6][43]
  • 5月30日、グループとして2度目の全国ツアーのファイナル公演を五反田ゆうぽうとホールで行い、1800人のファンが訪れた[44]
  • 6月11日、公式ブログにて「チャオ ベッラ チンクエッティ」への改名を公表する[1][2]。7月7日、池袋サンシャインシティ噴水広場にて改名前ラストイベントが行われた[45]

作品[編集]

楽曲一覧[編集]

リリース日 曲名 備考
2006年
インディーズ期
10月22日 ヤングDAYS!! デビュー曲
12月10日 初恋のカケラ
12月10日 あなたに夢中 キャンディーズのカバー
2007年
2月18日 主食=GOHANの唄 ごはん3部作
2月18日 そよ風のくちづけ キャンディーズのカバー
3月14日 乙女ナゾナゾ ① Be Possible!収録
3月14日 危ない土曜日 ① Be Possible!収録
3月14日 恋するニワトリ ① Be Possible!収録
6月13日 夏のトロピカル娘。 秋山・橋本
6月13日 旅の真ん中 「夏のトロピカル娘。」カップリング
6月13日 金魚すくいと花火大会 岡田・後藤
6月13日 GOOD NIGHT SONG 「金魚すくいと花火大会」カップリング
8月1日 風のうわさ
8月1日 ランチ=おべんとうの唄 ごはん3部作
11月7日 HAPPY15 リアルエアバンド
11月7日 和食美人 ごはん3部作
2008年
2月20日 ラヴメッセージ! リアルエアバンド
2月20日 卒業式〜大人になる1ページ〜
メジャー以降
4月30日 家族への手紙 メジャーデビュー曲
4月30日 NANANA 女道 カップリング曲
8月6日 いじわる Crazy Love
8月6日 恋のRung Rung パラダイス ニンテンドーDSリズム天国ゴールド」収録曲
8月6日 Dream More Dreams!
9月17日 愛して GIVE ME 究極のTHE ポッシボー ベストナンバー集①収録
9月17日 アンドゥトゥロワ MIRACLE 究極のTHE ポッシボー ベストナンバー集①収録
2009年
1月7日 幸せの形
1月7日 愛のエナジー
9月9日 Family〜旅立ちの朝〜 5人編成となって初リリース
9月9日 サヨウナラなんて
2010年
6月2日 やべ〜なべ〜な 圧力ベ〜ナ〜
10月6日 私の魅力
10月6日 LOVE2パラダイス
2011年
8月31日 I love you 私の君 「6年目スタート!」に収録
11月25日 幸せ花火ゴッゴッGOーッ! 〜ぶちのめせ!大ピンチ!〜 ライブ会場限定版
2012年
1月15日 希望と青春のヒカリ 〜カモン!ピカッ!ピカッ!〜 ライブ会場限定版
2月25日 桜色のロマンチック ライブ会場限定版
3月28日 幸せの証 「② 幸せの証」に収録
3月28日 電光石火Baby! 「② 幸せの証」に収録
3月28日 プレイボール 女子プロ野球テーマソング
8月29日 なんじゃこりゃ?! ビクターエンタテインメント移籍第一弾
8月29日 永遠ファイヤーボール! なんじゃカップリング
12月19日 全力バンザーイ!My Glory! ライブ会場限定版
2013年
4月10日 Blossom〜だからね 絶対だよ。〜 「全力バンザーイ!My Glory!」カップリング
4月10日 さぁ来い!ハピネス! 「全力バンザーイ!My Glory!」(通常版)カップリング
7月25日 恋がダンシン! ニコ生(Vol.13)で初披露
7月25日 全力で愛して...ねッ! ニコ生(Vol.13)で初披露
8月1日 勇気スーパーボール! ニコ生(Vol.14)で初披露
8月8日 Nasty! ニコ生(Vol.15)で初披露
8月11日 りぼん 横浜BLITZ公演で初披露
8月11日 Do Me! Do! 横浜BLITZ公演で初披露
9月11日 乙女!Be Ambitious!
9月11日 さくら 「乙女!Be Ambitious!」カップリング
11月16日 幸せの天秤 2013年秋ツアー名古屋公演で初披露
11月17日 Lovely! Lovely! 2013年秋ツアー京都公演で初披露 後藤ソロ
11月24日 人生はパーリィー!だぁー! 2013年秋ツアー赤坂公演で初披露
2014年
4月27日 なんかすんごい事もできそーだぞーう! 2014年全国ツアー恵比寿公演で初披露
4月27日 愛しさを束ねて 2014年全国ツアー恵比寿公演で初披露
11月24日 スタート 2014年10月24日 MUSIC+にて告知、作詞作曲中島卓偉[46]
「MUSIC+(ミュージックプラス)LIVE SHOW!'14」で初披露
11月16日 ふらちMistake 2014年全国ツアーFINAL初披露 秋山ソロ
2015年
4月11日 ギミバニラ 2015年春ツアー柏公演で初披露
4月11日 Never Never Give Up 2015年春ツアー柏公演で初披露
5月1日 キャモン!〜主役は私だ!(お前もな!)〜 2015年春ツアー福岡公演で初披露 諸塚ソロ
5月30日 表参道 2015年春ツアーファイナル五反田公演で初披露
5月30日 二子玉川 2015年春ツアーファイナル五反田公演で初披露
参加曲、他
2007年5月16日 TAWAWA 夏ビキニ 時東ぁみ with THE ポッシボー
2011年3月16日 もし君が願うなら 舞台 ふしぎ遊戯 サウンドトラック
2011年3月21日 Love is here〜希望の光〜 ハロプロ震災復興ソング
2013年12月18日 んふっとメリークリスマス! なめこのCD2」収録曲
2014年9月17日 無限、Fly High!! チーム・負けん気 3マンライブ初披露曲
2014年11月12日 「Dream Comes True」 feat. THE ポッシボー TACOS NAOMI「WORKS」収録曲
ライとも チーム・負けん気ライブツアー恵比寿公演で初披露

メンバーソロ曲[編集]

  • 諸塚香奈実:「忘れたら知らんで!シャーク諸塚」2012年8月25日 新宿BLAZE公演で初披露
  • 橋本愛奈:「りぼん」 2013年8月11日 横浜BLITZ公演で初披露
  • 後藤夕貴:「Lovely! Lovely!」2013年11月17日 京都MUSE公演で初披露
  • 秋山ゆりか:「ふらちMistake」2014年11月16日 中野サンプラザ公演で初披露

CD[編集]

シングル[編集]

