川田将雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川田将雅
2015年の第51回七夕賞で表彰される川田将雅.JPG
2015年の七夕賞を制した川田将雅
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県[1]
生年月日 (1985-10-15) 1985年10月15日(31歳)
身長 157cm[1]
体重 45kg[1]
血液型 B型[1]
騎手情報
所属団体 JRA[1]
所属厩舎 栗東・安田隆行(2004.3.1 - 2005.12.31)
栗東・フリー(2006.1.1 -)[2]
初免許年 2004年
免許区分 平地[3]
テンプレートを表示

川田 将雅(かわだ ゆうが、1985年10月15日[1] - )は日本中央競馬会 (JRA) 所属の騎手

曾祖父(川田若弥)が佐賀競馬場所属の騎手で、祖父(川田利美)・父(孝好佐賀競馬場の現役)・伯父(宮浦正行大井競馬場の現役)が調教師という競馬一族に生まれる。同じくJRA所属の鮫島良太とは、幼稚園時代から先輩後輩の関係。

妻は元タレントのおおつか麗衣[4]。2016年7月より芸能プロダクションのホリプロとマネジメント契約を結んでいる[5]

来歴[編集]

2004年3月7日栗東安田隆行厩舎所属の騎手として中京競馬第2競走のシュアリーゴールドでデビューし、15頭立ての5着に入る。初勝利は3月20日阪神競馬第8競走のホーマンルーキー[6]。1年目は16勝で終わるが人気薄の3着が多く、その頃からも穴騎手として注目されていた。とりわけ500万円以下クラスの3着率が高く、1年目の3着17回のうち12回は500万円以下クラスでのものであった。

2005年は成績を大きく伸ばし、39勝を挙げた。しかし特別競走での勝利は前年のゲヴァルトの甲東特別とエイシンヘーベの大濠特別の2勝のみで、依然として穴騎手という印象が強かった。

2006年からはフリーの騎手として活動している。小倉大賞典メジロマイヤーとのコンビで逃げ切り、重賞初制覇を達成する[7]。さらに中京記念ではマチカネオーラとのコンビで豪快に捲り、重賞2勝目をあげた[8]。そして、東京優駿(日本ダービー)で初めてのGI級競走騎乗を果たす(スーパーホーネットで15着)とその直後の目黒記念ポップロックで勝利した[9]

同年9月30日の中京競馬第4競走で落馬し、右橈骨骨幹部骨折・右尺骨頭脱臼という大怪我を負った。2007年1月6日京都競馬で復帰するまで長期休養を余儀なくされたが、この間「観るとイライラするので競馬は観なかった」という(後述の「ジョッキー・スペシャルトーク」での発言)。

2008年4月20日、第68回皐月賞キャプテントゥーレで制覇し、GI級競走及びクラシック競走初勝利を飾った[10]

2009年11月3日名古屋競馬場で開催された第9回JBCスプリントスーニで制覇し、交流重賞競走初勝利を挙げた[11]

2006年には関西騎手リーディング11位、2007年には同8位、2008年も同8位に入るなど、若手としてトップクラスの活躍を見せている。また接戦に強く、2006年に写真判定になった際の勝率は10回以上機会があった騎手の中で第1位だった。

2011年10月3日、第44回スプリンターズステークスにおいて、ダッシャーゴーゴーに騎乗。第2着に入線も、4着に入線したサンカルロの進路を妨害して第4着に降着[12]。2010年10月9日から10月17日まで4日間騎乗停止処分の制裁を受けるが、その期間に入る前の、10月6日大井競馬で開催の東京盃(JpnII)にスーニに騎乗し、5着に敗れ去っている。

2011年11月20日、6回京都6日第8競走にてエイシンナナツボシで勝利し、自身初の年間100勝を達成[13]

2012年優駿牝馬において、騎乗停止になった岩田康誠の代打として桜花賞馬ジェンティルドンナに騎乗し優勝。初の牝馬クラシック勝利を挙げる。

同年8月25日2回小倉第8競走にてブロッケンに騎乗。第4コーナーで藤岡康太騎手騎乗のサマーハピネスの走行を妨害して、転倒落馬させ、更に後続3頭に影響を与えた。9月1日から9月9日まで4日間騎乗停止処分の制裁を受ける。

2013年8月25日、新潟2歳ステークスで同郷・佐賀県出身松田博資厩舎が管理するハープスターに騎乗し、最後方から豪快な追い込みを決め、翌年の皐月賞イスラボニータらを下し優勝した。

