勝野洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かつの ひろし
勝野 洋
本名 勝野 六洋(かつの むつひろ)
生年月日 1949年7月27日(67歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県阿蘇郡小国町
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 181cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1972年 -
配偶者 キャシー中島(1978年 - )
著名な家族 勝野七奈美(長女)
勝野雅奈恵(次女)
勝野洋輔(長男)
主な作品
テレビドラマ
太陽にほえろ!』/『俺たちの朝』/『姿三四郎
柳生あばれ旅』/『ザ・商社』/『身辺警護』シリーズ
映画
ブルークリスマス』/『地震列島』/『はるか、ノスタルジィ

勝野 洋(かつの ひろし、1949年7月27日 - )は、日本俳優熊本県阿蘇郡小国町出身。本名は勝野 六洋(かつの むつひろ)。九州学院高等学校青山学院大学卒業。身長181cm、体重77kg、血液型A型[1]株式会社スタジオ・ケイグループ所属。妻はキャシー中島、長女は勝野七奈美、次女は勝野雅奈恵、長男は勝野洋輔

来歴[編集]

幼い頃に両親が離婚。父は元軍人から戦後は自衛官。母は軍慰問団の元歌手。大学在学中にモデル活動を始めたことがきっかけとなり、役者の道へ進んだ。

1974年昭和49年)、テレビドラマ太陽にほえろ!』へのテスト出演を経て、“テキサス刑事”役に抜擢され、一躍人気者になった。テキサス刑事が殉職した回では、同ドラマ史上最高視聴率42.5%が記録された[2]。続いて主演したテレビドラマ『俺たちの朝』(日本テレビ)も、それまでの堅物実直な刑事とは一味違った、熱血軽妙な好青年を演じた。

時代劇は『風の隼人』を皮切りに『柳生あばれ旅』の剣豪・柳生又十郎宗冬を演じたほか『将軍家光忍び旅』では兄の柳生十兵衛を演じている。

大河ドラマでは常連俳優として出演している。『鬼平犯科帳』は同心・酒井祐助役で、第3シリーズから出演し続けている。

リポビタンDCMでは「ファイトー! イッパーツ!!」のキャッチフレーズで、1977年(昭和52年) - 1986年(昭和61年)の期間、出演した。その後も映画・舞台・テレビドラマを現代劇・時代劇双方で幅広く活躍している。

2009年平成21年)、芸能活動35周年記念の舞台公演『新撰組情話 京都・雨月の恋』で、次女・雅奈恵、長男・洋輔と親子三人の共演を果たしたが、同年に長女・七奈美を肺癌で失う。29歳の若さであった。

人物[編集]

特技は柔道乗馬[1]。柔道は高校・大学在学中に柔道部に所属しており、参段を允許されている。乗馬は静岡県御殿場市で自然に囲まれた暮らしを営みながら、ウエスタンスタイルで楽しんでいる。キャンプで料理を作るのも好き[3]。趣味はスキー[1]

大学在学中のモデル活動では生活費稼ぎが目的であって、元々役者になろうとは考えておらず、大学を卒業したら普通の会社員になるつもりだった。後に、『太陽にほえろ!』のレギュラー出演が決まった際、当時、大学を留年していることもあり、また、就職活動を優先したいこともあって、当初は出演を見送るつもりだったが、最終的にはマネージャーに説得され、泣く泣く承諾せざるを得なかったという。

所属は劇団雲劇団昴三船プロアクターズプロモーションを経ている。

俳優の草刈正雄とは40年来の親友であり草刈は勝野の事を「顔がとにかく理想で大好き」とのこと。 映画『汚れた英雄』で共演した際草刈と飲んでいるとき、勝野が草刈に結婚を勧めその場で9年交際していたモデルの大塚悦子に電話でプロポーズし翌日婚姻届を提出した。 婚姻届の証人のうち一人は勝野本人である。

家族の中では唯一個人のブログを開設していない(長女・七奈美を除く)。なお、家族揃って愛猫家であり、9匹の猫を飼っている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

イベント[編集]

CM[編集]

  • 大正製薬リポビタンD」(1977年 - 1986年)
  • サントリーモルツ」 - 2007年4月より
    • 『いい町を感じた篇』(2007年4月)
    • 『やっと飲めた篇』(2007年5月)
    • 『ボス レインボーマウンテンブレンド』(2009年6月)- 三上順

脚注[編集]

  1. ^ a b c 勝野洋プロフィール” (日本語). YAHOO! JAPAN 人物名鑑. 日本タレント名鑑. 2011年8月2日閲覧。
  2. ^ ニールセン関東地区データ。
  3. ^ スタジオパークからこんにちは日本放送協会2011年8月2日に出演した際の本人コメントより。

外部リンク[編集]