 
タイトル
発売日
カップリング曲
最高
2006年
インディーズ(THE ポッシボー名義)
1st ヤングDAYS!! 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一
初回盤
10月22日
通常盤
11月19日
2nd 初恋のカケラ 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一
12月10日 あなたに夢中 111位
2007年
3rd 主食 = GOHANの唄 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一
2月18日 そよ風のくちづけ 65位
4th 夏のトロピカル娘。
THE ポッシボー
featuring 秋山ゆりか・橋本愛奈
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一
6月13日 旅の真ん中
THE ポッシボー
58位
5th 金魚すくいと花火大会
THE ポッシボー
featuring 岡田ロビン翔子・後藤夕貴
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一
GOOD NIGHT SONG
THE ポッシボー
57位
6th 風のうわさ 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一
8月1日 ランチ = おべんとうの唄 43位
7th HAPPY 15 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:菊谷知樹
11月7日 和食美人 28位
2008年
8th ラヴメッセージ! 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:山崎淳
2月20日 卒業式 〜大人になる1ページ〜
THE ポッシボー
(友情出演 キャナァーリ倶楽部)
20位
メジャー(THE ポッシボー名義)
1st 家族への手紙 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:高橋諭一、田中直
4月30日 NANANA 女道 10位
2nd いじわる Crazy love 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:平田祥一郎
8月6日 恋のRung Rung パラダイス
Dream More Dreams!
(通常盤のみ)
10位
2009年
3rd 幸せの形 作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:江上浩太郎
1月7日 愛のエナジー 4位
4th Family〜旅立ちの朝〜 作詞:つんく
作曲:中島卓偉
編曲:山崎淳
9月9日 サヨウナラなんて 8位
2010年
5th 私の魅力
/LOVE2パラダイス
作詞:つんく
作曲:つんく
編曲:オオバコウスケ
10月6日 両A面シングル 9位
2012年
6th なんじゃこりゃ?! 作詞:本上遼
作曲:本上遼
編曲:本上遼、原田勝通
8月29日 永遠ファイヤーボール! 23位
2013年
7th 全力バンザーイ! My Glory! 作詞:本上遼
作曲:本上遼
編曲:原田勝通
4月10日 Blossom〜だからね 絶対だよ。〜
さあ来い!ハピネス!
(通常盤のみ)
7位
8th 乙女! Be Ambitious! 作詞:本上遼
作曲:本上遼
編曲:本上遼
9月11日 さくら 5位
2014年
9th 勇気スーパーボール! 作詞:本上遼
作曲:本上遼
編曲:本上遼・原田勝通
3月26日 人生はパーリィー!だぁー! (タイプA)
幸せの天秤 (タイプB)
Nasty! (タイプC)
全力で愛して...ねッ! (タイプD)
Do Me! Do! (通常盤)
5位
メジャー(チャオ ベッラ チンクエッティ名義)
2015年
10th 表参道/二子玉川/
Never Never Give Up
7月8日 トリプルA面シングル (初回生産限定盤・通常盤)
表参道 (アカペラVer.) feat. 秋山ゆりか (通常盤A)
表参道 (アカペラVer.) feat. 岡田ロビン翔子 (通常盤B)
表参道 (アカペラVer.) feat. 後藤夕貴 (通常盤C)
表参道 (アカペラVer.) feat. 橋本愛奈 (通常盤D)
表参道 (アカペラVer.) feat. 諸塚香奈実 (通常盤E)
3位
『勇気スーパーボール!』シングル発売経緯
  • 2013年12月29日、FM NACK5にて、 リクエストウルトラ7V10達成記念! 『i-BAN!! THEポッシボー スペシャル!!!』を放送。番組中で、2014年3月発売のシングル曲を、6曲の候補の中からファン投票で決定することを発表した[47][48]
  • 2014年1月15日、『ポッシボー会議vol.35』にて、3月発売のシングル曲が、第一次投票で選ばれた上位3つの候補曲、『人生はパーリィー!だぁー! 』『Do Me! Do! 』『勇気スーパーボール!』に絞り込まれ、1月17日の単独ライブで確定する事となる。
  • 2014年1月17日、『THE ポッシボー バンドライブ2014〜(おもしろ企画あり)詳細はHPへGOッ!〜』にて、『勇気スーパーボール!』がリリース曲に決定[37]
ライブ会場限定

ライブ音源シングルとして、ライブ会場と通販のみで販売された。現在は生産終了のため販売されていない。

発売日 タイトル カップリング 備考
2011年11月25日 幸せ花火ゴッゴッGOーッ! 〜ぶちのめせ!大ピンチ!〜 HAPPY15〜あっきゃん男前バージョン 2011年11月12日渋谷O-WESTでのライブを収録
2012年1月15日 希望と青春のヒカリ 〜カモン!ピカッ!ピカッ!〜 旅の真ん中〜みんなと青春っ!バージョン 2011年12月24日ESPミュージカルアカデミー
本館B1ホールでのライブを収録
2012年2月25日 桜色のロマンチック いじわる Crazy love 〜More Sexy Version〜
…実は1回目失敗しちゃったよ。。てへっ☆
2012年2月4日新宿BLAZEでのライブを収録
2012年12月19日 全力バンザーイ! My Glory! 風のうわさ〜More evolutionするぜっ!バージョン! 2012年12月1日新宿BLAZEでのライブを収録
コラボレーション
  • 宇宙(そら)から 〜CRY FOR HELP!〜 / 時東ぁみと出てる人(秋山ゆりか、橋本愛奈が参加) 2006年7月12日発売。TNX GOOD FACTORY RECORDS
  • TAWAWA 夏ビキニ / 時東ぁみ with THE ポッシボー(大瀬楓・諸塚香奈実) 2007年5月16日発売。TNX TN-mix
  • やべ〜なべ〜な 圧力ベ〜ナ〜 / THE ポッシボー with 音の素(藤井隆&椿鬼奴) 2010年6月2日発売。アール・アンド・シー
  • 舞台 ふしぎ遊戯 オリジナル・サウンドトラック / THE ポッシボー(橋本愛奈・秋山ゆりか) 、平野良 2011年3月16日発売。ポニーキャニオン

アルバム[編集]