10月12日4回京都3日第7競走(3歳500万下)をマラネロで制し、本年最速自身2度目の年間100勝を達成。最終的に120勝を挙げ、JRA最多勝利は逃したもののJRA最高勝率を獲得。この年は年間100勝達成者が7名おり、その中でGI未勝利は川田と北村宏司(年間101勝)のみである。さらにこの年は自身初のJRAフェアプレー賞を獲得している。

2014年4月13日、第74回桜花賞ハープスターに騎乗し優勝。 同年10月5日、ハープスターで凱旋門賞に初騎乗したが、6着に敗れている。

11月16日、第39回エリザベス女王杯ラキシスに騎乗し優勝。デビュー以来初めて、JRAのGIレース年間2勝目をあげた。 この年は成績自体はやや落ちたが、複勝率は自己最高を記録している。

2016年5月29日、第83回日本ダービー東京優駿)でマカヒキに騎乗し優勝。ダービー初制覇と共に史上8人目の三歳牡牝クラシック競走完全制覇を成し遂げる。

エピソード[編集]

  • 2005年2月26日の丹波特別でゲヴァルトがゲートで暴れて第2頚椎骨折を発症し斃死した。その時、将雅は真っ先にゲヴァルトの元に向かい、その後関係者から渡されたゲヴァルトのゼッケンを持ち帰り、泣き崩れていたという話がある。将雅にとっては初の特別勝ちをもたらしてくれた馬である。
  • 初重賞勝利となった2006年の小倉大賞典において、騎乗したメジロマイヤーの馬主である「メジロ牧場」の勝負服(白・緑一本輪・袖緑縦縞)を着用すべきところを、誤って「メジロ商事」の勝負服(白・緑一本輪・緑袖)を着用しレースに騎乗するアクシデントがあった(勝負服を用意するのは調教師である田島良保の義務となる)。
  • 2007年4月1日、阪神競馬第1レースの3歳未勝利戦にて白毛馬のホワイトベッセルに騎乗して勝利。JRA史上初の白毛馬での勝利騎手として歴史に名を残すこととなった。この時は第1レースの未勝利戦であるにもかかわらずガッツポーズを見せた。レース後のコメントでも「重賞レースと同じくらい興奮した」と語っている。
  • 自分が乗った馬のことを「この子」と言う[14][15]
  • 派手なアクションで追う豪快な騎乗フォームが特徴。本人曰く「地方の騎手をずっと見ていたからか荒く馬を追うことに抵抗がなかった」とのこと。
  • 2016年、第83回日本ダービーに優勝し、三歳牡牝クラシック競走(桜花賞皐月賞オークス・日本ダービー・菊花賞)の完全制覇を遂げたが、2008年第68回皐月賞にキャプテントゥーレで優勝して以降、全て異なる年の異なる馬で各競走1回つづ勝利したものであり、完全制覇をするまでに重複して優勝したり、同じ馬で連勝したものではない。

主な騎乗馬[編集]

2010年菊花賞

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2004年3月7日 1回中京2日2R 3歳未勝利 シュアリーゴールド 15頭 7 5着
初勝利 2004年3月20日 1回阪神7日8R 4歳上500万円下 ホーマンルーキー 16頭 3 1着
重賞初騎乗 2004年6月6日 2回中京6日11R 愛知杯 カレンバレリーナ 18頭 17 11着
重賞初勝利 2006年2月4日 1回小倉5日11R 小倉大賞典 メジロマイヤー 16頭 11 1着
GI初騎乗 2006年5月28日 3回東京4日10R 東京優駿 スーパーホーネット 18頭 18 15着
GI初勝利 2008年4月20日 3回中山8日11R 皐月賞 キャプテントゥーレ 18頭 7 1着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2004年 16 9 17 255 .063 .098 .165
2005年 39 37 35 543 .072 .140 .204
2006年 59 52 38 522 .113 .213 .285
2007年 58 75 56 727 .080 .183 .260
2008年 73 64 51 673 .108 .204 .279 中央競馬騎手年間ホープ賞
2009年 65 62 65 712 .091 .178 .270
2010年 83 69 69 708 .117 .215 .312
2011年 109 71 70 720 .151 .250 .347
2012年 91 78 70 730 .125 .232 .327
2013年 120 95 85 724 .166 .297 .414 JRA賞最高勝率騎手フェアプレー賞小倉ターフ賞
2014年 95 67 84 573 .166 .283 .429 JRA賞最高勝率騎手
中央 808 679 640 6887 .117 .216 .309
地方 24 23 25 149 .161 .315 .483

