白鳥久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白鳥久美子
本名 白鳥久美子
生年月日 (1981-12-11) 1981年12月11日(35歳)
出身地 福島県郡山市
血液型 B型
身長 165cm
方言 共通語
最終学歴 日本大学芸術学部演劇学科演技コース
コンビ名 たんぽぽ
相方 川村エミコ
芸風 漫才コント
事務所 ホリプロコム
活動時期 (芸人としている)2007年 -
配偶者  未婚
公式サイト オフィシャルブログ

白鳥 久美子(しらとり くみこ、1981年12月11日 - )は、日本お笑い芸人女優で、お笑いコンビたんぽぽのメンバー。

福島県郡山市出身。ホリプロコム所属(ホリプロから2011年移籍)。

略歴[編集]

  • 日本大学東北高等学校[1]日本大学芸術学部演劇学科演技コース卒業。三歳下の弟がいる[2]
  • 大学卒業後は舞台で役者として活動、いくつかの劇団を転々としていた。大学卒業の約1年6か月後には、役者をやめて地元で就職しようと福島に帰郷していたこともあったが[3]、「芸人になりたい」と思い立ち、再び上京する[4]
  • 2007年の夏にお笑い芸人に転身し、オーディションに合格してホリプロに所属となる。同年中に「ホリプロお笑いジェンヌライブ」などに出演し、芸人デビュー。デビューしたばかりの頃からこの年の12月頃まで、同じホリプロ所属のORIEとコンビを組み、「南風」(この年のM-1グランプリはこのコンビ名で出場)、のち「オリトリー」として活動していたことがあった。
  • 2008年10月からは、同じホリプロ所属の川村エミコとのコンビたんぽぽで活動を開始。同年のM-1グランプリはたんぽぽとして出場した他、その他ライブや『キャラ☆キング』等にもこのコンビで定期的に出演、その後はたんぽぽでの活動でほぼ一本化している。
  • 高圧送電線の観察が趣味のうちにあり[1]、ブログの中では鉄塔の写真が時々出てくることがある。
  • R-1ぐらんぷり2009 3回戦敗退。

人物[編集]

  • 英検4級の資格を持っている[1]
  • 小学生時代は普通に可愛い顔だったようで、自分で自分を「宮沢りえに似ている」と自負していた[5]。またこの頃はあだ名も普通に「くーちゃん」「くみちゃん」だったという。
  • 中学生時代、名前が綺麗なためか、隣のクラスの男子が「白鳥久美子って誰だー?」と訪ねてきた。しかし白鳥の顔を見た男子は幻滅したらしくさっさと逃げていったそうで、自分自身でも自分の名前のイメージを呪ったという[6]。中学時代のあだ名は「アゴドリル」「ブスバナナ」で、初恋の相手からは「蛇口」と呼ばれたこともあった。コンプレックスは顎が大きいこと[7]。成人式の際は、晴れ着姿を祖母に見せたところ「なんだ、おめぇ顔なげぇーーな!!」と言われてしまった。
  • 中学生時代は応援団員として活動。通っていた中学校の創立以来初の女子応援団員だったという[8]。またこのときに、L'Arc〜en〜Cielのファンになり、ライブネーム(L'Arc〜en〜Cielのファンが独自で名乗る名前)は「時雨」(しぐれ)を名乗っていた[9]
  • 高校生時代は演劇愛好会で活動[10]。またこの時に山田かまちに傾倒、恋に落ちるほど好きになる[11]
  • 伊集院光からラジオで何度も「ブサイク」だと形容されており、それを聞いた白鳥の父親から「いいか、久美子はそんなにブサイクじゃないからな」と白鳥へ電話が来ているという。それを聞いた伊集院は意に介さず、ラジオにて「いえ、あなたの娘はブサイクです」と返している。
  • 給料は月に「54万」もらってるとのこと[12]
  • 生まれて一度も異性との恋愛経験がない(相方の川村は1度(川村本人は2度、と言っている)だけあり)[13]ファーストキスの経験はあるが、芸人同士の飲み会で罰ゲームでやらされたものだという。30歳までに処女を捨てられなかったため、31歳の年に初エッセイ『処女芸人』を出版した。
  • 2015年3月13日放送の「笑神様は突然に…」で、「チーム白鳥の里帰り」として相方の川村、藤本敏史(FUJIWARA)、小沢一敬(スピードワゴン)と共に故郷の福島県郡山市を訪れた。そこで学生時代の友人が営む喫茶店での会話がきっかけで6年越しの片思いの相手であるチェリー吉武WAHAHA本舗)に急遽電話で告白する事となり、その結果「とても素敵な人だし、僕みたいなのでよければ。まずは距離を縮めたい」とOKをもらう事ができた。この事は「今まで異性との交際経験のなかった白鳥に初めて彼氏ができた」とネット上で話題となり、「この番組で初めて泣いた」「マジ泣きした」「勇気づけられました」など多数の感想が挙がっている。またOKをもらった際はその友人や川村も思わず感極まって涙し、告白を後押しした小沢ももらい泣きしている所を藤本に「『俺のおかげ』みたいな顔すんなお前!なんやさっきからずっと!」と突っ込まれていた。なお、このロケの中で白鳥の父親が「秋桜」を弾き語りし、この回の「最も笑神様が降りていたシーン」に選ばれている[14][15]

芸風[編集]

  • 代表的なものに「学級委員長コント」があり、セーラー服姿で演じることが多い。主なネタにはホームルームでのシチュエーションなど。自ら、仲間由紀恵と形容することもある。これ以外のキャラクターに扮して一人コントを演じることもある。
  • 自分の顔の形を「ペリカン」「ナン」「フランスパン」(バゲット)「ばかうけ」(栗山米菓米菓)などと形容して、ネタにすることがある。
  • 『たんぽぽ』では、最初は黄色を基調とした衣装で出演していることが多かったが、(相方の川村は朱色)の衣装で出演する時も多くなっている。

出演[編集]

たんぽぽのコンビとしての出演については、たんぽぽ (お笑いコンビ)#出演の節を参照。

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

エッセイ[編集]

  • 処女芸人(扶桑社 2012年12月8日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『処女芸人』表紙より。
  2. ^ 『処女芸人』159ページ
  3. ^ 『処女芸人』156〜159ページ
  4. ^ 『処女芸人』167〜168ページ
  5. ^ 『処女芸人』20ページ
  6. ^ 『処女芸人』62ページ
  7. ^ 『処女芸人』78ページ
  8. ^ 『処女芸人』66~67ページ
  9. ^ 『処女芸人』86〜91ページ
  10. ^ 『処女芸人』109ページ
  11. ^ 『処女芸人』126〜129ページ
  12. ^ http://news.nicovideo.jp/watch/nw1781031?news_ref=top_topics
  13. ^ 『処女芸人』185〜187ページ
  14. ^ たんぽぽ・白鳥、人生初告白に成功! 感動と祝福の声続々「勇気づけられた」”. マイナビニュース (2015年3月14日). 2015年4月13日閲覧。
  15. ^ 2015年3月13日放送「笑神様は突然に…」”. ワイヤーアクション (2015年3月13日). 2015年4月13日閲覧。
  16. ^ たんぽぽ白鳥、高校生脚本ドラマ「なんでやねん受験生」で全身ピンクに”. お笑いナタリー (2015年8月2日). 2015年8月4日閲覧。
  17. ^ たかはし智秋さん・田所あずささん、大人の為のアニマルラブコメを熱演!? 豪華キャストで『ANISAVA』日本語版が放送に”. アニメイトTV. 2015年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]