 
タイトル
発売日
収録曲
最高
2007年
インディーズ
1st ① Be Possible! 3月14日
  1. ヤングDAYS!!
  2. 初恋のカケラ
  3. 主食 = GOHANの唄
  4. 乙女ナゾナゾ
  5. 危い土曜日
  6. 恋するニワトリ
97位
2008年
メジャー
ベスト 究極のTHE ポッシボー
ベストナンバー集①
9月17日
  1. いじわる Crazy love
  2. 愛して GIVE ME
  3. 家族への手紙
  4. ヤングDAYS!!
  5. HAPPY 15
  6. ラヴメッセージ!
  7. 主食 = GOHANの唄
  8. 初恋のカケラ
  9. 風のうわさ
  10. 夏のトロピカル娘。
    THE ポッシボー featuring 秋山ゆりか・橋本愛奈
  11. 金魚すくいと花火大会
    THE ポッシボー featuring 岡田ロビン翔子・後藤夕貴
  12. アン ドゥ トゥロワ MIRACLE(THE ポッシボー Ver.)
  13. 風のうわさ(MOREうわさ Ver.)
72位
2011年
ミニ 6年目スタート! 8月31日
  1. I love you 私の君
  2. 旅の真ん中/後藤夕貴
  3. サヨウナラなんて/岡田ロビン翔子
  4. 卒業式〜大人になる1ページ〜/橋本愛奈
  5. Dream More Dreams!/諸塚香奈実
  6. 初恋のカケラ/秋山ゆりか
-位
2012年
2nd ②幸せの証 3月28日
  1. 桜色のロマンチック
  2. 電光石火Baby!
  3. 私の魅力
  4. LOVE2パラダイス
  5. I love you 私の君
  6. 幸せ花火ゴッゴッGOーッ!
  7. Family〜旅立ちの朝〜
  8. 幸せの証
  9. 希望と青春のヒカリ
  10. 幸せの形
  11. プレイボール(THE ポッシボーVer.)
-位
2013年
ベスト あらためまして、THE ポッシボーです!
〜入門編ベスト〜
2月20日
  1. 私の魅力
  2. 旅の真ん中
  3. 愛してGIVE ME
  4. 電光石火Baby!
  5. いじわる Crazy love
  6. 乙女ナゾナゾ
  7. HAPPY 15
  8. Family〜旅立ちの朝〜
  9. ラヴメッセージ!
  10. サヨウナラなんて
  11. LOVE2パラダイス
  12. 希望と青春のヒカリ
  13. 幸せの形
  14. ヤングDAYS!!
  15. 桜色のロマンチック
233位
2014年
3rd 1116 9月3日
  1. りぼん
  2. Do Me! Do!
  3. Lovely! Lovely!
  4. 乙女! Be Ambitious!
  5. なんじゃこりゃ?!(ボーカルヌードバージョン)
  6. 勇気スーパーボール!(アルバムバージョン)
  7. さくら
  8. なんかすんごい事もできそーだぞーう!
  9. 恋がダンシン!
  10. 永遠ファイヤーボール
  11. さぁ来い! ハピネス!
  12. 全力バンザーイ! My Glory!
  13. 愛しさを束ねて
55位

※順位はオリコンウィークリーチャート

収録コンピレーション[編集]

  • つんく♂ベスト作品集(上)「シャ乱Q〜モーニング娘。」〜つんく♂芸能生活15周年記念アルバム〜 / 「ヤングDAYS!!」収録
  • リズム天国ゴールド オリジナル・サウンドトラック / 「恋のRung Rung パラダイス」収録
  • リズム天国ゴールド 国内版海外版 全ボーカル集 / 「恋のRung Rung パラダイス」収録
  • 万歳!ナイスガール2010 / 「LOVE2パラダイス」「私の魅力」「やべ〜なべ〜な 圧力ベ〜ナ〜」収録
  • みんなのリズム天国全曲集 / 「I love you 私の君」収録
  • ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました! vol.2 吉田豪編 / 「恋するニワトリ」収録

DVD[編集]

シングル[編集]

  1. シングルV「ヤングDAYS!!」2006年12月30日
  2. シングルV「初恋のカケラ」2007年1月21日
  3. シングルV「主食=GOHANの唄」2007年2月25日
  4. シングルV「夏のトロピカル娘。」2007年7月11日
  5. シングルV「金魚すくいと花火大会」2007年7月11日
  6. シングルV「風のうわさ」2007年9月12日
  7. シングルV「HAPPY 15」2007年12月5日
  8. シングルV「ラヴメッセージ!」2008年3月12日
  9. シングルV「なんじゃこりゃ?!」2012年10月2日

ミュージックビデオ集[編集]

  1. THE ポッシボー シングルVクリップス①(2007年5月9日)
  2. THE ポッシボー シングルVクリップス②(2008年12月3日)
  3. THE ポッシボーMV集「全力バンザーイ!My Movie!」(2014年7月23日)

コンサート[編集]

  1. ライブ'07春 〜ぁみコレ ポッシコレ〜(2007年9月19日)
  2. THE ポッシボー ライブドキュメントDVD-2008.3.30横浜BLITZ〜横浜☆恋のキャッチボー〜初単独ライブへの道(2008年5月17日)
  3. THE ポッシボー 2008秋〜SEXY ジェネレーション〜(2009年1月30日)
  4. THE ポッシボーライブ2009春~幸せの形 感謝の形~(2009年7月4日)
  5. THE ポッシボー 単独ライブ2012 幸せの証(2012年5月27日)
  6. THE ポッシボー 東名阪ライブツアー2013勝負 〜合計2222名動員でサンプラ押さえっ!!〜(2013年10月23日)
  7. 祝THE ポッシボーJapanツアー2014〜8年かかりましたわ〜FINAL(2015年3月4日)

イメージビデオ[編集]

  • 初めての水着 DE ポッシボー! in OKINAWA(2008年3月21日)
  • バリバリ水着 DE ポッシボー 〜Aチーム〜(2008年9月26日)(諸塚香奈実、秋山ゆりか、岡田ロビン翔子)
  • バリバリ水着 DE ポッシボー 〜Bチーム〜(2008年9月26日)(大瀬楓、橋本愛奈、後藤夕貴)
  • THE ポッシボー5周年記念DVD「五年熟成」(2011年8月2日、イーネット・フロンティア、監督:中村直彦、石垣島)

The Girls Live[編集]

  • The Girls Live Vol.3(2014年11月5日)
Berryz工房の熊井友理奈がポッシボーの衣装をコーディネート
スタジオライブ:「幸せの天秤」
  • The Girls Live Vol.5(2014年12月24日)スタジオライブ:「勇気スーパーボール!」
  • The Girls Live Vol.6(2015年2月4日)スタジオライブ:「Do Me!Do!」
  • The Girls Live Vol.7(2015年3月4日)
アップアップガールズ(仮)の佐藤綾乃がポッシボーの衣装をコーディネート
スタジオライブ:「全力バンザーイ!My Glory!」「なんじゃこりゃ?!」
  • The Girls Live Vol.9(2015年5月13日)スタジオライブ:「永遠ファイヤーボール」
  • The Girls Live Vol.10(2015年6月10日)スタジオライブ:「乙女!Be Ambitious!」
  • The Girls Live Vol.11(2015年7月8日)
ロビンがポッシボーの衣装をコーディネート
スタジオライブ:「私の魅力」