(2015年1月2日現在 JRA騎手名鑑より)

メディア出演[編集]

CM

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 川田将雅プロフィール”. netkeiba.com. 2015年6月30日閲覧。
  2. ^ 川田将雅騎手がフリーに”. netkeiba.com. 2015年6月30日閲覧。
  3. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月6日閲覧。
  4. ^ “川田が結婚!相手は元ブラン娘の大塚麗衣さん”. スポーツニッポン. (2011年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2011/04/27/kiji/K20110427000703830.html 2011年4月28日閲覧。 
  5. ^ “福永と川田がホリプロ所属に 菜七子との共演も”. サンケイスポーツ. (2016年7月1日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20160701/etc16070105000002-n1.html 2016年7月2日閲覧。 
  6. ^ 川田将雅騎手、JRA初勝利”. netkeiba.com. 2015年6月30日閲覧。
  7. ^ 【小倉大賞典】(小倉)〜川田&メジロマイヤー渾身の逃げ切り勝ち - ラジオNIKKEI 2006年2月4日(2015年3月28日閲覧)
  8. ^ 【中京記念(GIII)】(中京)〜マチカネオーラ 直線一気で重賞初V - ラジオNIKKEI 2006年3月5日(2015年3月28日閲覧)
  9. ^ 【目黒記念】(東京)〜上がり馬ポップロック4連勝で重賞制覇! - ラジオNIKKEI 2006年5月28日(2015年3月28日閲覧)
  10. ^ 【皐月賞】(中山)~良血の証明 キャプテントゥーレが逃げ切りV - ラジオNIKKEI 2008年4月20日(2015年3月28日閲覧)
  11. ^ 【JBCスプリント】3歳馬スーニが快勝 - ラジオNIKKEI 2009年11月3日(2015年3月28日閲覧)
  12. ^ 【スプリンターズS(GI)】(中山)~香港からの刺客 伏兵ウルトラファンタジー 逃げ切りV - ラジオNIKKEI 2010年10月3日(2015年3月28日閲覧)
  13. ^ 川田将雅騎手、JRA年間100勝達成 - ラジオNIKKEI 2011年11月20日(2015年3月28日閲覧)
  14. ^ 【宝塚記念】ラブリーデイGI初制覇!Gシップは大出遅れ(3/3ページ)”. サンスポ. 2015年6月30日閲覧。
  15. ^ あまりにも違う調教とレース”. 競馬ラボ. 2015年6月30日閲覧。
  16. ^ キャプテントゥーレ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  17. ^ アドマイヤフジ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  18. ^ スーニ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  19. ^ ダイシンオレンジ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  20. ^ ダッシャーゴーゴー|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  21. ^ ビッグウィーク|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  22. ^ ゴルトブリッツ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  23. ^ ピイラニハイウェイ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  24. ^ ジェンティルドンナ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  25. ^ メイショウマンボ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  26. ^ マルセリーナ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  27. ^ エーシンウェズン|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  28. ^ ハープスター|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  29. ^ ラストインパクト|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  30. ^ トゥザワールド|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  31. ^ ダノンカモン|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  32. ^ アドマイヤサガス|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  33. ^ ラキシス|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  34. ^ シャイニングレイ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  35. ^ 2015年レース結果netkeiba.com 2015年1月19日閲覧
  36. ^ 2015年レース結果 - netkeiba.com  2015年4月1日閲覧
  37. ^ レーヴミストラル|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  38. ^ サトノラーゼン|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  39. ^ モーリス|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  40. ^ ラブリーデイ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  41. ^ グランデッツァ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  42. ^ ウインプリメーラ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  43. ^ アルバートドック|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  44. ^ サトノノブレス|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年6月6日閲覧。
  45. ^ ソルヴェイグ|競走馬データ- netkeiba.com”. netkeiba.com. 2016年4月6日閲覧。
  46. ^ サトノアラジンが突き抜けV 待望の重賞初制覇/京王杯スプリングC”. netkeiba.com. 2016年5月15日閲覧。
  47. ^ サトノアラジンが差し切り悲願のGI初制覇!/安田記念netkeiba.com、2017年6月4日閲覧
  48. ^ 【東京優駿】(東京)~マカヒキがハナ差の激戦制して世代の頂点に”. netkeiba.com. 2016年5月29日閲覧。
  49. ^ ユニコーンステークス|2016年06月19日”. netkeiba.com. 2016年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]