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 夜はまだまだっ!!全力ラジオ!!(エフエム富士、2013年4月3日 - 2014年6月25日)
  • i Meet Up!|THE ポッシボー!はしもんと愉快なポッシ達!】(Nack5、2014年10月5日 - 2015年3月29日)- 橋本愛奈とメンバーが担当。

ネット配信[編集]

  • ニコニコ生放送 THE ポッシボーの幸せの形、お届けします。(2009年1月9日)[49]
  • ニコニコ生放送【ポシちゃん】ポッシボー会議(2013年4月 - 2015年2月25日)
  • DeNA Showroom(2014年5月12日 - )

テレビCM[編集]

  • 西友 味番付[33](2013年10月)
  • パチンコABC(静岡地区)[36](2014年1月)
  • セガ プレイステーション Vita用ソフト『ファンタシースター ノヴァ』(2015年)

単独ライブ[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

  • THE ポッシボーライブ2009春〜幸せの形 感謝の形〜(5月9日・10日、渋谷O-WEST)
  • チャレンジライブ11月〜ポッシボータイム〜supported by キャドバリージャパン(11月29日、横浜サンフォニックスホール)

2010年[編集]

  • 終結チャレンジライブ〜THE ポッシボー〜(3月20日、横浜アリーナサンフォニックスホール)

2011年[編集]

  • THE ポッシボーライブ2011春 Love is here〜希望の光〜(4月30日・5月1日、新宿BLAZE)
  • THE ポッシボーライブ2011 〜6年目スタート!〜(9月3日、ESPミュージカルアカデミー 12号館 club 1ne2wo)
  • THE ポッシボー 単独ライブ 〜6年目 本気です。〜(10月29日、コシダカシアター)
  • THE ポッシボー単独ライブ(11月25日、StudioCube326)
  • THE ポッシボー 単独ライブ〜ポッシサンタがやってきた!〜(12月24日、ESPミュージカルアカデミー本館 B1ホール)
  • THE ポッシボー2011なんちゃってカウントダウンイベント(12月31日、StudioCube326)

2012年[編集]

  • THE ポッシボー単独ライブ2012〜年明け1発目からやっちゃいます!〜(1月15日、StudioCube326)
  • THE ポッシボー単独ライブ2012(2月25日、StudioCube326)
  • THE ポッシボー 単独ライブ〜幸せの証〜(3月31日、新宿FACE)
  • THE ポッシボー単独ライブ〜BLAZEワンマンひっさびさー!!(6月10日、新宿BLAZE)
  • THEポッシボー単独ライブ〜巻き起こせっ!"なんじゃこりゃ?!旋風"爆走中!!〜(8月25日、新宿BLAZE)
  • THE ポッシボー単独ライブ “祝!?満員御礼宣言〜お願いしまっす!〜”(12月1日、新宿BLAZE)
  • 今年こそやっちゃいます!リアルカウントダウン!!(12月31日、恵比寿ライブゲート)

2013年[編集]

  • 『THE ポッシボーより愛を込めて!最新情報大発表しまーすっ!!』(2月14日、渋谷Glad)
  • THE ポッシボー Weekly Acoustic Live Act 01〜04(2月26日 - 3月21日、秋葉原アソビットシティB1イベント会場)[50]
  • 『THE ポッシボー単独ライブ 続・満員御礼宣言っ!〜今度こそガチで勝負だぁ〜!!!〜(プチ発表もあるよっ)』(3月30日、新宿BLAZE)
  • THE ポッシボー Weekly Acoustic Live Act 05(4月11日、秋葉原アソビットシティB1イベント会場)
  • THE ポッシボー Acoustic Live Act 06(6月14日、秋葉原アソビットシティB1イベント会場)
  • 「THE ポッシボー3rdシングル新曲大発表!!さぁいよいよ夏が始まるぜっみんな大集合っ!」(6月29日、東京キネマ倶楽部)[51]
  • THE ポッシボー東名阪ライブツアー2013勝負〜合計2222名動員でサンプラ押さえっ!!〜(8月11日、横浜BLITZ・8月17日、名古屋LIVE HALL M.I.D・8月18日、americamura FANJ twice)[52][53]
  • THE ポッシボー Acoustic Live Act 07(8月13日、秋葉原アソビットシティB1イベント会場)
  • THE ポッシボー <Acoustic Live Act 08>(9月12日、品川J-SQUARE)
  • THE ポッシボー 東名おいでやすツアー秋(11月16日、名古屋LIVEHALL M.I.D)
  • THE ポッシボー 東名おいでやすツアー秋(11月17日、京都MUSE)
  • THE ポッシボー 単独ライブ2013秋 〜Doする?????〜(11月24日、赤坂BLITZ)
  • 「THE ポッシボー カウントダウンライブ 〜2013年大感謝!朝までやるぞSP〜」(12月31日、SHIBUYA GARRET UDAGAWA)

2014年[編集]

  • 「THE ポッシボー バレンタインライブ〜義理じゃないよ♡〜」(2月14日、渋谷Glad)
  • THE ポッシボー Acoustic Live Act 10 (3月9日、ビクターエンタテインメント10階大会議室)
  • THE ポッシボー Acoustic Live Act 11(3月20日、アソビットシティB1イベント会場)
  • THE ポッシボー <Acoustic Live Act 12>(3月28日、JOYSOUND 品川港南口店2F)
  • 祝THE ポッシボーJapanツアー2014〜8年かかりましたわ〜(4月27日 - 10月13日)[54]
  • 『みんなで一緒にお祝いだ!ポッシ8周年記念・謝恩ワンコインライブ!』(8月2日、新宿MARZ)[55]
  • THE ポッシボーレギュラー公演【Road to 中野サンプラザ〜番外編〜】vol.5(9月2日、AKIBAカルチャーズ劇場)
  • THE ポッシボーレギュラー公演【Road to 中野サンプラザ〜番外編〜】vol.6(9月16日、AKIBAカルチャーズ劇場)
  • THE ポッシボーレギュラー公演【Road to 中野サンプラザ〜番外編〜】vol.7(9月30日、AKIBAカルチャーズ劇場)
  • 祝THEポッシボーJAPANツアー2014〜FINAL〜(11月16日、中野サンプラザ
  • THE ポッシボークリスマスバンドライブ!!〜さぁそろそろ来年の話しましょか!SP(12月24日、新宿BLAZE)

2015年[編集]

  • THE ポッシボー単独ライブ〜新年あけまして大阪です。〜(1月1日、大阪amHALL)
  • THE ポッシボー単独ライブ〜お正月から名古屋も盛り上がっていきまっしょい〜(1月2日、名古屋LIVEHALL M.I.D)
  • THE ポッシボーLIVEツアー2015春〜見ごろ食べごろポッシごろ♡〜(4月11日 - 5月30日)[56]

単独以外のライブ・イベント・舞台[編集]

2006年[編集]

  • 「つんく♂タウンTHEATER」旗揚げ公演 第一弾 時東ぁみ座長公演「CRY FOR HELP! 〜宇宙ステーション近くの売店にて〜(8月2日 - 16日、石丸電気SOFT 2) - 時東ぁみ、矢口真里と共に出演。
  • 時東ぁみライブ'06夏〜盆明けハイパーGIG〜(8月18日、Shibuya O-West
  • うち水っ娘大集合!(8月20日・22日、秋葉原UDX
  • しぶや夏祭り(8月21日、Shibuya DUO
  • Aiai Music Carnival vol.10(9月17日、石丸電気SOFT 2)
  • Sunst Music Jack!(9月23日・10月28日、サンストリート亀戸
  • THEポッシボー石丸電気各店駆けめぐりツアー(11月23日 - 26日)
  • 時東ぁみライブ'06冬 I'm a lady〜じれったい私のXmas〜(12月3日、Shibuya O-West)

2007年[編集]

  • 第一回 ハロー!プロジェクト新人公演 さるの刻・とりの刻(5月13日、渋谷C.C.Lemonホール
  • ガールズ♀ギャラリー 2007年6月(6月9日、東京キネマ倶楽部)
  • 2007ハロー!プロジェクト新人公演8月〜横浜で会いましょう〜(8月26日、横浜BLITZ
  • 「つんく♂THEATER」第四弾『あぁ 女子合唱部〜栄光のかけら〜』(9月22日 - 24日、全電通ホール)

2008年[編集]

2009年[編集]

  • THE ポッシボーライブ2009春〜幸せの形 感謝の形〜(5月9日・10日、渋谷O-WEST)
  • ナイスガールプロジェクト!チャレンジライブ7月〜LOVE LETTER FROM ポッシボー〜(7月20日、新宿MARZ)
  • ナイスガールプロジェクト!2009SUMMER LIVE 〜ナイスバケーション!〜(8月22日、横浜BLITZ)
  • チャレンジライブ11月〜ポッシボータイム〜supported by キャドバリージャパン(11月29日、横浜サンフォニックスホール)
  • NGP!チャレンジライブ12月〜2009ナイスクリスマス〜(12月25日、下北沢251)
  • 2010新春ナイスガールお楽しみ会!(1月2/3日、渋谷O-Crest)
  • つんく♂THEATER第八弾〜スターはつらいよ〜(1月9日 - 、新宿シアターサンモール)
  • ナイスバレンタイン(2月14日、損保会館 大会議室)
  • NGP! presents Cheer Festival 2010(2月28日、亀戸サンストリート マーケット広場)
  • 終結チャレンジライブ〜THE ポッシボー〜(3月20日、横浜アリーナサンフォニックスホール)
  • NGP!ホームパーティーライブ4月(4月29日、ESPミュージカルアカデミーclub 1ne2wo)
  • NGP!ホームパーティーライブ6月(6月27日、ESPミュージカルアカデミーclub 1ne2wo)
  • NGP!ホームパーティーライブ(7月 - 8月)
  • THE ポッシボー結成4周年前夜祭&キャナァーリ倶楽部約2年ぶりの待望のシングル発売を記念してみんなで楽しもう!!(8月1日、新宿MARZ)
  • NGP!セプテンバーLIVE〜品ステコレクション!〜(9月4日、品川ステラボール)
  • NGP!ライブハウスツアー秋〜万歳!ナイスガール2010〜(11月 - 12月)
  • ナイスガールプロジェクト!2010なんちゃってカウントダウン&大忘年会!浅草まねきねこスペシャル-☆年忘れTHE ポッシボー&とっきーの歌☆(12月31日、浅草まねきねこ)

2011年[編集]

  • THE ポッシボーVSアップアップガールズ(仮)(11月12日、渋谷o-west)

2012年[編集]

  • THE ポッシボー vsライブ第2弾 THE ポッシボーvsアフィリア・サーガ・イースト(2月4日、新宿BLAZE)
  • YGA VS THEポッシボー in ルミネ the よしもと(3月20日、ルミネ the よしもと)
  • アップアップガールズ(仮)VS THE ポッシボー VSライブ2012(10月7日、新宿BLAZE)
  • YGA vs. THE ポッシボー LIVE 2012 in ルミネtheよしもと(10月25日・11月22日・12月27日、ルミネtheよしもと)

2013年[編集]

  • 2013新春お年玉企画『ナイスガール紅白チームバトル“ザ・ガマン』(1月3日、渋谷Glad)
  • 『YGA vs THE ポッシボー LIVE 2013 in ルミネ the よしもと』(1月18日、ルミネtheよしもと)
  • 『NAGOYA IDOL STYLE 2013〜新年アイドルまつり in 名古屋〜』(1月27日、club OZON)
  • 『Live around the idol vol.5』(2月5日、大須X-HALL)
  • 『下北沢GARDEN present's BATTLE LIVE!LIVE!LIVE! vol.1』(2月10日、下北沢GARDEN)
  • 『YGA vs THE ポッシボー FINAL LIVE 2013 in ルミネ the よしもと』(2月21日、ルミネtheよしもと)
  • 『THE ポッシボー×週刊メディア通信 コラボ・イベント@ビクター会議室』(2月24日、ビクターエンタテインメント大会議室)
  • 『Girl's Bomb!! 〜FRIDAY PARTY〜』(3月1日、渋谷O-WEST)
  • 岡田ロビン翔子20th.Ann​iversary LIVE〜国籍は日本とアメリカどっちにしようかなぁ〜(3月15日、下北沢GARDEN)
  • tvk「ありがとッ!」公開収録『アリオライブセレクションVo​l.18!』(3月16日、アリオ橋本 1階グランドガーデン)
  • アイドルからの復興への絆【Girls-natioN〜spring〜】(3月16日、仙台イズミティ21)
  • 「ジオライブvol.5〜inソンクランフェスティバル1日目〜」(3月23日、代々木公園野外ステージ)
  • 『NAGOYA IDOL STYLE』(3月24日、CLUB OZON)
  • 「THE ポッシボー 夜はまだまだっ!!全力ラジオ!!」決定記念 番組第0回(?)ガールズトーク会(3月31日、下北沢GARDEN)
  • 『2013年 春の交通キャンペーン 1日警察官』(4月8日千葉県警)
  • 「ラジオパーク スペシャルLIVE〜緑と、家族と、音楽と〜」イベント(4月27日、日比谷公園小音楽堂メインステージ)
  • Live iDolspot vol.1(5月1日、Shibuya O-EAST)
  • 『アイパラ IDOL Party #9』(5月3日、恵比寿ガーデンルーム)
  • PARK presents 幕張メッセ どきどきフリーマーケット 2013bayfm サブステージ(5月4日、幕張メッセ)
  • 『ROAD to 50祭』Hearts 14th Anniversary「POP​-OVER」(5月12日、西川口・LIVE HOUSE Hearts)
  • TIF2013 超前夜祭 (5月14日、六本木ニコファーレ)
  • H.I.P. Presents People to People vol.13(5月18日、Shibuya O-WEST)
  • 『IDOL Live Starring』(5月25日、赤坂BLITZ)
  • ダミアンが生まれた翌日! 〜音騒ぎの後夜祭〜(6月6日、SHIBUYA O-EAST)
  • まるグル25in 幕張(6月9日、QVCマリンフィールド外周)
  • 後藤夕貴 20th.Anniversary!〜ハタチなんてしんじられないっ〜(6月12日、渋谷Glad)
  • 名古屋遠征イベント(6月15日、GOODWILL EDM館5F イベントスペース)
  • 大阪遠征イベント(6月16日、大阪城公園内城天ストリート)
  • 『YATSUI FESTIVAL 2013』(6月22日、Shibuya O-EAST他)
  • 生ライブ powered by 生メール(6月23日、新宿BLAZE)
  • アイドルからの復興への絆【Gi​rls-natioN〜東北巡業ツアー in KORIYAMA〜】(6月30日、郡山 HIPSHOT JAPAN)
  • 「腹ごしらえしてスタート!ポッシボー ラーメンスクエアミニライブ」(7月6日、立川 アレアレア2 3F ラーメンスクエア)
  • 『海フェスタおが"開催記念 OGA歌謡祭』(7月14日、)
  • THE ポッシボー in TBS夏サカス2013〜笑顔の扉〜(7月15日、赤坂サカス内「夏サカス」デリシャカス ステージ)
  • KYOTO IDOL CITY FESTA2013(7月21日、KBSホール)
  • 大阪城公園内城天ストリート(7月21日、大阪城公園内城天ストリート)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL2013(7月27日28日、お台場合衆国ステージ他)
  • THE ポッシボー結成7周年イベント(8月2日、J-SQUARE)
  • Chiba City Fireworks Fes.MAKUHARI BEACH SUMMER LIVE!(8月3日、幕張海浜公園内 特設ステージ)
  • 『新星堂presents iPop ステーションライブvol.1』(8月4日、TOKYO FM Hall)
  • 海に近い君に近い!2013 SEACRET BOX BY OTODAMA(8月16日、SEACRET BOX BY OTODAMA)
  • 手島いさむ50祭 ワシモ半世紀(8月28日、日本武道館)
  • アイドル推し増しTV×テレ玉 WOOD STOCK PARTYライブ(8月30日、東京キネマ倶楽部)
  • 北海道日本ハムファイターズ『秋の祭典』イベント!(9月21日、札幌ドーム)
  • ☆橋本愛奈 生誕BANDライブ〜色気 出始めます。〜☆(10月3日、Shibuya O-Crest)
  • THE ポッシボー×アップアップガールズ(仮)『聖地 横浜BLITZ』(10月7日、横浜BLITZ)
  • アフィリア・サーガ×THE ポッシボー 2マン対決(10月13日、SHIBUYA O-EAST)
  • ★秋山ゆりか生誕BANDライブ〜21歳、ちょっと背伸び。〜★(10月19日、Shibuya O-nest)
  • 法政大学【多摩祭】(10月20日、法政大学多摩キャンパス)
  • AKASAKA HALLOWEEN WEEK2013 アイドルハロウィン(10月27日、赤坂BLITZ)
  • 諸塚香奈実Birthday AcousticLIVE〜私の魅力・大人の魅力〜(11月1日、品川J-SQUARE)
  • Girl’s Bomb!!×アイドル界隈 〜秋の大収穫祭〜(11月2日、東京キネマ倶楽部)
  • 中央大学“第47回白門祭”(11月2日、中央大学多摩キャンパス)
  • 第48回【かまた祭】(11月3日、日本工学院 片柳記念ホール)
  • 『JAPAN POPCULTURE CARNIVAL 2013』(11月4日、松戸森のホール21 大ホール)
  • Gacharic Spin and THE ポッシボー(11月13日、西川口Hearts)
  • スーパーオクトーバーフェスト in 東京ドーム(11月28日、東京ドーム)
  • the GIRLS' FESTIVAL eve vol.3〜ちょっと早いクリスマス前夜祭!?〜(12月7日、なんばHatch)
  • FM-FUJI 25th Anniversary special 「GIRLS❤GIRLS❤GI​RLS」 X’mas KISS special LIVE!!(12月9日、Shibuya duo MUSIC EXCHANGE)
  • 「YOKOHAMA LIVE JACK 2013 -CHRISTMAS SPECIAL-」(12月21日、F.A.D yokohama/club LIZARD/7th AVENUE/BAYSIS/B​AY JUNGLE)
  • bayfm【アリオ蘇我 CHRISTMAS LOVE&LIVE】公開生放送(12月23日、アリオ蘇我)
  • 風男塾のX'mas Show「TOKYOチェンメンコレクション」(12月25日、Shibuya O-EAST)

2014年[編集]

  • 新春!モエソニック 2014(1月5日、ZEPP NAGOYA)
  • あるあるCityがアイドルを4日間集めちゃいました!!パート2(1月12日あるあるCityB1Fスタジオ)
  • アキバで逢いまShowroom(1月14日、AKIBAカルチャーズ劇場)
  • THE ポッシボー バンドライブ2014〜(おもしろ企画あり)(1月17日、新宿BLAZE)
  • @JAM the Field vol.5(2月16日、恵比寿LIQUIDROOM)
  • THE Acoustic Live Act 09(2月27日、アソビットシティB1イベント会場)
  • HMVアイドル学園presents『Diver City Idol Festival2014』(3月14日、台場Zepp Diver City)
  • 「何が出るかな?! THE ポッシボー その場でセットリストライブ」(3月21日、新宿MARZ)
  • 岡田ロビン翔子生誕祭(3月21日、新宿MARZ)
  • 『IDOL CONTENT EXPO 〜桜咲く聖戦〜』(4月18日、渋谷WWW)
  • 原宿POPUNITED02 ♡ Release Anniversary Party♡(5月7日、表参道アトランティス)
  • MIX EMOTION!(5月15日、TSUTAYA O-WEST)
  • 沖縄×アイドルの祭典『 瀬長島ガールズ・ポップ・フェスティバル2014 』 (7月5・6日、沖縄県豊見城市瀬長島
  • THE対決ライブ アイドルvs.ロック 〜初夏の渋谷頂上決戦〜(7月8日、shibuya duo MUSIC EXCHANGE)
  • 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014〜KAWAII 2014〜(7月13日、音霊 OTODAMA SEA STUDIO)
  • SEKIGAHARA IDOL WARS 2014〜関ヶ原唄姫合戦〜(7月21日、桃配運動公園)
  • TOKYO IDOL FESTIVAL2014(8月2・3日、お台場・青海周辺エリア各所)
  • Girls Storm(8月6日、東京Zepp Diver City)
  • SUMMER SONIC 2014(8月16日、QVCマリンフィールド&幕張メッセ)
  • GIRLS ROCK SUMMER SPLASH!! 2014(8月20日、赤坂BLITZ)
  • 『Lovelys!!!!スッペシャルライブ〜結成2周年突入!!!!〜』ゲスト(8月24日、OSAKA MUSE)
  • ホームランドームpresents王様ラジオキッズ公開録音「THE ポッシボー「勇気スーパー・ベースボール!」」(8月24日、ホームランドーム姫路)
  • 【@JAM EXPO 2014】(8月31日、横浜アリーナ)
  • MONSTER PARTY〜超常現象〜(9月4日、TSUTAYA O-WEST)
  • 【イナズマロック フェス 2014】風神ステージ(9月14日、烏丸半島芝生広場)
  • 関西テレビ【Happy Jam vol.5】(9月20日、関西テレビ放送 なんでもアリーナ)
  • Japan Content Showcase2014(10月21日、Zepp Diver City)
  • 23DOUBLECOLORsession4【CheekyParede×THE ポッシボー】(10月23日、新宿BLAZE)
  • AKASAKA HALLOWEENレッドカーペットセレモニー(10月31日、赤坂BLITZエントランス付近)
  • AKASAKA HALLOWEEN 2014「アイドル×お笑い・ハロウィン」(11月1日、赤坂BLITZ)
  • 【JAPAN POP CULTURE CARNIVAL 2014 in MATSUD】(11月2日、松戸・森のホール21 大ホール)
  • 【ウィンターイルミネーション点灯式】(11月14日、熊谷駅ティアラ口(東口)ロータリー)
  • アイドルプラネット プレミアムLIVE 〜アイドル歌合戦〜(11月23日、Zepp DiverCity Tokyo)
  • MUSIC+(ミュージックプラス)LIVE SHOW!'14(11月24日、ららぽーとTOKYO BAY)
  • 第139回同志社EVE(11月27日、同支社大学寒梅館クローバーホール)
  • アイドルフェス in BOAT RACE TAMAGAWA Vol.13(12月7日、ボートレース多摩川 イーストスクエア「風」)
  • Girl’s Bomb!! 〜今年もありがとうございました! 年末大大感謝スペシャル〜(12月21日、新木場STUDIO COAST)
  • FiveStars2014 FINAL (2014年12月30日、Studio Coast)

2015年[編集]

  • 【Japan Idol Festival2015】(1月25日、新宿BLAZE)
  • 岡田ロビン翔子22才!!バースデーバンドライブ!!〜そうだ、ロビンに会いに行こう。〜(3月13日、初台The DOORS)
  • MUSIC FESTA Vol.3@北海道(4月18日、Zepp Sapporo)
  • MUSIC FESTA Vol.3@福岡(4月29日、DRUM LOGOS)
  • MUSIC FESTA Vol.3@愛知(5月4日、Zepp Nagoya)
  • MUSIC FESTA Vol.3@大阪(5月9日、umeda AKASO)
  • MUSIC FESTA Vol.3@東京(5月15日、TSUTAYA O-EAST)

書籍[編集]

写真集[編集]

漫画[編集]

  • THE ポッシボー 〜ロビンと魔法のエプロン〜
  • メイドですから!」日本語版2巻電子書籍
    • 漫画キャラクターとなったTHE ポッシボーがライブを披露するシーンで登場する。巻末には、メンバーのスペシャルコメントも収録されている。
    • メイドですから!」は、2011年3月に海外で先行リリースされ、アマゾンキンドル漫画チャートにおいて、全米英仏で2012年、2013年と2年連続で1位を獲得したオリジナル漫画作品。英語版、フランス語版、中国語版が世界で電子書籍として配信されている。
    • 電子書籍日本語版は1.2巻リリース。
    • おばあさんのような立派なメイドになることを目指して日本屈指の財閥、三剣家(みつるぎけ)にメイドとして採用された主人公、音無花蓮(おとなしかれん)の恋と成長を描いたラブコメディ。
    • 作:酒井さゆり

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ レギュラー出演していた『ごはんミュージアム』では12月1日放送から「THE ポッシボー」と自己紹介している[要出典]
  2. ^ 2015年3月からはSHOWROOMに場所を移した。

出典[編集]

  1. ^ a b THE ポッシボーより大切なお知らせ”. Official Blog (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  2. ^ a b THE ポッシボーがチャオ ベッラ チンクエッティに改名”. ナタリー (2015年6月11日). 2015年6月11日閲覧。
  3. ^ THE ポッシボー橋本愛奈、ノロウイルスに感染 イベント出演をキャンセル”. シネマトゥデイ (2013年12月7日). 2013年12月20日閲覧。
  4. ^ THE ポッシボーのプロフィール”. ナタリー. ナターシャ. 2013年12月20日閲覧。
  5. ^ a b ビクターエンタテインメントが、“ガールズポップ/アイドル” に特化した新レーベル【VERSIONMUSIC(バージョンミュージック)】を設立”. JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント (2013年2月12日). 2013年7月7日閲覧。
  6. ^ a b THEポッシボーに関するお知らせ”. アップフロントワークス (2015年4月7日). 2015年4月7日閲覧。
  7. ^ リーダーになりました”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba (2013年4月4日). 2013年8月4日閲覧。
  8. ^ GIRLS❤GIRLS❤GIRLS: 7/31 THEポッシボー 全力ラジオ!!ウェブアーカイブ、2013年10月29日) - http://fmftp.weblogs.jp/girls/2013/08/731the-c985.html[リンク切れ]
  9. ^ THE ポッシボー バイオグラフィー”. NICE GIRL プロジェクト オフィシャルサイト. 2011年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月4日閲覧。
  10. ^ THE ポッシボーについてお知らせウェブアーカイブ、2013年10月17日) - http://www.helloproject.com/news/girl_0710111730.html[リンク切れ]
  11. ^ 秋葉原UDX”. つんく♂オフィシャルブログ (2007年11月11日). 2014年10月27日閲覧。
  12. ^ 「家族への手紙」のPVメイキング映像より
  13. ^ '08夏 ナイスガールプロジェクト!エモーショナルライブ~ミラクル セクシー ダイナマイト~”. TNX. 2015年5月12日閲覧。
  14. ^ 注目アイドル集団が新宿末廣亭で落語初挑戦”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2015年5月12日閲覧。
  15. ^ 【新規企画スタート!】 NICE GIRLボウリング部!”. ボウリングをやろう!!. Bic-Sports Bowling. 2015年5月13日閲覧。
  16. ^ 【ナイスガールプロジェクト!ボウリング部】”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」. 2015年5月12日閲覧。
  17. ^ 森高も祝福!シャ乱Q、6時間もの成人式ライブ敢行”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2015年5月13日閲覧。
  18. ^ 橋本愛奈. “ここだよ。”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」. 2015年5月13日閲覧。
  19. ^ レーベル”. TNX. 2015年5月13日閲覧。
  20. ^ プリンセス チャッターズ”. つんく♂オフィシャルブログ 「つんブロ♂芸能コース」 powered by アメブロ. 2015年5月13日閲覧。
  21. ^ ファンの皆様、並びに関係各位の皆様へ”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」. 2015年5月13日閲覧。
  22. ^ THE ポッシボー、“かえぴょん”こと大瀬楓が卒業を発表”. BARKS. 2015年5月13日閲覧。
  23. ^ THE ポッシボー『挫折を乗り越え“V字回復”した理由に迫る!』”. ORICON STYLE. 2015年5月13日閲覧。
  24. ^ ポッシJapanツアーTシャツウェブアーカイブ、2014年9月12日) - http://tnx.shop-pro.jp/?pid=74530004[リンク切れ]
  25. ^ 【アイドル好きが止まらない!!】今回はレナがTHEポッシボーに突撃取材!久しぶりの再会に楽屋も和気あいあい。北欧の風に乗ってアシスタントも登場してくれました♪”. Kawaii girl Japan. 2015年5月16日閲覧。
  26. ^ 幸せの証”. 秋山ゆりかオフィシャルBlog「ユリの種」Powered by Ameba (2012年4月2日). 2015年5月13日閲覧。
  27. ^ ひゃっほーーい”. 秋山ゆりかオフィシャルBlog「ユリの種」Powered by Ameba (2013年3月31日). 2014年9月4日閲覧。
  28. ^ ハロコン★1日目”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba (2013年8月19日). 2013年8月22日閲覧。
  29. ^ 幸せになろうね”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba. 2015年5月16日閲覧。
  30. ^ 今の気持ち”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba (2013年8月19日). 2013年8月22日閲覧。
  31. ^ 手島いさむ50祭 ワシモ半世紀 @ 日本武道館”. RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト. 2015年5月16日閲覧。
  32. ^ 推してください”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba (2013年10月7日). 2013年10月12日閲覧。
  33. ^ a b 西友〜味番付〜”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba. 2015年5月16日閲覧。
  34. ^ 11/17(日)i-BAN!!放送後記♪”. ~IDOL SHOWCASE~ i-BAN!! NACK 日記. 2015年5月16日閲覧。
  35. ^ THE ポッシボーの単独ライブにアプガと吉川友が乱入!”. GirlsNews. 2015年5月16日閲覧。
  36. ^ a b CM GALLERY (ABC) - ウェイバックマシン(2014年10月13日アーカイブ分)
  37. ^ a b 嬉しい報告ズラリ。”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba. 2015年5月16日閲覧。
  38. ^ THE ポッシボー、悲願の中野サンプラザ公演開催決定。「埋めます。絶対に。絶対に埋めます!」”. BARKS. 2015年5月17日閲覧。
  39. ^ AKIBAカルチャーズ劇場7月からの平日レギュラーアーティストにTHE ポッシボーら4組参加決定!”. GirlsNews. 2015年5月17日閲覧。
  40. ^ 9/30 THE ポッシボー×さんみゅ~【火曜定期公演ありがとうライブ!】”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」. 2015年5月17日閲覧。
  41. ^ ATTRACTIONS”. SUMER SONIC 2014. 2015年5月17日閲覧。
  42. ^ ファン投票BEST10☆”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba. 2015年5月17日閲覧。
  43. ^ ご報告。”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba (2015年4月7日). 2015年4月7日閲覧。
  44. ^ THEポッシボー、目標は「SMAP」 さらなる飛躍誓う”. ORICON STYLE (2015年5月30日). 2015年6月4日閲覧。
  45. ^ 賛否両論あったけど…「THE ポッシボー」改名してねば~る!”. Sponichi Annex (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  46. ^ MUSIC+. MUSIC+25:スタート曲のアーティスト決定!!、卓偉コラボライブより「MIXED VOICES」、ゲスト「長谷川萌美(B&S)」、アプガ最新MV解禁 他 (10/24/2014) (YouTube動画). https://www.youtube.com/watch?v=PZs_ziUE8yE&t=30m03s 2015年5月17日閲覧。 
  47. ^ 一緒に作るんだよ。”. 岡田ロビン翔子(THE ポッシボー)オフィシャルブログ「I am ROBIN」Powered by Ameba. 2015年5月16日閲覧。
  48. ^ versionmusicch. THE ポッシボーの新曲を決めるのはあなた! (YouTube動画). ビクターエンタテインメント株式会社.. https://www.youtube.com/watch?v=TZjN7oQiW5s 2015年5月16日閲覧。 
  49. ^ THE ポッシボーの幸せの形、お届けします。 - 2009/01/09 19:00開始”. ニコニコ生放送. 2015年5月17日閲覧。
  50. ^ 【開演時間追記】3/7・14・21Weekly acoustic live”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba (2013年3月1日). 2015年3月3日閲覧。
  51. ^ 6/29(土) THE ポッシボー3rdシングル新曲大発表!!”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba (2013年6月8日). 2015年3月3日閲覧。
  52. ^ THE ポッシボー東名阪ライブツアー2013勝負”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba (2013年3月31日). 2015年3月3日閲覧。
  53. ^ 【名古屋/大阪追加情報!】THE ポッシボー東名阪ライブツアー2013勝負”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba (2013年5月22日). 2015年3月3日閲覧。
  54. ^ 「祝THE ポッシボーJapanツアー2014~8年かかりましたわ~」公演スケジュール”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba. 2015年3月3日閲覧。
  55. ^ 8/2『みんなで一緒にお祝いだ!ポッシ8周年記念・謝恩ワンコインライブ!』物販情報追加!”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba (2014年7月30日). 2015年3月3日閲覧。
  56. ^ 4/11~【 THE ポッシボーLIVEツアー2015春】チケット先行販売情報追加!”. THE ポッシボーオフィシャルブログ「THE ポッシボーBlog」Powered by Ameba (2015年2月25日). 2015年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]